注目の記事 PICK UP!

ブログ記事を外注するリスクと自分で記事を量産するために意識すべき3つのこと

51726059 - high angle view of tired businesswoman relaxing on chair

ブログ記事、誰か書いてくれないかな・・・

あなたは、そう思ったことありませんか?

もし、サイトやブログへのアクセスを集めることができれば、広告収入やアフィリエイト報酬を得たり、広告費をかけずに商品・サービスの購買に繋げることができたり、ビジネスは大きく飛躍するでしょう。

問題は、自分のメディアにアクセスを集めることができるかどうか。

そこで重要になってくるのがコンテンツ(記事)の「質」と「量」です。つまり、質を高い記事をいかに多く作成することができるのか、これが鍵になってきます。

ただ、日中に他の仕事をしていると、なかなか作業する時間がない・・・。
仕事から帰ってきてぐったり。そんな状態で記事を書く気力なんて残っていない・・・・・。

毎日の仕事をこなしながら、ブログを更新したり、コンテンツを作ったりするのは本当に大変なことです。しかし、クラウドソーシングが一般的となった今、誰かに記事を書いてもらうという環境が整っています。

この記事では、ブログ記事を外注することのメリット、デメリットを整理しながら、時間がない中で、いかに自分で記事を量産していくかというお話しをしていきます。

  • 記事を書けない
  • 書く時間がない
  • 面倒だから外注したい

もし、あなたがこんなことを思っているのであれば、この記事は必ずあなたのお役に立てるはずです。では、さっそくいきましょう。

1.クラウドソーシングサービス

58613117 - business people meeting discussion corporate handshake conceptもし、記事を誰かに書いてもらうとすれば、「クラウドソーシング」が一般的です。「クラウドソーシング」とは、ある仕事を不特定多数の人に提案し、その仕事をしたいと思う人が手を挙げ、契約するという仕組みです。

クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

wikipedia

記事を書いてもらいたい人と書きたい人、要は、需要と供給のマッチングを行うのです。これによって、記事を書いてもらいたい人にとっては、安価な金額で気軽に依頼することができるようになりました。

クラウドソーシングサービスを展開する会社も多く出始めてきてます。有名なところでは、次のようなところがあります。

ランサーズ(http://www.lancers.jp/)

lancers

国内最大級の クラウドソーシング サイト・ランサーズは「仕事を依頼したい人」と「仕事をしたい人」が出会う、仕事マーケットプレイスです。ホームページ制作、アプリやシステム開発、ロゴやイラスト作成、ライティング、タスク・作業など、141カテゴリの仕事が、日々、ランサーズ上で行なわれています。

クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)

crowdworks

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はオンラインのお仕事マッチングサイトです。 エンジニア・デザイナー・ライターなど、100種類以上のお仕事を得意とするプロフェショナルのご登録があり、 ホームページ作成やiPhoneアプリ開発、ロゴマークやチラシデザイン、ネーミングやテープ起こし・文字起こしなどのお仕事を発注いただけます。 低予算で手軽に、安心して利用できるサービスとして、官公庁や上場企業のご利用実績も豊富です。

シュフティ(https://www.shufti.jp/)

shufti

シュフティでは、事務作業やライティング、翻訳やデザインなど約60種類にも及ぶお仕事を受注/発注することができます。
すき間時間を活かしてサクッとできるお仕事から、スキルを活かしてじっくりと取り組める仕事など、仕事内容も多岐にわたるため、皆様のスタイルに合わせた働き方ができます。

2.外注のメリットとデメリット

次に外注することによるメリットとデメリットを考えていきましょう。

2-1 外注するメリット

メリット1 時間を節約できる

59970789_m記事を人に書いてもらうことで自分の時間を節約できます。

しかし、確かに記事を大量に作成することができるのですが、人に頼むことで、自分の意向をしっかりと伝える必要があったり、納品時のチェック、再編集といった新たなタスクが生じることも忘れてはいけません。

メリット2 低額で依頼できる

安ければ、1記事800文字100円で外注することもできます。当然、知らない人に仕事をお願いするのですから、どんな記事を書いてくれるかわかりません。そのため、最初は安い金額でやってもらい、いい記事を書ける人であれば報酬額を上げるという方法が一般的です。

