注目の記事 PICK UP!

【FX手法】ブレイクアウト環境下での高勝率トレンドフォロー

Blond businessman listening to music

ブレイクアウトが起きた時、あなたはどんなトレードをしていますか?

ブレイクアウトは、一定の価格帯から値が飛び出すことで、短時間で大きく値が動くことから、一般的にトレードチャンスであると言われています。

確かに差益を取るトレードにおいて、大きく値が動くブレイクアウトはまさにトレードチャンスであり、この相場環境の中で機能する手法を持っていると大きなアドバンテージになるでしょう。

しかし、実は、ブレイクアウト手法は勝率が低く、リスクもあるもの。ブレイクアウトの特性を理解していないと、損失を出してしまうこともあります。

この記事では、まずはブレイクアウトの特性を理解していただき、ブレイクアウトの場面でぜひ使ってもらいたい高勝率トレンドフォロー手法を紹介します。

この手法は、非常に機能しやすく、相場の原理原則に則ったものですから、あなたの強力な武器になるはずです。

では、さっそく説明していきましょう。

1.ブレイクアウトの5つの特性

手法を説明する前にまず、ブレイクアウトが持つ特性について、理解しておく必要があるでしょう。

ブレイクアウトには次の5つの特性があります。

1-1  そもそもブレイクアウトはしづらい

相場は、ブレイクアウトが発生するまでレンジを形成しています。

相場は一旦トレンドが発生すると、継続する性質を持っていますが、これは、レンジについても同様のことが言えます。レンジである場合、基本的にはそのままレンジが継続する可能性が高いのです。

ですから、ブレイクアウトすると思っても、多くの場合ダマシとなって戻されることがほとんどで、ブレイクアウトするまさにその瞬間に乗っていくような手法は、勝率が低いのです。

ただ、ブレイクアウトする確率自体は低いのですが、ブレイクアウトに乗ることができれば、大きな利幅をとることができます。

1-2 値は伸びれば必ず戻す

相場は、上下に波を描いて動いています。

例えば、買われたことで上へ値が伸びると、その後、その買いに決済注文が入り、値は下へ戻していきます。

この押し戻しがあるため、値が伸びた瞬間にポジションを持ってしまうと、高値・安値掴みをしてしまい、含み損を抱えてしまいます。そして耐えきれず損切りした後に思惑どおりの方向へ向かうという悲劇が起こるのです。

これは、相場が持つ特性の一つで、詳しくはこちらの記事にまとめているので確認してみてください。

1-3 スプレッド拡大のリスク

ブレイクアウトは、なんらかの要因によって、一瞬で価格が大きく動くことです。その要因というのは、その時の場合によって違います。テクニカル的な要因かもしれないし、ファンダメンタル的な要因かもしれない。

いずれにしても、ブレイクアウトの場面では大きく一瞬で価格が動くため、スプレッドが拡大します。つまり、まさに今ブレイクアウトするという瞬間に成り行き注文で乗っていく場合、自分の想定よりも不利な価格で約定する可能性があります。

1-4 ブレイクアウト後はトレンドが発生する可能性が高い

レンジは、買いの力と売りの力が均衡している状態です。

ブレイクアウトとは、この売りと買いの均衡が破られる場面です。売りと買いのパワーバランスが一旦崩れると、勝った方のトレンドが発生する可能性が高い傾向にあります。

1-5 ブレイクアウト後には余波がある

ブレイクアウトを第1波とすると、ブレイクアウト後には、第2波、第3波と継続して波が発生します。

その波は、値を更新していくごと徐々に小さくなっていき、最終的には横這いになり、レンジとなります。第1波(ブレイクアウト)後の第2波は、トレードには十分な値幅であり、実は最もトレードに向いている場面です。

2.ブレイクアウト環境下での高勝率トレンドフォロー手法

さて、これまでブレイクアウトの特性を見てきましたが、ブレイクアウトの瞬間を狙う手法は、値が大きく動く場面であるため、差益は獲りやすいものの、

  • ブレイクアウトが発生する可能性は低い
  • いつブレイクアウトが発生するかわからない
  • 外した時のリスクが大きい
  • スプレッドが拡大する可能性がある

という問題があり、実はブレイクアウトの瞬間を取りに行く手法は、あまりおすすめできません。

ブレイクアウト直後の「第2波」を狙っていくのが高勝率を狙うトレーダーが取るべき選択であり、それがこの記事でお伝えするトレンドフォロー手法です。

では、いよいよ手法の説明をしていきます。相場の環境認識からエントリー・決済までの一連の流れを見ていきます。

2-1 相場環境と狙うべきエリア

この手法で狙うべき相場環境及びエリアは次のようなものです。

2-1-1 中長期足のブレイクアウトが発生

breakout-fxshuhou01

中長期足のレジスタンス(サポート) ラインのブレイクアウトを待ち、その直後を短期足で狙っていきます。

ここで大切なのは、「中長期足のラインをしっかりとブレイクアウトしたという事実を確認すること」です。

2-1-2 ブレイクアウト後の調整(短期足)

breakout-fxshuhou02

上の短期足チャートをご覧ください。この短期足でエントリーを執行していきます。

中長期足のレジスタンスラインを上にブレイクアウトし、短期足でブレイクアウト後の価格の調整が起こっている状況です。

赤枠で囲んだエリアで再上昇の動意を注意深く監視していきます。この段階で、上にブレイクアウトしたから、”買いで入る”ということをもう心に決めている状態です。

あとは、”どのタイミングで買うか”です。”再上昇のきっかけ”を待って、価格の動きを注意深く観察していきます。

2-1-3 価格が再上昇する場面

  • レジスタンス(サポート)ラインの反発
  • MA20(ボリンジャーバンドのミドル)の反発

この2つを根拠にエントリーしていきます。

これら、”どちらか一つ”もしくは、これらが重なった”重合点”で反発して再上昇するタイミングを狙い、ロングエントリーしていきます。

大事なのことは”反発し、再上昇する動意が見られること”を確認してからエントリーすることです。

この例に挙げたチャートでは、サポートラインまで落ちてこない調整をしています。このような横軸の調整である場合、MAタッチで上に跳ね上げられる傾向にあります。このケースでは、MAで反発した足を確認してからロングしていきます。

