注目の記事 PICK UP!

【保存版】ブログ初心者のための読まれる記事の書き方!10のチェックポイント

43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

どうすれば、読まれる記事を書けるんだろう?

一所懸命に書いた記事が読まれない・・・どうすれば読まれる記事が書けるんだろうか?

もし、そんな悩みを抱いているのなら、ぜひ、この記事を読んでみてください。

ブログは何らかのメッセージを世の中の人に伝えるために存在しています。つまり、人に読まれなければ、何の意味もありません。

ブログが、人に読んでもらうことを前提としたものであるとするなら、読む人にいかに興味深く読んでもらうかという努力や工夫は、書き手が持つべき最低限のマナーと言えるのではないでしょうか。

多くの人が記事を読んでもらえないという悩みを抱いているのに、それを解決する術を解説している記事はまだまだ少ないように思います。

多くの人が、読者の心理背景や記事を読みやすくするテクニックを知らないまま、悩みを抱き続けている・・・。

30751841 - overworked and frustrated young woman in front of computer私もこの悩みを抱いてきた一人です。私には、これまでの経験の中で蓄積してきた、読まれる記事を書くためのチェックリストがあります。これは、ブログ記事の作成前、公開前に必ずチェックしてきたチェックポイントがまとめられたものです。

この記事では、このチェックリストを10のポイントに整理して、そのポイントを一つ一つ解説していきたいと思います。ブログ初心者でも理解しやすく、実践しやすい簡単なチェックです。

もちろん、必ず、こうすべきというつもりはありません。一つでも使えそうなものがあれば、あなたのチェックポイントに入れていただけたらと思います。

このチェックリストは、記事を読みやすく、より魅力的にし、結果として、読者の満足度を高めるために作ったものです。これで、より読まれる記事になり、あなたもあなたの読者も求める成果が手に入れやすくなるはずです。

ぜひ、このチェックリストにある背景を理解していただき、ブログを書く前の注意点や書き終えてから公開までの最終チェックとして使ってもらえればと思います。

では、さっそくいきましょう。

1.ブログ記事に求められている2つのモノ

51698057 - business people working with technology conceptブログ記事では、新聞、雑誌、マンガなどの他のコンテンツと異なるモノが求められています。それは、他のコンテンツと明らかな違いです。まずは、そこから説明していきましょう。

1-1 人を惹きつける文章

コンテンツによって求められる文章には違いがあります。小説などでは、美しい文章が求められます。それに対し、ブログでは、人を惹きつける文章が求められます。

そこには、読む環境に明確な違いがあるのです。

想像してみてください。小説を読もうとするときは、小説を読もうとして読みます。ただ、ブログ記事はどうでしょうか?

46288822 - view of a young attractive business man using smartphoneブログ記事を読もうとして読むことも、もちろんあるとは思いますが、FacebookやTwitterで流れてきたからとか、googleで検索してたまたまクリックして読むということの方が圧倒的に多いはずです。

つまり、たまたま読んでいるという状態です。しかも、無料で。

ですから、読む集中力に大きな違いがあります。つまり、読み手の意識がそもそも低い状態にあるということを前提として、 ブログを書く必要があるのです。

小説、雑誌、新聞は、たまたま読むことが少ないのです。なぜなら、お金を払っているわけですから、金額分の価値を得ようという意識で読みます。ブログ記事は、無料でたまたま読まれることが多いので、いかに注意を持って読んでもらうかという工夫がとても重要なのです。

1-2 人の役に立つコンテンツ

37783957_m人は、コンテンツが大好きな生き物です。例えば、小説、雑誌、マンガ、映画、テレビ番組、新聞などなど。これをよく考えると、すべて人の悩みを解決するものだということに気づくでしょうか?

