注目の記事 PICK UP!

あなたがインターネットビジネスで成功するために意識すべき2つのコト

67861653 - student computer learning education insight concept

”ビジネスの失敗”

それはビジネスの継続ができなくなったとき、もしくは、ビジネスを自らがやめてしまったときです。そして、継続できなくなる理由としては、

・経済的理由
・精神的理由

という大きくは2つに分かれます。

経済的理由というのは、事業資金が尽き、ビジネスが続けられなくなったというもの。これはイメージしやすいかと思います。

そして、精神的理由というのは、個人事業である場合、事業者のモチベーションです。自らのモチベーションが低下し、ビジネスに対する情熱を失い、諦めてしまうというパターン。個人でやるインターネットビジネスの場合、こちらのパターンで辞めてしまうというのが結構あるものです。

ビジネスを続けられないことが失敗と定義するとすれば、ビジネスの成功の本質は、”継続させること”と言えるでしょう。つまり、ビジネス上の成功は”継続性”が握っているということです。

今回は、この継続性という観点から、インターネットビジネスで成功するため意識しておくべき2つのポイントについて考えていきたいと思います。

ポイントとしては、

・コンセプトを徹底的に突き詰めること
・作業効率を徹底的に上げること

この2つです。では、一つずつ説明していきましょう。

1.コンセプトを徹底的に突き詰めること

53754778 - idea creativity inspiration thought planning conceptビジネスを始める際には、まずコンセプトを徹底的に作りこんでおく必要があります。コンセプトはビジネスにおける土台です。この土台がしっかりとしていないと、最終的に行き詰まります。

例えば、商品が売れなかった場合を考えてみましょう。

商品が売れないというのは、短期的に見れば、ビジネス上の失敗と捉えることもできますが、それは本質ではありません。なぜなら、売れない原因を特定し、商品を修正し、改良を加えれば、売れるようになる可能性があるからです。そのビジネス自体のコンセプトがしっかりと考えられ、作り込まれているのであれば、そこから生み出された商品の微調整は容易です。

商品が売れなかったのは、、

・提供する価値が低かったかもしれない(商品のクオリティの問題)
・ターゲッティングが間違っていたかもしれない(売り方の問題)

いずれにしても、その原因を突き止め、改善すれば、結果は良くなるはずです。

ただ、ビジネス自体のコンセプトが雑だったり、深く考えられていないものなのであれば、売れないという結果を突きつけられたとき、メインコンセプトが悪いのかと疑ってしまいます。

そして、それは商品を改良するとかいう小さな問題ではなく、ビジネス自体の根本に関わる大きな問題です。メインコンセプトを変えるということは、またそのビジネスを一からやり直すということです。この時間的、精神的ロスによって、大きくモチベーションが削がれてしまい、結果が出ないうちに辞めてしまうのです。

そうならないためにもコンセプトを徹底的に詰めていく必要があります。

では、具体的にインターネットビジネスのコンセプトについて考えていきましょう。コンセプトを深堀りしていくための3つの問いをしていきます。

1-1 コンセプトを作るための3つの問い

51727926 - cityscape businessman thinking leadership concepts

それが、「誰のため」、「何のため」、「なぜ自分が」という3つの問いです。

①誰のため

これは、誰をターゲットにしているかということです。これが、明確であればあるほど、届ける相手が絞れ、より具体的で、より深く刺さるメッセージになります。

②何のため

これは、自分が活動する目的です。もちろん最初は、「自分が楽しいから」とか「儲けたいから」という個人的な目的でもいいのですが、徐々に社会性を持たせることで、多くの共感を得ながらビジネスをすることができます。

社会性と言うと少しわかりにくいかもしれませんが、より社会をよくするためにやっているんだとか、不幸な人を救うためにやっているんだとかいうことです。

例えば、「まだ、日本では未承認の抗がん剤だけど、臨床試験では有効性が認められているから、これをより多くの人に知ってもらうことで、救える命を救いたいから活動をしている。」と言われると、自然とその人を応援したくなると思います。

個人的な欲望のためではなく、人や社会のための活動する人というのは、どうしても応援したくなるものです。そして、それをどうしても成功させたいと言えば言うほど、その人はいい人になります。応援されるのです。

③なぜ自分が

実は、これを突き詰めるとコンセプトがかなり強力になるのですが、多くの人はここをあまり重要視していないように思います。重要視すべき理由は次の2つです。

一つ目は、自分自身への合理的な理由づけになるからです。人は理由もなく行動できない生き物です。ですから、もし、これをきちんと自分の中で整理できなければ、行動し続けることはできないでしょう。行動を継続させるためには、自分自身を納得させるための合理的な理由づけが必要です。

二つ目は、それ自体が、USPとなるからです。

USP(Unique Selling Proposition)とは、日本では「独自の売り」あるいは「独自の売りの提案」として知られるマーケティング用語です。 「独自の売りの提案」を簡潔にまとめたフレーズであり、マーケティングコンセプトを端的にまとめたものと言えます。 関係者と共有することでマーケティングの軸を保つために利用するものです。http://www.biztool.jp/contents/usp.htmlから引用

自分がやる強い理由、強力なストーリーがあると、他のものとの”明確な違い”が生まれます。それが、差別化となり独自性となるのです。そうなると、売りやすくなりますし、選ばれやすくなります。独自性と必然性が重なるわけですから、説得力が増すのです。

そして、これらの3つの問いを次の3つに分けて質問してみてください。自然とコンセプトができあがります。

1-2 3つの質問先

49478372 - businessman determine ideas writing working concept

①あなたの活動のコンセプト

あなたの活動に対して、

  • 誰のために活動するのか?
  • 何のために活動するのか?
  • なぜ自分が活動すべきか?

