FXの損切りに関する全知識【正しい損切りの方法を徹底解説】

15237784_m
損切りって難しい・・・
  • 積み上げた利益を、大きなドローダウンで一気に吐き出してしまう・・・
  • 損切りがなかなかできない・・・
  • 損切りの連続・・・どんどん資産が減っていく・・・

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

「損切り」と聞いてポジティブな気持ちになる人はいないでしょう。お金を少しでも増やすためにトレードしているわけですから、好き好んで損切りする人なんていないはずです。

しかし、この損切りに対するネガティブな感情が、時に大きな問題となります。

損切りを躊躇することで、判断が遅れ、大きな損失となる場合があるのです。

この記事は、

  • 損切りとはそもそも何か?
  • なぜ損切りは大切なのか?
  • なぜ損切りが難しいのか?
  • 損切りができない悩みにどう対処すべきか?

こういった損切りについてのありとあらゆる事柄について、徹底的に解説していきます。

「損切り」についての徹底解説

最後まで読んでいただき、損切りに対して正しい認識をしてもらうことで、あなたのトレードパフォーマンスは確実に向上するはずです。

あなたの損切りに対する考え方やイメージを少しでも変えることができたら幸いです。

ぜひ最後までお付き合いください。

1.FXの損切りとは?

FXの損切りとは?

損切り」とは、含み損が生じた場合、反対売買をして損失額を確定することを言います。

損切り(そんぎり、ロスカット、Cut Loss)とは、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定すること。

wikipedia

ストップロスとも呼ばれたりすることがありますね。

例えば、ドル円105円でロングして100円に逆指値注文を置いた場合、「100円にストップロスを置く」と表現されます。

2.なぜ損切りすべきなのか?

なぜ損切りすべきなのか?

損切りは、トレードでとても大切だと言われます。これは、これまで読んできたどのトレードの本にも書いていたことだと思います。

  • なぜ損切りは大切なのか?
  • なぜ損切りをしなければならないのか?

その理由は3つあります。

理由① 損切りによって大きな損失を防ぐ

なぜ損切りをすべきか?

一番わかりやすくて最も大きな理由は、損切りによって、大きな損失を防ぐことができるからです。

特に為替相場では、トレンドが一旦始まると継続しやすい傾向にありますから、損切りを置かずに相場が逆行した場合、どんどん損失が拡大していきます。

損切りは、どうしてもネガティブなイメージが付きまといますが、実は損失を限定して、私たちの資金を守ってくれるとても重要なものなのです。

理由② 損切りで機会損失を防ぐ

なぜ損切りをすべきか?

二つ目の理由は、損切りによって機会損失を防ぐことができるからです。

損切りとは、損失を確定する行為。ですから、損切りをしなければ、損失は発生しません。

つまり、損切りしない限り「損はしない」のです。

しかし、損切りをせず、含み損を抱えている状況は、ただ結果を先送りしているだけで、何も問題の解決にもなっていません。

いつまでも次のポジションを持つことができず、あなたのトレードの機会を奪い、資金効率を悪化させます。

もし、あなたが幸運にも「これはいける!」という場面に遭遇したとしても、新たなポジションを建てることができず、その場面をただ指を咥えて見ているしかないのです。

理由③ 相場は不確実なもの

なぜ損切りをすべきか?

