注目の記事 PICK UP!

テクニカル分析はファンダメンタル分析より優れているのか?

I have no idea what i am doing!

あなたは、トレードを始める時まず何から勉強を始めただろう?

本やサイト、ブログ、媒体はさまざまだろうが、テクニカル分析についてまずは勉強したはずだ。本屋に行くと、fxのテクニカル分析の本が大量に平積みにされている。

確かにトレードにおいて、テクニカル分析の知識は欠かかすことができない重要なものだ。テクニカル分析とファンダメンタル分析どちらでトレードをしているか聞くと、ほとんどの人がテクニカル分析と答えるだろう。

では、なぜ人はテクニカル分析によってトレードするのだろう?テクニカル分析の方がファンダメンタル分析よりも優れているということだろうか?もしそうなら、テクニカル分析の何が優れているのだろうか?

このページでは、テクニカル分析について、どんな特性があるのか、なぜ多くの人がテクニカル分析を好むのか、ファンダメンタル分析と対比させながら解説していきたい。

この記事を読むことで、テクニカル分析とファンダメンタル分析の特性をより深く知ることができるだろう。

では、さっそく進めていこう。

1.テクニカル分析とファンダメンタル分析の関係

Labyrinthic staircasesまず、テクニカル分析とファンダメンタル分析の2つの分析方法の特徴を見ていく。

1-1 2つの分析方法の特徴

相場の分析方法は、大きく分けて、

・ファンダメンタル分析
・テクニカル分析

この2つの分析方法がある。

ファンダメンタル(fundamental)とは、日本語に直訳すると基礎的なという意味で、金融の世界では、ファンダメンタルを”経済の基礎的要因”などと言ったりする。

fxのファンダメンタル分析は、通貨に影響を与える基礎的要因を分析して、今後の値動きを予測する手法だ。

fxの場合、通貨国の人口、人口構成、教育水準、地政学リスクといった国の基礎的なマクロ要因、GDP、貿易収支、雇用、物価、生産、住宅といった分野の各種経済指標、金融政策や財政政策を分析して、通貨の動向を分析する。

一方、テクニカル分析は、為替レートをグラフにしたチャートを用い、水平ラインやトレンドラインで節目を判断したり、レートから算出されたテクニカル指標(インディケーター)を中心にして分析を行うものだ。

テクニカル分析=インディケーターのようなイメージがあるが、インディケーターはあくまでもテクニカル分析を行うための指標であり、テクニカル分析はもっと広い概念をいう。

1-2 見るべきものが違う

どちらも「相場の現状とそこにある背景を把握し、将来の価格を予測する」という目的は同じだが、その目的を達成するためのアプローチの仕方が異なる。

ファンダメンタル分析は、価格を動かす”需要と供給の関係”を分析することで、価格の予測を行う分析法だ。これは、需要と供給から導き出される本来的な価値を探る分析法で、その本来的な価値が市場価格より高ければ売られるし、安ければ買われるだろうと推測する。

価格を動かす根本的な”原因”に着目し、その原因を分析することで、今後価格がどう推移するか予測をするものだ。

それに対し、テクニカル分析は、過去と現在の値動きを分析することで、”原因”がもたらす影響つまり、”結果”を分析するものだ。

ファンダメンタル信奉者は、「結果を知るためには原因を知る必要があるだろう」と主張し、テクニカル信奉者は、「結果のみ知ればいいのだから、その原因は知らなくてもいい」というスタンスの違いがある。

ただ、ファンダメンタルを主体にトレードしている人でも、ニュースの情報だけでトレードするという極端な人は少ないし、テクニカル主体の人でも経済指標の発表や各国の金融政策のニュースを全く耳に入れない、参考にもしないという人は少ない。多くのトレーダーは、基本的なファンダメンタル、テクニカルの基礎的な知識を持ってトレードしている。

