43281016 - child expressing surprise with hands on his face

要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

もし、あなたのトレードが目標の数字に届いていないのなら、それを改善する最も簡単な方法は、スプレッドを見直すことです。

トレードコストは、パフォーマンスを左右する重要な要素。どんなに勝率が高い手法があったとしても、トレードコストが高ければ資金は増えません。

スプレッドを見直すことで、あなたのトレードパフォーマンスは劇的に大きく変わります。しかも、それはとても簡単で、わずかな注意と工夫で抑えることができます。

手法やトレードスキル注目が集まりがちですが、毎回トレードの際に発生するスプレッドを見直すことが、最も楽で確実にパフォーマンスを向上させる方法なのです。

この記事では、スプレッドとは何か?というところから、スプレッドを抑えるための具体的方法についてわかりやすく説明します。

まずは、スプレッドとは何か?というとことから始めていきましょう。

1.スプレッドとは

スプレッドとは、”広がること”や”値幅”という意味があり、金融用語としては次の2つの意味があります。

・株式、債権、コモディティ等の価格や利回りの差
・FXの通貨ペアの提示レートの差

ここでは、後者について説明していきます。

まずは、前提知識として

  • 売るときの価格:Bid(ビット)
  • 買うときの価格:Ask(アスク)

これを覚えてください。そして、スプレッドはBidとAskアスクの差です。

このスプレッドはFX業者の取引手数料と考えてください。売買手数料無料とはいうものの、実質的にこのスプレッドがFX業者の収入源となっています。

bit-ask

2.スプレッドと市場流動性

40888255_m

スプレッドは、個人とFX業者の取引だけではなく、銀行と銀行つまりインターバンク市場(銀行間取引)においても存在します。

ニュース番組のキャスターが、「為替は1ドル120円20銭から25銭で取引されています」と言っているのを聞いたことがありませんか?

これは、BidとAskを読み上げているだけにすぎず、このレンジの中で為替レートが動いているわけではありません。

この場合でいうと、Bidが120.20円、Askが120.25円という意味です。

スプレッドは市場の流動性を示しています。常に一定ではなく、5pipsのときもあれば、時には100pips以上になる場合もあります。

一般的に、多くの人が活発に取引をしている流動性が高いメジャー通貨はスプレッドが狭くなり、あまり活発な取引がされていない流動性が低いマイナー通貨はスプレッド広くなります。

3.スプレッドというトレードコスト

スプレッドは、FX業者によって異なり、トレードコストとしてパフォーマンスに大きく関わってきます。

トレードスキルに関係なく、収益に強い影響がありますから、当然押さえておくべき重要な要素です。

スプレッドによって、トレードコストがどれくらい違ってくるのか、少し具体的な例で見てみましょう。

(A社のスプレッドが2pipsの場合)
2pips(スプレッド)×1万通貨(取引量)=200円(トレードコスト)

この場合、トレードコストとして200円を業者に支払うことになります。

(B社のスプレッドが0.5pips銭の場合)
0.5pips(スプレッド)×1万通貨(取引量)=50円(トレードコスト)

この場合、トレードコストとして50円を業者に支払うことになります。

この例では、B社でトレードするだけで、150円のコスト圧縮になります。

わずかな金額と思うかもしれませんが、トレード回数や取引量が増えれば増えるほど無視できないコストになります。

あなたもポジションを持った瞬間、収益がマイナスになった経験はあるでしょう。

これは、スプレッドがあるため、スタート時点では保有ポジションはスプレッド分の含み損を抱えている状態になるからです。

49696688

実際、トレードは、0からのスタートではありません。マイナスからのスタートなのです。

実は、我々は勝負がスタートした時点から不利な状況を強いられています。

もし、仮にあなたが勝率50%でリスクリワード比1:1という状況なのであれば、収支はプラマイ0ではなく、マイナスになります。

4.取引量とトレード回数

スプレッドが増えてしまう場面としては、次の2つがあります。

  • 取引数量を増やした場合
  • トレード回数を増やした場合

仮に100万通貨の取引をした場合を考えてみましょう。

(A社のスプレッドが2pipsの場合)
2pips(スプレッド)×100万通貨(取引量)=20,000円(トレードコスト)

この場合、トレードコストとして、20,000円を業者に支払うことになります。

(B社のスプレッドが0.5pips銭の場合)
0.5pips(スプレッド)×100万通貨(取引量)=5,000円(トレードコスト)

