注目の記事 PICK UP!

読まれるブログ記事の書き方とは?Webライティングの7つのコツ

56395030_m

どうすれば、読みやすい文章が書けるようになるんだろう・・・

これは、ブログを運営している人であれば、誰もが悩むことです。

  • 書きたいことがたくさんありすぎて、まとまらない・・・
  • 言いたいことがなかなか伝わらない・・・
  • わかりやすく、読みやすい文章はどうしたら書けるようになるんだろう?
  • ブログの直帰率が高く、ページ/セッションも低い・・・どうしたら、読み込まれるんだろう?

ライターとして活動している人や自社メディアを運営していている人で、このような悩みを抱いている方も多いかと思います。原因としては、

  • 読みやすい文章を書くテクニックを知らない
  • ライター自身のライティングスキルが足りていない

ということが挙げられるかと思います。

そこで、この記事では、読まれるブログ記事の書き方として「Webライティングの7つのコツ」をご紹介していきます。

Webで読まれやすい文章テクニックというものがあります。

Web上の記事が読まれる背景として、読む人の集中力が極端に低いということがあります。これは、あなた自身も感覚的に理解できるかと思いますが、ネットで記事を読むとき、SNSで流れてきたメッセージを読むとき、メールを読むとき、集中して読もうと思うことがほとんどありません。

読もうとして、読むことがないわけですから、少しでも読みにくいと感じたらすぐに読むのをやめてしまうでしょう。

だからこそ、Web上の記事は、読み手の興味、関心、注意を引き、最後までグイグイと読ませるライティングスキルと文章テクニックが、必要となるのです。

この記事で紹介している「Webライティングの7つのコツ」をあなたのブログで実践してもらえれば、読み手があなたの記事を読んでもらえるようになり、あなたのブログの目的が達成されるでしょう。

あなたのブログの目的は何でしょうか?

  • 自分の商品・サービスの販売に繋げることでしょうか?
  • それとも、ファンになってもらい、自分自身や商品・サービスのブランディングをすることでしょうか?

いずれにしても、読み手にとって、読みやすく理解しやすくなれば、満足度はアップし、ブログの目的は達成しやすくなります。つまり、自社の商品・サービスの売り上げが上がり、自分自身のブランディングも容易になるということです。

逆に、あなたのブログの記事が読みにくく、理解しくいものなのであれば、当然、読者の満足度を高めることはできません。

ブログの記事に対して、多くの時間と労力をかけても読まれないとすれば、あなたのモチベーションは大きく下がるでしょう。そして、最終的に、ブログは労力対効果が見合わないと、辞めてしまう可能性もあります。

ここで紹介している「Webライティングの7つのコツ」は、言葉尻だけをいじるような 小手先のテクニックではありません。人の感情に沿った本質的なライティングテクニックを紹介しています。

ぜひ、あなたのブログ運営の参考になればと思います。では、さっそくいきましょう。

1.Webライティングの7つのコツ

44131230_m読まれる記事の書き方として、次の7つのテクニックがあります。

  • Technique1 6つの構成を意識すること
  • Technique2 何者かというストーリーを語ること
  • Technique3 タイトルと見出しを魅力的にすること
  • Technique4 重要なことは繰り返すこと
  • Technique5 途中でまとめること
  • Technique6 例を出して理解しやすくしてあげること
  • Technique7 対話を意識すること

それでは一つ一つ見ていきましょう。

Technique1 6つの構成を意識すること

まず、最初に記事の構成についてです。

ご紹介する6つの構成を理解するために、「AIDAの公式」というものからご説明します。

1-1-1 AIDAの公式

セールスレターには、昔から公式というものがあります。公式とは、「構成要素」であり、「流れ」であり、「型」です。その公式の中でも特に有名なものに”AIDAの公式”というものがあります。

このAIDAの公式とは、

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Desire(欲求)
  • Action(行動)

の頭文字をとって、AIDAの公式と呼ばれます。実際には、この公式は、説得(Persuasion)が加わって、AIDPAとされることが多いです。

まず、人の注意(Attention)を引き付け、次に相手に興味(Interest)を持ってもらい、それから商品への欲求(Desire)を促します。そして、最後に説得(Persuasion)して行動(Action)へと移ってもらうというものです。

この流れは、人間の心理の流れに沿ったもので、すべての要素が含まれていることが望ましいとされています。

まずは、冒頭で読み手の注意を引いて読む気にさせます。そして、説明をし、細かな描写をすることで、商品を想像させ興味を持たせ、商品を手に入れることによって得られるベネフィットを並び立てて、欲求を呼び起こし、説得によって、自分がまさに欲しいモノであったと理由付けされ、そして買わない要素を消していき、確実に買う行動を促すように伝える。

確かに、人間の購買心理に沿った、納得感のある流れだと思いませんか?

