注目の記事 PICK UP!

5分でわかる!ロスカットとマージンコールの仕組み

very smart dog

ロスカットとは、保有ポジションの含み損が膨らんだ場合、fx業者が強制的にポジションを解消することをいう。あなたは、このロスカットという仕組みをしっかりと理解しているだろうか?

投資家保護を目的とした制度であるが、よく理解していないと、自分の想定とは違ったところで強制決済させられ、不本意なトレードになる可能性がある。

特に、大きなロットでトレードする短期トレーダーは注意が必要だ。普段ない大きな為替変動が起きた場合、ロスカットの危険が高まるからだ。

この記事では、「ロスカットをよく知らない」といった人に、ロスカットとは何か?というところから、具体的な例を挙げて発動される条件について、わかりやすく解説している。
曖昧な場合は、この際、この記事をでしっかりとチェックしておこう。

1.ロスカットはレッドカード

Precariousロスカットは、損失が拡大しないよう損失が一定の割合に達したら、fx業者がポジションを強制的に決済し清算するシステムを言う。fx業者から強制的に市場から撤退させられる、いわばレッドカードのようなものだ。

保有しているポジションに対し、レートが逆行した場合、含み損が発生するが、 この含み損が大きくなると、証拠金を全額を失うどころか、証拠金以上の損失を生じる可能性が出てくる。

この際、証拠金を追加入金できないと、口座がマイナスになり、fx業者への債務が発生した状態となってしまう。こういったことを避けるため、投資家保護の観点から備え付けられている仕組みだ。

為替差損が強制的に確定させられることで、最低限の資金が温存されるため、原理的には証拠金の範囲内で損失が留まることになる。

2.ロスカットの条件

次の算式で導き出された"証拠金維持率"が一定の割合以下に割り込んだ場合、ロスカットが発動される。この"一定割合"というのはfx業者ごとで異なるため、詳細については、fx業者のホームページを参照していただきたい。基本的には、30%~50%が多い。

有効証拠金 ÷ 必要証拠金額 × 100 = 証拠金維持率(%)

有効証拠金・・・・・・証拠金に評価損益を加味した金額
必要証拠金額・・・・・1lot当たりの必要証拠金額×lot数

3.マージンコールはイエローカード

証拠金維持率がある程度低下してきたら、fx業者が証拠金の追加を求める警告をしてくるマージコールというものがある。ロスカットはレッドカードであるのに対し、このマージンコールはイエローカードと言えるだろう。

このマージンコールがあるfx業者では、毎日定められた時間に証拠金維持率を計算を行う。そこで、業者が規定する証拠金維持率が下回っていると、登録したメールアドレスに警告のメールが届く仕組みだ。

もし、マージンコールがかかった場合、証拠金を引き上げる必要があるが、証拠金を引き上げるには、次の2つの方法がある。

3-1 ポジションを一部決済する

ポジションを一部決済してしまうことで、必要証拠金を減らし、証拠金維持率を引き上げる。

3-2 証拠金を追加入金する

証拠金を追加で入金することで、有効証拠金を増やし、証拠金維持率を引き上げる。

4.ケーススタディ

ロスカットとマージンコールについて理解を深めるために、下記のようなfx業者の設定でシミュレーションしてみよう。

・口座入金額(証拠金)は10万円、レートは1ドル=100円
・ドル円1万通貨のロングポジションを保有(必要証拠金は4万円)
・マージンコールとロスカットルールは下図のとおりの設定とする

このような設定で、どれだけレートが逆行したら、①新規注文ができなくなったり、②マージンコールが発生したり、③ロスカットが発動されたりするのかを具体的に計算してみる。

losscut

4-1 新規注文ができなくなるのは

証拠金維持率が100%以下となったら、新規注文ができなくなるといった場合、いくらレートが逆行すればその状況になるのだろうか。

前述した、2.ロスカットの条件の「有効証拠金 ÷ 必要証拠金額 × 100 = 証拠金維持率(%)」に代入すると、有効証拠金÷40,000(必要証拠金額)×100=100(証拠金維持率(%))となり、4万円がこの基準金額となることがわかる。