三つ目の理由は、相場は不確実性を持ったものだからです。

いいポジションを持てるかどうかは、エントリー前の相場分析とエントリータイミングでほぼ決まります。

ただ、どれだけ詳細な分析をしてエントリーしたとしても、あくまでもそうなる確率の高いほうに張っているに過ぎません。

あくまで確率の問題であって、そのトレードが自分の思い通りになるという保証は全くないのです。

ですから、自分の想定と違った場合、自分が誤りだったということをいち早く認め、撤退する軽さがとても重要になります。

相場という不確実なものに賭けている以上、思惑と違ったらすぐ訂正する柔軟性を持つべきです。

トレードにとって一旦間違いを訂正し、撤退するという観点からも損切りはとても重要です。

3.よくある損切りの失敗パターン

よくある損切りの失敗パターン

損切りは、相場に対しての見立てが間違っていたことを訂正するために、一旦撤退すること。しかし、その損切りで失敗してしまうこともあります。

損切りでよくある失敗パターンとして、次の2つがあります。

①コツコツドカン

「コツコツドカン」とは、コツコツ小さな利益を出してきたのにも関わらず、損切りができないことが原因で、一度に大きな損失を出してしまうパターンです。

これは、本当によくあるパターンです。

大きな損失を受けて、再起不能もしくは、戦意喪失してトレードをやめていってしまうのです。

このパターンの問題は、

  • 損切りのルールがない
  • ルールはあるけど守れない

これら片方、もしくはその両方です。

損切りのルールがないのであれば、解決は簡単。ルールを作りさえすればいいのです。

問題は、ルールはあるけど守れないという場合。

いかにルールを守るようにするか、その工夫が重要なわけですが、その具体的な方法については後述します。

②損切り貧乏

「損切り貧乏」とは、損切りばかりをしてしまい、結局利益が残らない状況を言います。

コツコツドカンと違い、損切りルールもあるし、損切りルールを徹底する方法とマインドも持っています。

しかし、問題は手法やその損切りの設定の仕方そのものにあります。

損切り貧乏になってしまう原因を深く考えていくと、次の2つがあるでしょう。

【原因1】ボラティリティを無視している

損切り貧乏でよくあるのは、損切り幅が極端に狭くしている場合です。

価格は高くなったり安くなったり波を打つもの。そして、その波の大きさは、その時々で異なり、まったく同じ波ということはありません。

この波の大きさを考えずに損切りを設定してしまうと、相場が向かう方向は思惑通りなのに損切りとなってしまう場合があります。

つまり、損切り貧乏となってしまう原因の一つは、波の大きさ、つまりボラティリティを考慮していないことです。

相場のボラティリティに合った損切り幅を設定するべきです。

次の記事で、ボラティリティについて詳しく解説しています。相場のボラティリティをうまく掴めないという方は、こちらの記事も併せて見ておいてください。

≫参考:【重要】ボラティリティを意識したFXトレード戦略

【原因2】手法の勝率が低い

単純に手法の勝率が低いために、損切りが多くなるケースもあります。

ただ、「勝率が低い手法=悪い手法」というわけではありません。

手法の良し悪しは、勝率とリスクリワード比で考えるべきことだからです。

ただ、あまりに極端に勝率が低い手法だと、連敗するわけですから、それだけドローダウンは大きくなります。

ですから、

  • 資金量に対するドローダウンの大きさ
  • メンタルの落ち込み

これらを考慮しながら、自分にとっての最適な手法を選択するべきです。

4.なぜ損切りは難しいのか?

なぜ損切りは難しいのか?

損切りは大切。それはわかっているけど、なかなか損切りできない・・・。

そんな方も多いでしょう。

人は損失を抱えていると、その損失が確定されるまで、苦痛を感じ続けます。 そして、損失を確定させる損切りの瞬間、その苦痛は最大となります。

だから、損切りはつらくて苦しいもの。これはいたって普通のことです。

人がこのような感情を抱く時、次にどうしようとするのか?

目の前の苦しみから逃れようとします。

そして、多くの人が、

  • 損切りラインをずらして、損切りを回避しようとする
  • 思考停止に陥り、損切りしないでポジションを放置する

こんなことをします。

人は、損失を嫌い、損失が目の前に現れると目を背けようとします。

そこで巻き起こる感情を深堀りしてみることで、「損切りがなかなかできない・・・」という悩みの解決の糸口が見えてきそうです。

損切りを難しくする心理的バイアス

損切りを難しくする心理的バイアス

私は、次の6つの心理的バイアスが、損切りを難しくしているように思います。

  1. 恐怖
  2. 執着
  3. 期待
  4. 依存
  5. 正当化
  6. 自信

以上の6つです。順番に見ていきましょう。

①恐怖

行動経済学の世界でプロスペクト理論というものがあります。

「プロスペクト理論」とは、人が得をする場合と損をする場合があったとして、その価値の感じ方に差があることを説明した理論です。

損切りがなかなかできないという感情には、このプロスペクト理論が大きく関係しています。

プロスペクト理論(プロスペクトりろん、英: Prospect theory)は、不確実性下における意思決定モデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。(中略)人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向があるということである。

wikipedia

本来、人間は、利益を得られると思うとすぐにその利益を欲しがり、損をすると思う場面では、損失から目を背ける生き物です。

利を伸ばすべき場面で利確を急ぎ、損失となると思うと根拠のない期待をする。トレードの場合で言うと、チャートから目を背け、自分の想定する方向へ値が動くのを祈るというわけです。

