注目の記事 PICK UP!

FXの口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

22106306 - hand drawing check box on a white background

あなたはどんな基準を持ってFX会社を選んでいますか?

もし、明確な基準を持たないまま口座開設したFX会社を使っているのなら・・・今後、あなたは大きな代償を支払い続けることになるかもしれません・・・

現在、それぞれのFX会社では、口座を開設してらもらうためにさまざまなキャンペーンを実施して、顧客の囲い込みを行っています。口座を開設する人に高額なキャッシュバックをはじめとする魅力的なオファーを提供しています。

しかし、単純にキャッシュバックの額の大きさや会社イメージでFX会社を選ぶと、長期的に見て損する場合があります。トレードを頻繁に行う短期トレーダーなら尚更、パフォーマンスに影響するスプレッドや発注システムなどのトレードに関するスペックに注意して選ぶべきです。

この記事では、自分に最適なFX口座を開設するために「見ておくべき10のポイント」を解説しています。

ぜひ、あなたの口座開設に役立ててください。

1.スプレッド

FXのトレードコストは、大きく分けると、

  • 売買手数料
  • スプレッド

この2つになりますが、ほとんどの国内のFX会社は売買手数料が無料となっています。

そのため、スプレッドが実質的に私たちがFX会社に支払う手数料で、このスプレッドが狭ければ狭いほどトレードコストを抑えることができます。このスプレッドを見るときに注意してもらいたいのが、”原則固定”のスプレッドです。

スプレッドには、”固定”と”変動”の2種類あります。

”固定”とは、スプレッドが固定されるという意味ですが、例外規定があります。100%スプレッドが固定されるというわけではないのです。場合によっては、スプレッドが一時的に拡大することもあるので、この表示を過信すると危険です。この例外規定は、FX会社のホームページも書かれているので、口座を開設する前に確認しておきましょう。

 国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合がございます。外為どっとこむから抜粋

相場が急変したときや流動性が低下している場合には、スプレッドは拡大することがあるので、注意が必要です。スプレッドについては、次の記事で解説しているのでぜひ参考にしてください。

2.スワップポイント

41809549 - plant growing out of coins with filter effect retro vintage style

2つの通貨間の金利差をスワップポイント(スワップ金利)といいます。

例えば、金利が低い通貨を売って、金利が高い通貨を買うとスワップポイントを受け取ることができ、逆に、金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買うとスワップポイントを支払うことになります。

スワップポイントは日によって変化し、政策金利の変更によって大きく変わります。そして、このスワップポイントは、FX会社によって大きく違うのがポイントです。

そのため、スワップポイントを目的としたトレードをする人にとっては、売買回数自体が少ないことから、スプレッドよりも重視すべきポイントになるでしょう。逆にデイトレードなど、為替差益を目的としたトレードであるなら、このスワップポイントは気にしなくてもいい要素です。

スワップポイントを目的としたトレードのリスクについては、次の記事で説明しているので、時間があれば一読してみてください。

3.取引通貨ペア数

4698307 - financial market currency interest rates on monitorトレードできる通貨ペアはFX会社によって異なり、取引できる通貨ペアの数にもバラツキがあります。トレードできる通貨ペアは、多ければ多いに越したことはありません。

毎日ドル円だけをトレードすると決めている人もいますが、ある程度のボラティリティを必要とする短期トレードの場合、その日の一番トレードしやすい通貨に絞ってトレードを行うのが理想的です。

トレード通貨の選定基準としては、

  • ボラティリティはあるか
  • テクニカルは機能しているか
  • ヒゲが少ないきれいなチャートか

といったものがありますが、これらの基準を満たす一番トレードしやすい通貨に絞ってトレードをすべきです。

着目すべきは、通貨そのものではなく、相場環境です。無理に通貨を絞ってトレードするのではなく、いい相場環境の通貨ペアだけをトレードするのが最も合理的な方法でしょう。これが、トレードできる通貨ペアは多ければ多いほどいいと考える理由です。

