Proud Businessman

【FX手法】レンジ環境における高勝率トレード手法

レンジ内のトレードは苦手、、、

案外そういう人がいるのですが、もしかしてあなたもその一人でしょうか?

しかし、レンジは相場の7割を占めると言われています。そう考えると、レンジの状態が相場のほとんどと言えるでしょう。そんなレンジ環境においてのトレードが苦手だということは、得られるべき収益を取り逃がしている、つまり、大きな機会損失になっているということです。

実は、レンジはその規則性を把握できさえすれば、トレードしやすい環境です。特に水平レンジ(レクタングル)は頻出する上、わかりやすく非常にトレードしやすいパターンの一つです。

この記事では、中長期足でレンジ環境下にある場合の高勝率なトレード手法を紹介します。レンジ内のトレードが苦手意識を持っているあなたにもきっと役に立つはずです。

1.狙うべき相場環境と一連の流れ

では、さっそく今回の手法で狙うべき相場環境とトレードの一連の流れを見ていきましょう。

1-1 中長期足でレンジとなっている場面

この手法は、中長期足でレンジとなっている場面を狙います。

そのために、まずはチャートに水平ラインを引いてみましょう。水平ラインの引き方が分からない、もしくは、どんな場所に引けばいいかわからないという場合は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ラインを引くポイントとしては、何度も価格が反応していて、そこが抜けにくい壁があるとマーケットに認識されているかどうかです。

レンジ環境下では、レンジ上限ではショート、レンジ下限ではロングしていくのが基本戦略になります。レンジ内のトレードでは、このレンジ上限下限に価格が近付くのをひたすら待つことが仕事になります。

range-trade01

1-2 中長期足のレジスタンス(サポート)ラインに接近

下のチャートの丸で囲んだ部分は、レンジとなっている環境下で、サポートライン(レンジ上限)に到達した場面です。この場面を短期足チャートでタイミングを狙っていきます。

range-trade02

1-3 短期足で詳しい挙動を見ていく

下のチャートは短期足のチャートになります。

短期足でレジスタンス(サポート)ライン付近でのローソク足の挙動を詳しく見ていきます。短期足で見ることで、細かい節目やローソク足の挙動が分かりやすくなります。

range-trade03

1-4 タイミングを計ってエントリーしていく

そして、いよいよエントリータイミングを計っていきます。ここでは次の3つエントリーポイントがあります。

  • ①チャートポイントタッチ
  • ②短期足のトレンドの否定
  • ③短期足トレンドフォロー

上に行くほどリスクを取って、利幅を取りに行くエントリーポイントになります。

エントリータイミングとしてどれを選ぶのかは、中長期足のレンジの水平ラインがどれだけ機能しているか、そして、ほかの時間足のチャートポイントなど全体的な相場環境によって決めていく必要があります。

下のチャートが①~③のそれぞれのエントリータイミングです。

range-trade04

もうお気づきだと思いますが、このエントリータイミングは、「トレンド環境下におけるトレード手法」とまったく同じです。違うのは、中長期足が”トレンド環境”であるか”レンジ環境”であるかの違いだけ。もう忘れてしまったという方は、次の記事で再度確認してください。

2.エントリーの根拠

この手法でのエントリーの根拠は次の3つです。

2-1 レンジの性質

レンジは、上限に行けば行くほど価格が下落しやすく、下限に行けば行くほど価格が上昇しやすいという性質があります。中長期足でレンジということは、レンジ上限でショート、下限でロングすることに優位性があると言えるでしょう。

2-2 中長期足のレジスタンス(サポート)ライン

中長期足でのレジスタンス(サポート)ラインでは短期足ベースで価格が反発しやすいという性質があります。なぜなら、レジスタンス(サポート)ライン付近では逆張りによる新規注文と決済注文が出やすいからです。

2-3 短期足でトレンドが否定されていること(「①チャートポイントタッチ」を除く)

上のチャートの例で言うと、①から②の間でダウ理論での上昇トレンドの高値安値の切り上げを否定しているのがわかるでしょう。そのため、短期足でトレンドが終わったことを確認して、中長期のレンジの逆の方向へ向かうかなり早い段階でポジションを保有することができます。

3.利食いと損切り

利食いに関しては、トレードスタイルによって変える必要があります。ポジションを保有し続ける場合、中長期足の上限下限を狙うなど、中長期足ベースに利食いを設定します。もし、短期勝負をするのであれば、短期足ベースで利食いを設定します。

損切りはエントリーの根拠がなくなるポイントを明確に割ってきたら執行するようにしましょう。

4.成功率を高めるために

ここでは、少しでも成功率を高めるための方法を説明していきます。

4-1 短期足では必ず押し戻しを待つこと

短期足でエントリーしていく場合、必ず押し戻しを待つようにしましょう。結局、伸びたところに乗っかっていってしまう人が振り落とされ、損切りとなります。この負け組のグループを外から静観し、その人たちが振り落としされてからポジションを取っていくような「人と少しタイミングをずらせる天邪鬼」がトレードでは勝てるのです。

range-trade05

4-2 増し玉をしていこう

3つのエントリーのどれがベストかはそのときの相場状況によります。そこで、是非おすすめしたいのがポジションを分割してエントリーしていくことです。

例えば、サポートライン(レジスタンスライン)に到達したらまず1/3のポジションを保有し、想定通り相場が動くごとに1/3ずつポジションをとっていくのです。こうすることによって、思惑に反して逆行した場合は損失を最小限にでき、思惑どおりにいってもしっかりとポジションを持つことができるのです。

range-trade06

5.まとめ

さて、この記事ではレンジ環境におけるトレード手法を紹介してきました。トレンド環境下でのトレンドフォロー手法については別の記事で説明していますが、この手法はエントリーの仕方はほとんど同じで、トレードする相場環境が違うだけだということがわかってもらえるでしょうか?

この2つの記事を通してお伝えしたいことは、

  • 全体的な相場環境を把握することが最も重要であること
  • 今相場がどんな秩序で動いているのか俯瞰して見ること
  • エントリータイミング自体はさほど重要ではなく、狙うべき方向と狙うべき場所が大切

ということです。

トレードする上で、最も基本的で、最も重要なことです。ぜひ毎トレードしっかりと意識してマスターしてください。

トレードの本や教材は嫌と言うほど買ったし、毎日勉強しているのに全然成果が出ない・・・

「もしかして自分には無理なんだろうか・・・」と諦めかけているあなたにお知らせです。

約3か月間みっちりトレードの基礎からトレードスキルを学ぶ特別講座をやってます。

今なら誰でも無料で参加できます。
12週間FXトレード通信講座に無料で参加する

関連記事一覧