この場合、トレードコストとして、5,000円を業者に支払うことになります。

1万通貨であれば、わずか150円しかない差も取引量が増えると大きな差となります。

これは、トレード回数を増やした場合も同様です。

業者選定の際には、当然スプレッド以外の要素も加味すべきですが、あまり差がないようであれば、当然スプレッドが小さい業者でトレードすべきです。

5.原則固定の注意点

47436811

「原則固定」を掲げる業者も多くなりました。これは原則的にはそのスプレッドで取引できるという意味です。

原則固定のスプレッドというのは、変動に比べ割高になりがちです。これは、スプレッドの中に”原則固定とするためのの保険料”が入っていると考えていいでしょう。

固定でスプレッドが安ければ問題ないのですが、この”原則固定”の”原則”には注意すべきです。それは、例外的にスプレッドが急激に拡大することがあるからです。

例えば、

  • 流動性の低い時間帯(早朝など)
  • 金融市場の休場日
  • 主要経済指標発表時
  • 震災などの天変地異や政変
  • 金融・経済関連の重大な出来事
  • 海外のクリスマス休暇や年末年始の期間

など、上記のような「流動性が低くなる場合」、「緊急性が急激に高まる場合」にスプレッドは広がります。

スプレッドが広がることで、大きな損失を被ることもありますから、あくまでも、”原則的には”固定なのだという認識を持っておく必要があります。

6.スプレッドを抑える5つの方法

”市場流動性”はスプレッドの重要なキーワードです。

”流動性が高いとスプレッドが狭く、流動性が低いとスプレッドが広くなります”

これを意識して、スプレッドを抑える方法について考えていきましょう。

6-1 メジャー通貨をトレードする

53905695 - money background with american hundred dollar bills

メジャー通貨はスプレッドが狭く、マイナー通貨はスプレッド広くなる傾向があります。

メジャー通貨は、流動性が高いため一般的にスプレッドが狭くなり、マイナー通貨は流動性が低いためスプレッドが広くなる傾向があります。

スプレッドが狭ければ狭いだけトレードに有利なのですから、トレードをするならメジャー通貨を選択したほうがいいでしょう。

マイナー通貨をトレードする場合は、”トレードコストを支払ってまで、なおトレードする価値がある”という状況でなければやる必要はありません。

6-2 流動性が低い時間帯はトレードしない

月曜日の朝など、流動性が低い時間帯では、スプレッドが拡大するリスクがあります。こういった時間帯にわざわざトレードする必要はありません。

6-3 指標発表直後にはトレードしない

重要な指標発表があったのときは、スプレッドが急激に拡大します。

特に、米雇用統計やFOMCなどビックイベントには、スプレッドが大きく動きます。

このような状況下では、どこで値を掴まされるかわからないので、発表直後はトレードを控えるべきです。

6-4 トレード回数を減らす

トレード回数を減らすことも、トレードコストを減らすためには必要です。

多くの人は早く儲けたいという欲求から、闇雲にトレード回数を増やそうとしますが、同時にトレードコストも増えるということをしっかりと認識しておくべきです。

もし、スキャルピングをやっているなら、とことんスプレッドが低いFX業者を探す努力をするべきでしょう。

6-5 スプレッドの狭い業者を選択する

15662500 - fashionable man taking a decision with his mobile phone

これは、トレードコストを下げるために最も簡単で根本的な解決法です。

FX業者を選定するためには、取引できる通貨ペアや会社の信用性、スワップポイントなど、さまざまな要素がありますが、これらにあまり差がなくて迷ったらスプレッドが狭い業者を選ぶべきです。

7.まとめ

どうしてもトレードロジックや手法にばかりが注目されがちですが、スプレッドを始めとするトレードの構成要素一つ一つがパフォーマンスに大きく影響します。

ここまで、スプレッドを抑えるための方法として、

  1. メジャー通貨をトレードする
  2. 流動性が低い時間帯はトレードしない
  3. 指標発表直後はトレードしない
  4. トレード回数を減らす
  5. スプレッドの狭い業者を選択する

この5つの方法を説明してきました。

これらを意識して実践するのは、それほど難しくはないでしょう。ぜひ、意識してトレードに挑んでみてください。

43281016 - child expressing surprise with hands on his face
最新情報をチェックしよう!