次に、効果的に人に伝えるための「6つの構成」をご紹介します。これは、このAIDAの公式に反するものではなく、AIDAの公式の要素含みながら、私なりに解釈したものと捉えていただければと思います。

1-1-2 効果的に伝えるための「6つの構成」

21297411 - vector illustration of white paper infographics template design.では、説明していきたいと思います。

この「6つの構成」は、いわばテンプレートです。このテンプレートに従って、全体を構成していくとスムーズに人に伝えることができます。

これは、ブログ記事はもちろん、セールス、プレゼン、セミナーなど、人に伝えることについて、応用が利く万能の型です。

次の6つの構成で成り立っています。

  • ① Attention(注意)
  • ② Drow(引き込み)
  • ③ Empathy(共感)
  • ④ Benefit(利益)
  • ⑤ How to(方法)
  • ⑥ Action(行動)

この流れを意識し、構成していくことで、わかりやすく、スムーズに伝えることができます。ブログ記事を前提に、詳しく一つ一つ見ていきましょう。

① Attention(注意)

世の中にはあらゆるモノや情報に溢れています。その中からあなたのメッセージを見たり、聞いたりしてもらう必要があるのです。ですから、まず、最初に自分の話に注目してもらう必要があります。

人に伝えるにしても、まずは、認識してもらわなければ、何も始まりません。どんなにあなたのメッセージが素晴らしくても、相手が読まなければ、そこで終わりです。

ですから、人に何かを伝えるためには、まずは認識してもらうことが必要です。人の興味、関心、注意を引くためには、

  • 魅力的なタイトル
  • 魅力的な画像

によって、「他となんか違う」と思ってもらう必要があります。そうすることで、やっとあなたの話を聞いてもらうことができるのです。

魅力的なタイトルをつけるときに意識すべきなのが、読んだ人にとって『読むことによって、何が得られるのか』という具体的な効果を示すことです。これは、注意を引くだけではなく、次にご紹介する「引き込み」の効果もあります。

人は自分の役に立つと思うものしか読もうとしません。ですから、読むメリットが十分あるのだと、まずは認識してもらう必要があるのです。

② Drow(引き込み)

15662442 - fashionable man surprising while using a laptop computer相手がこちらを認識したら、一気にこちらの世界に引き込みます。

読み手の集中力は低く、序盤で引き込まなければ、すぐに他へ行っています。興味を持ってもらえたら、いち早くこちらの世界に引き込む必要があるのです。特にネットであれば、クローズボタンを押されたらそこで終了です。

この引き込みには、

  • ストーリーを語る
  • 読み手の頭にある不安、悩み、恐怖を言語化する

こういったものが有効です。

人はストーリーが大好きです。ストーリーを語ることで、簡単に引き込むことができます。また、このストーリーは興味を引くことができるだけでなく、次にご紹介する「共感」も得られやすく、スムーズな展開をすることができます。過去の自分の失敗ストーリーなどが非常に使いやすいでしょう。

また、人は、不安、悩み、恐怖を抱きながら生きています。そこで、導入の部分で、読み手が抱いているモヤモヤとした感情を言語化することで、「まさに自分のための記事」だと認識してもらうことができるのと同時に、この記事は、それについて何らかの解決策を持っていると感じてもらえます。

例えば、

  • あなたはこんなことに悩んでいませんか?
  • こんなことを思っていませんか?
  • こんな不安がありませんか?

