注目の記事 PICK UP!

要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

A way to escape

トレードコストは、トレードのパフォーマンスを左右する重要な要素だ。どんなに勝率が高い手法があったとしても、トレードコストが高ければ資金は全く増えてはいかないだろう。

fxでの一番大きいトレードコストは、”スプレッド”だ。

スプレッドを見直すことで、あなたのトレードパフォーマンスは劇的に大きく変わる。どうしても、手法やトレードスキルが注目されるが、毎回トレードの際に発生するスプレッドをまずは見直してみたらどうだろう。スプレッドを抑えるためにやるべきことは、非常にシンプルだし、簡単なものだ。わずかな注意と工夫で抑えることができる。

この記事では、スプレッドとは何か?というところから、スプレッドを抑えるための具体的方法についてわかりやすく説明している。ぜひ、この記事を参考にして、あなたのトレードパフォーマンスを向上させて欲しい。

それでは、さっそく説明していこう。

1.スプレッドとは

スプレッドとは、”広がること”や”値幅”という意味があり、金融用語としては次の2つの意味がある。

・株式、債権、コモディティ等の価格や利回りの差
・fxの通貨ペアの提示レートの差

ここでは、後者について説明していく。

売るときの価格をBid(ビット)、買うときの価格をAsk(アスク)と呼ぶ。スプレッドとは、(Bid)ビットと(Ask)アスクの差を言い、これは簡単に言うと、業者がとる取引手数料のようなものだ。

「売買手数料無料」を謳っているいるfx業者は多いが、このスプレッドがfx業者の実質的な収入源となっている。bit-ask

2.スプレッドと市場流動性

スプレッドは、”個人とfx業者”の取引だけではなく、”銀行と銀行”つまりインターバンク市場(銀行間取引)においても存在する。

ニュース番組のキャスターが、「為替は1ドル120円20銭から25銭で取引されています」などとしゃべっているのを聞いたことがないだろうか?これは、ビットとアスクを読み上げているだけにすぎず、このレンジの中で為替レートが動いているわけではない。この場合でいうと、ビットが120.20円、アスクが120.25円という意味だ。

スプレッドは市場の流動性を示している。常に一定ではなく、5pipsのときもあれば、時には100pips以上になる場合もある。

市場で多くの人が活発に取引していればスプレッドは狭くなり、取引が少なければ広がる傾向がある。一般的に、メジャー通貨はスプレッドが狭く、マイナー通貨はスプレッド広くなる傾向があるが、これも市場の流動性が原因だ。

3.スプレッドというトレードコスト

このスプレッドは、fx業者によって異なり、トレードコストとして自身のパフォーマンスに大きく関わってくる。自分のトレードスキルに関わらず、収益に強い影響があるのだから、当然抑えておくべき重要な要素だ。どれくらいの影響が出るのか、少し具体的な例で見てみよう。

(A社のスプレッドが2pipsの場合)
2pips(スプレッド)×1万通貨(取引量)=200円(トレードコスト)
1つの取引で200円をトレードコストとしてfx業者に支払うことになる。

(B社のスプレッドが0.5pips銭の場合)
0.5pips(スプレッド)×1万通貨(取引量)=50円(トレードコスト)
1つの取引で50円をトレードコストとしてfx業者に支払うことになる。

この例では、B社でトレードするだけで、150円の節約となる。わずかな金額だと思うかもしれないが、トレード回数や取引量が増えていけば増えていくほど、これが無視できないコストとなってくる。

あなたも体感したことがあると思うが、ポジションを持った瞬間、その瞬間は、収益がマイナスだ。これは、スプレッドがあるため、スタート時点では保有ポジションはスプレッド分の含み損を抱えている状態になるからだ。

だから、実は、トレードは、”0”からのスタートではない。”マイナス”からのスタートだ。我々は勝負がスタートした時点から不利な状況を強いられている。勝率50%でリスクリワード比1:1であれば、当然、資金はマイナスになる。

そのために、fxでトータルで勝つためには、五分の以上のパフォーマンスを残す”何か”が必要となる。

4.取引量とトレード回数

スプレッドが増えてしまう場面は、次の2つがある。
・取引数量を増やした場合
・トレード回数を増やした場合

先ほど例で説明したのは、1万通貨当たりのスプレッドだった。例えば、仮に100万通貨の取引をした場合を考えてみよう。

(A社のスプレッドが2pipsの場合)
2pips(スプレッド)×100万通貨(取引量)=20,000円(トレードコスト)
20,000円をトレードコストとしてfx業者に支払うことになる。

(B社のスプレッドが0.5pips銭の場合)
0.5pips(スプレッド)×100万通貨(取引量)=5,000円(トレードコスト)
5,000円をトレードコストとしてfx業者に支払うことになる。

1万通貨であれば、わずか150円しかない差も取引量が増えると大きな差となってくる。これは、トレード回数を増やした場合も同様だ。何度も言うが、スプレッド以外の要素で業者間で差がないとすれば、当然スプレッドが小さい業者を選定すべきだ。