メリット3 専門的知識がある

自分にはない「知識」や「実体験」についての記事を書くことができます。これは、外注化する一番のメリットではないかと思います。

いくら自分で書く時間もある、書くスキルもあると言っても、自分にない知識や経験は、書くことができません。専門家としての意見、経験者としての意見ということであれば、読む人にとって貴重なコンテンツとなるでしょう。

2-2 外注するデメリット

では、次にデメリットを考えていきましょう。

デメリット1 記事の質に不安がある

21046162 - sad student with laptop working in library  looking at camera知らない人が記事を書くのですから、あなたのブログの方針やあなたの考え方をよく知らないで記事を書くことになります。そして、その人がどんな記事を書くのかを知らないでお願いするわけです。ですから、頼んでから全然使えない記事である場合も多くあります。

最悪なのがコピペで納品されたり、他のサイトの記事を少しリライトしただけのものだったりすることです。もし、コピペ記事であれば、Googleからペナルティを受け、サイト全体の評価を下げてしまうことになります。

ライターにとっては、低単価で仕事を受けるため、量をこなさないといけません。できるだけ「がんばる」か「手を抜く」のどっちかになりますので、当然そういったリスクを負うことになります。ちなみに、コピペして作成したかをチェックするツールもありますので、納品時にそういったツールでのチェックが必要となります。

もちろん、良質な記事を書いてくれる人もいるでしょうから、そういった人と継続的にお付き合いすることで、記事の質は担保されると思います。

デメリット2 二度手間になる

依頼するのはライターと言っても本物のプロではありません。SEOを意識した記事、キーワードを意識した記事、読者の感情の変化を意識した記事を求めるのは酷です。

ですから、記事の質を上げるためには、できあがってきた記事を自分自身で再度編集する必要があります。納品された記事をそのままアップのではなく、最終的な編集・推敲は結局自分自身でやる必要があるのです。

デメリット3 ミスに気付かない

メリットとして、自分にはない専門的な記事を書けるということがありました。しかし、その反面、専門的になればなるほど、ライターのミスに気付きにくくなります。

人に価値を提供する記事であれば、しっかりとした根拠をもとに主張する必要があります。裏をとっているものなのかどうか、正しい情報なのかどうか、専門性が高くなるにつれ、自分では判断が難しくなってくるのです。

記事の質を無視して、大量に生産することを優先させた結果、こういったことも起こりました。(WELQ(ウェルク)問題

3.効率的に記事を書くために意識すべき3つのこと

53938412 - business corporate focusing workshop occuapation concept私自身、できるだけ短時間で、効率的にコンテンツを作りたいと思考錯誤を続けてきました。その中でコンテンツを制作する上で意識していることを紹介していきたいと思います。

それが、これからお話しする、

  • 時間を生み出す
  • 集中する
  • 習慣化する

です。さっそく一つずつ見ていきましょう。

3-1 時間を生み出す

まず一つ目、”時間を生み出す”ということですが、これは言葉のとおり、今の自分の生活の中にコンテンツを生み出すための時間を作ることです。

記事を書く過程を考えてみると、大きく分けて4つのブロックに分けることができます。

  • 企画(アイディア、コンセプト)
  • リサーチ(記事の材料集め)
  • 構成を考える
  • 実際に書く

1日は24時間。時間はみんな平等に持っています。

なかなか作業時間を確保できないのは、パソコンに向かっている時間を確保できないということです。ですから、できるだけパソコンの前に座ってやる作業を少なくし、日々の生活のスキマ時間にやれることを多くするという工夫が必要となります。

私自身、企画とリサーチは、日常生活のさまざまな場面で行っています。これらは、パソコンの前で必ずやらなければいけない作業ではないので、他のスキマ時間で行うのです。

もし、あなたがパソコンに向かっている時間が少なく、作業できないというのであれば、そのパソコンに向かう時間以外の時間で、何ができるのかを考えるべきです。電車の待ち時間、トイレ、お昼休み、歯磨き、お風呂、、、スキマ時間というのは探せば意外とあるもの。

