注目の記事 PICK UP!

成功者が「目標達成」を連発できるワケ

31278193_m

いつになったら、この現実は変わるんだろう?

「成功したい!」と成功法則、成功哲学の本を読んでいるいるけど、なかなか現実は変わらない・・・

いつになっても変わることができない苛立ちや焦りを抱き、将来に希望を持つことができず、自信を持つことができない・・・

なぜ、こんなに勉強しているのに自分は変われないのか・・・そんな自己嫌悪に陥ってしまってはいませんか?

世間で言われている成功者は、自分の立てた目標を一つずつ達成してきたからこそ、人が羨むような成功を手にすることができました。

この記事では、「なぜ、成功法則や成功哲学を学んでも何も変わらないのか?」その根本的な理由と、目標達成をもっと早く効率的に成し遂げるために大切な「5つのマインドセット」を紹介しながら、「成功者はなぜ、いとも簡単に目標達成できるのか?」その理由について、一緒に考えていきたいと思います。

目標達成の障害となっている根本的な原因を理解し、「5つのマインドセット」を意識して行動してもらうことで、自分に確固たる自信を持つことができるようになるでしょう。31386285_m

そうなることで、希望を持って前向きに生きることができ、毎日を楽しく生きることができます。自信を持っているように見られるようになりますし、
自分自身を好きになることができます。そして、当然ながら、目標達成も容易にできるようになります。

逆に、このマインドセットがなければ、勉強しても勉強しても変わらず、自己嫌悪に陥ってしまったり、目標達成のための行動をやめてしまい、結局、何も変わらず今までと同じ生活を続けることなってしまうでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください。

目標達成できない2つの原因

16827195 - portrait of a man with fist and eyes closed on black backgroundでは、さっそくですが、「なぜ、成功法則・成功哲学を学んでも現実が変わらないのか?」、その根本的な原因を考えていきましょう。

「学び続けているのにも関わらず、現実が何も変わらない」、これをよく考えてみると、そこには2つの大きな問題点があります。

問題点1 スキルのみに焦点を合わせている

まず、一つ目が、スキル(技術)のみに焦点を合わせて学習しているということです。ほとんどの成功法則では、ノウハウやスキル、テクニックなどを教えています。

しかし、過去の偉人、ビジネス・スポーツの成功者などの発言をよく見ていくと、活躍しているジャンルに関わらず、「心・技・体」の「心」をとても重視しているのがわかります。

「心が大切である」と言うと途端に胡散臭く聞こえてしまいますが、ここで言う「心」とは思考のことです。つまり、「マインドセット」を言っています。52391955 - illustration of the thought processes in the brain

マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、価値観、信念などがこれに含まれる。マインドセットという言い方は、人の意識や心理状態は一面的なとらえ方はできず、多面的に見てセットしたものがマインドの全体像を表しているということから来ている。

マインドセットとは|MBAのグロービス経営大学院から引用

特に、短期的にではなく、長期的にどんな状況でも結果を出すことが求められるプロであるほど、「マインドセット」を重要視する傾向があります。

スポーツの世界でも、競技の経験がなくても一流の選手を育て上げることができるコーチがいたり、業種を問わずコンサルティングを行うビジネスコーチがいるのは、指導をスキル(技)に焦点を合わせていないからです。

一流のコーチは、スキル(技)に焦点を合わせず、「心」はもちろん、「体」そして「生活」の質を高いレベルで維持する方法も伝えることができます。

最高の結果を出し、目標達成するためには、スキル(技)だけではなく、日々のどう生活するのかという「生き方」を変える必要があるのです。

問題点2 そもそも人は行動できない

7360741 - businessman sleeping after readingこれはあなたも気付いていることかもしれませんが、人は目標を定めても行動を起こしません。

誰もが何か決意した直後は、「よし!やってやろう!」と高いモチベーションを持っています。ただ、「じゃあ、具体的に何をすればいいか?」がわからないのです。だから次の瞬間、行動に移すことができません。

例えば、ダイエットに挑戦するとすれば、夜は炭水化物は抜くとか、間食は絶対しないとか具体的な行動計画があれば、誰でも行動に移すことが出来ます。

ほとんどの人が行動できないのは、その人が決して怠け者なのではなく、「じゃあ、具体的に何をすればいいか」がわからないからです。だから、目標達成のためには、「具体的に何をするのか?」を事前に決めておくことが大切です。

目標達成を加速させる5つのマインドセット

48703827 - high speed internet connection concept目標達成の障害となっている2つの原因を見てきましたが、これらを踏まえた上で、目標達成を加速させるための5つのマインドセットをご紹介します。

ビジネスだけではなく、どんな目標達成にも大切なマインドセットですので、ぜひ、「自分はこの思考を持っているだろうか?」と問いかけながら、見てみてください。

主体変容

パナソニックの創始者である松下幸之助の言葉に「主体変容」という言葉があります。

これは、「自分に気付いて、相手に気付く」、「自分に気付いている分だけ相手に気付ける」。つまり、自分に気付いて自分を変えることによって相手を変えるという意味です。

あなたは、自分がうまくいかないことがあった時、つい他人や環境のせいにしてしまうことはありませんか?

