注目の記事 PICK UP!

成り行き注文・指値注文・逆指値注文の特徴とトレード戦略

Smiling businessman projecting the skyline

トレードがうまい人は、例外なく自分のイメージどおりのトレードができるものだ。

いくら入念なテクニカル分析をし、その結果、思惑通りの値動きをしたとしても、エントリーとエグジットが自分のイメージどおり執行できなければ、パフォーマンスは維持できないだろう。

注文方法はさまざまあるが、それぞれの注文方法によるメリットとデメリット、どこでどういう注文方法をとるべきか、あなたは自分の中でしっかりと整理できているだろうか?

選択する注文方法で、トレードスタイルは変わってくる。あなたが、日中仕事をしていてトレードに多くの時間を割くことができないのであれば、この注文方法を工夫する、たったそれだけで解決するが可能だ。

基本となるのは次の3つの注文方法だ。

  • 成り行き注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

fx業者によって、IFD注文、OCO注文、IFO注文など様々な注文方法ができるが、基本的にはこの3つの組み合わせによる発展形なのでこの3つの注文方法をしっかりと押さえておこう。この基本型を理解した上で、さまざまな注文方法を知っていくことの方がスムーズに理解できる。

このページでは、この3つの注文方法の特徴とそれぞれのメリットとデメリット、どこでどういう注文方法をとるべきかを考えていきたい。

ではさっそく見て行こう。

1.成り行き注文

成り行き注文は、まさに今”買いたい”、”売りたい”というときに使用する注文方法だ。実際に値動きの動意を見ながら、タイミングをとって売買する場合は、この方法を採ることになる。

1-1 成り行き注文のメリット

成り行き注文のメリットとしては、

・価格の動意を見ながら自分のタイミングで売買できる
・ほぼ確実にポジションを持てる

ということが挙げられる。

後述する指値・逆指値注文は、注文しておけば、モニターの前にいない間に勝手に売買が成立している。これは、一見便利なことだが、売買判断の重要な要素の一つでもある”値動きの動意(勢い)”を見ることができない。

また、指値・逆指値注文は、注文した価格に到達しなければ当然売買は成立しない。例えば、”ほぼ上がる(下がる)”と確信があるのであれば、押し目や戻しを待たずにとっととポジションを保有するのが最も合理的だろう。勢いが強ければ、押し目、戻しがなく一気に値が伸びてしまうことも多いからだ。

このように、自分の中で確信を得ているような場合、値が伸びてしまう前に成り行き注文でポジションを取ってしまったほうがいいという考え方もある。nariyuki-sashine-gyakusashine

1-2 成り行き注文とスリッページ

逆にデメリットとしては、約定してから約定価格を知ることになるということだ。約定価格は”スリッページ”によって、注文したレートより不利な価格となっている場合があるからだ。

このスリッページとは、注文したレートと約定レートの間に差が生じることで、スリッページが生じた場合に”すべる”と表現することがある。

上の図で説明すると、ドル円を"100.00円"で買おうと思って、成り行き注文のボタンをクリックしたが、実際の約定価格は"100.02円"だったという場合だ。つまり、このスリッページによって、2銭高い値段で買わされたことになる。

では、なぜこのスリッページが生じるのか下の図で説明しよう。

まず、インターバンクから提示されたレートがfx業者に配信され、それを顧客に提示する。(下図①)

その提示されたレートで顧客が成り行き注文するが、その顧客からの注文がfx業者に届くまでに、インターバンクからfx業者へ提示されるレートが変わっていることがある。(下図②③④)

その場合、そのインターバンクから提示されたレートで約定することになり、スリッページが発生することになる。(下図⑤)

この流れを見てもらえばわかるように、注文のタイムラグがスリッページを発生させる。

このスリッページの発生は、成り行き注文の大きな特徴だ。米雇用統計や、重要イベントがあるときは、瞬間的に大きく値が動くため、スリッページが発生しやすいので注意が必要となる。slippage2

2.指値注文

指値注文は、”今よりも安い価格で買いたい”、”今よりも高い価格で売りたい”という自分に有利な注文方法だ。

この価格になったらで”買う”、”売る”というのが明確である場合、指値注文しておけば自動的に売買が成立する。自分が想定した価格水準によって売買する場合は、この方法を採用することになる。

買い指値注文からの売り指値決済について、下の図で説明しよう。

現在1ドル=100円の時、1ドル=99円で”新規の買い指値注文”を出した。
それが約定し、1ドル=99円の買いポジションを持つことができたとしよう。

その後、レートが上がり始め、1ドル=101円で”決済の売り指値注文”を出した。
想定通り相場が上昇して、1ドル=101円に到達した時点で決済注文が約定し、2円の利益確定となった。buy-sashinechuumon次に売りの指値注文からの買い指値決済を見てみよう。下の図を見てもらいたい。

現在1ドル=100円の時、1ドル=101円で”新規の売り指値注文”を出した。そして、それが約定し1ドル=101円の売りポジションを持つことができた。

その後、レートが下がり始め、1ドル=99円で”決済の買い指値注文”出した。想定通り相場が下落し、1ドル=99円に到達した時点で決済注文が約定し、2円の利益確定となった。sell-sashinechuumon

