shutterstock_1675920472

【FX】超簡単で実践的なトレード日記の付け方徹底解説

81238757_m
トレード日記とか、面倒で続かない・・・もっと簡単な方法ないの・・・?

あなたは、こんなことを思っていませんか?

トレード日記とは、自身のトレードの過程、結果を記録したもの。

いつどの通貨ペアをどのようにトレードしたのかなど、トレードの流れを記録したものを言います。

トレードの記録を残しておくことで、自身のトレードの振り返りをすることができます。トレードを見直し、改善できる有用なツールなのです。

しかし、トレード日記の難しい所は、続けるのが難しいところ。

最初は、モチベーションが高くていいのですが、これがなかなか面倒で続かない。私自身も結構面倒くさがりですので、なかなか続けるのが難しいと感じていました。

しかし、面倒くさいからと言って、何もしなければ進歩はありません。ですから、できるだけ簡単にできないかとこれまで思考錯誤してきました。

そして、トレード日記の有用性を確保しつつ、できるだけ簡単にできる方法を見つけ、今はそれを実践しています。

この記事では、トレード日記がいかに有用であるかというトレード日記の基本的なお話から、私が現在使っているシンプルかつ実践的なトレード日記の付け方について解説していきます。

シンプルかつ実践的なトレード日記の付け方

この記事を理解してもらうことで、トレード日記を続けることができ、実戦トレードから最高の学びを得ることができるようになります。あなたのトレードスキル向上のための大切なお話です。

ぜひ最後までお付き合いください。

なぜトレード日記を付けるべきなのか?

shutterstock_1403489468

では、まず、トレード日記を付けたことがない方のために、トレード日記の有用性からお話していきましょう。

トレード日記が有効なのはもう知っているという方は、ここは読み飛ばしていただいて結構です。

私が、トレード日記が有効だと思う点は、次の2点です。

トレードを客観視できる

まず一つ目は、自分のトレードを客観視できることです。

トレード日記は、トレードの結果だけではなく、一連の行動や思考を記録します。

自分のトレードを振り返ることで、うまくいったトレード、うまくいかなかったトレードのパターンがわかります。

パターンがわかれば、負けパターンをできるだけ少なくするなど、対策が可能となります。

トレード日記を付けていなければ、自分の記憶だけが頼りとなってしまい、対策も曖昧なものになってしまいます。

考える時間を持つことができる

もう一つのポイントは、考える時間を持つことができることです。

トレード日記を付けることで、自分の行動を客観的に見て、思考する時間を持つことができます。

トレードをしている方は、結構勉強家な方が多く、本も多く読んでいるという印象があります。

しかし、私は、本を読んで知識を得ること以上に、考えることに時間を費やすべきだと思っています。

多くの人は、知識を得ることに満足し、それを活用するために考えることが少ないように思うのです。

考えることにもっと時間を使い、今勉強していることを過去のトレードや今のチャートに当てはめ、もっと新たなアイデア、戦略や戦術について考えるべきだと思います。

考えることで、勉強した事柄が実際のチャートと結びつき、新たなトレードアイデアになったりします。

また、

  • 今のトレードは勉強したことができているか?
  • 自分は何が弱点で何を学ぶべきなのか?
  • もっとうまくなるためには今何をすべきなのか?

トレード日記を書き、振り返ることで、これらスキル向上のための本質的な問いを考えるきっかけになります。

トレード日記は、こうした貴重である「考える時間」を私たちに与えてくれます。

トレード日記は、続かない・・・

shutterstock_534464599

トレード日記が有効なのは知っている。だけど、続けられない・・・。

その気持ちは、ものすごいよくわかります。

最初のうちは、気持ちが盛り上がってやれるけど、それが一週間、二週間経ち、一ヵ月も経ってしまうと、だんだんやらない日が出てくる。

多くの人は、トレード日記が有効だと薄々感じながらも、続けることができません。

その根本には、何があるのか?

それは、トレードの目的化があると思います。

これは、どういうことか?

