53952077 - happy man working on laptop in library
  • 正しいラインを引き方を知りたい
  • シンプルなトレードをしたい
  • 一貫性を持ったライントレードをしたい

もし、あなたがこんなことを考えているのであれば、ぜひこの続きを読んでみてください。

この記事では、水平ラインを使って相場環境を把握する方法を詳しく解説しています。

相場にはそれぞれの市場や場面で意識されている価格帯があります。これらは幾重の階層構造となっていて、水平ラインで把握することができます。

相場環境を正しく把握できれば、高い精度のトレードプランを作ることができ、トレードパフォーマンスは飛躍的に向上するはずです。

また、ラインを引くルールを自分の中に作ることができれば、一貫性のあるトレードができるようになります。

ぜひ最後までお付き合いください。

1.水平ライン

25355890 - pointing at financial analysis graph on computer monitor with pen

水平ラインとはチャートで意識されている価格に引く水平のラインをいいます。

水平ラインを引く目的は、”相場の階層を視覚的にわかりやすくすること”です。

何回も反発している価格やむき出しの高値安値に引いた水平ラインは特に注目されます。

水平ラインに価格が近づいた時、反発するのか、それとも突破するのか注意深く観察する必要があります。

ラインといってもトレンドライン、チャネルラインなどいろいろありますが、水平ラインが他のラインと決定的に違うのは、“時間経過しても意識され、そして機能する”ことです。

トレンドラインやチャネルラインは、時間が経過すると意識されなくなりますが、水平ラインは、時間が経過してもチャート上に残り、意識され続けます。

ですから、トレードする上では特に重要なラインになります。

水平ラインには、ラインの機能別に次の2つの種類のラインに分けられます。

  • サポートライン
  • レジスタンスライン

次で詳しく見ていきましょう。

サポートライン

サポートラインは、「下値支持線」とも呼ばれます。

価格がサポートラインまで落ちてきたら、それ以上落ちないように相場は反発します。下値を支えるラインということでこの名前が付けられています。

水平ラインよりも価格が上にある場合、水平ラインはサポートラインとして機能します。

では、なぜサポートラインは機能するのでしょう?

それは、多くの市場参加者がそのライン(価格)で心理的変化が起きるからです。

ここで言う心理的変化とは、「売りたい」「買いたい」という心理参加者のバランスです。

公園にあるシーソーを思い浮かべてみてください。

そして、ある価格では「買いたい」という感情が強くなり、ある価格では「売りたい」という感情が強くなるというシーソーをイメージしてみてください。

価格が動くたびにこの心のシーソーは揺れ動きます。

例えば、現在ドル円が101円で、100円が節目として強く意識されているとします。

100円付近に価格が下がってきたとすれば、100円に近づけば近づくほど売っていた人は決済したくなります。そして、反発を狙っている人は近づけば近づくほど買いを入れたくなります。

多くの人の心のシーソーがサポートラインに近づくことで、「買い」に心が振れるのです。

市場参加者に強く意識される価格は、市場参加者の心理変化によってチャートに現れます。

「何度も価格が止まっているサポートラインは強い」と言われるのは、多くの市場参加者がその価格を意識することで、素早く、より大きいポジションの変化がその価格で起こるからです。

レジスタンスライン

レジスタンスラインは、「上値抵抗線」とも呼ばれます。

価格がレジスタンスライン付近に近づくと、それ以上、上がらないように相場が抵抗するのです。上値を抑えるラインということで、この名前が付けられています。

なぜレジスタンスラインが機能するのか?

それは、先ほど説明したサポートラインと理由は同じで、多くの市場参加者の中でそのラインを節目に心理的変化が起きるからです。

例えば、現在ドル円99円で、ドル円100円付近が強く意識されているとします。

価格が100円付近に近づくと、買っていた人は反転する前に決済売りをしたくなります。逆に100円からの反転を狙っている人は100円に近づけば近づくほど売りたくなります。

100円という節目が強く意識されることで、100円に近づけば近づくほど「売り」への心理的偏りが生まれ、ポジションの変化が起こりやすくなるのです。

2.ラインの機能の逆転

サポートラインとレジスタンスライン。

これらは、「一度抜けるとその役割が逆転する」というトレードプランを立てる上で、非常に重要な性質があります。

support-resistance-tenkan

例えば、上のチャートのA地点からB地点までの流れを見てください。

今までサポートラインとして機能してたのが、一度下へ抜けると今度はレジスタンスラインに変わっているのがわかるでしょうか?。

これは、市場参加者の目線が下がった、つまり相場が弱気になったということです。

次に、B地点からC地点までを見てください。

今までレジスタンスラインとして機能してきたものが、一度上抜けるとそれがサポートラインに変わっています。

これは、市場参加者の目線が上の階層に上がったことを意味していて、相場が強気になったということです。

この役割の逆転を、レジスタンス・サポート転換(レジサポ転換やサポレジ転換)といいます。

この性質を利用して、トレードプランの作成を行っていきます。

3.水平ラインを引く4つのポイント

53938412 - business corporate focusing workshop occuapation conceptでは、次に水平ラインをどこに引くべきかを考えていきましょう。

