注目の記事 PICK UP!

FXの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

45551938_m

あなたは、市場の時間帯をどれだけ意識してトレードしていますか?

世界中で、24時間絶えずどこかの市場が開き、為替取引が行われています。それぞれの市場で1日の取引時間帯があり、そこでさまざまな人がさまざまな思惑を抱きながら取引しています。

市場によって、取引が活発になる通貨やプレーヤーの性質は異なります。

そこで、この記事ではそれぞれの市場(取引時間帯)から、市場の特性やそこでとるべきトレードの基本戦略を考えていきたいと思います。最後まで読んでもらえば、それぞれの市場の特性やその特性を活かしたトレード戦略の考え方を理解していただけるのではないかと思います。

1.外国為替市場の1日のサイクル

35799827 - vintage photo of abstract nature background with sky in sunset

外国為替市場は、一つの市場で24時間ずっと取引が行われているわけではなく、並行して複数の市場が開いていて、その中でさまざまな国の人たちが取引をしています。

市場が変われば

  • 取引する通貨
  • プレーヤー
  • 為替取引の目的

これらも当然変わりますから、値動きはそれぞれの市場で特徴が違います。ですから、時間帯によって市場はまったく違うものになるという認識を持つべきです。

この外国為替市場は、株式などと違い、取引所などの特定の場所が存在するわけではありません。仮想の市場で、為替市場の名前は東京市場やニューヨーク市場というように都市名で呼ばれています。

月曜の早朝に、ニュージーランドのウェリントン市場から取引が開始され、その後に東京市場がオープンすると香港やシンガポールなど、アジアを中心に為替市場が活発になります。

お昼を過ぎて中東、ドイツと続き、日本時間の16時~17時頃からロンドン市場が開き、22時頃からニューヨーク市場が始まるのです。そして、また次の朝にはニューヨーク市場が閉まり、またウェリントン市場が開くといったサイクルで動いています。

土曜の朝にニューヨーク市場が終わると、外国為替市場の1週間は終わります。1日24時間絶えず為替取引が行われますが、インターバンク市場に参加する金融機関が休みである土曜、日曜、祝日は、取引は行なわれません。fxmarket-torihikijikan

2.取引時間とトレードの基本戦略

46506245_m

市場にはそれぞれ特徴があります。この市場の特徴に合わせたトレード戦略を立てていかなければなりません。つまり、取引する時間帯によって、トレードの基本戦略を変えていく必要があります。

それにはまず、「自分がトレードする時間帯の特性」を把握することです。

長い期間の取引であれば、あまり気にする必要もないのですが、デイトレードなど短期トレードは、「取引時間の特性を活かす考え方」は絶対に持たなければなりません。

3.市場ごとの特性

24時間のうち、市場が最も活発になるのはいつでしょう?

それは、欧州市場とニューヨーク市場が開いている時間帯です。

ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は三大外国為替市場と呼ばれています。特に、ロンドン、ニューヨーク市場の取引額は全ての外国為替市場の50%を超え、2つの市場が重なっている時間帯は1日の中で最も為替が活発に取引されます。

日本時間で言うと21時~26時までの約5時間ほどの時間帯です。それ以外の時間帯は値動きがそこまでは大きくなりません。

欧州市場、ニューヨーク市場の傾向

多く取引される通貨

米ドルやユーロ、ポンドなどの欧州通貨が多く取引されます。

値動きの特徴

この時間帯は、トレンドが発生する傾向にあります。特にニューヨーク市場で重要な経済指標が発表されたり、要人発言があったりすると、その動きがその日のトレンドになる場合が多いのです。

発生したトレンドは、東京の仲値にあたるロンドンフィックスの午前0時(冬時間の場合は、午前1時)に向けて続くことが多いです。

要人発言や米国の金融政策の発表などがない場合、午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となるため、値動きが落ち着いてきます。

この時間帯は、ボラティリティが高い傾向にありますから、デイトレードやスキャルピングをする場合は、この時間帯が狙い目です。

トレードの基本戦略

トレンドが出やすいという性質を持っていますからトレンドフォロー戦略が基本になります。トレンドが出たのを確認してからの押し目買い、戻り売り戦略を考えるべきです。

オセアニア、アジア市場

18120871 - gold coast building

多く取引される通貨

日本円やオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどオセアニア通貨がよく取引されます。

値動きの特徴

この時間帯では、その前の夜の欧州、ニューヨーク市場で付けた高値、安値やニューヨーク市場の終値を意識したレンジに留まる傾向があります。

ただし、この時間帯にこれらを抜けてきた場合、トレンドが発生しますから、そうなった場合はトレンドフォローでついていくべきです。

トレードの基本戦略

基本的にはこの時間帯はトレンドが出にくいので、レンジ戦略が基本になります。

仲値の決まる9時55分まではドル円が動くこともありますが、基本的にはボラティリティが低い傾向にあります。

  • 欧州市場・ニューヨーク市場での最高値
  • 欧州市場・ニューヨーク市場での最安値
  • ニューヨーク市場の終値
  • そのほか市場で意識されている節目

これらのポイントを意識した逆張り戦略を基本に考えていきましょう。

4.まとめ

さて、この記事では取引の時間帯によって特徴があり、それをトレード戦略を立てる上で参考にすべきということをお伝えしてきました。

このような「時間の特性」は、チャートばかり見ていても気が付かないものです。

チャートにラインを引いたりして分析することももちろん大事なことですが、取引する市場は「どんな環境でどんな特性を持っているのか」という視点を持ち、自分のトレード戦略にどう活かせるかが、勝敗を分かつ重要なポイントだと思います。

ぜひ、目の前のチャートだけではなく、チャートでは見えない相場の背景情報にも気を配ってトレードに挑んでください。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

  2. I have no idea what i am doing!

    テクニカル分析はファンダメンタル分析より優れているのか?

  3. 43281016 - child expressing surprise with hands on his face

    要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

  4. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

  5. 22106306 - hand drawing check box on a white background

    FXの口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

  6. 25065725 - image of businessman running away from office work

    FXが主婦やサラリーマンの副業に最適な5つの理由

  7. 71721453 - fundamentals concept

    ファンダメンタルをFXトレードで活かすための2つの視点

  8. 25306166 - concept of failure of a businessman due to crisis

    90%の人がFXで失敗?その理由を考えてみた

  9. 34379285 - stock trader looking at monitors

    デイトレード・スイングトレード・スキャルピング、トレードスタイルの違いとは?

PAGE TOP