注目の記事 PICK UP!

サポートラインとレジスタンスラインを使った正しいチャートの読み方

53952077 - happy man working on laptop in library
  • 正しいラインを引き方を知りたい
  • シンプルなトレードをしたい
  • 一貫性を持ったライントレードをしたい

もし、あなたがこれらに該当するのであれば、ぜひこの続きを読んでみてください。

相場にはそれぞれの市場や場面によって、意識されている価格帯があり、階層構造をなしています。この”層”は、主に水平ライン(サポートライン・レジスタンスライン)で把握することができ、この水平ラインをベースにトレードプランを立てていくことになります。

トレードをするために、まずは、水平ラインを使ってこの相場の階層構造を理解する必要があるのです。

この記事では、「水平ラインを使って相場の階層構造をどのように把握していくのか」を詳しく説明していきたいと思います。

ラインが重要だからといって、むやみにラインを引いていては、余計にトレードの判断を難しくしてしまうことになります。しかし、多くの人は必要以上にラインを引き、自らトレード判断を難しくしてしまう傾向があるようです。

なぜ、人はむやみにラインを引いてしまうのでしょうか?

それは、

  • 何のためにラインを引いているのかが分からない(目的が明確でない)
  • 正しいラインの引き方を知らない(引くべきポイントに一貫性がない)

この2つが大きな要因ではないかと思います。つまり、「ラインを引く目的」、「ラインを引くべきポイント」がわからないのが原因なのではないかということです。

そのため、この記事では、「水平ラインを引く目的」、「水平ラインを引くべき4つのポイント」をご紹介していきます。

もちろん、これらを理解するためには、なぜこれらが意識されるのかという背景から知る必要があるでしょう。

サポートライン・レジスタンスラインを正しく引くことができると、チャートから何を読み取ろうとしているのかを明確にでき、チャート分析の精度は飛躍的に上がるでしょう。チャートは見やすくなり、一貫性を持ったトレードをすることができるようになり、行き当たりばったりのトレードをすることが少なくなります。

しかし、逆に、サポートライン・レジスタンスラインを正しい引き方を知らないとどうなるのか?

チャートも見づらく、トレンドの判断もできず、トレードプランも立てることができず、トレード判断を難しくする原因になります。そして、一貫性のあるトレードをすることができないでしょう。

この記事でご紹介するサポートライン、レジスタンスラインの引くスキルは、あなたが安定したトレードを求めるのであれば、まずは最初に手に入れておくべきスキルです。

では、さっそく始めていきましょう。

1.水平ライン

25355890 - pointing at financial analysis graph on computer monitor with pen水平ラインを引くスキルは、トレードプランの作成にも、エントリータイミングを計る際にも使用するトレードの基礎的スキルです。

水平ラインを引く目的は、ただ一つ。”相場の階層を視覚的にわかりやすくすること"です。

何回も反発している価格やむき出しの高値安値から引いた水平ラインは特に注目されます。この水平ラインに価格が差し掛かったとき、反発するのか、突破するのかを注意深く観察する必要があります。

ラインには、水平ライン以外にもトレンドラインやチャネルラインなどがありますが、水平ラインはこれらと明確に違う点は、"時間経過しても意識され、そして機能する"という点です。

トレンドラインやチャネルラインは、時間が経過すると意識されなくなりますが、水平ラインは、時間が経過してもチャート上に残り、意識されます。ですから、トレードする上では特に重要なラインになります。

水平ラインには、サポートラインとレジスタンスラインの2種類があります。詳しく見ていきましょう。

1-1 サポートライン

1-1-1 サポートラインとは何か?

サポートラインは、「下値支持線」とも呼ばれます。

価格がサポートラインまで落ちてきたら、それ以上落ちないように相場は反発します。下値を支えるラインということでこの名前が付けられています。

1-1-2 なぜ、サポートラインは機能するのか?

なぜ、サポートラインは機能するのでしょう?

それは、多くの市場参加者がその価格で「心理的変化」が起きるからです。ここで言う「心理的変化」とは、「売りたい」「買いたい」のバランスです。

公園にあるシーソーを思い浮かべてみてください。そして、ある価格では「買いたい」という感情が強くなり、ある価格では「売りたい」という感情が強くなるというシーソーをイメージしてみてください。価格が動くたびにこの心のシーソーは揺れ動きます。

例えば、ドル円100円付近で強く意識されているのであれば、100円付近に価格が下がってきたとすれば、売っていた人は買い戻し、逆に反発を狙っている人は買いを入れます。多くの人の心のシーソーが一気に買いに振れるのです。

このように、「意識される価格」は、多くの市場参加者の心理変化が起こり、それがチャートに現れています。

「何度も価格が止まっているサポートラインは強い」と言われるのは、より多くの市場参加者がその価格を意識することで、素早く、より大きいポジションの変化が起こるからです。

1-2 レジスタンスライン

1-2-1 レジスタンスラインとは何か?