よく言われるトレードの金言として「損小利大」というものがありますが、これは、人が感情のままに行動するものとは全く逆の行動です。

ですから、人間の感情どおりのトレードをしてしまっていては、どうしても負けてしまう傾向にあります。

②執着

損切りは、損失を確定する行為であり、損失を限定し、資金を守ってくれるトレードにとっての命綱とも呼べる重要なものです。

初心者ほど、損切りに対し、ネガティブなイメージを持ち、上級者になるにつれ、その感覚は薄れていきます。

これを「慣れ」と言ってしまえばそれまでですが、その本質は、一回のトレードに対する執着心の強さだと私は思います。

トレードを始めた頃は、どうしてもトレードが正しいか正しくないかに固執するものです。

そのトレードをどうしても負けで終わりたくないという感情が出て、損切りを先延ばししようとする。

逆に、トレードに慣れてくると、一回のトレードに対する執着心が薄れてきて、トレードが正しいか正しくないかよりも収益に興味が移ってくる。

複数回のトレードで最終的に利益になっていれば良く、むしろ伸びないポジションなのであれば、早く損切ってしまいたいとすら思えてきます。

相場という不確実なものに賭けている以上、思惑通りにいかないことは当然のようにあって、伸びないのならさっさと手仕舞いしてしまって、次のトレードに備えたいと考えるのです。

上級者には、一度勝負を降りても、また自分の想定の値動きとなったら、ポジションを建てればいいというような軽さがあります。

初心者と上級者の損切りに対する認識の決定的な違いは、トレードに対する執着心の強さです。

③期待

人は、含み損を抱えると、「もう少しで戻るはず」というように根拠のない期待をしがちです。

今は苦しいけど、ここを踏ん張れば、もう少しで反発する。この根拠のない期待が人を損切りできなくします。

もちろん、含み損を抱えた瞬間に損切りしてしまっては、損切り貧乏になってしまいますが、トレード前に定めた損切りラインをずらしてしまうほど相場に期待してはいけません。