breakout-fxshuhou03

2-2 エントリーの根拠

この手法でエントリーしていく根拠を今一度ここで整理します。

2-2-1 レジスタンス(サポート)ラインを抜けたという事実

レジスタンスラインをブレイクアウトすると、そのラインは、サポートラインに切り替わります。

これは、レジサポ転換(サポレジ転換)と言われていて、ブレイクアウトしたことによって、市場参加者の目線が一つ上に切り替わったことを意味します。

目線が上に一つ上がるため、押しが発生し、レジスタンスラインに価格が近づけば近づくほど、買いに優位性が出てきます。

2-2-2 ブレイクアウトの余波

ブレイクアウトは、レンジで蓄積されたエネルギーを一気に放出することです。

そして、このエネルギーの放出は、レンジが長ければ長いほど大きく、そして、大きければ必ず第2、第3と余波が伴います。基本的には、第1波よりも第2波の方が小さいのですが、第2波でも十分にトレードできる値幅であり、不確実な第1波ではなくより確実な第2波を取りにいきます。

2-2-3 MA20の反発

移動平均線(ボリンジャーバンドのミドル)は一度上抜けると、サポートラインのように価格を支える機能があり、下抜けると、レジスタンスラインのように価格を抑える機能があります。

そのため、一度上に抜けると移動平均線で反発する確率が高いのです。

これら3つが、このロングエントリーの根拠となります。このように、一つ一つエントリーの根拠を積み重ねていく意識がとても大切です。

次に利食いについて見ていきましょう。

2-3 利食い

この手法でエントリーした場合、利食いのタイミングとしては、次の2つの選択肢があります。

  • 執行足の直近高値・安値
  • 中長期足のチャートポイント

今回例示した短期足チャートでは、ほぼ高値のまま推移した調整が起こっていました。そのため、執行足の直近高値は利食いのラインとしては十分な値幅を取れません。

そのため、中長期足のチャートポイントがターゲットになってきますが、この例示したケースでは、日足、週足とターゲットがなかったため、月足で一番近いチャートポイントとなっています。

このようにターゲットがない場合、どんどん上位足に移していきターゲットを探す必要があります。

breakout-fxshuhou04

下のチャートは、短期足で見たターゲットのラインです。

breakout-fxshuhou05

2-4.損切り

損切りは、エントリーの根拠が崩れるところに置くのが基本です。

今回の場合、

  • レジスタンス(サポート)ラインを抜けたという事実
  • ブレイクアウトの余波
  • MA20の反発

この3つがエントリーの根拠ですから、その少し下に設定することになります。

breakout-fxshuhou06

2-5 注意点

この手法を使う場合は次の4つの注意点があります。

2-5-1 しっかりとしたブレイクアウトであること

しっかりとブレイクアウトしたことを確認することが条件です。つまり、ブレイクアウトが大きなエネルギーの放出を伴ったものであることが条件となります。

長いローソク足でブレイクアウトしているかどうかが重要なのです。

なぜなら、誰の目から見ても抜けたと認識できれば、多くの市場参加者に心的バイアスがかかり、チャートポイントがより機能しやすくなるからです。ローソク足が長いかどうかの判断は、あくまでもそれまでに形成してきた足との相対的な比較になります。

2-5-2 ブレイクアウト後の初回押しであること

また、ブレイクアウト後の初回の押しであることが重要です。時間の経過とともに、ブレイクアウトの余韻は小さくなっていき、逆行リスクが高まります。

2-5-3 押し戻しの波形をよく見ること

価格の押し戻しが急激すぎないことも大切です。

調整が起こる際に、足の長さが大きく、短時間で戻ってきている場合、再度上昇(下降)するために大きなエネルギーが必要となります。

逆に足の長さが短く、緩やかである場合、ブレイクアウトした方向へ再び価格が向かいやすい傾向にあります。

2-5-4 点ではなく面で捉えること

どこで再上昇(下降)するのかは誰にもわかりません。一点を当てることは、非常に難しいのです。

ですから、点ではなく、面で捉えるイメージが大切です。反発の可能性が高いエリアを特定し、そのエリア内で想定した動きになった場合、エントリーしていく意識が重要です。

また、面で捉えるわけですから、損切り幅はある程度余裕を持っておく必要があります。

3.まとめ

さて、この記事ではブレイクアウトの特性とおすすめの高勝率なトレンドフォロー手法についてお伝えしてきました。

この手法は、相場の普遍的な原理を利用していますから、どんな時間軸でも、どんなトレードスタイルでも応用が利きます。手法そのものをそのまま採用しなくても、手法の考え方や思考をあなたのトレード戦略の中に組み込んでもらえたらうれしいです。

関連記事

  1. Desaturated conceptual image of victory, power and success

    【FX手法】トレンド環境における高勝率トレード手法

  2. equity investment

    【FX手法】セリングクライマックス直後の高勝率逆張りトレード手法

  3. Proud Businessman

    【FX手法】レンジ環境における高勝率トレード手法

  4. 30344877_m

    ボリンジャーバンド5つの形状パターンと高勝率逆張り手法

  5. Longboarder

    【FX手法】ブレイクアウト直後の高勝率逆張り手法

PAGE TOP