  • 「退屈だ」という悩みを抱えて、面白いコンテンツを求める
  • 「感動が欲しい」という悩みを抱えて、感動するコンテンツを求める
  • 「感情を共有したい」という悩みを抱えて、共感するコンテンツを求める
  • 「これを解決したい」という悩みを抱えて、役に立つするコンテンツを求める

人がコンテンツが好きな理由。それは、自分に直接関係があるからです。人は”自分には関係がない”と思ったものに対して恐ろしいほど興味を持ちません。

ですから、自分に何のメリットがないのにわざわざ時間を割いてまで、記事を読もうとはしないのです。ですから、読まれるためにはブログ記事も”読む人の悩みを解決するもの”である必要があるのです。

1-3 この2つを押さえて記事を書こう

  • 人をいかに惹きつけるか
  • 人の悩みを解決するコンテンツ

この2つの背景を押さえた上で、ブログ記事を作成します。

58120211 - portrait of three laughing girlfriends with laptop.次は、いよいよ読まれるための10のチェックポイントを解説していきます。

2.読まれる記事を作成するための10のチェックリスト

58842600 - checklist choices to do audit evaluation conceptでは、10のチェックポイントを解説していきます。

POINT① ✅ターゲットと目的を明確にできているか?

まず、記事を書く前に問うべきことがあります。

それは、「誰のため」、「何のため」に書くのかということです。

冒頭に言いましたが、ブログは何らかのメッセージを世の中に伝えるために存在しています。伝えるためには、「ターゲット」と「そのターゲットに適切な内容」を決めておく必要があります。

自分の想いを吐き出すだけではありません。自分の知識をひけらかすだけではありません。相手にとって最高に価値のあるメッセージを発信することです。これを明確にするためのエクササイズがあるのですが、それはPOINT②でご紹介します。

POINT② ✅相手とのコミュニケーションを意識できているか?

56096459_mブログ記事は、自分の主張を書くものだと思っている人がいますが、それは間違いです。ブログ記事は一種のコミュニケーションツールです。なぜなら、ブログ記事は、人の悩みを解決するものだからです。

悩みを相談しに来た人に対して、一つの解決方法を提示するというコミュニケーションが成り立っています。POINT①では、「誰のため」、「何のため」に書くのかが大事だというお話しをしました。

ターゲットを定め、悩みを明確にし、コミュニケーションを意識できるエクササイズをご紹介します。それは、

「カフェで友達から相談を受けているシチュエーション」を想像する

カフェであなたの友達は、あなたに悩みを相談します。そして、あなたはその悩みに対して自分の考えや解決法を教えてあげる。このシチュエーションを想像することで、ブログ記事の質は劇的に上がります。

53869880_mGoogleで検索するということは、Googleに悩みを相談しているということです。つまり、検索キーワードというのは、自分の悩みを解決して欲しいというメッセージなのです。Googleは、その人の悩みに最適な解決策を提供してくれるページを上位に表示させます。

ですから、ブログ記事は、親身になって教えてくれて、役に立って、また相談したい、そう思ってもらえるページにする必要があります。友達からの相談を意識することで、メッセージを届けるべき相手を明確に意識でき、親身に教えようとする姿勢が生まれ、自然な文体となります。本当の友達なら、決して、粗悪な内容だったり、煽ったりはしたりはしないでしょう。

「カフェで友達から相談を受けているシチュエーション」、これを想像してブログ記事を書きましょう。

POINT③ ✅読者を引き付けるオープニングか?

もう一度言いますが、人は自分にしか興味がない生き物です。人は自分の利益にならないことは、一切、聞かないし、読もうとしません。そういう生き物なのです。

35303636 - pretty student sleeps instead of learningですから、記事の冒頭でしっかりと、「あなたの役に立つことを書いていますよ」ということを書かないと、続きを読んでもらうことはできません。この記事を読むことによって、「あなたにとってこんないいことがありますよ」ということを暗示させる必要があるのです。これは明るい未来を見せてあげることです。

これとは逆に、暗い未来を見せることも非常に有効です。

例えば、「○○○しないと、こんな悪いことが起きます。」というように。読まないことで、こんなとんでもないことが起きるという恐怖を与えるのです。文章のオープニングは、人の感情に訴えるものである必要があります。なぜなら、それが一番人を惹きつけ、読む気にさせるものだからです。

  • 何これ?
  • おもしろそう!
  • なんか、興味がそそられる・・・
  • 儲かりそう・・・
  • これは怖い・・・

ターゲットの感情が動かされるようなオープニングにしましょう。先ほどののエクササイズで言うと、カフェで友達が「何それ!続き聞かせてよ!」と前のめりになって聞きたがるようなオープニングにするということです。

POINT④ ✅タイトルと見出しは魅力的か?

