234601241

トレンドに乗れ!

あなたも恐らくトレードを始めて以来、こう教えられてきたのではないでしょうか?

確かに、偉大なトレーダー達もそう言っていますし、名著と呼ばれる古典でもそう書かれています。まして、トレンドが発生しやすい為替なら、なおさらトレンドフォローで入っていくべきでしょう。

しかし、実際にあなたのトレンドフォローの勝率はどうでしょう?自分が思ったような勝率になっていますか?

単純にトレンドに乗れと言われても、闇雲にポジションを取って勝てるわけではありません。

トレンドフォローは、長期足と短期足によって相場を俯瞰するマルチタイムフレーム分析と長期的な流れには沿いつつも、短期的な流れには逆らう逆張り思考が必要となります。

この記事では、これらを意識したトレンドフォロー手法をご紹介します。

最後まで読んでいただくことで、マルチタイムフレーム分析を使ったトレードの流れや思考を掴んでもらえるはずです。

ぜひ、最後までお付き合いください。

1.狙うべき相場環境と一連の流れ

では、さっそくこの手法で狙うべき相場環境と流れを見ていきましょう。

1-1 中長期足がトレンド発生している場面

まずは、中長期足でトレンドが発生している場面を狙います。下のチャートを見てください。

trend-trendfollow01

上昇トレンドが続いていて、後半若干もみ合ってはいますが、最終的にはレジスタンスラインをブレイクアウトしたという場面です。

この場面を狙っていきます。

1-2 ブレイクアウト後調整し、チャートポイントに到達

中長期足でブレイクアウトの後に調整が入り、チャートポイント(下のチャートではブレイクライン)に到達した場面を短期足で狙っていきます。

trend-trendfollow02

1-3 短期足でチャートポイントでの詳細な挙動を確認していく

中長期足のチャートポイントに達したら、時間軸を短期足に移し、細かい値動きを見ていきます。

短期足にすることで、細かい節目やローソク足の細かい挙動を確認することができ、エントリーポイントをより明確にすることができるのです。

trend-trendfollow03

1-4 短期足でタイミングを計ってエントリー

そして、タイミングを計ってエントリーしていきますが、次の3つエントリーポイントがあります。

  1. チャートポイントタッチ
  2. 短期足のトレンドの否定
  3. 短期足トレンドフォロー

①「チャートポイントタッチ」は、リスクを選好し、利幅を取りに行くエントリーポイント、③「短期足トレンドフォロー」はリスクは低いですが、利幅はとれないエントリーポイントになります。

trend-trendfollow04

これらのタイミングのうち、どれを選ぶのかは、中長期足のトレンドの強さとチャートポイントの強さを総合的に判断する必要があります。

どのタイミングでエントリーしたとしても間違いということはありません。リスクをとるか、利幅をとるかそれぞれ一長一短なのです。

2.エントリータイミング

3つのエントリーポイントについて、それぞれ詳しく説明していきましょう。

2-1 チャートポイントタッチ

最初に「チャートポイントタッチ」です。

チャートポイントタッチと表現していますが、下のチャートのようにタッチしない場合もありますし、チャートポイントを貫通して行き過ぎてしまうこともあります。

ですから、具体的なエントリーの方法としては、チャートポイントの付近に指値を置くことです。

反発の兆候を確認しないまま指値で拾うわけですから、落ちるナイフを掴む感覚に似ています。

リスクを選好するこのタイミングは、中長期足のチャートポイントが強力である場合に限ります。

ここでいう強力とは、

  • 重要な価格(ドル円で言うと100円など市場が意識している価格)
  • 中期足、長期足など複数の時間足のチャートポイント

など、ラインが市場に意識されてかなり機能しやすい状況という意味です。

反発の根拠が多く、高確率で反発しそうなラインなのであれば、リスクを取って指値でエントリーするこのタイミングで入ってもいいでしょう。

trend-trendfollow05

このタイミングで入るメリットは、大きな利幅が取れることです。指値を入れておくことで、約定した瞬間に利益が乗っていることがあります。

逆にデメリットとしては、損切りを設定しづらいことでしょう。

ブレイクアウトには、ダマシ多いので損切りまである程度バッファーゾーンを持つのが定石です。

そして、チャートポイント付近には新規注文、決済注文(損切りを含む)が並んでいますから、一度抜けると値が大きく伸びます。

そのため、損切りはどうしても離して設定しなければならず、リスクリワード比が悪くなってしまうのです。

このエントリータイミングを採用する場合は、

  • 水平ライン(チャートポイント)が機能せず、そのまま突き抜けてしまうこともある
  • 損切りの設定が難しく、損切りラインまで離れてしまう傾向がある

この2点をしっかりと頭に入れておきましょう。

このエントリーは、中長期の強いレジスタンス(サポート)ラインが機能するという前提で成り立っています。しかし、実際に機能するかどうかは、そのときになってみないとわかりません。

ですから、トレードが成功するかどうかは、トレード前にどれだけ多くの根拠を集めることができるかにかかっています。

うまく指値で拾うことができれば、中長期足のトレンドに沿うかなりいいポジションを手に入れることができます。

2-2 短期足のトレンドの否定

次に「短期足のトレンドの否定」です。

「トレンドの否定」と言われてもピンとこないかもしれません。ダウ理論上のトレンドが否定されたという意味です。

ダウ理論については、こちらの記事にまとめていますから、トレンドの定義が曖昧なのであれば、まずはこちらを確認してみてください。

では、進めていきます。下のチャートを見てください。

trend-trendfollow07

長期足のチャートポイントに達して反発したことで、短期足の下降トレンドが否定された状態です。

この後の初押しをタイミングを計ってエントリーしていきます。

短期足で、

  • ブレイクライン(短期下降トレンドを否定したライン)
  • MA20(ボリンジャーバンドのミドル)

これら2つのうちどちらか一つ、もしくは、重合点で反発、再上昇するときを狙ってロングエントリーします。

このエントリーポイントでは、先ほど説明した指値のエントリーよりも、下降トレンドの否定を確認している分、安全度が増していることがわかるでしょうか?