証拠金がこの4万円に達するまでの余力金額を計算すると、
10万円(証拠金)-4万円(基準金額)=6万円(余力金額)となる。

6万円(余力金額)÷1万通貨(ポジション量)=6円となり、6円以上下落した場合、新規注文できなくなる。ということがわかる。

4-2 マージンコールが発生するのは

証拠金維持率が70%以下となったら、マージンコールが発生する場合、いくらレートが逆行すればその状況になるのだろうか。

上記の計算例を参考にして計算すると、有効証拠金÷40,000(必要証拠金額)×100=70(証拠金維持率(%))となり、2.8万円がこの基準金額となることがわかる。

証拠金がこの2.8万円に達するまでの余力金額を計算すると、
10万円(証拠金)-2.8万円(基準金額)=7.2万円(余力金額)となる。

7.2万円(余力金額)÷1万通貨(ポジション量)=7.2円となり、7.2円以上下落した場合、マージンコールが発生することになる。

4-3 ロスカットとなるのは

証拠金維持率が50%以下となったら、ロスカットとなる場合、いくらレートが逆行すればその状況になるのだろうか。

上記の計算例を参考にして計算すると、有効証拠金÷40,000(必要証拠金額)×100=50(証拠金維持率(%))となり、2万円がこの基準金額となることがわかる。

証拠金がこの2万円に達するまでの余力金額を計算すると、
10万円(証拠金)-2万円(基準金額)=8万円(余力金額)となる。

8万円(余力金額)÷1万通貨(ポジション量)=8円となり、8円以上下落した場合、ロスカットが発動されることになる。

5.ロスカットに関する注意点

Conceptual photo of manager yelling over the megaphoneロスカットの注意点としては、次の3つがあるので押さえてもらいたい。

5-1 急激な為替変動リスク

為替変動が大きい場合、約定レートが、想定よりも大きく乖離する場合がある。ロスカット水準よりも大きく乖離してロスカットが発動した場合、預託した証拠金以上の損失が発生する可能性がある。

大きな為替変動が起こるケースとしては、重大な金融政策の突然の変更、米雇用統計など重要指標の発表や、週末の要人発言や政治情勢などにより、週明けに窓を開けた場合が考えられるだろう。

5-2 スプレッドによるロスカット

証拠金の限界までポジションを持った場合、そのポジションを取る際にスプレットにより評価損が発生して、すぐにロスカットになる場合がある。証拠金と必要証拠金額をしっかり把握し、余裕を持ってポジションを持とう。

5-3 出金には注意

出金すると、当然証拠金が減少するため、ロスカットが執行されやすくなる。ポジションを保有している状況での出金には特に注意が必要だ。出金したら証拠金維持率がいくらになるのか、少なくとも計算してから出金しよう。

6.まとめ

ロスカットは、「証拠金以上の損失が生じる前に市場から撤退してください」という業者からの最後通告だ。原理的には、このロスカットがあるおかげで、証拠金以上の損失を防ぐことはできる。

ただ、説明したように大きな為替変動があった場合は例外だ。やはり、リスクを抑えるには、証拠金に対して余裕を持ってポジションを持つことに尽きる。

車に例えると、ロスカットという最終的には止まる自動ブレーキがあるのを理解しつつ、スピードは自分でコントロールしていく必要があるということではないだろうか。

参考にしてもらえたら幸いだ。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. 46806338 - hands holding digital tablet pc and touching with finger in sunlight

    投資効率を最大化する正しい損切り(ロスカット)の知識のすべて

  2. A young discoverer

    fxの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

  3. Man sitting in the park under a tree

    fx超勉強法!最も効果的に勉強や練習を行う具体的方法

  4. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  5. I have no idea what i am doing!

    テクニカル分析はファンダメンタル分析より優れているのか?

  6. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman

    誰も教えてくれなかった!移動平均線の使い方のすべて

  7. Secret conversation

    いまさら聞けない!fxのレバレッジについてまとめ

  8. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  9. New York

    ファンダメンタルをFXのトレードで活かす2つの視点

PAGE TOP