プロフィール&コンセプト

はじめまして。イガラシヒナタと申します。

私は現在、妻と子ども2人の4人で暮らし、日中は会社で働き、帰宅後に投資やビジネスに関する情報発信をしています。

いろいろと試した結果、このライフスタイルが私には合っているようで、今充実した生活を送っています。     

hinataigarashi

仲間とともに会社のリソースを使って思いっきり自分のアイデアを実践できる環境にありますし、投資やビジネスについて情報発信することで、多くの人から喜んでいただいているからです。

また、以前はもっとお金を稼がないとという強迫観念にとらわれていましたが、今ではお金についてほとんど考えなくてもよくなりました。

今、私が最も力を入れているのが、自分が学びや実践してきたことをWEBで発信することです。日々学び、実践し、その知識や経験について情報発信するのです。

例えば、このようなサイトで発信したり、メルマガを発行したり、それらをまとめて本を出版したりしています。

有益な情報を発信し、多くの人の人生に良い影響を与えたいと考えています。

私の情報発信におけるコンセプトは、次の3つです。

  1. 自分らしく生きるための武器を手に入れる
  2. 経済的・精神的自由のその先
  3. 自分の意志で自分の人生を歩くこと

この3つのコンセプトにどういった経緯で辿り着き、そして、今私がどんなことを考えているのかをお話させていただきますので、もう少しお付き合いください。

1.自分らしく生きるための武器を手に入れる

私は、大学卒業後、いわゆる世間で言う大企業に入社しました。当時は、大きな会社に入ることが一つの成功だと思っていましたし、家族もそれを望んでくれていました。

「大学を卒業し、大企業へ就職する」

そのレールを歩むことが、人生において最善の道だと私の友達も家族も、そして、私自身もそう信じていたのです。

しかし、会社に入ってみると、表向きの華々しさとは裏腹に、休みなく仕事に追われるハードワーク。重い責任と残業が当たり前の社内風土。ストレスとプレッシャーで押しつぶされそうになりました。

当時は、仕事が辛いなんて格好悪いとか、これまでがんばってきた自分を否定したくない気持ちもあって、何とか日々の仕事にしがみついている状態でした。

確かにやりがいもありましたが、朝起きた瞬間に真っ先に考えることは、「会社に行きたくない・・・」ということ。

朝から憂鬱な気持ちになり、会社に向かう通勤中、吐きたくなることもしょっちゅうでした。

もちろん、「いっそ会社を辞めようか」と考えたこともありましたが、「辞めて自分に何ができるのか?」「何のスキルもない自分が再就職などできるのか?」という不安もあり、いざ自分が会社を辞めたらどうなるのかを現実的に考えた時、どうすることもできない自分の無力さに情けなくなりました。

この頃から「何かスキルを持たなければ」という意識を強く持つようになります。

スキルがあれば、自由に自分の環境を変えることも、自分の生き方も選択することができます。

  • 自分のやりたいこと
  • 自分の時間
  • 自分の仕事

これらを自分で選択できる自由を手にすることができるのです。

そして、「何かスキルを身に付けたい」といろいろと調べる過程で、FXトレードと出会いました。

資金がなくてもレバレッジをかけてトレードできること、そして、何より24時間トレードできることが魅力的でした。

そして、負け続ける・・・

トレードに関する知識がまったくない状態でスタートし、負け続けました。1か月もたたないうちに軍資金は、最初の半分になってしまいます。

114274813

勉強しないとだめだと思い、大量に本を読んで勉強しますが、なかなか結果に結び付きません。

損切りできずポジションを放置して、強制ロスカット直前で損切りをさせられたり、自動売買にハマった時は、仕事が終わって取引画面を見たら50万円の含み損となっていたり、仕事が終った後、睡眠時間を削り、毎日3時間チャートに張り付いて、結局月の収支がマイナスだったり・・・

トレードをしたことがある人ならわかってもらえると思いますが、お金を稼ぐためにトレードをしているのにもかかわらず、自分の大切な時間を使った上で、お金を失うあの感情は、言葉にできないものがあります。

