注目の記事 PICK UP!

90%の人がFXで失敗?その理由を考えてみた

Young alcoholic man

”FXを始めた9割の人が負けている”

あなたもこんなことを聞いたことがあるのではないだろうか。

  • なぜそんなに負けるものなの?
  • そんな負けに偏るわけがない!

反応はいろいろあると思うが、もし、この話が本当であれば、なぜそんなに負けに偏りが出るのだろう?
個人的に案外そうなのかもしれないと思うところがあるので、今回はその理由を少し説明していきたい。

1.トレーダーの3つのステージ

私は、トレーダーには上級者、中級者、初級者の3つのステージがあると考えている。つまり3つの人種がいる。主観が入った分類だが一つの考え方として聞いてもらいたい。

1-1 上級者

上級者は、プロを含めた市場参加者の10%以下の人々だ。毎年利益を上げ、次の要素をすべて持ち合わせている。

  • 手法・・・自分の手法を確立し、それが実際に機能している
  • メンタルコントロール・・・トレード中の自分の精神状態を客観視できる
  • ポジションサイジング・・・トレードで持つべき最適なポジションサイズを判断できる
  • 判断力・・・トレード判断が早く、正確である
  • 自己規律・・・自分のトレードルールをしっかりと持っていて、それを必ず守ることができる
  • 謙虚さ・貪欲さ・・・過去のトレードを検証し、次のトレードに活かすことができる

1-2 中級者

中級者は、短期的に相場環境が手法と合致すれば勝てる時期もあるが、結局、年を通じて負ける。もしくは、収支がトントンで資金がなかなか増えない。

これは、上級者が持っている要素のどれかが欠けているのが原因だ。

トレードの知識はあるが、なかなか結果がついてこない。ただ、中級者というのは、いわば上級者候補生だ。トレードを続けていればいずれ上級者の仲間入りとなれるが、ほとんどの場合、そこまで資金とモチベーションが続かず撤退してしまう。

1-3 初級者

初級者は、上級者が持ち合わせている要素のどれもない状態だ。知識もないため、とりあえず知識をつける段階。もちろん、誰もがここからスタートする。

2.人間の成長曲線とブレイクアウト

growthcurve上のチャートは、レンジからのブレイクアウトのチャートだが、これは人の成長曲線とよく似ている。

2-1 もみ合いの期間

人は何も成果がない期間を耐えることができない生き物だ。

永遠とその期間が続くような気がして、自分のやっていることが本当に正しいのか不安になってしまうものだ。だから、どうしてもすぐ目先の結果を求めようとしてしまう。

これは、FXだけではなく、ビジネス、勉強、スポーツなんでもそうだ。

だが、人の成長にはこの”結果が出ずもがいている期間”というものが絶対必要だ。いわゆる下積み時代だ。

一般的にブレイクアウトはもみ合いの期間が長ければ長いほど大きいものになる。どんなスキルだとしてもそれは同じだ。高度なスキルであればあるほど下積み期間は長くなる。

2-2 ブレイクアウトは突然に

長いもみ合いの期間を経て、突然ブレイクアウトが起こる。これまでの停滞がウソのように一気に成長するのを体感する。人の成長の場合、これを”ブレイクスルー”とも言ったりする。

2-3 ブレイクアウトの2つのカギ

ブレイクアウトにはどうしても時間が必要だ。

ブレイクアウトするまで続けられるかどうかのカギは「資金」と「モチベーション」。

つまり、この2ついずれかが無くなってしまうと、ブレイクアウトが起こる前に撤退してしまうことになる。いかに、「資金」と「モチベーション」を維持し続けるかが実はかなり重要なカギとなる。

3.確実にブレイクアウトを起こすためには

Fotolia_99119980_Subscription_Monthly_M確実にブレイクアウトを起こすためには、次の4つの要素が必要となると考えている。

3-1 上級者にある思考・習慣を持つこと

上級者が持っている要素の中で自分に足りていないものを見つけ、それを身に着ける努力をすることだ。上級者の真似、いわゆるモデリングだ。上級者にあって自分にないものを明確化し、それを体に染み込ませるまで量をこなす意識が大切となる。