1-3 Buy the rumor, sell the fact

金融の有名な格言の一つに、”Buy the rumor,sell the fact”というものがある。これは、噂で買って事実で売るという意味だ。

トレードは、一言で言うと”人を出し抜くゲーム”だ。そのため、市場参加者は人より半歩先を読み、人より先に行動する。多くのトレーダーが、何かイベントがあった場合、その結果が発表され、事実が確定した時点まで待っていては遅いため、噂を聞いた時点からポジションを仕込んでおく。

こういった動きは、よくニュースで、「市場は既に織り込んでおり~」などと表現され、市場が既知のファンダメンタルに反応し、事実に先行して価格に反映させていることを意味する。このように、市場価格がファンダメンタルの先行指標となることもある。

2.ファンダメンタル分析

ここでは、ファンダメンタル分析について説明していこう。

2-1 ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析の基本的なことについては、下記の記事を参考にしてもらいたい。

2-2 ファンダメンタル分析の限界

ファンダメンタル分析の大きな問題は、エントリーとエグジットのタイミングを明確に教えてくれないことだ。

つまり、ファンダメンタル分析は原因を研究し、値動きの理由・根拠は説明してくれるが、実際どこで買って、どこで売ればいいのかを明確には示してはくれない。だから、短期売買においては、テクニカル分析によって、エントリーとエグジットのタイミングを計るほかない。technical-analysis-1

3.テクニカル分析

次は、テクニカル分析について、見ていこう。

3-1 テクニカル分析の3つの前提条件

テクニカル分析は次の3つの前提をもとに分析を行う。

3-1-1 価格はすべてを織り込む

チャート上の価格は、国際政治、各国の金融政策、需給、経済指標や市場心理など、さまざまな情報が踏まえられて、現在の価格に落ち着いている。つまり、売りと買いのバランスがとられた均衡点が現在の価格になっている。

前述したように既知のファンダメンタルは価格に織り込まれる。だから、”値動きのみ分析すればいい”というのがテクニカル分析のコアにある。

そう考えると、さまざまな情報が価格に集約されているのだから、他のいろんな情報に惑わされず、価格を分析することで売買判断を下していこうというのは、自然の流れとも言えるだろう。

いくらファンダメンタル分析をして、その分析の結果が正しくても、ファンダメンタルと相場の値動きとの関係性を理解できなければ、トレードには全く使えない。

事実、実際の相場の動きは、ファンダメンタルだけでは説明できないほどダイナミックスに動く。それは、市場参加者の心理が増幅器の役割をして、値動きの波を大きくしているからだと言われている。

テクニカル分析は、ファンダメンタル分析だけでは説明できない実際の価格と需給要因とのギャップをうまく説明をしてくれるものだ。ファンダメンタル分析は、相場の大きな方向性を示してくれるが、短期的な波の動きを予測することができない。

テクニカル分析は、"今の市場を表している価格"そのものを分析する手法のため、いち早く相場の変化に対応することができる。

3-1-2 価格の動きはトレンドを形成する

価格は、ランダムではなくトレンドを形成する、これが2つ目の前提だ。

そして、価格はトレンドを形成するという前提に立つと”トレンドは反転するより継続する可能性が高い”と言える。”トレンドは反転するまで、同じ方向に進み続ける”という考え方がテクニカル分析の根底にある。

3-1-3 歴史は繰り返す

最後の前提は、"歴史は繰り返す"だ。

テクニカル分析で使われる多くのテクニックは、人間の相場心理に基づくものだ。例えば、ある条件下のもとでは、チャート上に”特定の図”いわゆるチャートパターンが出現すると”かなりの確率でそうなる”というものがある。

時代が変わってもチャートパターンは機能し続けてきた。歴史は繰り返す、これは、人間の相場心理が時代を超えても変わらないことを意味している。

3-2 インディケーター

テクニカル分析=インディケーターと勘違いしてしまうくらい、テクニカル分析を行う人は何かしらのインディケーターを使っている。数多くのインディケーターの中で、次に代表的なインディケーター載せた。これは、まだほんの一部でインディケーターは無数にある。

・移動平均線
・平均足
・ボリンジャーバンド
・パラボリック
・ポイントアンドフィギュア
・乖離率
・RSI
・MACD
・ストキャスティクス
・CCI
・ダイバージェンス
・フィボナッチリトレースメント
・フィボナッチファン
・フィボナッチピボット
・エリオット波動論
・ATR などなど

こんなにあったら、どれを使えばいいのか迷ってしまうが、これさえ使えば勝てるといったものは存在しない。どんなインディケーターを使えばいいのか?どんなパラメーターで使えばいいのか?