私たちは、本質的にトレードスキルを身に付ける必要があります。

なぜなら、一発でトレードの目標金額に達することなどできないからです。だから、継続的にトレードで収益を上げる必要があるわけです。

そのためには、私たちは自身のトレードスキルを向上させ続けなければなりません。

しかし、トレードを続けていると、その目的が徐々にトレードそのものになってきます。

つまり、本来スキルを向上させることを第一に考えるべきなのに、目の前のトレードの勝敗に興味が移っていってしまうのです。

トレードをするためにトレードをするという状態。これがトレードの目的化です。

もちろん、このトレードの目的化は、私自身も陥ったことがありますから、気持ちはよくわかります。

しかし、過去のトレードを振り返ることもなければ、誤りを次へ生かそうともしない。これでは何の蓄積にもなりませんし、トレードが上手くならなくて当然です。

とはいえ、トレード日記なんて面倒くさいし、日々忙しくて時間がないのは事実。トレード日記の効果効能を保ちつつ、できるだけ簡単にトレード日記を付けたい。

そこで、面倒くさがりの私が、現在続けているシンプルで簡単なトレード日記の付け方をご紹介します。

超簡単で実践的なトレード日記の付け方

shutterstock_656629615

使用するものは、

  • Trading View
  • PowerPoint

この2つだけ。

Trading Viewとは、無料で使えるチャートソフトで、とても便利で私自身も使っているものです。

Trading Viewでなくてもいいのですが、チャートへの書き込みも簡単ですので、これがおすすめです。

Trading View

※PowerPointがない方は、Excelでもいいですし、Macを使っているならKeynoteでも構いません。

STEP1 エントリー時、画面をスクリーンショット

まずは、Trading Viewでいつもどおりチャート分析を行います。

Trading Viewが優れているのは、チャートへ矢印やテキストが自由に書き込める点です。

チャート分析を終えたら、執行足チャートへ以下の事項を入力します。

  • トレードの優位性は何か?
  • どこをどう狙うのか?

fx-trade-nikki01
チャートへ狙う場面と優位性を書き込む

この状態で、シナリオどおりの展開になるまでひたすら待ちます。

そして、実際にエントリーのタイミングがやってきました。エントリーした後、Trading View画面の左側にある「予測・測定ツール」を表示させます。

fx-trade-nikki02
予測・測定ツールをクリック

予測・測定ツールで以下を表示させます

  • どこでエントリーしたか?
  • どこまで狙うか?(ターゲット)
  • どこで撤退するか?(損切り)

fx-trade-nikki03
エントリー、損切り、利確の各ポイントに合わせる

そして、この画面をスクリーンショットを取ります。

スクリーンショットは、windowsの場合は、「ctrl」+「Print Screen」。Macは、「shift」+「command」+「3」の同時長押しです。

STEP2 PowerPointに張り付け&テキスト入力

次に、PowerPointを開き、先ほどのスクリーンショットをスライドに張り付けます。

fxtrade-nikki02
スライドに張り付ける

張り付けたら、次の事項をテキストで書き込みします。書き込む事項は、次のとおり。

  • エントリー要件
  • 予定の注文方法
  • 発注状況

fx-trade-nikki04
エントリー時はこれで終了

STEP3 エグジット時、画面をスクリーンショット

そして、エグジット(利益確定 or 損切り)した際に、再度画面をスクリーンショットし、スライドに張り付けます。

その際、エントリー時に作成したスライドの下のスライドに張り付けます。

fx-trade-nikki05
スライドを続けていく

そして、以下の事項をテキストで書き込みます。

  • 結果どうなったか?(損益)
  • 良かった点、悪かった点は?

ここまでのSTEP1~STEP3の作業を各通貨で行っていきます。

また、PowerPointのファイルは、通貨ペアごとで分けて作成します。

そして、次のスライド、次のスライドというように、前回張り付けたスクリーンショットを消さずに、下につなげていきます。

こうすることで、通貨ごとで値動きの流れを時系列で見ることができます。

トレード日記に何を書くべきか?

shutterstock_642567382

一般的に、トレード日誌に書くべき事項は、次のとおりです。

  • 何をトレードするのか?
  • トレードの優位性は何か?
  • どこをどう狙うのか?
  • どこでエントリーしたか?
  • どこまで狙うか?(ターゲット)
  • どこで撤退するか?(損切り)
  • 注文方法は?
  • 結果どうなったか?(損益)
  • 良かった点、悪かった点は?

ちょっと多いように思うでしょうか?

安心してください。先ほどのステップでこれらは網羅されています。

  • 何をトレードするのか? →通貨ペアごとにファイルを分けているため不要
  • トレードの優位性は何か? →STEP1
  • どこをどう狙うのか? →STEP1
  • どこでエントリーしたか? →STEP1
  • どこまで狙うか?(ターゲット) →STEP1
  • どこで撤退するか?(損切り) →STEP1
  • 注文方法は? →STEP2
  • 結果どうなったか?(損益) →STEP3
  • 良かった点、悪かった点は? →STEP3

つまり、今回ご紹介した方法は、Trading Viewでチャート分析したものをそのままトレード日記に使ってしまう方法です。

Trading Viewでチャート分析、その内容をチャートに直接テキストで記載。それをスクリーンショットして張り付けるだけで、記録すべきおおよその内容は網羅できます。

トレード日記へチャート分析からトレードした結果まで文字で書き切ろうとすると大変です。

これだと、続けるのが難しい。

ですから、Trading Viewでチャート分析した結果をスクリーンショットして画像で残しておき、捕捉事項をテキストで記載するのみとするわけです。

これで、あまり時間をかけずに、トレードの振り返りという目的が達成されます。

もちろん、詳しく書けば書くほど、日誌の効果は高まります。できだけ詳しく書けるならそうした方がいいのですが、「ずっと続けられるか?」というのも重要な観点です。

これら項目の中で、特に大切なのがトレードが終わった後に記載する「良かった点・悪かった点」です。

特に悪かった点は重要です。

  • 早く手仕舞い過ぎた
  • 待ちすぎた
  • 損切りが浅すぎた

良いこと、悪いこと、自らの行動すべてを記録することで、あなたのトレードはどんどん良くなります。

そして、

  • 自分にミスはあったか?
  • そのミスは防げるものか?
  • より良くするために何をすべきか?