2-1 指値注文のメリット

指値注文のメリットとしては、モニターをずっと見ていなくても、注文した価格に達すれば勝手に約定することだ。これは、次に説明する逆指値注文も同じことが言える。注文を置いておけば勝手に約定してくれるというのは、トレードに時間を割けない人にとっては、非常に重要なことだ。

下のチャートは、オーストラリアドルの4時間足だが、日足レベルの大きな時間軸では下落トレンドであるため、レジスタンスライン付近で売りたいとしよう。この場合のように、明確にその価格で売買したいという場合、指値注文が便利だ。sashinechuumon-exそして、売りの指値注文が成立したのが下の1時間チャートだ。幸い、売り指値注文が成立してから下落し、どこで決済しようかと考えた結果、目立った安値であるラインで決済することにした。

このように明確に決済する価格が決まっている場合も指値注文が使える。サポートラインの直上に指値決済を置いておけば、あとは自動的にその価格に達したら決済される。

指値注文は、売買する目安さえ決めておけば、モニターの前にいなくても自動的に売買ができる非常に便利な注文方法だ。sashinechuumon-ex2

2-2 指値注文のデメリット

逆にデメリットとしては、注文したレートに相場が達しない限り、売買が成立しないことだ。

つまり、いくらその方向へ行くと自分が確信を持っていたとしても、売買が成立しないため、その状況を指を咥えてみているしかないということが起こる。

3.逆指値注文

次は、逆指値注文について説明していこう。文字通り指値の”逆”の注文だ。

指値注文は、”今よりも安い価格で買いたい”、”今よりも高い価格で売りたい”という自分に有利な注文方法になるのに対し、逆指値注文は、”今よりも高い価格で買いたい”、”今よりも安い価格で売りたい”という自分に不利な注文方法だ。

なぜ、わざわざ不利になるような注文をするのか不思議に思うかもしれないが、この逆指値注文を使う場面は大きく分けて3つある。この3つのケースを見てもらえば、その理由がすんなりと理解できるだろう。

3-1 トレンドに乗りたい場合

まず一つ目が、”前日高値を超えたら買いたい”や”ここのラインを抜けたら買いで入りたい”など、トレンドに乗っていきたい場合だ。

ダウ理論での上昇トレンドの定義は、高値と安値がともに切り上げている状態だ。

この上昇トレンドの定義を頭に入れて、下の図の現在値の部分を見てもらいたい。この時点では、高値は切り上げている状態だが、2つめの安値が確定していない状態だ。

これが安値と確定するためには、直近の高値を上抜けることが上昇トレンドの条件になる。つまり、直近高値の少し上に逆指値注文を置いておけば、上昇トレンドが確定した時点でトレンドに乗っていけることになる。

”トレンドに乗っていきたいときに使用する”というのはこういう意味だ。gyakusashinechuumon-ex

また、下のチャートのように、レンジが続いている場合、そのレンジの外側に逆指値注文を置いておけば、レンジブレイクアウトが起きた場合、トレンドの初期に乗っていける。もちろん、最終的にダマしになる可能性もゼロではない。そこは注意が必要だgyakusashinechuumon-ex2

3-2 ストップ注文として使う場合

価格が自分の想定と逆行した場合、逆指値注文を置くことで、損失を最小限に抑えることができる。これは、ストップ注文とも呼ばれる。

下の図は、上昇トレンドに乗ろうとポジション保有したが、自分の想定とは裏腹に下落してしまったケースだ。この場合、上昇トレンドに乗ろうとしたので、安値を切った時点でそのエントリー根拠は消滅することから、そこに逆指値注文を置くのがベストな選択だろう。gyakusashinechuumon-ex3

3-3 利益を確保させる場合

また、利益が出ているときであれば、利益を確保するのにも逆指値注文が使える。下の図を見てもらいたい。上昇トレンドで、現在利が乗っている状態だ。

直近安値の下に逆指値注文を置いておけば、上昇トレンドが終わるときに、利益を残してトレードを終えることができる。逆指値(ストップ)を引き上げていくことで、一定の利益確保を狙うといった手法も決済方法として有効な手段の一つだ。gyakusashinechuumon-ex4

4.まとめ

さて、以上3つの注文方法について説明してきた。

たった3つの注文方法だが、”買いと売り”、”エントリーと決済”、”損切りと利食い”、”ダウ理論のトレンドの定義とブレイクアウト”など、さまざまな状況に合わせて注文方法を組み合わせていくことで売買パターンは無数にできる。

また、自分のライフスタイルや性格、トレードに対する考え方によって、注文方法はそれぞれ違う。

そのときになってからあれこれ考えるより、ある程度こういうときはこうするというような明確なルールを自分の中で決めておき、そのルールに従うほうがいいだろう。

この3つの基本的な注文方法の特徴を押さえ、しっかりと自分の戦略の中に組み込んでもらいたい。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  2. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

  3. Strong

    fxが主婦やサラリーマンの副業に最高と思う5つの理由

  4. New York

    ファンダメンタルをFXのトレードで活かす2つの視点

  5. Young alcoholic man

    90%の人がFXで失敗?その理由を考えてみた

  6. A young discoverer

    fxの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

  7. FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

    FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

  8. Secret conversation

    いまさら聞けない!fxのレバレッジについてまとめ

  9. Little boy watching the end of the world

    要注意!!スワップポイント狙いの恐ろしい3つのリスク

PAGE TOP