33594219_m

テクニカル分析とファンダメンタル分析、どちらでトレードすべきなのか?

「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」、あなたはどちらでトレードしていますか?

恐らく、この質問をすると、ほとんどの人が「テクニカル分析」と答えるでしょう。

いずれも相場の行く末を占う分析法ですが、多くの人は明確なトレードタイミングを示してくれるテクニカル分析によってトレードしていると思います。

では、テクニカル分析の方が優れているということなのでしょうか?もし、そうなのだとしたら、どの辺がテクニカル分析の優れている所なのでしょうか?

あなたがテクニカル分析によってトレードしているのなら、その理由を説明できなければいけないはずです。

このページでは、テクニカル分析とファンダメンタル分析、それぞれの特性とその違いについて詳しく説明しています。

最後まで読んでいただくことで、それぞれの分析法としての優位性を理解でき、より精度の高いチャート分析ができるようになるはずです。

テクニカル分析派のあなたにも、ファンダメンタルを生かすヒントを紹介していますから、十分役に立つと思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

1.テクニカル分析

まず、テクニカル分析から見ていきましょう。

テクニカル分析とは

テクニカル分析は、チャートに水平ラインやトレンドラインを引いたり、レートから算出されるテクニカル指標(インディケーター)を表示させたりすることで分析をする分析法です。

テクニカル分析は次の3つの前提によって成り立っています。

テクニカル分析の3つの前提

①価格はすべてを織り込む

32661146

一つ目の前提は、「価格はすべてを織り込む」ということです。

チャート上の価格は、国際政治、各国の金融政策、需給、経済指標や市場心理など、さまざまな情報が踏まえられて、現在の価格に落ち着いています。

つまり、売りと買いのバランスがとられた均衡点が現在の価格になっているのです。

既知のファンダメンタルは価格に織り込まる。だから、値動きのみ分析すればいいという考えがテクニカル分析の根底にあります。

そう考えると、さまざまな情報が価格に含まれているわけですから、他の情報に惑わされず、単純に価格のみを分析することで売買判断をしようというのは、非常に合理的な考え方です。

②価格の動きはトレンドを形成する

価格は、ランダムに動くわけではなくトレンドを形成する」、これが2つ目の前提です。

価格はトレンドを形成するという前提に立つと、トレンドは反転するより継続する可能性が高いということです。

トレンドは反転するまで、同じ方向に進み続けるという考え方がテクニカル分析の根底にあります。

44236779 - business screen stock exchange data graph background

③歴史は繰り返す

3つ目の前提は、「歴史は繰り返す」です。

テクニカル分析で使われる多くのテクニックは、人間の相場心理に基づくものです。

例えば、ある条件下のもとで、チャート上に特定の図いわゆるチャートパターンが出現すると、かなりの確率でセオリー通りの動きになります。

時代が変わってもチャートパターンは機能し続けてきました。歴史は繰り返す、これは、人間の相場心理が時代を越えても変わらないことを意味しています。

2.ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とは

次にファンダメンタル分析について説明していきましょう。

ファンダメンタル(fundamental)とは、日本語に直訳すると「基礎的な」という意味を持ち、金融の世界では、ファンダメンタルを「経済の基礎的要因」と言ったりします。

2418989 - toy people seeking job employment

為替におけるファンダメンタル分析は、通貨に影響を与える背景情報を分析し、将来どういった価格になるのかを予測する手法です。

為替の場合、通貨国の人口、人口構成、教育水準、地政学リスクといった国の基礎的なマクロ要因、GDP、貿易収支、雇用、物価、生産、住宅といった分野の各種経済指標、金融政策や財政政策を分析して、通貨の動向を分析します。