例えば、仕事がうまくいかなかったのは、会社のせいだ、無能な部下のせいだ、チームメンバーが悪いなど、自分以外の他者のせいにしてしまってはいないでしょうか?

33068582_m自分の思い通りにいかなかったときや、都合が悪くなったときに他人や環境のせいにしてしまうのは、とても簡単なことです。

しかし、よく考えてみると、今の現状や環境はあなた自身の過去の一つ一つの小さな決断の積み重ねが生んでいます。つまり、今の良くない現状や環境は、他の誰でもないあなた自身の決断の結果です。

「結果の責任は自分が取る」という主体的な意識を持っていないと、「何かを変えよう」という意識は芽生えることはなく、現実は変わらないでしょう。変えるべきは自分ではなく、他者や環境だと考えてしまうからです。「誰か」の文句、愚痴、不満、怒り、ストレスしか生まれません。

よく言われていることですが、自分を変えずに他者を変えることはできません。自分のビジョンを明確にして、自分が先頭に立って行動することで周りに影響を与え、結果が変わってきます。

目標達成には、「精神的自立」が必要です。

もし、目標がチームで達成するものであれば、自分を変えて、周りを巻き込むことでゴールがグッと近づくはずです。

44741872 - diverse group people working together conceptまた、自分にビジョンや目標がなければ、「やらされた仕事」となってしまい、自分が積極的に関与しようとせず、行動せず、その結果、自信も生まれません。

逆にビジョンや目標があれば、楽しみながらアクションを起こせるようになります。

小さな成功体験を積み重ねる

目標達成のためには、「自分は達成できるイメージ」、言い換えると「目標達成の自信」を持つことがとても大切です。なぜなら、それはモチベーションに大きく作用するからです。

「自分はどうせ達成できない」と思っていたら、行動へのモチベーションは当然ながら上がりません。

どうすれば「自分は達成できるというイメージ」を持つことができるのかというと、「小さな成功体験を積み重ねていくこと」です。

ある日突然できるようになる!なんてことは、現実的にはあり得ません。「ある日突然、貯金残高が増えた!」とか、「ある日突然、自分のビジネスを立ち上げることができた!」などあり得ないのです。

小さな成功の積み重ねの先にしか、大きな成功はあり得ません。

36167982 - portrait of young african woman studying at the library成功哲学の本などで紹介される偉人たちも「天才」や「カリスマ」と呼ばれる人たちも、すぐに成功できたわけではありません。

イチローやタイガーウッズなど、とてつもない記録を持つスポーツ選手も、スティーブ・ジョブス、マーク・ザッカーバーグなど超巨大企業を作った経営者も、ある日突然に成功したわけではありません。

小さな成功を積み重ねていった「結果」そうなったのです。

人の時間は、1日24時間みんな平等に持っています。ですから、1日にできることなんて、成功している人も失敗している人も、それほど変わるわけではないのです。

例えば、プロ野球の世界では、3割バッターと2割5分のバッターでは、天と地ほど違いがあります。

3割バッターは1軍で活躍し続けることで、年俸が1億円を超えることもありますが、2割5分のバッターは、ずっと2軍のまま、数百万の年俸で最後には戦力外通告されてしまいます。

35692050 - professional baseball player in action on grand arena年俸も将来の野球人生も全く違うものになります。

しかし、中身を見るとおもしろいことがわかります。3割バッターのスター選手と2割5分の平凡なバッター、その違いは、20回打席に立ったとして、1本多くヒットを打ったかどうか?だけの違いなのです。

20打席というと約5試合ですから3割バッターは、5試合を通して1本だけヒットを多く打っているというだけです。

しかし、この違いが1年という長期スパンで考えたときに、大きな”差”になります。もちろん、それが、1年と言わず、2年、3年、5年と時が経てば、どれほど大きな差になるかはすぐにわかるでしょう。

ここで言いたいことは、天才と凡人の間には、越えられない壁が存在するわけではなく、とても小さな差しかないということです。

しかし、小さな差ですがそれは確かな差です。

その差は、自分のゴールに向かって小さな階段を一歩一歩登っていくためルートを描けるかどうかです。

例えば、プロの登山家が、どのルートで行くか?休息はいつ取るか?地図の見方やコンパスの使い方や天候を予測する方法を知っておくなどの準備をするように、そのやり方をしっかりとやってさえおけば、誰でもが自分の設定したゴールに辿り着くことができるのです。