期待をするのは勝手ですが、相場という現実には全く関係のないことです。

この期待の源泉は、「どうしても損をしたくない」という感情や「自分の決断を否定したくない」という感情に繋っています。

④依存

著名なアナリストや有名な投資家の寄稿記事を読むと、あたかも相場が今後そうなるように思えてくるものです。

権威性のある人達の言葉を信頼し、それを根拠としてトレードしてしまうと、「確実にそうなる」と思い込んでしまい、どうしても損切りできなくなってしまいます。

著名なアナリスト、有名な投資家という権威性によって、あたかも相場が確実にそうなるかのように錯覚してしまい、相場を現実のまま見ることができなくなってしまうのです。

これは、自分よりも知識のある専門家の意見だから、そのとおりになるだろうというある種の依存心です。

そもそも相場の行先を正確に言い当てることができる人などいません。

一意見として、記事を見るべきであり、見た後は心理的バイアスがかかっていないか、できるだけ自分の心理状態を客観的に見る習慣をつけるべきです。

⑤正当化

含み損を抱えると、ニュースサイトを見たり、テクニカル分析をし直したり、自分のトレードを正当化する材料を探し始めたりするものです。

先ほど例に出した著名なアナリストや有名な投資家の寄稿記事なんかもそうですね。

これは、損切りを避けたい心理がそうさせるのですが、そのトレードがいいトレードかどうかは、神のみぞ知るです。

相場の先は誰にもわかりません。エントリーした後にいくらその支援材料を探したところで意味がありません。

この正当化は、前述した「根拠のない期待」に繋がっています。

⑥自信

入念に相場分析するとトレードに対して自信を持ちます。「これだけ分析したのだから、絶対に勝てるはず」と思い込んでしまうのです。

また、労力と時間をかけたという自信と、「労力と時間をかけてトレードしているのだから、その分このトレードで元を取りたい」というサンクコストバイアスもあります。

冷たいように聞こえるかもしれませんが、

  • あなたがどれだけ分析したか
  • あなたがどれだけ自信があるか

そんなことは、相場には全く関係がありません。

どれだけ時間や労力をかけたかは、通貨の動向に全く関係がないからです。

相場に対する自信など、相場を歪めて解釈する害悪でしかないということを心にとめておきましょう。

トレードルールを持ち、それを徹底的に守る

無意識にトレードしていると、感情に振り回されてしまい、どうしても損をする行動をとってしまいます。

ですから、トレードに対する自分の行動指針、つまり、トレードルールを作成し、それを徹底的に守ることが大切です。

そうすることで、無意識的にトレードすることを防ぐわけです。

例えば、

  • 新たなポジションを持つルール
  • ポジションを積み増すルール
  • ポジションを落とすルール
  • 利益確定のルール
  • 損切りするルール

など、トレードの際に自分が好き勝手に行動しないよう、細かくルールを作っておき、必ずそのルールに従って行動するようにする。

そうすることで感情のままトレードすることを防ぐことができますし、損切りをし損なったという事故も防ぐことができます。

5.損切りはどこですべきか?

損切りはどこですべきか?

さて、ここまで損切りの必要性やなぜ損切りができないのかを考えてきましたが、損切りは実際にどこに置くのが正解なのでしょうか?