そんな結果が出ない日々が3年続きました・・・

ブレークスルーのきっかけ

そんなある日、私に突然ブレークスルーが訪れます。

それは、何か新しい手法に出会ったわけでもなく、何か特別なチャレンジをしたわけでもありません。

それは、ほんの些細な「意識の変化」でした。

244886460

得ようとするものを「目先のお金」から「スキル」に視点を変えてみたのです。単純にトレードをこなすのではなく、「トレードスキルの習得」に意識を向けたわけです。

こう言うと、案外大したことがないように思うかもしれません。しかし、私の行動はそれまでとまったく違うものになりました。

例えば、トレードで一喜一憂することがなくなりました。それは、スキル習得にとって目の前のトレードの結果はどうでもいいと割り切ることができたからです。

また、トレードルールを破ることがなくなりました。それは、目の前の利益を手放したことで、トレードルールを破る必要がなくなったからです。

そして、トレード日誌をつけて自分のトレードを見返すようになりました。それは、トライ&エラーがスキルを高めるためにはとても重要なことだと、真に理解できたからです。

「目の前のトレードで収益を上げる」から「トレードスキルを習得する」へと視点を変えることで、その当時に抱えていたトレードの課題が、次々と解消されていったのです。

目先の利益を手放し、スキル習得にシフトするということは、短期的な成功を放棄し、長期的な成功を取りに行くことです。

今儲けようとするのではなく、スキルを習得してから長期的に稼ぐ。つまり、「目の前のものが欲しい」という人間誰もが持っている本能の逆のことをすることです。

これは、言葉で言うのは簡単ですが、実はとても難しいことです。しかし、当時の私は運よくそれができました。

もし、できなければ今でも目の前の利益を追いかけ、値動きに一喜一憂し、何のスキルも習得できないでいたでしょう。

そうするうちに、次第に勝率が上がり始め、安定して勝てるようになっていきました。

お金は「スキル」に集まる

238730671

経済的成功を手にしたいと思いながら、なかなか現実を変えることができない・・・

そんな多くの人が見過ごしていることがあります。それは、お金は「スキル(技術)」に集まるという事実です。

例えば、高収入な職業として代表的な医師や弁護士へは、何に対してお金が支払われているでしょうか?

それは、医師が持つ医療スキルや弁護士が持つ法律知識を活用した問題解決スキルです。

経済的成功のために本当に手に入れるべきものは、間違いなく目先の「お金」ではなく「スキル」です。

経済的な成功を収めたければ、スキル習得を第一に考え、日々の生活を送る必要があります。

次々と目標を達成していく人、理想のライフスタイルを実現している人は、例外なくスキル習得を貪欲に求めています。

スキル化を意識するということは、目線を「目の前の現実」から、「未来」に向けるということです。

視点が変われば行動が変わります。そうすると、自然と結果も違ったものになるのです。

また、視点を「過去」に向けることもできます。つまり、過去を振り返り、改善点を見つけ、対処する意識になります。視点を現在だけではなく、未来や過去に移動することで、行動が全く違うものになるのです。

情報発信を始める

次第に私は、自分が持っている知識を人と共有したいと思い始め、WEBサイトを立ち上げて情報発信を始めました。

55593100

そして、トレードスキルの習得過程で、目標達成、習慣化、タイムマネジメントに興味が広がっていき、幅広いジャンルの情報を発信するようになります。

情報発信を続けていると、次第に「自分も目標達成できた」という嬉しいメールが届き始めるようになりました。

情報を求めている人に情報を提供することで、人の役に立ち、そして、自分自身も認められるという大きな喜びを感じたのです。

今では、「もっと早く知っていればよかった!」や「新しい視点をありがとうございます!」そんな嬉しい言葉をたくさんいただけるようになりました。

そうなったのも、「目先の利益からスキル習得へ意識を変える」そのたった一つの視点の切り替えがきっかけでした。

自分らしく生きるためには、武器(スキル)が必要である。このたった一つの気付きによって大きく意識が変わりました。

2.経済的・精神的自由のその先

早くお金を稼いで、つまらない労働から解放されて自分の好きなように生きよう!