目的と目標を設定する

20489103 - sport background, run to purpose, woman silhouette on the beach目標達成できない人が陥ってしまう問題に

  • いつのまにか目標がブレてしまう・・・
  • 徐々にモチベーションが下がってしまう・・・

というものがあります。

これは、つまり、当初のやる気が続かず、「何のためにやっているのか」を忘れてしまい、「楽しさ」や「楽さ」を求めて途中でやめてしまうのです。これではいつになっても結果は出るはずがありません。

「初心忘れるべからず」と言葉で言うのは簡単ですが、成果を出している人でも、モチベーションを維持させることは、とても難しいものです。

行動を継続させるために大切なことは、「目的」と「目標」です。

この2つがよく考えられたもので、かつ、明確でなければ、行動を継続させるモチベーションは維持できないでしょう。

目的と目標はよく混同されてしまいますが、まったく違うものです。ここで、目的と目標の違いを定義しておきましょう。

目的とは・・・
「何のために」「何を」「どうするか」

目標とは・・・
「どのレベルの何を」「いつまでに」「どうするか」

例えば、

  • 目的:自由なライフスタイルを実現するためにインターネットビジネスを始める。
  • 目標:月5万PVのサイトを来年の8月までに構築する。

これが目的と目標です。

31723456_m目的を定めるために、次の2STEPを意識してみてください。

STEP1 心から望んでいる目的を考える

まず最初のステップは、「自分が心から望んでいる目的を考える」ことです。目的は深く考えないと、自分の本当の目的ではないものを設定してしまいがちです。

  • 自分が本当に望む目的ですか?
  • テレビや他者から影響を受けた「目的」となっていませんか?
  • 人生を賭してまで挑戦したい目的ですか?

静かな環境で時間をかけ、自分に深く問いかけてみてください。

44588740 - young woman meditation on sunset tropical beach目的が自分の心とズレたものであれば、目標達成までの長く険しい道のりを乗り越えることはできませんし、目標達成してから「自分の望んだ結果でない」という悲劇を生んでしまいます。

STEP2 影響を考える

次のステップは、自分が達成する目的が周囲にどんなプラスの影響を与えるのか考えることです。

ここでいう周囲とは、家族、友達、職場や地域、社会全体のことです。

「目的を達成することによって、誰にどんな利益がもたらされるのか?」を掘り下げていきます。

多くの人は、目的は自分の成長や利益に直接関係あることだけを思い浮かべてしまいます。しかし、実際は目標達成は自分のためだけに存在することはほとんんどなく、多くの場合、他者と関わっています。

例えば、「売上アップ」という目標を達成するには、社会や他者、顧客を満足させたり、所得が増えて家族が喜ぶなどに繋がっていきます。41118428 - happy family jumping together on the beach

自分の周りへの影響を考えることで、他者との関係性が理解でき、自分のためだけと思っていたものが、実は他者や社会のためにもなるということがわかるのです。

その関係性がわかると、達成したいという意欲が跳ね上がります。モチベーションが上がり、やりがいが出ます。結果的に行動を続けやすくなるのです。

あなたが心から達成したい目的と、その目的を果たすことによって与える社会への影響を考えてきました。これらを把握することによって、目標達成に強力な目的ができます。

そして、大切なことですが、目的と目標を定めたら、いつも目にしたり口にしたりすることです。

目にしたり口にしたりすることで、当初の「初心」を思いだし、やる気や勇気が復活し、「ぶれる」「やる気が出ない」「忘れる」という失敗はしなくなるはずです。これについて詳しくは後述します。

自分の行動を客観的に見る

目標達成のためには、「行動を記録すること」がとても大切になります。

46573766 - hands with laptop typing in sunlightなぜ、記録することが大切なのかというと、それは、自分の行動を管理し、修正するきっかけを作り、目標達成するための決意を新たにできるからです。

日々を記録するものというと、「日記」を思い浮かべますが、目標達成のためには「日誌」を書くことです。

日誌とは、1日を振り返り、

  • 良かったこと、成果が出たこと
  • やりなおせるとしたら何をするか?
  •  今日の気付き、学び、目標達成のヒントとなった言葉や出来事

などを書くものです。最初は難しく考えず、「1日の終わりの寝る前に10分だけとりあえず書いてみる」これを1日の習慣にしてみてください。

未来を思い描く

あなたは自分の目標をどれだけリアルに想像できるでしょうか?

