注目の記事 PICK UP!

fxの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

A young discoverer

あなたは、市場の特性を活かしてトレードができているだろうか?

世界中で、24時間絶えずどこかの市場は開かれていて、為替取引が行われている。それぞれの市場で1日の取引時間帯があり、そこでさまざまな人がさまざまな思惑を抱きながら取引している。

それぞれの市場によって、取引が活発になる通貨やプレーヤーの性質などが微妙に異なる。

そこで今回は、それぞれの市場(取引時間帯)から、市場の特性やそこで執るべきトレードの基本戦略を考えていきたい。この記事を読んでもらえれば、それぞれの市場の特性やその特性を活かしたトレード戦略の考え方を理解してもらえるだろう。

1.外国為替市場の1日のサイクル

外国為替市場は、それぞれの市場で24時間ずっと取引が行われているのではなく、同時にそして並行しながら複数の市場が開いており、その中でさまざまな国の人たちが取引をしている。

市場が変われば

  • 取引する通貨
  • プレーヤー
  • 為替取引の目的

これらも変わるため、値動きにはそれぞれの市場で特徴が異なる。外国為替市場といっても一つの市場としてとらえるのではなく、時間帯によってまったく違うものになるという認識が必要だ。

この外国為替市場は、株などと違い、取引所などの特定の場所が存在するわけではない。仮想的な市場になる。為替市場の名前は東京市場やニューヨーク市場というように都市名で呼ばれている。

月曜の早朝に、ニュージーランドのウェリントン市場から取引が開始され、その後東京市場がオープンすると香港やシンガポールなど、アジアを中心に為替市場が活発になる。

そして、お昼を過ぎて中東、ドイツと続き、日本時間の16時~17時頃からロンドン市場が開き、22時頃からニューヨーク市場が始まる。

そして、また次の朝にはニューヨーク市場が閉まり、またウェリントン市場が開くといったサイクルで動いている。

土曜の朝にニューヨーク市場が終わると、外国為替市場の1週間は終わることになる。それぞれの市場で活発になる時間帯があり、1日24時間絶えず為替取引が行われるが、インターバンク市場に参加する金融機関が休みである土曜、日曜、祝日は、取引は行なわれない。fxmarket-torihikijikan

2.取引時間とトレードの基本戦略

すでに述べてきたとおり、市場にはそれぞれの特徴がある。この市場の特徴に合わせたトレード戦略を立てていかなければならない。つまり、取引する時間帯によって、トレードの基本的な戦略を変えていく必要があるということだ。

それには、まず自分がトレードする時間帯の特性を把握することが必要だろう。

長いタームの取引であれば、あまり気にする必要もないが、特にデイトレードなどは、短い時間で為替差益を抜く必要があることから、この「取引時間の特性を活かしたトレード戦略の構築」という考え方は絶対に持たなければならない。

3.市場ごとの特性

24時間のうち市場が最も活発になるのはいつだろう?

それは、欧州市場とニューヨーク市場が開いている時間帯だ。

ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は三大外国為替市場と呼ばれている。特に、ロンドン、ニューヨーク市場の取引額は全ての外国為替市場の50%を超えており、1日の中で最も為替が活発に取引されるのが、この2つの市場が重なっている時間帯になる。日本時間では、21時~26時までの約5時間ほどの時間帯だ。それに対し、それ以外の時間帯は値動きがそこまでは大きくならない傾向にある。

欧州市場、ニューヨーク市場の傾向

多く取引される通貨

米ドルやユーロ、ポンドなどの欧州通貨が多く取引される。

値動きの特徴

この時間帯は、トレンドが発生する傾向にある。特にニューヨーク市場で重要な経済指標が発表されたり、要人発言があったりすると、その動きがその日のトレンドになる場合が多い。

発生したトレンドは、東京の仲値にあたるロンドンフィックスの午前0時(冬時間の場合は、午前1時)に向けて続くことが多い。

要人発言や米国の金融政策の発表などがない場合、午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となるため、値動きが落ち着いてくる。

この時間帯は、ボラティリティが高い傾向にあるため、短時間でトレードを終わらせることができるので、デイトレードやスキャルピングをする場合は、ぜひこの時間帯でトレードを行いたい。

トレードの基本戦略

トレンドが出やすいという性質を持っていることから、まずは、トレンドフォロー戦略が基本になる。トレンドが出たのを確認してからの押し目買い戻り売り戦略をまずは考えるべきだ。

オセアニア、アジア市場

多く取引される通貨

日本円やオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどオセアニア通貨がよく取引される。

値動きの特徴

この時間帯では、その前の夜の欧州、ニューヨーク市場で付けた高値、安値やニューヨーク市場の終値を意識したレンジに留まる傾向がある。

ただし、この時間帯にこれらを抜けてきた場合、トレンドが発生するので、そうなった場合はトレンドフォローでついていきたい。

トレードの基本戦略

基本的にはこの時間帯はトレンドが出にくいことから、レンジ戦略が基本になる。

仲値の決まる9時55分まではドル円が動くこともあるが、基本的にはボラティリティが低い。

  • 欧州市場・ニューヨーク市場での最高値
  • 欧州市場・ニューヨーク市場での最安値
  • ニューヨーク市場の終値
  • そのほか市場で意識されている節目

これらを意識した逆張り戦略を基本に考えよう。

4.まとめ

さて、この記事では取引の時間帯によって特徴があり、それをトレード戦略を立てる上で参考にすべきということをお伝えしてきた。

このような時間的特性は、チャートばかり見ていても気づかないものだ。

チャートを使ったテクニカル分析ももちろん大事だが、このような”取引する土俵・土壌はどんな環境なのか”という広い視点を持ち、その環境の特性をしっかり自分のトレード戦略に組み込めるかが実際の勝ち組負け組を分かつ重要なポイントだと思う。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. New York

    ファンダメンタルをFXのトレードで活かす2つの視点

  2. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  3. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

  4. I have no idea what i am doing!

    テクニカル分析はファンダメンタル分析より優れているのか?

  5. Doubts

    FXとは?FX初心者が知っておくべき5つ基礎知識!

  6. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman

    誰も教えてくれなかった!移動平均線の使い方のすべて

  7. 46806338 - hands holding digital tablet pc and touching with finger in sunlight

    投資効率を最大化する正しい損切り(ロスカット)の知識のすべて

  8. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

  9. Young alcoholic man

    90%の人がFXで失敗?その理由を考えてみた

PAGE TOP