多くの人はこの落とし穴にはまってしまうが、こんなことに悩むこと自体、不毛なことだ。正解があったら、みんなそのインディケーターそしてパラメーターを設定し、トレードをしているはずだ。

医者に例えれば、インディケーターは医療器具だ。腕のいい医者が、適切な医療を患者に施せるのは、単に医療器具という道具が優れているということだけではなく、医療器具の適切な使い方はもちろん、医学の知識、経験、診察での患者を洞察する力だったりする。

インディケーターは、売買判断を下すための、タイミングを計るためのツールの一つだという認識が必要だ。

また、表示させるインディケーターは、多ければ多いほどいいというわけではない。多ければ多いほど人は迷う。人間が判断できる限界もあるので、表示させるインディケーターは、2個か3個が限界だろう。

多くのトレーダーが使っていて、個人的にもよく使う移動平均線とボリンジャーバンドについては次の記事でまとめているので参考にしてもらいたい。

3-2-1 移動平均線

3-2-2 ボリンジャーバンド

4.相場をシンプルに見る

Creativity in my roomテクニカル分析もファンダメンタル分析も突き詰めて考えると、キリがない世界だ。

トレードにおいて、判断材料は多ければ多いほどいいというわけではない。逆に、判断を迷わせることとなる可能性が高い。トレードは、所詮、上がるか下がるかどちらなのか予想するだけのことだ。”相場をシンプルに見る”これを常に意識して相場に向き合う姿勢が大切だ。

ただ、何の詰め込みもないところから、「シンプルに相場を見ろ」と言われても何も見えてはこないだろう。大量に知識を入れ込んだ上で、自分で咀嚼し、自分に合うものだけ取り入れていく、その過程を経ることが絶対必要だ。

”どんどん情報を取り入れ、その過程でエッセンスが抽出され、相場をシンプルなものとして見ることができるようになる”

これが、理想的な流れだ。最初のうちは、とりあえずテクニカルでもファンダメンタルでも大量のインプットを行うこと。

これをまずやってもらいたい。chuushutu

5.まとめ

さて、ここまでテクニカル分析について、ファンダメンタル分析と対比させて見てきた。それぞれの分析法がどんな視点で相場動向を見ようとしているのか概要を掴んでいただけただろうか。

この記事をまとめると、

・ファンダメンタル分析は値動きの”原因”を分析し、テクニカル分析は”結果”を分析するもの。
・価格がファンダメンタルより先行する場合がある。
・ファンダメンタルは明確な売買タイミングを教えてくれない。
・テクニカル分析は、①価格はすべて織り込む、②価格の動きはトレンドを形成する、③歴史は繰り返す、この3つの前提の上に成り立っている。
・ファンダメンタル分析、テクニカル分析ともに、大量のインプットを行い、最終的に相場をシンプルに見ることができるようになるという過程が大切。

大まかに言うと、このようなことをこの記事では説明してきた。これらを踏まえ、自分のトレードスタイルの確立の参考としてもらえたら幸いだ。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. Strong

    fxが主婦やサラリーマンの副業に最高と思う5つの理由

  2. Jubilant businessman

    デイトレード・スイングトレード・スキャルピングとは?

  3. FXで破産しないための潜在的リスクの把握と具体的対策

  4. very smart dog

    5分でわかる!ロスカットとマージンコールの仕組み

  5. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  6. A young discoverer

    fxの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

  7. A way to escape

    要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

  8. 46806338 - hands holding digital tablet pc and touching with finger in sunlight

    投資効率を最大化する正しい損切り(ロスカット)の知識のすべて

  9. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

PAGE TOP