Grenzenlose Freiheit beim Paddeln

シンプルで本質的な行動をするための損切りの技術

  • 日々やることが多すぎて常に忙しい・・・
  • 効果が薄いことに時間と労力を注ぎ込んでしまう・・・

あなたはこんな毎日を過ごしていませんか?

目標達成するためには、よりシンプルで本質的な行動をとり続ける必要があります。

うまくいく人といかない人の違い・・・それは、日々の一つ一つの行動です。もっと言うと、行動をとる際の「選択」が違うのです。

うまくいく人は、シンプルで本質的な行動を選択をし続けます。逆にうまくいかない人は、本質からずれた行動を選択し続けます。

いかにシンプルで本質的な行動をとるのか。そのために必要になってくるのが「損切り」の技術です。

「損切り」とは、投資の世界で使用される言葉で、簡単に言うと値下がりした株、外貨を売って、損失を確定させること。つまり、大きな傷にならないうちに、被害を最小限に止める技術です。

お金を増やすために投資するわけですから、みんな損はしたくはありません。損失はできるだけ抑えたいもの。だから、損失を確定させる行為である損切りは大きな精神的苦痛を伴います。

ただ、それをしないと傷はどんどん大きくなってしまいますから、できるだけ早く対処する必要があるのです。

もし、あなたが日々やるべきことが膨大で、常に追われているのであれば、本当に重要なものだけを残し、その他のことを損切りする必要があります。

うまくいく人は、シンプルで本質的な選択をし続けることで、リソースを集中させ、新たな投資を行います。

逆にうまくいかない人は、複雑で本質からずれた選択ばかりをし、リソースを分散してしまうことで、新たな投資をする余裕がありません。

ここでは、リソースを集中させるための損切りの技術についてお伝えしていきます。

「もったいない」という感情

まず、シンプルで本質的な行動をとるために、自らの「もったいない」と言う感情が障害となっていることを認識する必要があります。

「もったいない」と言う感情はお金と密接に関連しています。

誰でもモノゴトを「お金」というフィルタを通して見る癖がついていて、「お金」という基準で行動を選択しています。わかりやすいように例を出しましょう。

例えば、あなたは、お昼にラーメン屋に入ったとします。

普通盛りのラーメンが700円、大盛が800円。そこで、あなたはお腹が空いていたので、大盛りを頼むことしました。

出てきたラーメンはあなたがちょっとびっくりすくるらいの量で、残さず全部を食べるのはちょっとキツそうです。

案の定、半分くらいでもうお腹がいっぱいになってきました。どんぶりにはまだまだラーメンが残っています。

ここで、あなたには2つの選択肢があります。

  • もったいないので無理して全部食べる
  • もったいないけど残す

もし、この2つの選択肢があったとしたら、どちらを選ぶでしょうか?

恐らく多くの人は、もったいないからと無理して全部食べようとするでしょう。

確かにラーメンを全部食べるとラーメンは無駄になりませんし、大盛分の100円も無駄にならなかったことになります。

しかし、逆に午後からの仕事のパフォーマンスは確実に落ちるでしょう。

気持ち悪くなったり、眠くなったりして、午後から全然仕事にならないかもしれません。

つまり、この場合、「大盛分の100円のラーメン」を得て、「午後の仕事のパフォーマンス」を捨てたことになります。

「もったいない」という感情によって、あなたのパフォーマンスは下がり、午後の仕事の効率が下がってしまったのです。

そして、重要なのは大盛りにした100円が「もったいない」と思うのと同時に、「大盛にした自分の選択を否定したくない」と思うことです。

自分の選択が間違ったと認めたくない。だから、全部食べようと思うのです。

本当は、自分は何を得て何を失うかを一旦テーブルに置いてトータルで考えるべきで、目先の「もったいない」という感情から離れる必要があります。

サンクコストの心理的バイアス

「もったいない」、これに関連して「サンクコストの心理的バイアス」というものがあります。

これは、すでに時間やコストを支払ってしまっていることで、そのまま続けてしまう心理的傾向を言います。

ここでやめてしまっては、これまでの投資が無駄になってしまうと思い、望みのない投資を続けてしまうのです。

そして、これは投資額や投資した時間が増えれば増えるほど抜け出すことが難しくなります。

例えば、映画のチケットを買ってしまったことで、つまらない映画を見続けたり、別れるべきと思っている恋人となかなか別れることができなかったり、UFOキャッチャーで何千円も挑戦してしまったり、こうした場面はこれまであなたも経験してきたのではないでしょうか。

日々忙しいあなたは、「やっていてもあまり効果がない」そんな行動を認識しながら続けてしまってはいませんか?