レジスタンスラインは、「上値支持線」とも呼ばれます。価格がレジスタンスラインまで上がったら、それ以上、上がらないように相場は反発します。上値を抑えるラインということで、この名前が付けられています。

1-2-2 なぜ、レジスタンスラインは機能するのか?

これは、先ほど説明したサポートラインと理由は同じで、多くの市場参加者の中で心理的変化が起きるからです。

例えば、先ほどの例と同様、ドル円100円付近が意識されているのであれば、100円付近に価格が上がってきたとすれば、買っていた人は決済売りをし、逆に反転を狙っている人は売りを入れます。

2.サポートラインとレジスタンスラインの逆転

サポートラインとレジスタンスラインには、「一度抜けるとその役割が逆転する」というトレードプランを立てる上で、非常に重要な性質があります。support-resistance-tenkan

例えば、上のチャートのA地点からB地点までの流れを見てください。

今までサポートラインとして機能してたのが、一度下へ抜けると今度はレジスタンスラインに変わっているのがわかるでしょうか?。

これは、市場参加者の目線が一つ下に下がった、つまり相場が弱気になったということです。

次に、B地点からC地点までを見てください。今までレジスタンスラインとして機能してきたものが、一度上抜けるとそれがサポートラインに変わっています。これは、市場参加者の目線が一つ上の階層に上がったことを意味し、相場が強気になったということです。

この役割の逆転のことを、レジスタンス・サポート転換(レジサポ転換やサポレジ転換)と呼ばれます。この性質を利用して、トレードプランの作成やエントリーをしていくことになります。

3.水平ラインを引く4つのポイント

53938412 - business corporate focusing workshop occuapation conceptでは、次に水平ラインをどこに引くべきかを考えていきましょう。

大きく分類して、次の4つがあります。

  • むき出しの高値安値
  • ブレイクポイント
  • "00"や"50"などキリがいい価格
  • 価格が何度も反応しているライン

この4つのポイントに共通しているのは、”最も市場のエネルギーが集中し、市場参加者が意識をしている価格”ということです。

水平ラインを引く目的は、冒頭でお伝えしたとおり、”相場の階層を視覚的にわかりやすくすること"です。つまり、市場参加者の心理的変化が起きる価格帯を把握することにあります。

ですから、市場参加者がどこを意識してチャートを見ているのかという視点が大切であり、自然とこの4点に注目が集まります。この観点から言うと、1点の高値安値だとしても注目されるようなポイントだとすれば、水平ラインは引くべきだということです。

決して、ラインを多く引けばいいというわけではなく、

  • 「意識される価格」はどこなのか?
  • 多くの市場参加者の心理的変化が起こる価格はどこなのか?

この観点からラインを引いていきましょう。
suiheiline-point

4.ラインを引くときに意識すべき3つのポイント

慣れないうちは、多くのラインを引いてしまい、見にくいチャートが出来上がるかもしれません。

しつこいようですが、水平ラインの引く目的を思い出してください。水平ラインを引く目的は、”相場の階層を視覚的にわかりやすくすること”です。ラインを引くことによって、余計にトレード判断を迷わせるのであれば、ラインを減らすべきです。

例えば、2本の近いラインがあるとすれば、真ん中で太いライン一本にしてみるなど、色や太さを変えることで自分で見やすくする工夫が必要です。

水平ラインを引く際に意識すべきポイントは次の3つです。

  • POINT1 直近のポイントが重要
  • POINT2 目線が切り替わるのはどこかを意識する
  • POINT3 完璧主義を捨てる

この3つを意識して水平ラインを引いていきましょう。

では、詳しく一つずつ見ていきます。

4-1 直近のポイントが重要

例えば、むき出しの高値安値が近い個所に2つあった場合を考えてみます。

左と右、どちらのポイントが重要かと言えば、右側の直前のポイントになります。これは、ラインが機能するかしないかは、”実際にその価格で出来高があるかどうか”がポイントになるからです。