こういうメッセージはよく聞きますし、あなたのメールボックスにも毎日大量に届いているかもしれません。

200792779

「お金を得ることで、つらい労働から解放されます。自分の好きな時間を作ることができます。欲しいモノはなんでも買えます。お金があれば、あなたの悩み全部なくなります。」みたいな。

これは確かに魅力的なメッセージです。私もかつてそんな世界に憧れを抱いていた一人ですから気持ちはとてもよくわかります。

しかし、夢を壊すようで大変申し訳ないのですが、「経済的・精神的自由=幸福」というのは一種のファンタジーです。

経済的・精神的自由≠幸福

「お金を手に入れて自由を手に入れよう!」

これは、お金と時間を生み出すことで、「選択肢を増やす」という考え方が根底にあります。

お金によって買えるモノの選択肢。時間を生み出すことで、自分のしたいことをする選択肢。これら選択肢を増やすことであなたの悩みはなくなる。そして、あなたは幸せになるということなのです。

しかし、よく考えてみてください。

本当に選択肢を増やすことは幸せなのでしょうか?

選択肢を増やすことで本当にあなたは満たされるのでしょうか?

例えば、多くの人が憧れるアーリーリタイア。30代、40代で労働から解放され、自分の好きなように生きる。仕事のプレッシャーや煩わしい人間関係から解放され、1日を自分の好きなように過ごすことに多くの人は憧れを抱きます。

昼下がりの午後、海のさざ波を聞きながらビール片手にのんびりと自分の好きな本を読むなんてことも簡単にできます。

79054019

時間に余裕があり、自分やることを自由に選べる。まさに選択肢に溢れています。しかし、実際やってみればわかりますが、こんなの3日で飽きます。

「朝起きて、何もやることがなくてつらい・・・」これは念願のアーリーリタイアをした人から実際に聞いた言葉です。

お金はいくら持っていても欲しいモノなんて際限なく出てきます。人は買う瞬間に最も気持ちいいと思うものです。

どんな欲しいと思っていたものでも、買った瞬間から興味がなくなります。人は欲しいから買うのではなく、買いたいから欲しいと思うのかもしれません。

これは時間も同じです。時間がない時は時間が欲しいと思いますが、急に時間が余っても何をすればいいかわかりません。結局、自分がその時間をうまく使って、やりたいことをやって、自分が心から楽しいと思えなければ時間を作ったとしても何の意味もないのです。

つまり、選択肢を増やすことは、選択肢がない状況では確かに憧れるのですが、選択肢を増やすこと自体にそこまで意味はありません。

大事なのは何を選択するか

多くの人は、選択肢を増やそうとします。しかし、大切なのは自分が「何を選択するか」です。

そのためには、もっと自分の内面を見る必要があります。自分の中にある、自分が本当にやりたいことや自分が好きなこと。夢中になれること。人生を賭してやりたいこと。いわば、自分の宿命、使命です。

113962720

もちろん、これは簡単に見つかるわけではありません。

でも、結局これを見出すことができなければ、いくらお金を得てストレスのない生活を送れたとしても、いくら自分の好きに使える自由な時間があったとしても人生の質は上がりません。

それなしに「本当にいい人生だった」と心の底から思って死ぬことはできないでしょう。

自由を手に入れてからのさらに先

私は経済的・精神的自由を目指すことが悪いと言うつもりはありません。

もし、あなたが今不自由な生活を送っているのなら憧れて当然ですし、その憧れをモチベーションに変換して頑張れるのであれば、それはそれでいいと思います。

ただ、それは「あなたの目標を達成するための環境づくりの一つ」であることを忘れてはいけません。

自分が人生を賭して達成したいことに必要な環境を整えるためであり、最終的なゴールではないのです。

もし、「自由になること」を最終的なゴールにしてしまうと、それが達成してしまったら、アーリーリタイアした人のように、その後、本当につまらない人生を送ってしまうことになります。

精神的・経済的自由を手に入れてから自分は何をしたいのか?