このようなちょっとした時間で自分に何をできるかを考え、パソコンに向かって作業しなければならないことをできるだけ少なくする。こうした工夫が必要になります。

企画を日々のスキマ時間で行う副次的効果として、人は不思議と関係のない作業をしているときの方がアイディアが浮かんだりします。手を動かしていたり、お風呂でリラックスしているときなど、リラックスしているときは特にアイディアがよく浮かんできます。

こういった日々浮かんでくるアイディアというのはすぐ忘れます。朝起きたらすぐに忘れてしまう夢のようなもので、人は日常で多くのアイディアが生まれ、そして消えるということを繰り返しています。

メディアを運営するのであれば、記事の質はもちろん、量も大切です。そのために一つの小さなアイディアをつぶさに拾い、できるだけ多くのコンテンツを作っていく必要があります。ですから、常にメモ帳を持ち、思いついたらすぐに書き出したり、メモをとったりするという工夫も大切です。

そのためにお勧めしたいのが、Evernoteと付箋。

Evernote(エバーノート)は、オンラインのメモツールなのですが、スマートフォンでメモした内容が自動でクラウド上に同期され、バックアップすることができます。PCやタブレット端末など複数端末でメモを共有することができ、しかも無料で使えるアプリです。

evernote

そして、付箋。これは図を書いたり、頭のイメージをそのまま書き出すのに便利で、私自身、付箋に書いては手帳に張り付けています。そして、後で見返したり、写真を撮ってEvernoteに残したり、使い方はさまざま。

Fotolia_115588340_Subscription_Monthly_M

これらのアイテムをフルに活用し、日々浮かんでは消えていくアイディアをできるだけ残しておくことが、コンテンツを無駄にしないためにも、効率的にコンテンツを作り出すためにも、とても重要なことなのです。

3-2 集中する

では、次にパソコンに向かう時間をいかに集中するかということについて、考えていきたいと思います。重要なのは、パソコンの前で思考をめぐらすことをいかに減らすかという工夫です。

そのためのテクニックとしては、やるべきことをToDoリストにして、ただそれをこなすようにすることです。この作業をしたら結果がどうなるとか、この作業は意味があるのだろうかとか余計なことは考えない。とにかく作業に集中するのです。

また、時間を無駄にしないためにも、リサーチは日々のスキマ時間に済ませてしまうことです。

その上で、

  • デスクトップにごちゃごちゃアイコンを置かない
  • ブラウザを開かない
  • SNSを開かない

という工夫も重要です。ブラウザやSNSを開いてしまうと、時間と集中力が大きく削がれてしまいます。

3-3 習慣化する

54427922 - businessman using laptop computer作業に集中できないという理由の一つに、作業中にいろいろと考えてしまうということがあります。

やった結果がどうとか、意義とかをいちいち考えないことです。作業すべき時間に考えたり、悩んだりするのはもったいありません。まずは作業を習慣化することに集中しましょう。

習慣化してしまうことで、作業の障壁が低くなります。うだうだ考えず、日々の習慣として記事を書いている、そんな状況にするべきです。そのためには、”行動自体を目的化して習慣化する”ことが大切です。

例えば、月間50万PVの自分のメディアを持つことを目標にしているとしましょう。しかし、月間50万PVを目的にすると、アクセスが集まらない期間にどうしてもモチベーションが下がってきてしまいます。

メディアを作る上で、最も障壁となるのがモチベーションです。行動自体をやめてしまうのが最も大きなリスクなのです。書かない→スキルがつかない→アクセスが集まらない→モチベーションが下がる→より書かなくなる、このように人はメディアを作り、そしてやめていきます。
これを防ぐためには、とにかく書くことです。書くことに慣れていない段階では、”行動自体を目的化する”ことが必要なのです。作業すること自体を目的にしてしまえば、その作業の結果がどうのこうの考えなくなります。記事を書くことが目的だとすれば、記事を書けばとりあえず成功ですから、とにかく習慣化して記事を書くことが”普通”という状態にまずはすることです。

習慣化の結果、アクセスが増えるという結果がついてきます。習慣化できてもいない、最初から結果を求めてしまうから、モチベーションも下がって、続かないのです。アクセスやお金を目的にしない、まずは行動することを目的とするのです。

4.私が外注しない理由

46137886 - diversity friends brainstorming teamwork meeting concept実は、私自身、記事の外注をしたこともないですし、今後もしないと思います。