これらを明確にし、次に生かす工夫をするのです。

自分の弱点を見つけ、修正することで、トレードのパフォーマンスは確実に上がります。

トレードパフォーマンスを向上させるための3つのポイント

shutterstock_454481452

トレードスキルを向上させるには、次の3つがとても大切になります。

  1. 数値の把握
  2. パターンの把握
  3. アイデアの創出

一つずつ説明していきましょう。

①数値の把握

今の状態と理想の状態にどれくらいのギャップがあるのか、日々把握することが大切です。

多くの人は、自分の資産が増えたのか減ったのかに興味を集中させ、実際にスキルが身に付いているのか数値で把握しようとしません。

自分のレベルを知るために大切なことは、やはり数値を押さえることです。

目標と現実のギャップがわかれば、やるべきことや改善すべきことが明確になります。

特に、「勝率」と「リスクリワード比」、この二つは最低限押さえておきましょう。

この二つの数字で重要なのは、そのバランスです。

もし、勝率が低いのであれば、

  • 無駄なエントリーをしないためにどうすべきか?
  • 勝率が高い場面を絞り込むためにどうすべきか?

といった問いが出てくるし、もし、リスクリワード比が低いのであれば、

  • 利確目標を伸ばすことができるような場面だけエントリーする
  • 損切りを狭くできる場面だけエントリーする

といった行動指針が出てきます。

自分のスキルを数値で見ることで、モチベーションも上がりますし、問題も明確になります。

勝率とリスクリワードは、取引口座のトレード履歴から算出しましょう。CSV形式等で出力できたりできますので、試してみてください。

②パターン把握

トレード日記の利点として、自分の勝ちパターンと負けパターンを把握することが挙げられます。

もし、勝ちパターンと負けパターンが明確なら、勝ちパターンの要素を抽出し、それのみやるようにすることで、必ずパフォーマンスは改善されていきます。

しかし、明確にパターン分けができないのなら、それは新たな研究対象。深堀りしていきましょう。

どんなパターンがうまくいって、どんなパターンはうまくいかないのか?

その特徴を見出すのです。

仮説を立て、実戦の中でその仮説が正しいのかを検証していく。この検証でもトレード日記が役に立ちます。

③アイデアの創出

トレード日記を眺めていると、突然新しいトレードアイデアが閃いたりするものです。

こうしたらうまくいくんじゃないか?

もちろん、この段階では仮説にすぎません。ですから、新規アイデアとして次のトレードから試してみましょう。

その際には、1Lotとか最小ロットでトレードしてみます。儲けることが目的なのではなく、検証するためのトレードなのですから。

また、こうしたらもっと良くなるのではないかという改善のアイデアを思いついたりします。

これも、そのアイデアにもよりますが、新たなトレードルールの追加のための検証期間を経た上で、通常トレードに適用していきます。

成長のサイクルを回す

shutterstock_573075190

トレード日記は、記録を付けるだけではなく、それを見直すことがとても大切です。

記録を付けるだけでは不十分。見直すことで、最大の効果を得ることができます。

勉強で最も意味のないこと。

それは、答え合わせをしないまま、ひたすら問題を解き続けることです。これは、一見勉強しているようで、実際には何も学んでいません。

逆に最も効率的な勉強はどういったものなのか?

それは、間違った所を重点的に学び直すことです。

あなたは、トレードでひたすら問題を解き続けてはいませんか?間違った所を定期的に学び直しているでしょうか?

多くの人は、目の前のトレードにしか興味がありません。

勝った負けた、そして次のトレードというように、トレードそのものが目的となってしまっているのです。

負けトレードでも、浅い損切りで終えることができれば、それは良いトレードです。

結果そのものよりも、自身の判断・行動に焦点を合わせてトレード日記を作成、見返してみてください。

自分の行動パターン、パフォーマンスを把握し、見直すことで、自分自身をコントロールするのです。

トレードが終わった後には、自身のトレードを振り返る。トレード前には、前回の改善点を踏まえて、注意すべきことを意識してトレードに挑む。

ぜひ、これをトレード前の習慣にしてください。

自分の行動を認識する→改善の仮説を立てる→行動して検証する→効果が実証されたら習慣化

このサイクルを回すことがとても大切です。

そして、すべては自分の行動を認識するところから始まります。認識できなければ、何も変えられないし、昨日の自分と何も変わることはありません。

まとめ

トレードは、完全に自己責任の世界。

個人投資家は、誰に教わるでもなく、自ら学び、自らスキルを獲得していかなけばならない存在。

自分を管理する人がいない、つまり、指導者がいない環境において、自分を管理するのは自分以外いません。

トレード日記を付けることで、自分の行動、感情、傾向を俯瞰して見ることができ、進むべき正しい道へ自分で軌道修正することができるようになります。

今回ご紹介したトレード日記の付け方を参考にして、ぜひ、あなたなりのトレード日記を模索してみてください。

shutterstock_1675920472
最新情報をチェックしよう!