これが本来、あなたが自分自身にすべき重要な問いであり、自由を手に入れる手段以上に深く考えるべき問いなのです。

自分の使命とも言うべきミッションを見つけ、好きなだけ没頭する。これが私の考える本当の自由です。

私が今目指していること

私は情報発信をする中で、自分のコアを見つけ、人生を賭してやりたいミッションを見つけ、好きなだけやれる環境ときっかけ作りのお手伝いができればと思っています。

138557286

もし、自分の使命とも言うべきミッションを見つけ、好きなだけ没頭できる人が増えたらどうでしょう?

本人にとってそれは最高の人生になりますし、その人の周りにもいい影響が伝わり、まわりまわって社会全体が良くなるはずです。

小さな波紋のように静かに、でも確かにいい影響を社会に与え続けることができると思うのです。

これが私のやりたいことであり、私自身のミッションだと思っています。

3.自分の意志で自分の人生を歩く

あなたは自分の人生を本当に自分の意志で歩いていますか?

青いピルを飲むと、物語はおしまいだ。ベッドで目覚め、あとは好きに考えればよい。赤いピルを飲むと、君は不思議の国にとどまる。ウサギの穴がどれだけ深いか見せてあげよう。忘れるな。私が見せるのはすべて事実。それだけだ。

マトリックス  (The Matrix

これは、1999年に公開された映画「マトリックス」の一場面。私が特に好きな場面です。

モーフィアスはそう言うと、赤いピルと青いピルをネオに差し出し、ネオは赤いピルを選び、飲み込みます。

その瞬間、ネオはゼリー状のものが入った培養カプセルの中で目が覚めるのです。

脊髄にはケーブルが繋がれていて、手足には感覚がなく、なかなか目を開けられません。

これまで一度も目を開けたことがなかったからです。ネオは、自分は「生きている」と思っていました。

しかし、実際には人類はコンピュータの動力源に過ぎず、ロボットにコントロールされ、「生きている」という夢を見せられながら、生み出す熱やエネルギーを吸い取られていたのです。

その中で、ネオが生まれて初めて自分の運命を自らの手に握ったことを示す重要な場面です。

ネオは、それまで一度も自分の人生をコントロールしたことがなく、マトリックス(仮想現実世界)に閉じ込められた一つの駒に過ぎませんでした。

自分が本当に何をしたいのか、何を成したいのかを真剣に考えることも、何かを決断することもありませんでした。

これは、今思うと、かつての私と同じです。何か変えたいと思いながらも、ただ周りに流され、日常に流されて生きていました。

「変えたい」「変わりたい」と心のどこかで思っているだけで、何か行動を移すわけではなく、ただ流されるように生きていたのです。

しかし、これは私だけではなく、今を生きる多くの人もそうなのかもしれません。

目の前の事柄に振り回され、日々の忙しさについていくのに必死で「自分は何をしたいのか?」「自分は人生で何を成したいのか?」そんな人生における本質的な問い、そして、豊かで幸せな人生を送るためにとても重要な問いに向き合う時間も余裕もないまま日々を過ごしてしまっています。

ネオは、ゼリーで満たされた培養カプセルの中で、自分の決断を下すことなく、コンピュータープログラムによって生かされていました。

それと同じように、かつての私を含む多くの人が、自分と向き合わず夢や目標を達成するために何をすべきか真剣に考えたり、決定したりすることがないまま日常を漂うように生きてしまっているように思います。

あなたは、「赤いピル」と「青いピル」どちらを選ぶこともできます。

さて、あなたはどちらを選びますか?

最後に

さて、ここまで3つのコンセプトについて説明させていただきました。

たった一つの気付きでマインドセットは変わり、人生の方向は大きく変わります。

かつて、私が、スキルが本質的な自分の力となることを気付いたように。「経済的・精神的自由=幸福」はファンタジーであると気付いたように。自分の人生を生きているようで、生きていないことを気付いたように。

私は、正しい知識や情報、思考がガラリと変わるような視点を提供することで、人の人生に深く関わっていけたらと思っています。

私自身の経験や知識が少しでもお役に立てるよう、全力で情報を発信していきます。

長い文章をここまで読んでいただきありがとうございました。

イガラシヒナタ