少し、難しくなりますが、左は時間経過とともにポジションが解消されている可能性があり、人の意識や記憶としても、右のポイントよりも重要でない可能性が高いのです。

ですから、どちらが重要かと言われると、直近のポイントを重要視することになります。

4-2 目線が切り替わるのはどこかを意識する

次のポイントは、繰り返しになるかもしれませんが、”市場参加者はどの価格帯を意識するのか”をしっかりと考えてラインを引くことです。つまり、「ここを上抜けたら買いたい」、「ここを下抜けたら売りたいという」、”売りと買いの目線が切り替わるライン”を想定するということです。

人に意識されるラインほどよく機能します。客観的に見て、「どこで多くの人は心理的変化が起こるのだろう」という視点でチャートを見てもらえればと思います

4-3 完璧主義を捨てる

60289781 - graphics designer editor workplace conceptラインはあくまでも「機能すると思われるところに自分が勝手に線を引いているだけ」です。

ですから、当然100%そのラインで価格が反応するわけではありません。

もちろん、ラインが機能するという前提でトレードプランを立てるのですが、トレードプランは、あくまでも”自分の想定したプラン”だという当たり前のことをしっかりと理解しておきましょう。相場の動きは誰もわかりません。

ですから、私は、「ラインを一本の線として見るのではなく、いくらかの誤差(幅)を含んだバンドとして見るべき」だと考えています。

完璧主義な人ほど自分の思ったとおりに行動したいですし、自分の想定どおりになって欲しいと思っています。しかし、トレードでは、あくまでも相場の動きに自分が合わせていくことが重要で、”自分の想定が違うことは普通にある”ということを理解しておくことが重要なのだと思います。

想定と違ったらすぐに考えを切り替える、この切り替えの早さが、トレードで生き残っていくためには本当に大切なことです。

5.まとめ

さて、まとめます。

水平ラインを引くポイントとして、次の4つのポイントがありました。

  • むき出しの高値安値
  • ブレイクポイント
  • "00"や"50"といったキリがいい価格
  • 価格が何度も反応しているライン

また、ラインを引く際に意識すべきポイントとして次の3つがありました。

  • POINT1 直近のポイントが重要
  • POINT2 目線が切り替わるのはどこかを意識する
  • POINT3 完璧主義を捨てる

チャートを漫然と見ていても、時間だけが過ぎていきますし、迷いを増やすことになります。

「チャートから何を読み取るためにラインを引くのか?」を自分の中で明確にしておかなければ、チャートを見ていても何の意味もありません。チャートを見るときに重要なのは、「焦点化」です。

つまり、「自分は何を見るためにチャートを分析しているのか?」を常に意識しておく必要があります。

この記事で紹介した相場の階層構造を把握するスキルは、トレードプランを立てる上で基礎的なスキルです。しかし、トレードプランを立て、トレード戦略を立てる上で、根本となる非常に重要なものです。

ぜひ、参考にしていただき、あなたのトレードに取り入れていただければと思います。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. Portrait of a happy little magician boy

    パフォーマンスが劇的に変わる!FXポジションサイジング入門

  2. Bridal Couple in the Dunes

    FXのチャート分析でまずはやるべき大切な2つのコト

  3. Victory

    損切りを確実に執行するための実践的テクニックのすべて

  4. 65094746_m

    図解!ダウ理論を駆使した重要な11のチャートパターン

  5. 41409739 - handsome businessman presenting new project to partners.

    【厳選】FX攻略に重要な継続と反転のチャートパターン9選

  6. 21803165 - businessman relaxing

    ダウ理論で明確なトレンド分析!正しいチャートの読み方

  7. Mountaineer

    重要な通貨ペアの選定!絶対に持つべき3つの視点とは

  8. Businessman Superhero

    FXテクニカル分析の最重要スキル! トレードプラン2つの基本型

  9. On Top

    FXを攻略するために必要なテクニカル分析の知識と実践方法の全て

最近の記事

  1. 56395030_m
  2. 46992579 - jobs employment career occupation application concept
  3. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  4. 30176713 - man run inside of 3d tunnell
  5. 31776890_m

BUSINESS 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  2. 52462337 - idea ideas imagination innovation strategy vision concept
  3. 56395030_m
  4. 51496675_m
  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

GROWTH 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 65499350_m
  2. 38531910 - two agressive businessmen fighting in the office
  3. Businesswoman in a break from work
  4. 51918802_m
  5. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

FX 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman
  2. 21803165 - businessman relaxing
  3. A young discoverer
PAGE TOP