注目の記事 PICK UP!

目標達成できる人とできない人の決定的な違いとは?

71537725_m
  • もっと、やりがいのある仕事をしたい・・・
  • もっと、お金が欲しい・・・
  • もっと、自由な時間があれば・・・
  • 自分が特別な存在だと認められたい・・・
  • 成功していると思われたいけど、現実は・・・

悩みというのは、人が生きている限りあるものですし、悩みを持っていない人なんていないと思います。

あなたも何らかの悩みを抱えていることでしょう。

しかし、悩みとはなぜ生まれるのでしょうか?

それを突き詰めて考えてみると、それは、すべて「現実と理想のギャップ」によって生まれているのだと気づきます。

こうだったらいいなと言う「理想」とそれが達成されていない「現実」のギャップが悩みの源泉であり、そのギャップの大きさが悩みの深さになります。

理想と現実のギャップ

人は、常に「こうありたい」という理想を持つものです。

理想は、少なくとも現在達成されているものではなく、「現実ではありえないかもしれないけど、こうあったらいいな」という希望に近いモノです。

52647725_m「現実と理想のギャップ」は、人が生きていれば必ず持つものですし、それをなくすことなんてできません。

「理想」は、時として人の目標にもなります。

人は、理想を持ち、それを達成するための目標を立て、現実とのギャップを埋める行動を取り続けることで、目標達成することができます。

しかし、世の中には、そうやって自分の目標を一つずつ確実に達成していく人もいれば、悩みを抱き続けながら、何の行動も取らず諦めてしまう人や社会や人のせいにして不満を持ち続ける人がいます。

この違いはどうして生まれてしまうのでしょう?

決定的な違い

それは、「結果ばかりを見ていて、行動をしていない」、もしくは「圧倒的に行動の量が少ない」のが原因です。47805929_m

当然ながら、十分な行動をしなければ、現実は何一つ変わりません。

自分の理想と現実のギャップに悩み、行動に移すことができない。行動に移さなければ、目標は絶対に達成されることはありません。

なぜ行動できないのか?

それは、「結果にフォーカスしているから」です。結果にフォーカスしてしまうと人は行動できません。

結果にフォーカスすることの問題点は、「どういう状態になったらその目標が達成されるのか」が明確ではないことです。無意識に「見えないゴールを設定してしまう」のです。

21930689 - image of businesswoman in blindfold walking among group of people例えば、「もっとお金が欲しい」と思ったとします。

しかし、それだけだと、どれくらい欲しいのか、いつまで欲しいのか、どうやってお金を得るのかがわかりません。

「自分にふさわしい仕事をしたい」と思ったとします。

しかし、ふさわしいとは何か、いつまでにしたいのか、どうやってその仕事に就くのかがわかりません。

「自分を特別な存在だと認められたい」と思ったとします。

しかし、特別な存在とは何なのか、いつまでにそれを達成したいのか、どうやってそんな存在になれるのかがわかりません。

フォーカスすべきは「行動」

そして、重要なのが、お金を得ること、自分の就きたい仕事に就くこと、他人に認められること、これらは「結果」です。つまり、達成された瞬間、それは過去になります

過去はコントロールすることができません。

ですから、フォーカスすべきは、「結果」ではなく「行動」です。自分の行動はこれからすることですから、100%あなたのコントロール内です。

49697044 - longboard riding例えば、

「もっとお金が欲しい」と思って、副業の勉強をし始めることも、「自分にふさわしい仕事をしたい」と思って、転職の準備をすることも、自分を特別な存在だと認められたい」と思って、態度や振る舞いを変える努力をすることも、、、

すべて自分でコントロールすることができます。それは、これから行う自分の行動なのですから、当然です。

ある「結果」に至るためには、「過程」が必要です。

その過程を明確にすればするほど、結果に結びつく可能性は高くなります。ですから、「行動にフォーカスし、なおかつ、その行動をできるだけ小さくすることが大切です。

例えば、年収1000万円を達成したいと思ったとしたら、1時間早く起きて仕事の分野について勉強する必要があるかもしれません。

そうすると、”いつもは朝7時に起きているけど、朝6時に起きて仕事に関する「●●」と言う本を1時間読む”という具体的な目標ができます。

行動を小さく、具体的することで、人は行動をしやすくなります。

目標達成できる人とできない人

目標達成できる人とできない人の違いは、「お金持ちになりたい」、「いい仕事に就きたい」、「人に認められたい」という理想に対して、具体的なプロセスがあるかどうかです。

48791353_mプロセスがなければ、当然行動することはできません。行動しなければ、現実は変わることはありません。

逆に、目標達成できる人は、具体的プロセスを自然と構築します。目標達成のための行動を「毎日の生活の中にどうやって活かすのか」を考えるのです。

だから、実際の結果に変化を生じさせることができます。「誰かが」「宇宙が」自然に勝手に引き寄せてくれるなんてありません。

もし、結果に変化が生じたのであれば、それは、何らかの行動を起こしているからです。

そして、小さく、具体的な行動をしていくうちに、現実が変わっていくのと同時に、自らの「セルフイメージ」は、自然と理想に近づいていきます。

なぜなら、習慣が変われば、「セルフイメージ」も変わるからです。

ここで言う、「セルフイメージ」とは、ドクターモルツが提唱した「自分で自分のことをどういうふうに考えているのか」「自分をどんな人間だと思っているのか」という「イメージ」のこと。43277074 - ego business man looking in the mirror and reflecting

「自分を不幸にしない13の習慣」では、セルフイメージがどれほど、人生の結果に大きく影響を与えるのか、そして、そのセルフイメージを自由に変えることができるということが書かれています。

心に描くこのセルフイメージが私たちの小さな決断を決め、一日を決め、そして、私たちの人生を決めています。

もし、あなたが今の自分を本気で変えようと思っているのなら・・・

それは、確実変えることができるでしょう。ぜひ、読んでみてください。

13noshuukan

関連記事

  1. 3749977 - little girl with mask in the water

    誰も教えてくれない!人の成長には絶望が不可欠だという話

  2. 31278193_m

    成功者が「目標達成」を連発できるワケ

  3. Businesswoman in a break from work

    本気で目標達成したいなら!早起きで生産性を劇的に向上させる7つの方法

  4. 52160092_m

    目標設定を誤れば目標達成はできない!目標設定で意識すべきたった一つのこと

  5. 53102319 - business team training listening meeting concept

    なりたい自分になる!”思考は現実化する”の罠を乗り越えるための4つのステップ

  6. 42854579 - guy sitting after exercise in the gym

    なぜ目標達成できない? 目標を実現するための目標設定と自己管理の6つのポイント

  7. 30580327 - young business man with problems and stress in the office

    なぜ、あなたは行動が遅いのか?目標達成を妨げるその原因と乗り越える3つのステップ

PAGE TOP