という問いを立てていきます。

②発信するメディアのコンセプト

あなたの発信するメディア(ブログやメルマガ)に対して、

  • 誰のために発信するのか?
  • 何のために発信するのか?
  • なぜ自分が発信すべきか?

という問いを立てていきます。

③販売する商品のコンセプト

あなたの商品(例えばe-bookや講座)に対して、

  • 誰のために売るのか?
  • 何のために売るのか?
  • なぜ自分が売るべきか?

という問いを立てていきます。

これらは、あなたが何をやるかによって変わってきますので、言葉を置き換えて自分へ問いかけてください。言葉を整理して、自分が納得するものができたらそれがコンセプトになります。

2.作業効率を徹底的に上げること

46875059 - business woman working planning ideas conceptインターネットでビジネスをしていくのであれば、サイト記事、ブログ記事、メルマガ記事、インターネット広告、セールスレターなど、多くのコンテンツを作成する必要があります。外注しないで自分でやる場合、コンテンツを作り続ける”モチベーション”が重要になります。そして、このモチベーションには作業スピードが大きく関わってきます。

例えば、いくら頑張って作業をしていたとしても、まったく成果が得られないのであれば、モチベーションは下がっていってしまうでしょう。作業スピードが速く、それなりに結果がついてくることで、モチベーションは維持できるのです。

この作業スピードを遅くしてしまうのが自分の意識です。作業中に意識を集中できず、手が止まってしまう。これは、多くの場合、自分の感情が原因です。

例えば、作業中に、クレームが来たらどうしよう?とか、失敗したらどうしよう?などという恐怖心だったり、この作業は自分にとって、何の意味があるのだろう?という自分への問いが浮かび、作業の手が止まってしまうのです。正直、こんなことをパソコンの目の前で考えていたら、コンテンツを集中して作ることなんてできないでしょう。

結局、意識を今やっている作業に向けることができず、関係のない過去やまだ見ぬ未来へと意識を飛ばしてしまい作業スピードが遅くなってしまっているのです。

クレームについて一言いうと、そもそも、クレーム自体は失敗ではありません。自信のある商品を売っているのに、お客さんからクレームがきたというのは、確かに精神的に堪えることなのかもしれません。

ただ、冒頭にも言いましたが、ビジネス上の失敗とは継続できなくなったときです。昔からクレームは宝の山だなどと言われることもありますが、クレームを受け止め、これを今後のビジネスに活かすことで、むしろチャンスにすることもできます。

43946224 - growth.1個のクレームとの出会いが、今後ずっと続いていくビジネスのクオリティをワンステージ引き上げるきっかけとなるかもしれない。これは、考え方を変えると、クレームをもらい、改善することができれば一つの成功と解釈することができます。

少し、話が逸れましたので戻しますが、今、目の前の作業に集中するというコミットが自分の中で必要です。その工夫の一つとして、おすすめしたいのが日々のToDoリストです。

このToDoリストは、自分の目標や夢、現実化させたい未来など大きな自分の目的から深堀りし、日々実行するために細分化したタスクになります。ToDoリストは、タスクを忘れないための備忘録としての使われ方が一般的ですが、余計なことを考えずタスクに集中させるという効果もあります。

ToDoリストの詳しい作成の仕方については、次の記事で詳しく解説していますので、ぜひ作成してみてください。

ToDoリストにあるタスクをただ黙々とこなしていく。作業中は余計な意識を使わないでタスクに集中する。これが作業スピードを上げるテクニックです。

  • ビジネス全体を俯瞰して、深く考える時間
  • 目の前の作業を余計なことを考えず、黙々と集中して作業する時間。

自分の中でこれらをしっかりと分けることで、タスク処理効率が上がり、それが早く結果を出すことに繋がり、結果としてモチベーションの維持に繋がるのです。

3.まとめ

何度も言いますが、ビジネスにおける失敗とは継続できなくなることです。

  • モノが売れなかった
  • クレームが来た

これらは本質的には失敗ではありません。

今回は、インターネットビジネスを成功させるポイントとして、コンセプトの作り込みと作業効率の最大化がキーワードということをお伝えしてきました。ぜひ、今あなたのやっている、もしくはこれからやろうとしているビジネスに置き換えて考えていただければ幸いです。

関連記事

  1. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

    ブログに書くネタがない?面白い記事を大量に作成する方法

  2. 56395030_m

    読まれるブログ記事の書き方とは?Webライティングの7つのコツ

  3. 47817346 - desperate buinessman

    ブログ初心者のほぼ100%が陥る深刻な2つのメンタルブロック

  4. 51726059 - high angle view of tired businesswoman relaxing on chair

    ブログ記事を外注するリスクと自分で記事を量産するために意識すべき3つのこと

  5. 66598330 - young laid off manager sitting down with a carton

    サラリーマン辞めたい?辞める前に僕があなたに伝えておきたい5つのこと

  6. 46070709 - smiling young man using digital tablet in the office

    なぜ、サラリーマンが副業でオウンドメディアを制作すべきなのか?その6つの理由とは!?

  7. 51496675_m

    オウンドメディアとは?今すぐあなたがオウンドメディアを制作すべき理由

  8. 46622396_m

    人気ブロガーになるには?リーダーとなるための7つの条件

  9. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

    【保存版】ブログ初心者のための読まれる記事の書き方!10のチェックポイント

PAGE TOP