98044216

最高の結果をもたらす目標設定の方法

目標達成において、「目標を何に設定するか?」はとても大切なことです。

目標が変われば、そのための手段、方法は全く違ったものになるからです。

多くの人は、単純に自分が思う達成したい未来を目標に設定してしまいがちです。

自分が達成したい未来をそのまま目標に設定すること。これは一見、正しいように思えますが、実は非常に危険なことなのです。

ここでは、達成したい未来を単純に目標に設定することがなぜ危険なのか?その理由と、正しい目標設定の仕方についてお伝えしていきます。

もし、あなたが何かしら達成したいと思っているのであれば、参考になるはずです。ぜひ、最後までお付き合いください。

目標設定とは何か?

まず、そもそも「目標設定とは何なのか?」というところから始めていきましょう。

目標設定とは、一言で言うと、あなたが進むべきゴールを設定することです。ゴールというのは、あなたの望むモノ、望む未来、望む結果です。

目標達成は、目標を設定し、行動し、その結果として達成されるというプロセスです。ですから、目標設定次第で、行動の内容も得られる結果も変わってきます。

もし、目標設定がズレたものであれば、いくらあなたががんばっても、望む結果は得られません。

目標設定は、案外軽視されがちですが、目標達成のために実はとても大切なことなのです。

そして、目標の設定次第では、あなたが想定した以上の結果を手に入れることも可能になります。

目標設定のパラダイムシフト

目標設定の際に大切なのは、単純な望みを満たすことだけを考えて目標設定しないことです。

もっと踏み込んで言うと、

直接的な望みを満たすのではなく、それを手に入れるためのスキル習得を目標とする

この発想を持つことです。

例えば、あなたが3億円欲しいとします。3億円を手に入れることが直接的な望みであり、これを満たすために手段を考えるわけです。

ここで言っているのは、単純に3億円を手に入れることを目標とせずに、”3億円を手に入れるためのスキルを身に付ける”これを目標にするということです。

目標設定によって得られる未来は変わる

設定した目標が変われば、手段も得られる結果も変わります。

3億円をあなたならどうやって手に入れようとするでしょう?一番手っ取り早いのは、宝くじでしょうか?

3億円が手に入ればいいわけですから、その手段はどんな方法でもいいわけです。

この場合、もし、運よく宝くじが当たっても、得られるのは3億円の現金のみです。お金を稼ぐスキルがないまま、莫大なお金を手に入れることになります。

3億円を手に入れるという当初の目標達成はできますが、人生における資産曲線は、そこが頂点となります。

資産を増やすスキルも知識もないまま、見合わない莫大なお金がある状態です。その後は、口座からお金を引き出して資産を減らすことしかできません。

資産は減っていくだけですが、自分はお金があるという意識だけはありますから、生活レベルを下げることはできないでしょう。

これが、宝くじが当たって破産する典型的なパターンです。お金を稼ぎだすスキルを持たないまま、お金だけ手に入るとほとんどの場合、破産します。

これに対し、

”3億円を手に入れる”という目標を、”5年後に3億円稼ぐビジネススキルを身に付ける”

この目標にシフトするとどうでしょう?

スキルを身に付けてしまえば、社会環境が急激に変化しない限り、それは永久になくなることはありません。継続的に稼ぎ続けることができます。

もし、日本経済がインフレになったとしても、常にその時代の貨幣価値で収入を得ることができますから、経済環境の変化にも強いでしょう。

そして、スキルアップすることで、資産が増え、増えた資金をスキルアップに投資し、さらに資産を増やすことができるという正のスパイラルが起きます。

うまくいけば、望む以上の収入を得ることだってできるかもしれません。

これは、単純に3億円手に入れるという単純な目標では得られない全く違う未来です。

”目標を達成するためのスキルを身に付ける”

これを言い換えると、”スキルにフォーカスする”と表現することもできるでしょう。

この視点を持つことができれば、あなたの望むもの以上の結果や未来が手に入ります。

自分が今望むもの(未来)を手に入れるために必要なスキル、能力とは何か?

この視点が目標設定にはとても大切なのです。

スキルにフォーカスすることで得られる2つの効果

この視点を持つことで得られる効果は、大きくわけて次の2つあります。

効果1 スキルが手に入る

スキルを手に入れれば、望むものは手に入るし、それはずっと自分の中に残ります。

例えば、出世のためビジネススキルを徹底的に磨いていれば、突然会社が倒産したとしても、それまで培ってきたスキルは残ります。そのスキルを使って、転職なり起業すればいいのです。

上司に媚びを売ることに注力していたら、倒産によってまた振り出しに戻ることになります。

効果2 副次的効果がある

スキルを身に付けることは、自分の生活に波及効果をもたらします。

例えば、ビジネススキルの一部であるコミュニケーションスキルや営業スキルは、単に出世にプラスに働くだけではなく、家族関係、友達関係、あなたのあらゆる人間関係に対してプラスに働くはずです。

人間関係が良好になり、家族や友達の間でもあなたの評価が高くなるという副次的効果を生みます。

繰り返しになりますが、「目標を達成するためのスキルを身に付ける」この視点を持つことで、単なる目先の望み以上の結果を何度でも手に入れることができます。

ぜひ、「自分の望みを達成するためにはどんなスキルが必要なのか?」この問いを自分にしてみてください。

まとめ

では、これまでの内容をまとめます。

  • 直接的な望みを満たそうとするのではなく、手に入れるためのスキルを身に付けることを目標とする。
  • スキルを身に付けてしまえば、何度でも望む結果を手に入れることができる。
  • 汎用性が高いスキルであれば、日々の生活に波及し、あらゆる人間関係に対してプラスに働く。

あなたの目標を達成するために、望むライフスタイルを実現するためには、どんなスキルを身に付けるべきでしょうか?

これが決まれば、自然と手段は決まります。そして、1日のうちどの時間にやるかを考えるのです。そして、その時間をひたすらそのスキル習得に使う。

これで、あなたは確実に目標へと近づくことになります。あなたが習得すべきスキルは何なのか?ぜひ、時間をとって考えてみてください。

98044216
最新情報をチェックしよう!