というものです。

「あなたはこんな悩みを抱いていませんか?」「将来こんなことが不安ではありませんか?」と言われると、無意識に「それを解決する方法を提示してくれるんだ」と考えます。私たちはこれまでの人生の経験からそう動機付けられているのです。

ですから、読み手のモヤモヤとした感情を言語化することで、「これを読むことが自分にとってメリットがある」と、こちらから言わなくても思ってもらうことができるのです。

③ Empathy(共感)

55222763 - man and woman holding hands closeupこの③Empathy(共感)は、さきほどの②Drow(引き込み)に非常に近くなりますが、「~といった不満を持っていませんか?実は私も過去にこんなことがありました。~」と言われると、「自分と同じような感情」+「自分と同じような経験」から、親近感を持ってもらうことができます。

共感してもらい、親近感を持ってもらうことで、あなたは『対面している人』から、『横に寄り添って同じ風景を見ている人』になります。『そこら辺の誰か』から『仲間』にシフトするのです。

④ Benefit(利益)

人は自分の利益にならないことは行動できません。

少しでも、自分の役に立つ、自分のためになるものでないと、人は行動できませんから、この記事は、”あなたの役に立つものですよ”ということをしっかりと提示する必要があります。

これからする話が相手にどんな利益をもたらすのか、しっかりと言語化してあげる必要があるのです。

ここで注意してもらいたいのですが、紹介するものの特徴、性質、性能を人にいくら説明してもピンときません。なぜなら、聞いている人は、そのモノの特徴、性質、性能の良さを書き手と同じレベルで認識していないからです。

例えば、、、

『自宅で簡単に出来る高濃度炭酸オイルヘッドスパ。○○○という成分を配合していて、頭皮の潤いを保ちながらすっきり、髪を滑らかに洗い上げる濃密泡タイプの頭皮クレンジング&ノンシリコン炭酸シャンプーです。』

これは、商品の特徴、性質を説明しているに過ぎません。

ですから、そこから一歩踏み込んで、

『小さいお子様がいらっしゃると、自分の時間がなかなか取れず、ヘアサロンにもゆっくり行けなかったりしますが、お家に居ながら手軽に本格炭酸オイルヘッドスパができます。髪の毛にツヤが出て、見た目も触り心地も美容院に行った後のような仕上がりになります。』

という風に、ターゲットが実際にその商品を使うことで、どうなるのか?どんな未来が手に入るのかをしっかりとイメージできるように伝える必要があります。人は、実際にイメージできないことに魅力を感じないからです。

⑤ How to(解決策)

相手の注意を引き、話に引き込み、共感し、ベネフィットもしっかりと理解してもらったところで、問題解決の具体的な方法を提示していきます。この部分は、まさにあなたが伝える核心部分となります。

ここで、相手が満足するような、納得できるようなものであれば、次の行動へとスムーズに移すことができます。ですから、最高に面白いもの、役に立つもの、他を圧倒するクオリティを追及しましょう。

逆に、ここで満足させることができなければ、行動に繋がりません。何の意味のないものになってしまいます。

相手の悩みに対して、何が問題となっていて、それを取り除くためにはどうすればいいのか?

そのための唯一の方法、商品、施策を紹介します。そのために、この方法、商品、施策が最もいいんだ、他ではダメなんだということを論理的に証明していく必要があります。

⑥ Action(行動)

48722854 - female running in mountains under sunlight.最終的に相手にどう行動してもらうのかをを示します。ここまで来た相手は、あなたの世界観もベネフィットも具体的な解決方法もわかったという状態です。

あとは、具体的行動としてどうすればいいのか提示してあげさえすればいいのです。

そんなに、「しつこく言わなくてもわかるはず」と思わず、相手にできるだけ、わかりやすく、単純明快に、繰り返し提示してあげることが大切です。

では、ここまでのものを例示してみると、

  1. Attention(注意)→ お客さんの悩みのキーワードを含み、まさに問題を解決するような記事タイトル
  2. Drow(引き込み)→ あなたは、こんなことで悩んでいませんか?
  3. Empathy(共感)→ 私も過去には同じことで悩み、こんなことがありました。
  4. Benefit(利益)→ この記事を読むことで、こんなことが得られるでしょう。それによって、こんなことが実現するでしょう。
  5. How to(解決策)→ 具体的な解決方法の提示
  6. Action(行動)→ 具体的な行動の提示やメルマガ登録フォームなど

この流れは、あらゆる人が伝えるものに応用することができます。そして、この順番が人を説得し、行動させるために一番スムーズな流れになります。

  • 注目してもらい
  • 話に引き込み
  • 共感してもらい
  • 自分にとって利益がある話だと思ってもらい
  • 具体的な問題解決方法を提示し
  • 相手の行動を促す