ファンダメンタル分析についてはこちらの記事で詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

3.ファンダメンタル分析の問題点

テクニカル分析とファンダメンタル分析を見てきましたが、ファンダメンタル分析のみでトレードを行うことは不可能です。

それはファンダメンタル分析の特性にあります。ここからは、その特性とそれのみではトレードができない理由を解説していきます。

売買タイミングを教えてくれない

ファンダメンタル分析のみでトレードができないのは、エントリーとエグジットのタイミングを明確に示してくれないことにあります。

ファンダメンタル分析の目的は、為替変動の原因を追求することにあります。

値動きの理由、根拠は説明してくれるのですが、実際どこで買って、どこで売ればいいのかは示してはくれません。

特に短期売買である場合、為替差益をいかに抜くかの勝負であり、売買のタイミングがとても重要になります。

そういった意味ではファンダメンタル分析は実際に役に立ちません。

また、いくらファンダメンタル分析の結果が正しくても、ファンダメンタルと相場の値動きとの関係性を理解できなければ、実際のトレードでは使えません。

事実、実際の相場の動きは、ファンダメンタルだけでは説明できないほどダイナミックに動きます。

それは、市場参加者の心理が増幅器の役割をして、値動きの波を大きくしているからです。

その点、テクニカル分析は、ファンダメンタル分析だけでは説明できない実際の価格と需給要因とのギャップをうまく説明をしてくれます。

ファンダメンタル分析は、相場の大きな方向性を示してくれますが、短期的な波の動きを予測することができません。

それに対し、テクニカル分析は、「今の市場を表している価格」そのものを分析する手法のため、いち早く相場の変化に対応することができます。

ニュースでトレードはできない

短期売買でファンダメンタル分析は使えないというお話をしましたが、もしかして、経済ニュースや経済指標の発表をエントリータイミングにすればいいのでは?と思うかもしれません。

5538536 - chart in german newspaper with euro

しかし、指標トレードなどニュースでトレードすることは、絶対にやってはいけないことです。

なぜ、ニュースでトレードしてはいけないのか、それには次の2つの理由があります。

理由1 個人投資家はニュースを最後に見ている

いくらインターネットが発達し、情報伝達スピードが上がったとしても、個人投資家が世界で最も早くニュースを掴むことは不可能です。

どんなニュースでもライターが書いて初めて配信されます。ライターが情報を手に入れた時には、ビックトレーダーはすでにポジションを取るために動いています。

個人トレーダーは、ニュースを最後に見ているのですから、そのニュースに乗っかってトレードしようとすること自体、無謀なことです。

42950185_m

理由2 市場はニュースを織り込む

金融の有名な格言の一つに、「Buy the rumor,sell the fact」というものがあります。

これは「噂で買って事実で売る」という意味です。

多くのトレーダーが、何かイベントがあると噂を聞いた時点からポジションを仕込み始めます。

こういった動きは、よくニュースで、「市場は既に織り込んでおり・・・」などと表現されますが、市場が事実に先立ってファンダメンタルに反応することを意味します。

このため、たとえどんなポジティブなニュースだったとしても、材料出尽くしで、ニュースが発表された瞬間に価格が下がることもあるのです。

正直、市場がニュースをどれだけ織り込んでいるのかを測ることは不可能です。これが、ニュースでトレードすることが無理だという二つ目の理由です。

4.分析法の明確な違い

テクニカル分析とファンダメンタル分析、どちらも相場の現状とそこにある背景を把握し、将来の価格を予測するという目的は同じです。

しかし、その目的を達成するためのアプローチには決定的な違いがあります。

ファンダメンタル分析は、価格を動かす「需要と供給の関係」を分析することで、価格の予測を行う分析法です。

これは、需要と供給から導き出される本来的な価値を探る分析法で、その本来的な価値が市場価格より高ければ売られるし、安ければ買われるだろうと推測します。

価格を動かす根本的な”原因”に着目し、その原因を分析することで、今後価格がどう推移するか予測をするのです。

それに対し、テクニカル分析は、過去と現在の値動きを分析することで、”原因”がもたらす影響つまり、”結果”を分析するものです。

ファンダメンタル信奉者は、「結果を知るためには原因を知る必要があるだろう」と主張し、テクニカル信奉者は、「結果のみ知ればいいのだから、その原因は知らなくてもいい」と言います。

それぞれのスタンスには明確な違いがあります。

5.ファンダメンタルは使えない?