3-2 資金を十分準備すること

fxでは、最終的にほとんどの人は資金がなくなることで撤退する。資金さえあればいつか芽を出すチャンスが必ずある。大きな資金を用意すること、そしてそれを絶対に減らしてはいけないという意識を持つことが大切だ。

3-3 資金に対してポジションを十分小さくすること

勝てない時期はあくまでも、修業期間である意識が必要だ。

修業期間だから当然ポジション量は小さくするべきだ。資金を減らさないことで市場に残る可能性は高まる。

3-4 昨日の自分が今日の敵

最後に、「モチベーション」の問題があったが、これについて少し考えてみたい。

なぜ、

  • トレードを続けられなくなるのだろうか?
  • モチベーションが低下してくるのだろうか?

これは、なかなか勝てないと、

  • 所詮素人には無理なのではないか
  • 本当はFXで勝つのは無理なのではないか

といった疑念が湧いてくるからだ。

なぜ、このような疑念が生まれてくるのか考えてみると、今までの人生でゴールが見えるものしかやってこなかったからではないだろうか。

例えば、勉強であれば、この範囲を勉強すれば点数が上がる、授業をしっかり聞いていれば点数がもらえる。スポーツであれば、身近にうまい人がいれば、同じ練習をがんばっていればああいうふうになれる。など。

  • やってもやっても出口が見えない
  • 周りにやっている人もいないし、うまくなっている実感も湧かない

これが原因ではないだろうか。これまで、手さぐりでやって、結果を出した経験がないからだ。

小さなトライ&エラーを繰り返し、それを一つ一つ潰していき、昨日より確実に成長していることを体感する

こういった自分なりの工夫をしていくことしかないのではないだろうか。つまり、昨日の自分を評価指標とするマインドが大切になってくる。

4.まとめ

fxの世界に参入したばっかりのプレーヤーはいわばレベル1の状態だ。

そして、その参入した世界は、自分よりもレベルが高い人たち(敵)しかいない、弱肉強食のシビアな世界。

初心者はいわゆる”カモ”であり、被食されるために存在しているようなものだ。初心者はそんな中で、自分の資金が尽きないよう、資金を守る術を学び、利益を得る術を学び生き延びていき、最終的に捕食者になっていく必要があるわけだ。

この生き延びる時間が長ければ長いほど、被食されない術、捕食する術を学ぶ時間を稼ぐことができるので、撤退する確率は低くなる。

この生き延びる時間を左右するのがこれまでお伝えしてきたように、「資金」と「モチベーション」だ。

  • 勝てる人は、トレードを続けることができて、その過程で資金を守る術を学び、市場から撤退する可能性がどんどん低くなるが、数は当然少なくなる。
  • 負ける人は、トレードを続けることができず、資金を守る術を学べないまま、簡単に撤退していくから数としては圧倒的に多くなる。

これが、9割が撤退という数字が、あながちそんなすごい数字ではないのではないかと思う理由だ。

ぜひ、勝ち組に入るため「資金」と「モチベーション」の維持を意識してトレードに挑んでもらいたい。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  2. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  3. New York

    ファンダメンタルをFXのトレードで活かす2つの視点

  4. FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

    FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

  5. 46806338 - hands holding digital tablet pc and touching with finger in sunlight

    投資効率を最大化する正しい損切り(ロスカット)の知識のすべて

  6. Secret conversation

    いまさら聞けない!fxのレバレッジについてまとめ

  7. Little boy watching the end of the world

    要注意!!スワップポイント狙いの恐ろしい3つのリスク

  8. Man stand near beach looking at sunset, peaceful water level

    相場を10倍深く理解するファンダメンタル分析入門

  9. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman

    誰も教えてくれなかった!移動平均線の使い方のすべて

PAGE TOP