注目の記事 PICK UP!

FXで破産しないための潜在的リスクの把握と具体的対策

あなたは、fxにはリスクがあるということは、十分に知っていることだろう。

だが、具体的にどんなリスクがあって、そのときにどういった対応をすればいいのか、しっかりと自分の中で整理できているだろうか?

リスク管理というと、収益に直接的に関係なさそうなことに聞こえるため、人はあまり関心を抱かない。

しかし、相場の世界では、たった一度の大きなドローダウンで、市場撤退を余儀なくされることも少なくない。

今あるリスクをしっかりと理解することで、前もって対応できるものもある。完全にそれを回避することはできないにしても、事前に備えておくことで被害を最小限にできることもあるわけだ。

この記事では、fxについての5つの潜在的リスクとそれに対する具体的対応策について解説している。これらの知識は、市場でのあなたの生存率を確実に向上させてくれるはずだ。

1.相場変動リスク

損切りの大切さはほとんどの人が理解していることだろう。確かに損切りを置くことは重要だが、損切りを設定しておけば、確実に証拠金が守られると思っていたら、それは大きな間違いだ。

その考えは、”損切りがその価格で確実に約定する”という前提で成り立っている。

しかし、市場では注文した価格で約定する保証はどこにもない。特に、大きな価格変動の要因があった場合、注文した価格から大きく乖離した価格で、約定する場合がある。最近の有名なケースは、2015年1月15日のスイスフランショックだろう。

2015年1月15日、スイス国立銀行は2011年9月から1ユーロ=1.2スイスフランに設定していた対ユーロ上限を撤廃し、為替介入を廃止することを突然表明した。これにより同日には一時1ユーロ=0.8517フランの過去最高値を付け、ユーロに対して41%の上昇となった。このスイスフラン暴騰に連鎖して株式市場の下落や為替業者の倒産などの混乱が発生した。引用元:wikipedia

このとき急激な価格変動で、注文したストップ価格から大幅に乖離した価格で約定されたことで、損失が業者に預託した証拠金を超えて投資家が大きな損失を出した。fxの口座残高はマイナスになり、業者から追加の証拠金を要求されることになる。これを”追証”という。mishuukin

引用元:金融先物取引業協会

これは、金融先物取引業協会が発表している未収金の金額だが、日本人では、あまり取引されないスイスフランで19億円もの未収金が発生しているのがわかるだろう。平成27年の8月24日も大きなレートの急変があり、多くの未収金が発生しているが、件数と発生金額を比較してもらえばわかるとおり、スイスフランショックの一人当たりの被害が飛び抜けて大きい。

このような事態に対応するための方法としては、次の2つがあるだろう。

1-1 流動性の高い通貨の選定

その通貨ペアで多くの人が取引をしていれば流動性は高くなる。需要量と供給量が多い、例えばドル、ユーロ、円などは、注文した価格で約定する確率が高くなる。流動性が低く、市場が閑散としている通貨ペアの場合、急激に為替変動したとき、買いと売りがマッチングしないということが起きやすくなる。

1-2 ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、最大損失が口座残高に限定されている仕組みのことをいう。追証はfx業者が補填してくれる。スイスフランショックによって、この仕組みを知った人も多いのではないだろうか。

現時点で、国内でこのゼロカットシステムを採用している業者はなく、国内業者の場合、口座残高以上の損失が生じた場合、追証が発生する。つまり、原理的には口座残高がマイナスになり、そのマイナス分は投資家に請求されることになる。

海外のfx業者であれば、これを採用している業者が多いため、特に、高いレバレッジでトレードする人は検討したほうがいいだろう。

2.金利変動リスク

Bad Recordfxでは、ポジションを保有している場合、各国の通貨の金利差に応じてスワップポイントの受け取りがある。このスワップポイントは、短期金利に対応しているので、日々変動がある。そのため、ポジションを立てる時点で期待した金額を将来受けられなくなる可能性がある。

例えば、金利差が逆転してしまうと、スワップポイントの受け取りから支払いに変わってしまう可能性もある。また、為替レートは、各国の金利に大きく左右される。そのため、政策金利が変更されることで、大きな為替変動を伴うリスクもある。

具体的に対策としては難しいが、スワップポイントは増減する可能性があること、政策金利によって、大きな為替変動リスクを伴うことを理解しておくべきだろう。ニュースやレポートで政策金利の変更の可能性について、情報をキャッチしておくのも立派な対策の一つだ。

3.流動性リスク

スイスフランショックのところでも説明したが、流動性が低い通貨の取引では、 自分の希望するレートで取引が成立せず、意図しないレートで約定したりすることで大きな損失を被ることがある。これは、流動性の低下により、スプレットが急激に拡大することが原因だ。

この流動性リスクの要因としては、次の2つがある。

3-1 イベント発生要因

・各国の大きな金融政策の変更
・経済指標の発表
・要人の発表

これら、イベント発生前には流動性が低下する。そのイベントが市場からの注目度が大きければ大きいほどその傾向は顕著になる。

3-2 時期的要因

・クリスマス休暇など祝日
・ニューヨーク・ロンドン市場が休場の場合

単純に流動性が高い通貨だからといって、必ずしも安心することはできない。流動性が高い通貨でもこれら要因によって、一時的に流動性が低下する場合がある。

4.システムリスク

fxは、インターネットを通して行われていることから、システム障害により取引のタイミングが遅れることや、取引ができないなど支障が生じる場合がある。また、端末やアプリケーションなどの障害も考慮に入れるべきリスクだろう。