「チャートさえ見ていればファンダメンタルは必要ない。」ここまで見てきてあなたはその確信を強めているかもしれません。

もちろん、テクニカル分析だけで安定的に勝てていれば、何の問題もありませんが、私はFXトレードではファンダメンタルを完全に無視できないと考えています。

なぜなら、為替はファンダメンタルで動くからです。

ただ、ファンダメンタルを実際トレードにどう活かすのか、具体的にイメージができないでしょうから、ファンダメンタルをどう活用するべきなのか、ファンダメンタルを見る2つの視点をご紹介します。

71954481 - concept of competition with running businessman holding laptop

ファンダメンタルの2つの視点

視点1 為替の変動要因を知る

私がファンダメンタルを見る理由の一つは、為替の変動要因を知るためです。

為替の変動要因は、複数通貨をトレードしたときに役に立ちます。

例えば、コモディティー価格に連れて資源国通貨というグループで動く場合と各国の金融政策や経済指標など単独の国の通貨として動く場合があります。

例えば、オーストラリアドルとニュージーランドドルの2通貨をトレードしたい場合、資源国通貨として動いているのか、それぞれの国の要因として動いているのかによって、それぞれの見通しが変わってきます。

資源国通貨として動いているのであれば、為替の変動要因は同じなわけですから、価格も同じような動きをするでしょう。

ですから、どちらかの通貨に絞ってトレードするなど、戦略自体が変わってくるわけです。

為替の主な変動要因としては、次のとおりです。

・コモディティー価格
例えば、原油、金や銅など鉱石価格によって為替が動くことがあります。特にオーストラリアドルやカナダドルなど資源国通貨はその影響が大きいです。

・アメリカや中国の実体経済の状況
世界の経済の中心であるアメリカと中国の経済状況は為替に大きく作用します。中国と貿易量が大きいオーストラリアは特に中国の経済状況に左右されるため、中国の経済指標によってオーストラリアドルが動く場合があります。

・2国間の金利差
資金は、金利が少しでも高い方へ移動します。そのため、2国間の金利差は為替の変動要因となります。ドル円であれば、FOMCが決定するフェデラル・ファンド金利と日銀の金融政策決定会合が決定する無担保コール翌日物金利の誘導水準との金利差が意識されます。

・各国の金融政策の方向性
その国の中銀が金融緩和する方向であればその国の通貨は売られ、逆に金融引き締めの方向であれば、通貨は買われる傾向にあります。

・経済指標
経済の状況は、経済指標という形で数値化されます。数値がいいと経済がいいと判断され、いずれは金融引き締め、つまり利上げが意識され、その国の通貨が買われます。数字が悪ければ、その逆のことが起こります。

視点2 注目イベントやスケジュールの把握

私がファンダメンタルを見る2つ目の理由は、市場参加者が注目しているイベントやスケジュールを把握したいからです。

市場が注目している大きな経済ニュースや経済指標があると為替は一時的に大きく動きます。

どっちに転ぶかわからない、そんな時にポジションを持っているなら、ポジションを落とすという選択をするかもしれません。

市場が注目している経済ニュースや経済指標の発表スケジュールを把握できていれば、その直前にポジションを積み増したりしません。大きなポジションを持って、重要な経済指標の発表を待つことは、ただのギャンブルだからです。

もし、ポジションを持っていなければ、指標発表後にトレードしようと判断することもあるでしょう。実際、市場がイベントを消化して、方向性が定まってからエントリーしていくのがセオリーです。

167072141

また、短期トレーダーなら、時間による相場の特性を意識することは重要です。

例えば、東京時間は、一般的にボラティリティが小さく、基本的にレンジになる傾向がありますから、逆張り戦略がよくフィットします。

欧州時間は、ボラティリティが大きく、基本的にブレイクアウトする傾向がありますから、トレンドフォロー戦略がフィットします。

このように、時間帯によって戦略を使い分けることで、パフォーマンスは変わります。

デイトレードなど短期トレードでは、短期間に差益を抜く必要がありますから、時間による市場の特性を把握し、それを自分のトレード戦略に取り込む意識がとても大切です。

6.まとめ

テクニカル分析とファンダメンタル分析、それぞれの分析法や両者の違い、ファンダメンタルをトレードに生かす視点も説明してきました。

分析法としてどちらが優れているかということではなく、どちらにも特徴があり、トレードに生かせる面を持っています。それぞれの特性を生かし、どうすれば自分のトレードがより良くなるかを考えるべきです。

ファンダメンタルはチャートに織り込まれますが、チャートだけを見ていてもわからないことはあります。日々のルーチンとしてFX業者が提供する経済ニュースや経済レポートには目を通しておくべきでしょう。

テクニカル分析、ファンダメンタル分析。この2つの分析法の精度を高めることで、必然的に相場を深く理解することができ、より精度の高いトレードができるようなります。

参考にしてもらえたら幸いです。

33594219_m
最新情報をチェックしよう!