注目の記事 PICK UP!

FXで勝率100%の聖杯は存在するのか!?トレードで持つべきたった1つの視点

43388385_m

どれだけバックテストを繰り返していても・・・
どれだけトレードの勉強しても・・・

トレードで勝てない!

もしかして、あなたは、最高の手法を探し、本や商材を買い漁り、毎日夜遅くまで勉強したり、ボリンジャーバンド、移動平均線、MACD、ストキャスティックス、RSI、ATR・・・そんな膨大な数のインディケーターから最適な組み合わせ、期間を考え、頭を悩ませているかもしれません。

そして、より大きく、より確実に勝てる手法の開発に一生懸命なのかもしれません。

確かに、トレードで生き残るためには、自分のトレーディングルールの確立はもちろん必要ですし、そのための勉強やバックテスト&改善の試行錯誤は当然すべきことだと思います。

しかし・・・

トレードに「絶対の答え」は、ありません。

どこを探しても、

  • 正しいエントリー
  • 正しい利食い
  • 正しい損切り

そんなものはないのです。

もし、あったらとしたら・・・市場は成り立たなくなるでしょう。45104968_m

なぜなら、為替マーケットは、「ゼロサムゲーム」だからです。ゼロサムとは総和や合計はゼロになるということ。

ですから、10儲ける人がいたら、世界のどこかで10損する人が必ずいます。

為替は、誰かが儲かったら、その分誰かが損をしている世界。

そんな世界で、「聖杯」と呼ばれる必勝法があって、だれでも手に入れれるような環境であったら?

市場は成立しなくなるでしょう。

そんな誰でも勝てるなんてトレード手法、トレードテクニックなどありません。ですから、価格は瞬間的な適正な価格を求めて、ゆっくりと推移していきます。

「聖杯」なんてない

しかし、多くの人は、世界にはどこかに「聖杯」があると無意識に思い込んでいます。「最善で最適な答え」を心のどこかで求めているのです。

人間には、未来を予測する能力は備わっていませんし、過去のチャートの動きから未来の価格を100%言い当てることなんてできません。29605100 - eternal fantasy sky scape  with sailing ship

私たちトレーダーがすべきこと・・・

それは、未来を予測することではなく、相場を「観察」することです。

32514724_m

投機は(speculate)の語源は、ラテン語のspecular(「観察する」という意味)、また、これ以外には眼鏡や光景を意味するspectacleなどがあります。

ラリー・R・ウィリアムズは著書「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」でこんなことを言っています。

実際には、「価値のない」ものが価値を持つこともあるのである。

私はあるトレーディングセミナーでこれを実証するためにある実験を行ったことがある。

何も入っていない14枚の封筒を入れた透明のビニール袋に、5000ドルの小切手を入れた封筒を1枚混ぜ入れて出席者に封筒を1枚ずつ引かせた。

5000ドルの小切手の入った封筒を引いた人は、それをもらうことができる。

何も入っていない14枚の封筒には、5000ドルの小切手の入った封筒を入れた瞬間に価値が発生した。

1枚以外は何も入っていない封筒だが、5000ドルの小切手を手にする確率は15分の1である。

つまり、それぞれの封筒は、あるいは1枚の封筒を引くことは333.33ドルの価値を持つわけである。

参加者が袋から封筒を1枚ずつ引き始めた瞬間に、何も入っていない無価値の封筒にも価値が発生したのである。

何も入っていない封筒が5枚引かれた段階で、5000ドルの封筒を引く確率は10の1に上昇し、各封筒の持つ価値も500ドルに上昇する。

残り2枚になったとき、会場の人々は2500ドル払うから封筒を引かせてくれと言い始めた。

無価値のものが大きな価値を得た瞬間だ。

このように、「価値」とは、見る人の心によって瞬間的に変わるものなのです。

そして、こうも言っています。

 

ギャンブラーにできることは、ツキがカジノではなく自分の方に巡ってきますようにと祈ることだけである。

われわれ投機家は物事が将来どうなるのかを観察する。

しかし、それには保証がないことを知っているため、適切なテクニックを使ってポジションを守り資産を保全し、最終的なゲームの覇者を目指す。

投機に求められるのは、資産の保全を第一に考えながら市場を観察することなのである。

69599209_m多くの人がチャートパターンやテクニカル分析がトレードのすべてだと思っていますが、相場で生き残るためのトレードの本質は違うところにあります。

「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」では、他市場の動きをトリガーにした仕掛けや、 チャートに隠れた大衆心理基にした仕掛け、トレードすべき日の選定等、通常の相場本ではまず見かけない実践的なテクニックが掲載されています。

ハイレバレッジで一攫千金を狙う方には向きませんが、確実に相場に生き残りたい人にはぜひ、読んでもらいたい一冊です。

larrywilliams-tankibaibaihou

≪Amazonで購入する≫
ラリー・ウィリアムズの短期売買法【改定第2版】 (ウィザードブック)

≪kindleで購入する≫
ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【改定第2版】

≪楽天ブックスで購入する≫
ラリー・ウィリアムズの短期売買法第2版 投資で生き残るための普遍の真理 (ウィザードブックシリーズ) [ ラリー・ウィリアムズ ]

関連記事

  1. 29529295_m

    いつまでもFXで勝てないあなたが「トレード前」にすべき2つのこと

  2. 19198508 - a hard working office worker with a lot do messy office

    高勝率なFX手法を開発する前にまずあなたがすべきこと

  3. 48568587_m

    【FX失敗談】資金の40%をわずか1日で溶かした話

  4. 47805990_m

    「トレードする時間がない・・・」FXトレーダーが陥る落とし穴

  5. 15747910_m

    FXで最適なポジションサイズでトレードできない本当の理由

PAGE TOP