fx-chart-analysis-20200210usdchf-4h2

2020.02.10【USDCHF】FXチャート分析。先週末のブレイクアウトの流れに乗っていくトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、2月に入ってからUSDCHF(米ドル/スイスフラン)が急上昇していて、先週末もチャートポイントをブレイクアウトしました。

今週のUSDCHFについては、次のようなトレード戦略を立てています。

fx-chart-analysis-20200210usdchf-4h2
USDCHF 4時間足

今日は、このトレード戦略の考え方や相場背景について詳しく解説していきます。

USDCHF(米ドル/スイスフラン)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.02.10【USDCHF】のFXチャート分析
・月足→週足→日足→4時間足

■ トレード戦略
・戦略①(ロング戦略)
・戦略②(ショート戦略)

■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.02.10【USDCHF】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200210usdchf-month
USDCHF 月足

月足で意識されている価格として、

  • 1.03
  • 1.00
  • 0.955
  • 0.92

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

トレンドは下降トレンドとなっています。高値と安値をともに切り下げていますね。

ただ、直近の流れとしては、-2σにタッチしてから上昇しています。下ヒゲが短く、上ヒゲがない陽線となっています。

ボラティリティは、過去のチャートと比較してあまり高くはありません。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向きでバンドも横向き。レンジを示す形状となっています。

現在値は、ボリンジャーバンド-2σから上昇し、-1σとミドルバンドにあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近で上昇している

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200210usdchf-week
USDCHF 週足

週足で意識されている価格としては、上から

  • 0.985
  • 0.97
  • 0.945

があります。まずはここに水平線を引きましょう。

直近では下げ基調。ずっと-2σのバンドウォークを続けていましたが、先週は大きな上昇を見せました。

0.97を下にブレイクアウトしていましたが、完全に上に戻してきています。直近は、上の流れとなっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドは広がっていて、ボラティリティが高まっている様子が示されています。

現在値は、-1σを上抜け、-1σとミドルバンドの間にありますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の流れは、上方向
  • 一度下抜けた0.97を再度上抜けてきた

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200210usdchf-day
USDCHF 日足

日足チャートで意識されている価格は、上から、

  • 0.98
  • 0.9764
  • 0.963

となっています。これらの価格にも水平線を引いてみましょう。

日足では、これまで下降トレンド後のレンジとなっていました。

このレンジは、おおむね0.963~0.9764で推移していましたが、このレンジ上限でもあり、下降トレンドの基準高値でもある0.9764を上抜け、下降トレンドを否定しています。

まだ上昇トレンドというわけではありませんが、直近の流れは完全に上です。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、やや上向き。バンドの先端は広がっていてボラティリティが高まっていることを示しています。

現在値は、急上昇によって+2σのバンドウォークを続けています。

  • 日足ではノントレンド
  • 直近の流れは、上方向

以上、週足、日足から全体的な相場環境を把握してきました。4時間足で具体的なトレードシナリオを検討していきましょう。

4時間足

こちらが4時間足です。

fx-chart-analysis-20200210usdchf-4h
USDCHF 4時間足

やはり印象的なのが、日足レンジ上限の0.9764を上抜けたということです。今週は、このラインについて次のシナリオが考えられるかと思います。

  • 0.9764を抜けて更に上昇するシナリオ
  • 0.9764を下に抜けてくるシナリオ

では、この2つのシナリオからトレード戦略を考えていきます。

トレード戦略

fx-chart-analysis-20200210usdchf-4h2
EURUSD 4時間足

戦略①(ロング戦略)

【戦略】:0.9764ブレイクアウトからの押し目買い

【戦略の優位性】:
・月足~4時間足で直近の流れは上方向
・日足下降トレンド否定

・日足レンジブレイク

【エントリー】:0.9764を上抜けた後の押し目買い

【ストップ】:0.9764の少し下

【ターゲット】:0.982付近

まずは、ロングの戦略です。

0.9764のレジスタンスラインを上にブレイクアウトしたため、押し目買いを狙っていく戦略です。

実際にエントリーする際には、できるだけ0.9764に引き付けてロングを打ちます。

ストップは、0.9764の少し下。ターゲットは、週足200EMA付近である0.982がいいと思います。

戦略②(ショート戦略)

【戦略】: 0.9764ブレイクアウトがダマシに終わった場合の戻り売り

【戦略の優位性】:
・月足、週足下降トレンド
・0.9764ブレイクアウトのダマシ

【エントリー】:0.9764を下抜けてから戻ったところをショート

【ストップ】:0.979付近

【ターゲット】:0.97手前

次にショートの戦略です。0.9764のブレイクアウトがダマシで終わった場合のショート戦略です。

先週上に抜けた0.9764のラインを下に抜けた場合、相場の目線は下に移りますから、戻り売りを狙っていきます。

具体的なエントリーとしては、0.9764を下抜けてから、0.9764に引き付けてショートしていきます。

この際、4時間足の20MAを下抜けたことを確認してから、ショートしていきましょう。

ストップは、直近高値の0.979付近。ターゲットは、0.97でこの辺で一旦利食いを入れるのがいいと思います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDCHFのチャート分析をしてきました。

まず第一の戦略として、日足のレンジを上抜けたため、素直に押し目買いを狙っていく戦略です。

仮に、0.9764を下に抜けてきた場合、先週のブレイクアウトがダマシで終わるということですから、今度は戻り売りを狙っていきます。

というわけで、今週は、先週末の上方向の流れができるのか、それともダマシで終わるのか注目です。

  • 先週末の0.9764のブレイクアウトを根拠に押し目買い。仮に下に戻したら、今度は戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャートの分析&今後の見通しでした。今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

さて、今日は月曜日。良い一日をお過ごしください。

fx-chart-analysis-20200210usdchf-4h2
最新情報をチェックしよう!