53128673 - two hilarious bicyclists involved in a contestPOINT③でもお話ししましたが、話の掴みはとても大事です。検索をしてページにたどり着くまでのことを考えてもらいたいのですが、そのページを見るかどうかは、タイトルで決めると思います。つまり、タイトル次第で読むか読まないかが決まるのです。

また、読む集中力は限りなく低い状況ですから、タイトルに興味があって、ページを開いてくれたとして、ざっと見出しを読んで閉じてしまうということも多くあります。

そして、見出しを見て、自分の求めているようなものであれば、そこで初めて読み込む。振り返ってみると、あなたもそんな読み方をしていませんか?

見出ししか読まない人も存在するのです。ですから、見出しだけでも記事の内容がある程度把握できるようにしておく必要があります。そのためにも、記事を書く前は、見出しを並べ、どういう記事構成にしようかアウトラインを作成してから、記事を書く習慣をつけましょう。

そして、タイトル、見出しは、ターゲットが抱く悩みを解決する最高にフィットしたものにしましょう。それが、クリック率を上げ、離脱率を下げ、満足度を上げるのです。

タイトル

9149653 - newspaper clippings of bad news headlinesタイトルは、ターゲットが抱く悩みを解決するタイトルでかつ記事の内容と一致するものにしましょう。最終的に読者を満足させることが記事の目的ですから、タイトルに惹かれて見にきたけど、内容は全然違うものだったとすれば、長期的にはどちらも得をしません。

では、ここでタイトルをつける際に、私が意識している7つのパターンを簡単に事例を交えてご紹介しましょう。

自分の得になること
  • たった5分でわかる___
  • どのようにして、私は___することができたのか?
  • 誰でも簡単!___
  • こんな___な私でもできる
損する恐怖、失う恐怖
  • あなたは、こんな間違いしていませんか?
  • 絶対に___してはいけない___とは?
  • 絶対に___はするな!
  • 知らないとヤバイ!___
  • 要注意!
具体性もたせること
  • _つの方法
  • たった_分でわかる
  • _つのポイント
  • _つのパターン
ニュース性を持たせること
  • ___をご紹介します!
  • さあ!___
  • ついに___
まとめ感を出すこと
  • 完全保存版!
  • ___のまとめ
  • 【まとめ】___
好奇心を刺激する
  • ___。その理由は・・・
  • なぜ、___なのか?
  • ___と___、あなたはどっちですか?
  • もし、___なら、___
  • 誰も教えてくれない___
  • Google、マッキンゼーが実践している___
緊急性
  • 今すぐやるべき!___
  • クリスマス間近!___

以上、魅力的なタイトルをつけるための7つのパターンをお伝えしてきました。最終的なタイトルの選定は、

  • 検索表示されたら、クリックしたくなるか?
  • FacebookやTwitterで流れてきたらどうか?

という視点で考えてみましょう。

見出し

「見出し」は、文章の塊を端的に表現したもの。この見出しを有効に使えるかどうかが、ちゃんと記事を読んでもらえるかどうかに大きく関わってきます。

40380949_mちょっと想像してください。あなたは、これから森の中に入ろうとしています。見出しは、その道の先々にある標識の役目をしています。標識があれば、どこへ道が繋がっているのかわかるので、ストレスが少ないですし、集中力も増すでしょう。

しかし、もし、標識がないとどうでしょう?

ストレスが途端に増え、「この道はどこへ向かっているのだろう?」「最終的にどこへ行くのだろう?」そんな不安を覚えると思います。不安で足を止めてしまうかもしれません。

これまで、散々お伝えしてきたとおり、Webページを読む読者の集中力は極端に低い。だからこそ、読者にストレスを与えたらそこで終わりです。ウィンドウを閉じて、もうその読者は二度と戻ってきてくれません。

読む集中力を維持する見出しは、非常に重要な要素なのです。

POINT⑤ ✅1記事1アイディアになっているか?