47354362 - aerial view of dramatic sunset and sunrise / blue sky in bangkok目標達成した自分を想像してみることは、目標達成のために実はとても大切な作業です。これを「ビジュアライズ」と言いますが、モチベーションを上げたり、目標達成のための行動を加速させたりするためにとても有効です。

曖昧で漠然としていた目標が、リアルに想像できるくらいになってくると、自然と気持ちが高揚し、達成したい気持ちがより強くなり、行動せずにはいられない状況になってきます。

あなたはどんな未来を想像するでしょうか?

もし、起業して自由なライフスタイルを実現したいのであれば、

  • どんな起業家になっているでしょう?
  • どんなライフスタイルを実現しているでしょう?
  • どんなスケジュールで一日を過ごしているでしょう?
  • その時、自分の表情は?服装は?
  • 周りの人はあなたをどう見てるでしょう?
  • 天気は?気温は?
  • どんな家に住み、どんな車に乗っていますか?
  • あなたはどんな気分ですか?

46657540_mまるで、そこに今自分がいるかのように想像を巡らします。リアルに想像することで、目標達成への意欲が湧いてくるのがわかるでしょう。

リアルに想像するためには、五感を使うことです。

人は、視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚の五感があります。一つの感覚よりもできれば五感をフルに使って、日々、自分の目標を確認する作業を行うことが重要です。

特に、口に出しながら書き出すことは、視覚と聴覚を刺激し、将来達成したい未来を自分に引き寄せる大きな力となります。

ビジュアライズのオススメのやり方としては、Evernoteを活用する方法です。

雑誌やネットで自分の理想の写真や画像があれば、Evernoteに張り付けるのです。写真や画像によって「自分はこうなるんだ」とリアルに想像することができます。

そうやって貼り付けたりしたものを、何度も眺めてみて、更に思いついたことなどを追加して書き出すことで、自分の目指す未来がはっきりと見え、それを達成するための行動に集中して日々を過ごすことが出来ます。32277665 - young man watching tablet in cafe

まとめ

さて、「成功したいと成功法則、成功哲学の本を読んでいるいるけど、なかなか現実は変わらない・・・」そんな悩みの根本的な原因と目標達成を加速させる5つのマインドセットについてお話してきました。

これらマインドセットを意識して日々を過ごしてもらうことで、自分の立てた目標を達成し、自分自身の行動に確固たる自信を持つことができるようになるでしょう。

自分の行動に自信を持つことが出来ることで、自信を持っているように見られるようになりますし、自分自身を好きになることができます。もちろん、目標達成も容易にできるようになります。とても重要なことなのですが、、、

目標達成は技術です。41851569_m

技術ですから、磨くことができます。目標達成が「技術」であれば、誰でも身につけることが可能ですし、誰にでも教えることもできます。さらに「技術」は、一度身につけてしまえば何度でもくり返し使えるものです。目標達成の方法を体系化することだってできます。

残念ながら、いつも失敗する人、うまくいかない人は、目標達成が「技術」であることを知りません。だから、一生懸命頑張っていても、いつも”同じ”失敗ばかりを繰り返してしまいます。

目標を達成したいと思ったら、まず才能や素質、運や偶然で決まるものではなく、達成するための「技術」があるということを理解する必要があります。

そうすれば、あなたもその「技術」を身につけることで、必ず成功することができるようになるのです。例え、あなたに特別な才能や素質、そして運が無かったとしても・・・

ぜひ、この記事にあるマインドセットを意識して日々の行動を続けてみてください。

もし、目標達成に興味があるのなら、こちらがおススメです。
IMG_7616「原田メソッド」は、これまでに300社以上の有名企業や一流アスリート達に採用され、6万人以上を目標達成へと導いています。

さらに、アメリカやアジアの国々でも導入され「Harada Method」として英訳出版までされています。通常価格3,980円のものが、今なら期間限定で無料になっています。

無料で本を手に入れる

関連記事

  1. 42854579 - guy sitting after exercise in the gym

    なぜ目標達成できない? 目標を実現するための目標設定と自己管理の6つのポイント

  2. 30580327 - young business man with problems and stress in the office

    なぜ、あなたは行動が遅いのか?目標達成を妨げるその原因と乗り越える3つのステップ

  3. 71537725_m

    目標達成できる人とできない人の決定的な違いとは?

  4. 52160092_m

    目標設定を誤れば目標達成はできない!目標設定で意識すべきたった一つのこと

  5. 53102319 - business team training listening meeting concept

    なりたい自分になる!”思考は現実化する”の罠を乗り越えるための4つのステップ

  6. 3749977 - little girl with mask in the water

    誰も教えてくれない!人の成長には絶望が不可欠だという話

  7. Businesswoman in a break from work

    本気で目標達成したいなら!早起きで生産性を劇的に向上させる7つの方法

PAGE TOP