明確に自分の伝えるべきことを伝えることができ、相手の立場に立った提案を人間の心理変化に沿って行うことができます。チェックリストとしても活用することができます。

Technique2 何者かというストーリーを語ること

46177195_m人が人の話を聞くとき、”話す内容”よりも、”誰が話すか”が重要です。

例えば、「世の中お金ではない」と、年商1000億円の会社の社長が言うのと、ホームレスが言うのでは印象も伝わり方もだいぶ変わるでしょう。

話している内容が論理的で、合理的で、正しいものであるかよりも、”それを語る人間はどんな経歴で、どんな背景があって、どんな人間性を持っている人なのか”が大切だということです。

ですから、自分が何者なのかということをまず相手に伝える必要があります。しかし、それは、決して何年に生まれて、何小学校に入ってというように、生い立ちからすべて話すわけではありません。

たった一つでも人間味があふれるストーリーを語ることです。

あなたもこれまで、失敗したこと、成功したこと、感動したこと、悲しかったこと、怒り狂ったこと、いろいろな経験をしてきたと思います。あなたが表現したい人間性やキャラクター、これが表現されているストーリーを一つ語るだけでいいのです。

  • 初恋のストーリー
  • 自分が大失敗したストーリー
  • おばあちゃん子だったストーリー
  • 身近な人が亡くなるストーリー
  • 最近ほろりときたストーリー
  • 自分の商品でお客さんの悩みを解決したストーリー

人間性が溢れるたった一つのストーリーを語るだけで、あなたが何者なのか、どんな人間性なのかその一端を垣間見ることができます。

ストーリーの威力は絶大です。あなたの体験を読み手が追体験することで、あなたに親近感を持ってもらうことができるし、信頼してもらうことができるのです。

Technique3 タイトルと見出しを魅力的にすること

59829136 - surprised businessman typing on a keyboardタイトルと見出しを魅力的することで、次の3つの効果があります。

  • 注意・関心・興味を引き付ける
  • 構造を理解しやすくなる
  • 読みやすくなる

一つ一つ説明していきましょう。

1-3-1 注意・関心・興味を引き付ける

これはTechnigue1でお伝えしたことです。

タイトルや見出しに自分の得になるような魅力的なキーワードを入れることによって、注意・関心・興味を持ってもらうことができます。私がタイトルや見出しで意識しているのが次の7つのパターンです。

  • 自分の得になること
  • 損する恐怖、失う恐怖
  • 具体性持たせること
  • ニュース性を持たせること
  • まとめ感を出すこと
  • 好奇心を刺激する
  • 緊急性

この7つのパターンについては、次の記事で紹介しています。

1-3-2 構造を理解しやすくなる

例えば、「これから重要な3つの方法をお伝えします。」と言って、

  1. ○○○
  2. △△△
  3. ◇◇◇

このように、3つに分けて説明すると、構造的に理解しやすいと思います。

読み手がWeb上の記事を読むときは、非常に集中力が低い状態です。ですから、見出しだけしか読まない人も結構います。見出しだけで書いている内容が大まかに分かるようにしておくことで、離脱率を下げ、満足度を上げることがになります。

1-3-3 読みやすくなる

人は、暗闇を恐れます。それは、先が見えずこの先どうなるのかわからず、不安になるからです。これは、文章を読む時にも同じことで、どんな話をするのかが事前にわからなければ、不安や不快感を抱きます。

例えば、次にこういう話をしますということを事前に話をしておくことで、「ああ、それに向かってこれからその根拠とか例示をしていくわけね」というように話を聞く心の準備をすることができます。

そして、重要な話をするときは、「これから重要な3つの方法をお伝えします。」とか「ここ重要なのでしっかりと聞いてくださいね。」とか、前もって伝えることで、話に注目してもらうことができます。

何度も言うようですが、人は他人の話に興味がありません。あなたに興味がないとか、嫌いだとかではなく、そもそも人はそういう性質があるのです。ですから、最初に「これから重要な話しをしますからちゃんと聞いてくださいね」という暗黙の忠告をするのです。これで相手は話を聞く準備ができます。

また、最終目標をわかってもらうことで、理解度が上がります。これから話すべき内容の要約をあらかじめ相手に知らせることで、その後の話の展開を予測させ、読むストレスを軽減させると同時に理解度も向上させることができます。