サンクコストに囚われず、ダメな行動をすっぱりと切り捨てる必要があります。

こんなにお金をかけたのにいまさらやめられないとか、やり続ければいつかは報われるはずだとか。

そう思い込んで続けている行動に心当たりがあるのなら、あなたはサンクコストの罠にはまってしまっています。

授かり効果

損切りを難しくしている原因として、「授かり効果」という心理効果があります。

「所有」という概念は、人の心に大きく影響します。例えば、兄弟二人が遊んでいて、お兄ちゃんのおもちゃを弟が遊んでいると、お兄ちゃんはそのおもちゃに興味がないとしても弟から自分のおもちゃを取り返そうとします。

これは、お兄ちゃんがおもちゃを「所有」していると考えているからです。

子どもだけではなく大人もそうで、わざわざ買おうと思わないものを一旦所有してしまうと、それを失うのが怖いし、反応します。

自分が所有しているものに対して、自然と愛着が生まれるのです。

「授かり効果」とは、自分が所有するものを、所有していないものよりも高く評価するという現象です。

昔のものを整理する時、なかなか捨てられないと感じるのは、人間の性質です。いざ手放すとなると、なかなか捨てられない。

もう読むことはないだろう本や使う機会がない食器、買ったけど全然来ていない服など。全然使っていないのに、ただ自分が「持っている」というだけで、捨てるのがもったいないと感じるのです。

自分が持っていないとしたら、それを今からわざわざ買ったりはしないはずなのに。

授かり効果のような心理的バイアスは、モノだけではなく、行動にも当てはまります。

もったいないこと=悪

私たちは、これまでの人生の中で「捨てることは悪いこと」と教育されてきました。

そして、それとは逆に「捨てないで活用することは良いこと」と教えられてきました。

モノを長く使うこと、エコ、リサイクル、再利用、節約、倹約、これらは広く社会で美徳とされています。

逆に、捨てる、浪費、消費、廃棄は悪とされます。何となくこんなフレーズを聞くと、あまりポジティブなイメージは湧かないと思います。

ですから、先ほどのラーメンの話でいうと、残さず全部食べる=善、食べ物を廃棄する=悪と私たちは直感的に判断します。

もちろん、これは一つのモノの見方ですから、正しいも正しくもないもありません。

しかし、それが自分にとって最善の判断の助けとなるかは別の問題です。

むしろ、捨てる=悪という定義付けをしてしまっては、シンプルで本質的な行動を選択する障害となってしまうこともあるのです。

無駄な行動を上手に損切りする方法

では、ここからは無駄な行動をうまく損切りするための3つのヒントをお伝えしていきます。

「新規でやるだろうか」と考えてみる

所有と言う概念は、執着を生み、通常よりも高い評価をしてしまうというお話をしました。

ですから、もしまだ持っていないとしたら、それを本当にやるだろうか?と考えてみてください。

例えば、自分が考えたプロジェクトなどは授かり効果によって、打ち切ることが自らがなかなか決断できないものです。

そうした時に、自分が関わったということから一回離れてみて、もし他人が企画したものとして今からそれをするだろうかと考えてみるのです。

「もったいない」を克服する

「もったいない」と捨てないことによって、より大きいコストを支払うことがあるということを認識しましょう。

例えば、先ほどのラーメンの件では、

  • 肥満になる
  • 気分が悪くなる
  • 午後のパフォーマンスが落ちる

などなど、全部食べてしまうことで、様々な副作用が考えられます。もったいないと思ったら、まずはトータルコストを考え、冷静に比較してみることです。

自分の過ちを認める

人は自分の過ちをなかなか認めることができないものです。

それは、間違いを認めることが、後悔や自己否定、無価値観などネガティブな感情に直結するからです。

ただ、過ちを認めることは、決してネガティブなことではありません。なぜなら、それを認めることで、それは過去のものになり、確実に賢くなったことを意味するからです。

無駄な行動を切り捨てる勇気を持つことです。

「もったいない」という感情が邪魔をして、自らの行動をより複雑にし、目標達成から無自覚的に遠ざけてしまっていることは案外よくあるものです。

自分の行動の一つ一つを振り返り、「何を得て、何を失うのか」を一旦立ち止まって考えてみてください。

そうすることが自分の目標達成にとって、最もいい行動をとるための大きなヒントになるはずです。

GEAR
~Self Management Master Club~
必死に努力したりせず、
次々と目標達成を果たし、
自分の人生を自分の足で歩く・・・

そんな人生を一変させる
「スキル」を習得してみませんか?

今なら誰でも
無料で参加することができます。
無料で参加する

関連記事一覧