なぜ、外注しないのか、、、。

 

それは一言で言うと、”書くのが好き”だから。

情報発信の目的としては、広告収入、お客さんとのコミュニケーションツール、ブランディング、人によってさまざまだと思います。しかし、どんな目的があっても、結局楽しくないと続きません。どんなに収入が入ってきたとしても、それが自分の仕事だとしても、自分が楽しくなければモチベーションは続かないのです。

情報発信すること、それは、自分の知識や想いを人に伝え、それに対して人が喜んだり、感謝してくれたり、感動してくれたり。それが情報発信の醍醐味だと思うのです。

できるだけ楽して稼ぎたい
自動化できるシステムを構築したい
寝てる間もお金を稼ぎたい

そのために、価値があるのかわからない文章をアップする。

それやってて何の意味あるの?

という想いが私にはあります。

自分の知識やスキルの蓄積になりませんし、将来的にレバレッジが効くとも思えません。自分で記事を書くことで、知識もつくし、スキルも上がる。そして、記事をバージョンアップさせていくことで、より価値の高いものにしていく、自分の”資産”となるのです。

外注を使うこと自体、私は肯定も否定もしませんが、いずれにしても、メディアの価値そのものである記事を運営者がどう認識するのかというのは、そのメディアの5年後、10年後の将来を全く違うものにするのだと思います。

「楽して稼ぐこと」、これをゴールとすれば、記事を外注するということは、効率的かもしれませんし、自分が直接やらなくてもメディア運営ができますから、実際多くの人が外注のライターを活用しているのも事実です。

  • 時間を節約できる
  • 専門外のジャンルの記事を書ける
  • 記事を量産することができる

など、外注することによるメリットも多いのですが、同時に多くのリスクを抱えることになることも忘れてはいけません。

5.まとめ

さて、今回は、記事の外注化のメリット・デメリットからできるだけ効率的にコンテンツを作成する方法について考えてきました。

コンテンツが重要視されている中、今後、さらに記事の質と量が、メディアの命運を分けるようになってくるはずです。例えば、

  • テレビをつけるのは、面白い番組を見るため
  • 新聞を読むのは、関心のある記事を読むため
  • 映画館で映画を見るのは、心を動かす映画を見るため
  • サッカーを見るのは、面白い試合を見るため
  • レストランに行くのは、おいしい料理を味わうため

というように、人は中身があるものに興味があり、逆に中身がないものには一切興味を持ちません。

つまり、人を惹きつけるのはコンテンツの「質」、そして「量」です。メディアを運営するのであれば、発信する情報の質と量は、何よりも優先すべき課題となります。だからこそ、有限なリソースを最大限活用し、時間を生み出し、集中し、効率的に良質なコンテンツを生み出していく必要があるのです。

コンテンツの質と量にこだわり、あなたの情報発信のプラットフォームを育てていきましょう。

なぜ、いくら勉強しても
あなたの現実は
何も変わらないのか?
そのたった一つの理由
理想の収入、ライフスタイル・・・
自分の望みを本気で達成したい
心から望み、勉強しているのに、
現実は何も変わらない・・・
続きはこちら

関連記事

  1. 51496675_m

    オウンドメディアとは?今すぐあなたがオウンドメディアを制作すべき理由

  2. 47817346 - desperate buinessman

    ブログ初心者のほぼ100%が陥る深刻な2つのメンタルブロック

  3. 67861653 - student computer learning education insight concept

    あなたがインターネットビジネスで成功するために意識すべき2つのコト

  4. 46622396_m

    人気ブロガーになるには?リーダーとなるための7つの条件

  5. 56395030_m

    読まれるブログ記事の書き方とは?Webライティングの7つのコツ

  6. 46070709 - smiling young man using digital tablet in the office

    なぜ、サラリーマンが副業でオウンドメディアを制作すべきなのか?その6つの理由とは!?

  7. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

    【保存版】ブログ初心者のための読まれる記事の書き方!10のチェックポイント

  8. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

    ブログに書くネタがない?面白い記事を大量に作成する方法

  9. 66598330 - young laid off manager sitting down with a carton

    サラリーマン辞めたい?辞める前に僕があなたに伝えておきたい5つのこと

PAGE TOP