Technique4 重要なことは繰り返すこと

67424955 - business colleagues talking during break and working人は忘れる生き物です。人から聞いた話なんてすぐに忘れてしまいます。

ですから、

  • 重要なことは繰り返し伝えること
  • 同じことを角度を変えて伝えること

が大切です。

自分と同じ知識を相手も同じレベルで持っていると思うのは間違いです。

自分が話す内容は、自分が一番わかっています。聞き手は、初めて聞く話である可能性もありますから、そうなると、一度聞いただけでは頭には入らないでしょう。

自分の知識、常識を前提にしないことです。あくまでも、聞き手の立場になって伝えましょう。

Technique5 途中でまとめること

繰り返しになりますが、人は忘れる生き物です。ましてや、話が長ければ、「あれ?何の話しているんだっけ?」となることはよくある話です。

だからこそ、途中でまとめてあげて、「ここまでこういう話をしてきました」、「今、全体から見ると、ここの部分の話ですよ」ということを改めて伝えなければいけません。

まとめを途中途中に入れてあげて、話の最後にも「要するにこういう話でした」と結んであげることで、聞き手の理解が高まるのはもちろん、コンテンツとしてもまとまりのあるものになります。

Technique6 例を出して理解しやすくしてあげること

具体的な例を出すことで、人に伝わりやすくなります。

「例えば、」というようにかみ砕いて、相手がイメージしやすいようにしてあげるのです。抽象的でイメージできないものであれば、人は興味を持つことができません。そして、例え読んだとしてもストレスがたまるものです。

しかし、自分にイメージもできて、役に立つ話だとわかれば、ぐっと興味も湧いてくるし、しっかりと聞こうという姿勢になります。

「例えば~」と例示することに加え、

  • 数字やデータ
  • お客さんの声

このようなことも、より具体的にイメージすることができると同時に、信憑性が増し、説得力が増します。

特に強力なのがお客様の声。「使う前はどうで、使った感じはどうで、使った後はこうなった」ということが具体的に表現できますから、自分が実際に体験したようにイメージができ、説得力が急激に上がります。

Technique7 対話を意識すること

68196318 - business colleagues on a break in cafeちょっと、想像してみてください。

自分の言いたいことを一方的に話す人の話をあなたは聞きたいと思いますか?

仲のいい友人や家族であれば、聞くかもしれませんが、何の関係性を作れていない他人であれば、まったく聞く気は起きないでしょう。

例えば、飛び込み営業で来た人の商品をいきなり購入するでしょうか?

おそらくしないでしょう。このように想像してみると、当たり前のように感じるかもしれませんが、この飛び込み営業と同じようなことが、ブログ記事ではよく起きています。

ブログの目的は、セールスであったり、ブランディングであったり、さまざまありますが、一言で言うと、こちらの意図をいかに正しく伝え、相手の興味を引き出し、「それいいね」と言ってもらうことにあります。

つまり、相手に一方的に主張することは、決して目的達成に繋がらないということです。単に自分の主張をするだけではなく、最終的に相手の心を動かし、反応してもらい、行動してもらう必要があるのです。

具体的にどうすべきなのでしょうか?

それは、読者との”対話”を意識することです。

・読者はどんな人で
・読者はどんなことに興味を持っていて
・読者は何に悩んでいるのか

これらを考え、カフェで親友と会話をするように情報を発信するのです。

つまり、しっかりとターゲッティングした上で、相手の感情を感じ、会話をしているように丁寧に伝えることです。何か役に立つ情報を発信しているブログであれば、その情報を知りたいと思って、自分に質問してきた人に対して、親友など大切な人から相談されているイメージで、

  • 何に悩んでいるのか?
  • なぜ、それが解決されていないのか?
  • 何が一番の障害となっているのか?