5.原則固定の注意点

”原則固定”のスプレッドというのがある。これはそのままの意味で、”原則的にはそのスプレッドで取引できる”という意味だ。

基本的に原則固定のスプレッドというのは、変動に比べ割高になる。これは、スプレッドの中に”原則固定とするためのの保険料”が入っていると考えていい。

固定でスプレッドが安ければ問題ないが、この”原則固定”の”原則”には注意が必要だ。例外的にスプレッドが急激に拡大することがあるからだ。

例えば、
・流動性の低い時間帯(早朝など)
・金融市場の休場日
・主要経済指標発表時
・震災などの天変地異や政変
・金融・経済関連の重大な出来事
・海外のクリスマス休暇や年末年始の期間
など、上記のような”流動性が低い場合”と”緊急性が急激に高まる場合”にスプレッドが広がる。

スプレッドが広がることで、大きな損失を被ることもある。あくまでも、”原則的には”固定だという認識を持っておく必要がある。

6.スプレッドを抑える5つの方法

”市場流動性”はスプレッドの重要なキーワードだ。

”流動性が高いとスプレッドが狭く、流動性が低いとスプレッドが広くなる”

これを意識して、スプレッドを抑える5つの方法について考えてみたい。

6-1 メジャー通貨をトレードする

メジャー通貨はスプレッドが狭く、マイナー通貨はスプレッド広くなる傾向がある。メジャー通貨は、流動性が高いため、一般的にスプレッドが狭くなり、マイナー通貨はスプレッドが広くなる傾向がある。

スプレッドが狭ければ狭いだけトレードには有利なのだから、トレードをするなら、やはりメジャー通貨を選択したほうがいい。マイナー通貨をトレードする場合は、”そのトレードコストを支払ってまで、なおトレードするメリットがある”という状況でなければやる意味はない。

6-2 流動性が低い時間帯はトレードしない

月曜日の朝など、流動性が低い時間帯では、スプレッドが拡大するリスクがある。こういった時間帯にわざわざトレードしないほうがいい。

6-3 指標発表直後にはトレードしない

重要な指標発表があったのときは、スプレッドが急激に拡大する。特に、米雇用統計やFOMCなどビックイベントには、スプレッドが大きく動く。このような状況下では、どこで値を掴まされるかわからないため、発表直後はトレードを控えたほうがいいだろう。

6-4 トレード回数を減らす

トレード回数を減らすことも、トレードコストを減らすためには必要だ。早く勝ちたいからといって、闇雲にトレード回数を増やそうとする人がいるが、同時にトレードコストも増えることを認識して欲しい。

スキャルピングなど、どうしてもトレード回数が増えてしまうのであれば、とことんスプレッドが低いfx業者を探すなど、やる環境に工夫が必要だ。

6-5 スプレッドの狭い業者を選択する

これは、トレードコストを下げるため、もっとも簡単で根本的な解決法だ。fx業者を選定するためには、取引できる通貨ペアや会社の信用性やスワップポイントの大きさなど、さまざまな要素があるが、これらにあまり差がなくて迷ったら、スプレッドが狭い業者を選ぶべきだ。

7.まとめ

トレードロジックや手法にばかりが注目されるが、スプレッドといったトレードを構成する一つ一つの要素がパフォーマンスに大きく影響してくる。

スプレッドを抑えるための方策として、

①メジャー通貨をトレードする
②流動性が低い時間帯はトレードしない
③指標発表直後はトレードしない
④トレード回数を減らす
⑤スプレッドの狭い業者を選択する

この5つを説明してきた。ぜひ、これらを意識してトレードに挑んでもらいたい。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. FXで破産しないための潜在的リスクの把握と具体的対策

  2. Doubts

    FXとは?FX初心者が知っておくべき5つ基礎知識!

  3. Little boy watching the end of the world

    要注意!!スワップポイント狙いの恐ろしい3つのリスク

  4. Young alcoholic man

    90%の人がFXで失敗?その理由を考えてみた

  5. Smiling businessman projecting the skyline

    成り行き注文・指値注文・逆指値注文の特徴とトレード戦略

  6. FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

    FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

  7. Man stand near beach looking at sunset, peaceful water level

    相場を10倍深く理解するファンダメンタル分析入門

  8. Strong

    fxが主婦やサラリーマンの副業に最高と思う5つの理由

  9. Sportsman running at amazing summer sunset at the beach in sport and healthy lifestyle concept

    損切りを合理的にかつ確実に執行するたった3つの方法

最近の記事

  1. 56395030_m
  2. 46992579 - jobs employment career occupation application concept
  3. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  4. 30176713 - man run inside of 3d tunnell
  5. 31776890_m

BUSINESS 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  2. 52462337 - idea ideas imagination innovation strategy vision concept
  3. 56395030_m
  4. 51496675_m
  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

GROWTH 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 65499350_m
  2. 38531910 - two agressive businessmen fighting in the office
  3. Businesswoman in a break from work
  4. 51918802_m
  5. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

FX 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman
  2. Thinking Child
  3. 21803165 - businessman relaxing
  4. A young discoverer
PAGE TOP