適切な売買タイミングを逃すことにより、利益確定を逃したり、損失が拡大する可能性を想定しておく必要がある。

システムリスクとしては次の5つが考えられる。それぞれの対応策と併せて、詳しく見ていこう。

4-1 ネット回線の障害リスク

fxはインターネット回線を使用してトレードを行っているため、当然ネット回線に障害が生じた場合トレードができなくなる。

いざとなったら、スマートフォンでの発注をできるようにしておくか、テザリングを使ってインターネットに接続することで、すぐに決済できるようにしておく対応策が考えられるだろう。

4-2 サーバーの障害リスク

これは、fx業者のサーバーに障害が生じた場合のリスクである。fx業者のサーバーがダウンしたことで、新規注文、決済注文ができなくなることは、珍しくない。

これは、自分ではコントロールできないリスクの一つだ。これについては、サーバーが安定しているfx業者を選定するほかない。

4-3 アプリケーションの不具合のリスク

トレードをするには、fx業者の用意したアプリケーションを使ってトレードするわけだが、このアプリケーションに不具合が生じた場合、トレードできなくなる。

この不具合は、よくバージョンアップ後にある。対応策としては、java版、flash版、スマートフォン版など取引ツールにバリエーションがある場合があるので、もしもの時を考えて、さまざまなツールをインストールしておくのも手だ。すべての取引ツールに共通した不具合が起きていなければ、対応できるからだ。

4-4 停電のリスク

停電になった場合、パソコンでのトレードができない。日本では、停電は滅多にないことだが、東日本大震災を思い出してほしい。日本の多くの場所で停電となった上、一瞬にして大きな為替変動が起きた。

停電は、このような災害によってもたらされる結果である場合があるので、非常に大きいリスクだ。この場合も、スマートフォンでトレードできるようにしておくなど緊急手段を確認しておこう。

4-5 パソコンの障害リスク

Nerdy Guy with an exploding Notebookこれは、自分のパソコンに障害が起きた場合のリスクだ。コンピューターウィルスや、スペック不足のフリーズ、故障などが考えられる。これは、日々のウィルス対策や、PCのメモリを確保しておくことが大事になってくる。

これの対策としては、次の2つがあるだろう。

  • トレード専門のパソコンを1台用意する。
  • リモートデスクトップでトレードする。

トレードだけ行うパソコンを用意することで、よけいなソフトを入れることを防ぎ、クラッシュするリスクを軽減することができる。これにより、フリーズも押さえることができる。

また、近年自信のパソコンのスペック不足やEAを24時間稼働させたいというニーズもあり、急激に仮想デスクトップサービスが普及している。これにより、fxトレーダーをターゲットにしたプランまでできているほどだ。この仮想デスクトップサービスを使うことによって、パソコンがクラッシュして使用できなくなったとしても、スマートフォンでリモートデスクトップ接続することで、パソコンと変わらない操作ができる。

5.信用リスク

fx業者は、大きな為替変動に伴う未収金の発生によって損失が発生する場合があり、仮に破綻すれば顧客が預託している証拠金に損失が生じる可能性がある。それを防ぐには、証拠金を業者の資産とは別の勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理をしているfx業者を選定する必要がある。

ただ、信託保全しているとしても、一部の信託保全なのか、100%信託保全なのか、またどこの銀行に信託保全しているかも、重要な要素になるだろう。業者選定の際に約款で確認していただきたい。

この信用リスクについては、平成25年に破産した”イニシア・スター証券”の行政処分の例がある(参考:金融庁。この事件では、区分管理すべき顧客資産を運転資金等に流用している状況が明るみとなった。つまり、本当に信託保全されているかどうかは、業者のモラルに依存する。

また、業者が破綻せずとも、当該FXサービスから撤退・サービス提供を中止することがあり、この場合、顧客が未決済ポジションを強制的に決済させられる。

6.まとめ

さて、fxには

  • 相場変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 流動性リスク
  • システムリスク
  • 信用リスク

という5つのリスクがあることを説明してきた。

しっかりリスク管理しているという人でも、為替変動リスクしか考慮していない人が多い。落ち着いて考えてみると、fx取引には無数のリスクが眠っていることに気が付くはずだ。

いいところだけ見て、リスクには目を背けたくなるのは人間の心理だが、リスクを把握し、自分でコントロールできる部分をしっかりと押さえ、対処しておくことが大事になってくる。

滅多に起こらないことだからこそ、それが現実に起きた時のダメージは深くなる。自分が抱えているリスクを把握し、いつ起こるかわからない有事に備えてもらいたい。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. A young discoverer

    fxの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

  2. Smiling businessman projecting the skyline

    成り行き注文・指値注文・逆指値注文の特徴とトレード戦略

  3. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  4. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  5. New York

    ファンダメンタルをFXのトレードで活かす2つの視点

  6. Jubilant businessman

    デイトレード・スイングトレード・スキャルピングとは?

  7. Man sitting in the park under a tree

    fx超勉強法!最も効果的に勉強や練習を行う具体的方法

  8. Secret conversation

    いまさら聞けない!fxのレバレッジについてまとめ

  9. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

PAGE TOP