大きく分類して、次の4つがあります。

  • むき出しの高値安値
  • ブレイクポイント
  • 「00」や「50」などキリがいい価格
  • 価格が何度も反応しているライン

この4つのポイントに共通しているのは、市場のエネルギーが集中し、市場参加者が強く意識している価格という点です。

水平ラインを引く目的は、冒頭でお伝えしたとおり、相場の階層を視覚的にわかりやすくすることです。

つまり、市場参加者の心理的変化が起きる価格帯を把握することにあります。

ですから、市場参加者がどの価格を意識してチャートを見ているのかはとても大切な視点で、必然的にこの4点に注目が集まります。

この観点から言うと、1点の高値安値だとしてもそれが市場で強く意識されるようなポイントなのであれば、水平ラインは引くべきだということです。

もちろん、ラインを多く引けばいいというわけではありません。

  • 意識される価格はどこなのか?
  • 多くの市場参加者の心理的変化が起こる価格はどこなのか?

この観点からラインを引いていきましょう。

suiheiline-point

4.ラインを引く際に意識すべき3つのポイント

水平ラインを引く際に意識すべきポイントは次の3つです。

  • 直近のポイントが重要
  • 目線が切り替わるのはどこかを意識する
  • 完璧主義を捨てる

この3つを意識して水平ラインを引いていきましょう。

では、詳しく一つずつ見ていきます。

①直近のポイントが重要

例えば、むき出しの高値が近い所に2つあったとして、どちらを基準にラインを引くべきか迷ったとします。

チャート上で左と右の高値、どちらのポイントが重要かと言えば、右側の直前の高値になります。

これは、ラインが機能するかしないかは、”実際にその価格で出来高があるかどうか”がポイントになるからです。

少し、難しくなりますが、左側になればなるほど、時間経過とともにポジションが解消されている可能性があります。人の意識や記憶としても消えている可能性があり、直近の高値よりも重要でない可能性が高いのです。

ですから、どちらか迷った場合は、右側の直近のポイントを重視することになります。

②目線が切り替わるのはどこかを意識する

これは、繰り返しになるかもしれませんが、市場参加者はどの価格帯を意識するのかをしっかりと考えてラインを引くことです。

「ここを上抜けたら買いたい」、「ここを下抜けたら売りたいという」、売りと買いの目線が切り替わる価格がどこかを意識するのです。

客観的に見て、「どこで多くの人は心理的変化が起こるのだろう」という視点でチャートを見ることが大切です。

③完璧主義を捨てる

60289781_m

ラインは、あくまでも「機能すると思われるところに自分が勝手に線を引いている」に過ぎません。

そのラインで価格が本当に反応するかは、その時にならないとわからないのです。

もちろん、ラインが機能するという前提でトレードプランは立てますが、それも自分が想定しているプランに過ぎないことをしっかりと理解しておくべきです。

相場の動きは誰にもわかりません。

だからこそ、私はラインを一本の線として見るのではなく、いくらかの誤差を含んだバンドとして見るべきだと考えます。

完璧主義な人ほど自分が思ったとおりに行動したいものですし、自分の想定どおりになって欲しいと思うものです。

しかし、トレードでは、あくまでも相場の動きに自分が合わせていくことが重要で、自分の想定が違うことは当然のようにあることを理解しておくことが重要です。

想定と違ったらすぐに考えを切り替える、この切り替えの早さが、市場で生き残っていくためには本当に大切なことです。

5.まとめ

さて、まとめます。

水平ラインを引くポイントとして、次の4つのポイントがありました。

  • むき出しの高値安値
  • ブレイクポイント
  • “00”や”50”といったキリがいい価格
  • 価格が何度も反応しているライン

また、ラインを引く際に意識すべきポイントとして次の3つがありました。

  • POINT1 直近のポイントが重要
  • POINT2 目線が切り替わるのはどこかを意識する
  • POINT3 完璧主義を捨てる

慣れないうちは、多くのラインを引いてしまい、とても見にくいチャートになってしまうかもしれません。

そんな時は、水平ラインの引く目的を思い出してください。相場の階層を視覚的にわかりやすくすることでしたね。

ラインを引くことによって、トレード判断が難しくなってしまうのであれば、当然ラインは減らすべきです。

例えば、2本の近いラインがあるとすれば、真ん中で太いラインを一本にしてみるなど、色や太さを変えることで見やすくする必要があります。

また、チャートを漫然と見ていても、時間だけが過ぎ、迷いを増やす原因になります。

「チャートから何を見るためにラインを引くのか?」これを自分の中で明確にしておかなければ、ラインを引く意味もチャートを見る意味もありません。

何を見るためにチャートを分析しているのか?は常に意識しておきましょう。

水平ラインは、トレードプランを立てる上でとても重要なスキル。ぜひ、マスターしてください。

53952077 - happy man working on laptop in library
最新情報をチェックしよう!