これらをしっかりと考えた上で、実際に対面で伝えるような言葉で文章を書くのです。

2.人は読まないし、信じないし、行動しない

36091120 - european-looking male covering his ears with hands brunetコピーライティングには「3つのNOT」というものがあります。

  • Not Read 読まない
  • Not Believe 信じない
  • Not Act 行動しない

これは、何もコピーライティングだけではなく、人のコミュニケーションにおける壁です。

人は他人が書いた文章(話すこと)に、基本的にまったく興味がありません。一文字も読みたくないのです。これがNot Readです。

Not Readを乗り越えたとしても・・・つまり、読んでもらったとして、人はそれを信じません。これがNot Believeです。

Not Readを乗り越え、Not Believeを乗り越えたとしても・・・つまり、書いてあることを信じたとして、人は行動しません。これがNot Actです。

「この3つのNOTをいかに乗り越えるか」、これが、読み手から反応を得るための重要なマインドセットになります。

・あなたの話を聞かないし
・あなたを信じないし
・行動しない

人はそういうモノだということです。

だからこそ、行動をしてもらうことを目的とする私たちは、これらの壁をいかに越えていくのか、これを突き詰めていく必要があるのです。

最初のほうでお話しした「Technique1 6つの構成」を思い出してください。実は、この構成は、この3つのNOTの壁を乗り越えるような流れになっています。

Attention(注意)、Drow(引き込み)、Empathy(共感)、Benefit(利益)で言葉を尽くし、Not Readの壁を越えてもらい、How to(解決策)で論理性、客観性をしっかりと表現することでNot Believeの壁を越えてもらい、最後にしっかりと行動を促すことで、Not Actの壁を越えてもらうという流れです。

どれが一つ抜けていても、この3つの壁を突破することはできません。一つずつしっかりと壁を突破するように、最後の行動に繋げられるように言葉を尽くしましょう。

3.まとめ

さて、Webライティングの7つのコツとして、

  • Technique1 6つの構成を意識すること
  • Technique2 何者かというストーリーを語ること
  • Technique3 タイトルと見出しを魅力的にすること
  • Technique4 重要なことは繰り返すこと
  • Technique5 途中でまとめること
  • Technique6 例を出して理解しやすくしてあげること
  • Technique7 対話を意識すること

の7つのテクニックをご紹介してきました。

なぜ、これらのテクニックが重要なのかというと、

・あなたの話を聞かないし
・あなたを信じないし
・行動しない

人はこういった性質を生まれながらに持っているからです。

これらのテクニックは、”人と人のコミュニケーションの壁を乗り越えるもの”です。このマインドセットを忘れず、あなたなりの伝え方をぜひ追求してみてください。

4.エクササイズ

エクササイズ1

あなたの記事は、どんな構成になっていますか?「Technique1 6つの構成」に当てはめて分析してください。

エクササイズ2

あなたの記事は、7つのテクニックのうちどれが使われているでしょうか?もし、あなたのブログでも使えそうなテクニックであれば、どう使えるのかを考えてみてください。

関連記事

  1. 51496675_m

    オウンドメディアとは?今すぐあなたがオウンドメディアを制作すべき理由

  2. 46622396_m

    人気ブロガーになるには?リーダーとなるための7つの条件

  3. 47817346 - desperate buinessman

    ブログ初心者のほぼ100%が陥る深刻な2つのメンタルブロック

  4. 67861653 - student computer learning education insight concept

    あなたがインターネットビジネスで成功するために意識すべき2つのコト

  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

    【保存版】ブログ初心者のための読まれる記事の書き方!10のチェックポイント

  6. 51726059 - high angle view of tired businesswoman relaxing on chair

    ブログ記事を外注するリスクと自分で記事を量産するために意識すべき3つのこと

  7. 66598330 - young laid off manager sitting down with a carton

    サラリーマン辞めたい?辞める前に僕があなたに伝えておきたい5つのこと

  8. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

    ブログに書くネタがない?面白い記事を大量に作成する方法

  9. 46070709 - smiling young man using digital tablet in the office

    なぜ、サラリーマンが副業でオウンドメディアを制作すべきなのか?その6つの理由とは!?

最近の記事

  1. 56395030_m
  2. 46992579 - jobs employment career occupation application concept
  3. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  4. 30176713 - man run inside of 3d tunnell
  5. 31776890_m

BUSINESS 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  2. 52462337 - idea ideas imagination innovation strategy vision concept
  3. 56395030_m
  4. 51496675_m
  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

GROWTH 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 65499350_m
  2. 38531910 - two agressive businessmen fighting in the office
  3. Businesswoman in a break from work
  4. 51918802_m
  5. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

FX 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman
  2. Thinking Child
  3. 21803165 - businessman relaxing
  4. A young discoverer
PAGE TOP