これは、とても重要な問題です。

なぜなら、損切りの位置によって、勝ちトレードになるか、負けトレードになるかが決まるからです。

損切りラインを考える際、一つの基準となるのが、「自分のエントリーの根拠が崩れるところに置く」という考え方です。

自分のトレード戦略の根拠が崩れたところを一つの撤退ラインとするのは、非常に合理的な考え方です。

なぜなら、それがトレードすべき理由であり、その理由がなくなったらポジションを持つべきでないからです。

ですから、エントリーの根拠をエントリー前に徹底的に積み上げているという場合、損切りラインは割と簡単に導き出せます。

逆に、根拠が薄弱なトレードであれば、損切りラインも曖昧になってしまうでしょう。

また、とても重要なことですが、損切りラインは、相場の行き過ぎを考慮して、少し離して設定するべきです。

「ここに価格が来るようなら、完全に自分の想定違い。絶対撤退しよう」、そんなところに損切りを置くようにしましょう。

songiri

上のチャートは、ユーロドルの1時間足チャートですが、

  1. 上位足のレジスタンスラインに到達したこと
  2. 反落した足を確認したこと

この2つの根拠でショートエントリーをしたとします。

では、このときのエントリー根拠が崩れる場面とは、

  1. 上位足のレジスタンスラインを上抜ける
  2. 反落した足の最高値を上抜ける

この2つの場面が揃った状況になります。

ですから、そのラインの”少し上”に損切りラインを設定するのです。

そして、もう一つ大切なこと。一度置いた損切りは、何があっても動かしてはいけません。

ここまで説明してきたとおり、人は損失を受け入れることができない生き物です。しかし、損失を受け入れなければ次はありません。

あなたの目標は、目の前の1つのトレードで勝つことではなく、トータルで勝つことであるはずです。

損切りラインを動かしたくなったら、ぜひこれを思い出してください。

6.2つの損切りの方法

2つの損切りの方法

実際に損切りする際には、

  1. エントリーの際に逆指値注文もしておく方法
  2. チャートを見ながら成り行きで決済する方法

この2つの方法があります。

もちろんどちらでもいいのですが、それぞれ特徴があります。

①エントリーの際に逆指値注文しておく方法

これは、エントリーと同時に損切り注文(逆指値注文)を入れる方法です。

この方法の場合、価格が損切りラインに到達すれば、損切りが自動的にされますから、必ず損切りできるメリットがあります。

どうしても損切りができない、損切りを躊躇してしまうという方におすすめの方法です。

原理的には、損失額が想定よりも大きくなることがないというメリットがあります。

また、損切り注文を入れてしまえば、約定するまでチャートを見なくてもいいという隠れたメリットもあります。

デメリットとしては、相場の勢いを確認することなく、自動的に損切りされる点です。

この辺については、次の記事で詳しく解説しています。

≫参考:【FXの注文方法】指値注文、逆指値注文とは?その特徴と正しい使い方の徹底解説

例えば、損切りラインに達するまでのローソク足の勢いや微細な挙動を確認した上で損切りしたいという場合は向きません。

②チャートを見ながら成り行き決済する方法

これは、チャートを見ながら成り行きで損切り決済する方法です。

チャートを監視しながらトレードする短期トレーダーにおすすめの方法です。

  • ローソク足の大きさ
  • 価格変動のスピード

これらを見ながら、相場に合わせて損切りを執行します。下の図をご覧ください。

例えば、上昇を見込んで赤丸でロングしたとしましょう。

songiri-01

ですが、思惑とは違い、下へ潜ってしまいました。テクニカル上の損切りラインには達してはいませんが、自分の思惑とは違う相場の弱さを感じたという状況です。

ここで、「自分の想定どおりの動きにならなかった」ということで成り行きで損切りするのです。

これで、損切りラインで損切りをするよりも損失を小さくできることになります。

「自分の思惑となんか違う」この直観にも似た感覚は、ほとんどの場合正しく、ローソク足の挙動に勢いが感じられない場合、やはり値はいまいち伸びないものです。

仮にこの方法で損切りする場合でも、①の方法であるエントリー時に逆指値注文を保険替わりにしておくことをおすすめします。

ズルズル損切りできなくなってしまう保険になりますからね。

成り行き注文の特徴や正しい使い方については、次の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひ併せてご覧ください。

≫参考:【FXの注文方法】成り行き注文とは?その特徴と使い方の考察

7.損切りできるようになるためのおすすめの方法は?

損切りできるようになるためのおすすめの方法は?

損切りが大切なのはわかった。では、損切りを確実に執行するためにはどうしたらいいのでしょうか?

私の経験上、次の3つがあるかと思います。

  1. 痛い経験をする
  2. 損切りに慣れる
  3. OCO注文を活用する

まず、最初の「痛い経験をする」というのは、損切りをしないことで大きな損失を被れば、否応なしに損切りの重要性を身を持って感じるだろうということです。

いわゆる荒療治ですね。

私自身もこれは経験済で、確かに効果は高いのですが、精神的にも金銭的にも大きな傷を負ってしまいますから、あまりおすすめはしません。

二つ目の「損切りに慣れる」というのは、気軽に損切りをする習慣を身に着けるということです。

これには、デモトレードがいいと思います。

デモトレードで、エントリーして自分の思惑と違ったら損切りというトレーニングがおすすめです。

ただ、デモトレードは、本番のトレードと違い、プレッシャーをあまり感じず、気軽にできてしまうデメリットがあります。

そして、最後の方法である「OCO注文を活用する」が最もおすすめの方法です。

OCO注文とは、2つの価格を指定して注文できる注文方法のこと。どちらか一方が約定すると片方の注文は自動的にキャンセルされます。

簡単に言うと、エントリー時に利確と損切り価格を予め設定しておくことができるわけです。

  • どこまで狙うのか?(どこで利食いするのか)
  • どこまで粘るのか?(どこで損切りするのか)

これらを最初に想定しておき、エントリーと同時に発注しておくことで、チャートを見ずとも自動的に利確or損切りが執行されます。

私の場合、エントリーは成り行き注文、利確&損切りはOCO注文で、発注した後は完全放置でトレードしています。

確実に損切りが執行される上、チャートを見ていなくてもいいので、おすすめです。

エントリーと同時にOCO注文することは何がいいのか?

それは、出口戦略を考えてからエントリーするようになることです。

トレードを始めたばかりの方に多いのですが、ポジションを持ってから、どこで損切りをするか、どこで利食いをするか考える方がいます。

しかし、本来、そのトレードの想定リスクリワード比を考慮してポジションを持つべきであって、出口戦略は最初に持っておくべきものです。

つまり、エントリー、利食い、損切りはワンセットで考えるべきなのです。

エントリーと同時にOCO注文を習慣づけることで、必然的にどのようにトレードを終えるかまで、エントリーの時点で考える習慣ができますので、その点でもおすすめの方法です。

8.まとめ

まとめ

良いトレードというのは、利益を追求するトレードだけではありません。

損失を最小限に留めることができたトレードも立派な良いトレードです。

良いトレードを積み重ねることで、トレードスキルも蓄積し、利益も確実に残っていくはずです。

損失は最小限に留め、利益は最大限に伸ばす「損小利大」。これが、トレードで資産を増やす秘訣です。

そして、この記事でお伝えしてきたことは、まさに「損小」の極意。

「最終的にトータルで勝てばいいのだから、このトレードの勝ち負けはどうでもいい」、そういう認識でトレードに臨むことができれば、損切りのストレスは限りなく少なくできるはずです。

トレードで最も大切なのは、市場に残り続けること。損切りはそのためのとても重要な手段の一つです。

いかに長く市場に残り続けるかを常に意識して、損切りとうまく付き合っていきましょう。

最新情報をチェックしよう!