17196023 - photo of light bulb on black主張したいことは、1つの記事で、1つに限定しましょう。

記事を書いて、調子が上がってくると、いろんなアイディアが湧き出てきて、どれもこれも載せたいと思いが出てきます。その気持ちはわかりますが、1つの記事にたくさんのアイディアを入れても読者は混乱してしまいます。

人は、混乱すると行動できません。あくまでも記事の目的は、読者の悩みを解決することです。つまり、問題解決の糸口を与えてあげて行動してもらうことにあるのです。

「読者の悩み」、これを最も効果的に解決する方法は何か?

これが、とるべきアプローチであって、決して書きたいから書くのではないのです。別のアイディアが湧き出てきたら、それは別記事にしてあげて、関連記事としてリンクを貼ることです。

POINT⑥ ✅コンテンツは魅力的か?

客観的に記事を読んでみて、自分が「面白い」、「やってみたい」、「共感できる」というものになっているか?ということです。

21034787_mコンテンツは、問題解決への深い周辺知識、そして、自身の独自の経験や体験を通したものにしましょう。

自分の経験、体験だと、オリジナリティが出ますし、同じ苦しみを持っている人に共感されることができます。自分のキャラクターが表現され、愛着を持ってもらうことができます。それが、ブランド化、ファン化に繋がるのです。

読者の中で、ただの役立ち情報を提供する人ではない、愛すべきキャラクターが自然と出来上がるのです。

POINT⑦ ✅画像は適切に入れているか?

46641486_m読者もテキストばっかりの記事では読む気も起きないでしょう。

テキストばかりではなく、わかりやすい画像や表を挿入して上げることで、集中力を持続させ、離脱率を下げることができます。私自身は、1000文字に1画像程度を意識していますが、あくまでも目安であり、実際には、スマートフォンでスクロールしてみてどう見えているかを確認してみましょう。

POINT⑧ ✅関連記事のリンクを入れているか?

読者の悩みが深く、ジャンルが広範囲に及ぶとき、1つの記事では収まりきらないことがあります。その場合、関連記事を見ることができるように、記事の途中で、リンクを貼っておきましょう。

しかし、これはあくまでも「自分が見てもらいたいから」ではなく、「問題を最も効率的に解決してもらう」ためです。他の記事を読んでもらうことができれば、読者の満足度も上がりますし、離脱率が低下することで、Googleの評価も高くなります。

POINT⑨ ✅よりわかりやすく、具体的に説明できるところはないか?

49611174_m自分は、悩みを解決するための記事を書いているくらいですから、一種の専門家です。その記事を書くための知識もあるし、経験もある状態です。ですから、用語や感覚が読者と少し離れている可能性があります。

読者にわからない専門用語を多用していないか、絶えずチェックする必要があるのです。

もちろん、ターゲットがコアなファンであればいいのですが、まったくわからない初心者向けのハウツーなのであれば、専門用語や業界用語は、多くの場合、ストレスを感じてしまうでしょう。

ここで、もう一度想像してみてください。52464390 - barista cafe making coffee preparation service concept

「カフェで友達にどういう言葉で会話しますか?」

これを思い出して、できるだけわかりやすいように表現してみましょう。

POINT⑩ ✅最後に行動喚起をしているか?

記事の最後は、

  1. この記事の目的
  2. この記事のまとめ
  3. この記事で行動してもらいたいこと

この3つで締めくくりましょう。重要なのが、行動に移してもらうことです。そのためにも、読者が何をすべきかしっかりと主張しましょう。

  • 商品を買えばいいのか?
  • SNSでシェアすればいいのか?
  • メールマガジンに登録すればいいのか?

それをしっかりと言語化しましょう。17855840 - subscribe to newsletter web form with blue letter

  • 記事の目的はなんだろう?
  • 読者にこの記事を読んでもらい何をしてもらいたいだろうか?

これを最初に明確にしておきましょう。「言わなくても、わかる」それは、書き手の驕りです。

  • 買ってもらいたいのか?
  • シェアしてもらいたいのか?
  • メルマガに登録してもらいたいのか?

「どれでもいいから、やって欲しい」ではダメです。人の集中力は低い状態であり、混乱すれば行動できないということを思い出しましょう。

3.チェックのタイミングは?

さて、10のチェックポイントを紹介してきました。では、このチェックはいつすべきなのでしょう?