先程のタイミングが落ちたナイフを掴むようなものだとしたら、こちらは落ちたナイフが床に刺さったのを確認してから拾い上げる感覚です。

底が明確な分、損切りも狭くすることができます。

2-3 短期足トレンドフォロー

次が「短期足トレンドフォロー」です。下のチャートを見てください。

trend-trendfollow06

先程の2-2「短期足のトレンドの否定」の状態からさらに一段上昇した状態です。

短期足では、ダウ理論上の上昇トレンドに切り替わっているのが分かるでしょうか?短期足の下降トレンドを否定し、上昇トレンドに切り替わっています。

2-2「短期足のトレンドの否定」と同様、短期足で

  • ブレイクライン(短期下降トレンドを否定したライン)
  • MA20(ボリンジャーバンドのミドル)

これら2つのうちどちらか一つ、もしくは、重合点で反発、再上昇するときを狙ってロングエントリーしていきます。

このエントリータイミングのメリットは、短期足が上昇トレンドになるまで待っているため、より安全であることです。

また、安値が明確ですから、損切り幅を狭くできるというメリットもあります。

ただ、安全度は高まりますが、短期足の上昇トレンド確定まで待つ分、利幅が少なくなるというデメリットがあります。

3.エントリーの根拠

この手法でのエントリー根拠は次の3つです。

3-1 中長期足でトレンドが発生している

短期的には逆張りに見えますが、中長期足のトレンド方向に沿ったエントリーをしていますから、トレンドに乗ったトレードであり、優位性があると言えます。

3-2 中長期足のレジスタンス(サポート)ライン

サポートラインは、価格を上に弾きやすく、レジスタンスラインは、価格を下へ弾きやすい性質を持っています。

先程のケースでは、中長期足のサポートラインの直上ですので、上に反発しやすい相場環境にあります。

3-3 短期足でトレンドが否定されている(2-1を除く)

2-2「短期足のトレンドの否定」、2-3「短期足トレンドフォロー」では、短期足でダウ理論の「下降トレンドの高値安値の切り下げ」を否定しています。

そのため、長期足の調整が終わる可能性ある場面で、長期足のトレンドに沿ったかなりいいポジションに乗れる可能性があるのです。

3-4 短期足と長期足のトレンドの一致(2-3の場合)

2-3「短期足トレンドフォロー」は、短期足のトレンド転換を待ってからのエントリーとなりますから、短期足と長期足のトレンドが一致した最高の状態でエントリーすることができます。

4.3つのエントリータイミングの共通点

  1. チャートポイントタッチ
  2. 短期足のトレンドの否定
  3. 短期足トレンドフォロー

実はこの3つのエントリータイミングには共通点があります。

それは、短期足で押し戻しを待ってエントリーしていることです。

ロングであれば押しを待ち、ショートであれば戻しを待つ。短期的には逆張りで攻めること、これがトレードにおいてはとても重要です。

負ける人の多くは、気持ちが焦ってしまい、値が伸びたところでエントリーしてしまいます。

含み損を抱えることが多くなるだけではなく、損切り幅も広くなりますから、必然的に持てるポジション量も少なくなります。

厳しいようですが、これをやっている限り、勝つことは難しいと考えてください。

5.増し玉のススメ

エントリータイミングが3つもあれば、どれがいいのか迷ってしまうと思います。しかし、必ずどれか一つを選ばなければならないというわけではありません。

例えば、持てるポジション量の1/3ずつをそれぞれのタイミングで執行していくのも実は有効な方法です。

例えば、①の指値注文が約定したとしましょう。

逆行したら①は損切りとなります。損失額は1/3。ですが、その後想定どおり上昇したら、②でポジションの1/3をロング、③で残りの1/3をロングしていくのです。

この方法は、自分の想定の逆へいった場合の損失は小さくでき、想定どおりの方向へいったらポジションを積み増すという非常に合理的な方法です。

この方法は私も使うことがありますし、非常に有効な方法だと思います。

6.利食い

利食いは、トレードスタイルによってタイミングが異なります。

例えば、ポジションをあまり長く持たないトレードスタイルだとすれば、短期足ベースで利食いを設定します。

短期足で利食いのポイントを探すのです。

trend-trendfollow08

ポジションを長い持つトレードスタイルなら、長期足で利食いのポイントを探すことになります。

trend-trendfollow09

7.損切り

エントリーの根拠がなくなるポイントが損切りポイントになります。そのポイントを明確に切ってきたら、すぐに損切りします。

8.まとめ

さて、ここまでトレンドフォローという観点から、長期足から相場全体を見渡し、今どのような状況にあるのかを俯瞰して見た上で、短期足でどうエントリーしていくのか、その考え方と流れを確認してきました。

闇雲にトレンドに乗ろうとしても、それはうまくいきません。

繰り返しになりますが、トレンドフォローは、長期足と短期足によって相場を俯瞰するマルチタイムフレーム分析と長期的な流れには沿いつつも、短期的な流れには逆らう逆張り思考が重要になります。

あなたのトレンドフォロー手法のヒントになれば幸いです。

234601241
最新情報をチェックしよう!