私は、このチェックリストは、次の3回に分けてチェックするべきだと思っています。

  • 書く前にチェック
  • 一度書き終わったらチェック
  • そして、次の日にもう一度チェック

45965410 - hand with pen over application form重要なのが、書いてから1日置くこと。1日置くことで冷静になれるし、客観的になることができます。どうしても、書いた直後だと意識が引っ張られてしまい、冷静に推敲できません。

4.まとめ

  • 「人をいかに惹きつけるか」、「人の悩みを解決するコンテンツ」、この2つの背景を押さえた上で、ブログ記事を作成すること。
  • 読まれる記事にするための10のチェックリスト

POINT① ✅ターゲットと目的を明確にできているか?
POINT② ✅相手とのコミュニケーションを意識できているか?
POINT③ ✅読者を引き付けるオープニングか?
POINT④ ✅タイトルと見出しは魅力的か?
POINT⑤ ✅1記事1アイディアになっているか?
POINT⑥ ✅コンテンツは魅力的か?
POINT⑦ ✅画像は適切に入れているか?
POINT⑧ ✅関連記事のリンクを入れているか?
POINT⑨ ✅よりわかりやすく、具体的に説明できるところはないか?
POINT⑩ ✅最後に行動喚起をしているか?

  • チェックリストは、「書く前にチェック」、「一度書き終わったらチェック」、「そして、次の日にもう一度チェック」の3回に分けてチェックするべき。

5.最後に

さて、これまで10個のチェックポイントを紹介してきました。

実は、まだ伝えていないことが一つあります。しかも、それはこれまでの10個のポイントよりも重要なこと。それは・・・57106146 - hand writing in notebook with pen and paper balls

ターゲット、その記事に対して、「熱量があるかどうか」です。記事に対する熱量がなければ、どうしてもいい記事を書くことはできません。

  • いかに読者の役に立つために事前に準備をするか
  • いかにわかりやすい記事を書くか

その労力は、熱量に比例するからです。

もし、あなたがラブレターや感動する手紙をもらったことがあるなら、思い浮かべてみてください。感動する文章は、別に特別なテクニックが使われているわけではありません。

ただ、書き手の本気度、つまり熱量を感じられたかどうかです。

ましてや、ブログは不特定多数に見せるためのもの。書き手に実際の熱を感じ、いかにリアルに感じられるかどうかが大切なのです。

もちろん、ただ熱量を持って記事を書け!と言われても、難しいかもしれません。だからこそ、「誰に」「何を書きたいのか?」というのは、まずは、最初に自分にすべき問いなのです。

つまり、自分が思いっきり熱量を持てるターゲットと伝えたい内容をしっかりと考えた上で、記事を書くことが実は最も大切なことのです。

少し長くなってしまいましたが、あなたのブログの参考にしてもらえたらと思います。

なぜ、いくら勉強しても
あなたの現実は
何も変わらないのか?
そのたった一つの理由
理想の収入、ライフスタイル・・・
自分の望みを本気で達成したい
心から望み、勉強しているのに、
現実は何も変わらない・・・
続きはこちら

関連記事

  1. 51496675_m

    オウンドメディアとは?今すぐあなたがオウンドメディアを制作すべき理由

  2. 66598330 - young laid off manager sitting down with a carton

    サラリーマン辞めたい?辞める前に僕があなたに伝えておきたい5つのこと

  3. 46070709 - smiling young man using digital tablet in the office

    なぜ、サラリーマンが副業でオウンドメディアを制作すべきなのか?その6つの理由とは!?

  4. 67861653 - student computer learning education insight concept

    あなたがインターネットビジネスで成功するために意識すべき2つのコト

  5. 47817346 - desperate buinessman

    ブログ初心者のほぼ100%が陥る深刻な2つのメンタルブロック

  6. 51726059 - high angle view of tired businesswoman relaxing on chair

    ブログ記事を外注するリスクと自分で記事を量産するために意識すべき3つのこと

  7. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

    ブログに書くネタがない?面白い記事を大量に作成する方法

  8. 56395030_m

    読まれるブログ記事の書き方とは?Webライティングの7つのコツ

  9. 46622396_m

    人気ブロガーになるには?リーダーとなるための7つの条件

PAGE TOP