トレードする通貨ペアの選定基準については、次の記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

4.取引単位

26884172 - forex screen取引単位が1万通貨であれば、1トレードにつき最低でも1万通貨のトレードをしなければならないということです。簡単にで言うと、1トレードあたりの最低の通貨量、これが取引単位です。

以前は、この取引通貨が1万通貨というFX会社が主流でしたが、最近では1000通貨でもOKという会社が増えてきました。取引単位が小さいと、トレードの幅を広がりますし、細かいロット調整もできます。例えば、以前では広いストップ幅だとトレードできないようなケースも1000通貨単位であれば、対応できたりするのです。

また、取引単位が小さければ、FXを始めたばかりのときや手法をテストしたいときなど、デモトレードではなく少額の資金でリアルトレードできるというメリットがあります。

5.為替情報提供サービス

50076692_mトレードをするなら相場を動かす原因にもなるマーケット情報や経済ニュースのチェックは欠かせないタスクの一つです。為替情報を手に入れるなら、口座を開設しているFX会社が提供するニュースやレポートをチェックするのが最も簡単な方法です。

口座を開設してれば、誰でもFX会社の提供する為替ニュースやレポートを無料で見ることができます。スマートフォンから、空いた時間にどこででも簡単に情報を手に入れることができるので非常に便利です。

経済指標の速報や要人発言、ディーラーコメントやテクニカルなポイントの解説などその情報は多岐に渡っており、FX会社によってその配信される情報は異なります。

この配信される情報は、独自に提供しているものもありますが、ほとんどは専門の情報提供サービス会社を利用した配信を行っています。情報提供サービスもさまざまありそれぞれ特徴があります。

為替に特化した主要な情報配信会社が次の3つです。

5-1 グローバル・インフォ24

54161226_m”グローバル・インフォ24(GI24)”は、株式会社グローバルインフォが提供する24時間配信のリアルタイム金融情報サービスです。

アジア・オセアニアからニューヨーク市場まで全世界の取引時間帯に対応しており、経済指標や要人発言などのニュースやそれを受けた外国為替、株式・商品相場の反応をタイムリーに配信しています。

ドル、円、ユーロの主要3通貨に加えてオーストラリアやカナダドルなど他の先進国通貨、アジアやヨーロッパの新興諸国通貨、為替以外の金融商品についてのリポートもきめ細かく配信しており、ディーラーやストラテジストなどプロの市場参加者からのコメントも豊富です。

5-2 MarketWin24

”MarketWin24”は、プロ向けの情報提供で知られるジャパンエコノミックパルス社が24時間配信する情報サービスです。

有力金融機関、機関投資家のほか、商社や輸出入関連企業など幅広いユーザーに資金運用や投資戦略ツールとして利用されています。

取り扱う通貨は、米ドル、円、ユーロ、英ポンド、豪ドル、 NZドル、スイスフラン、カナダドルなど主要取引通貨で、国内外の株式や債券、商品相場も広くカバーされています。

その他、現役為替ディーラーからのリアルタイムな情報や海外ヘッジファンドの投資戦略情報、著名な市場関係者の連載コラムなどを提供しています。また、要人インタビューなど、長いキャリアを持つ坂本軍治氏の国内外の人脈を生かした情報が特長です。

5-3 FX WAVE

”FX WAVE”は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが提供する24時間リアルタイム配信サービス。1日に約150本以上もの記事を配信しています。

世界中の金融機関で活躍するディーラーや市場参加者を独自取材し、公的機関、ヘッジファンド、機関投資家の動向をフォローすることで、臨場感溢れる市況配信となっています。

円、米ドル、ユーロといった主要3通貨以外に、豪ドル、ニュージーランドドルなどのオセアニア通貨や、英ポンド、カナダドルといった欧米の人気高金利通貨についても対象としています。

6.入出金サービス

51368075 - close up of woman shopping online using laptop with credit cardFX口座への入金・出金については、口座を選ぶ決定打にはならないかもしれませんが、意外に入金・出金作業は面倒なので、口座を開設する前にチェックしておきましょう。

現在では、ほぼすべてのFX会社でクイック入金ができます。クイック入金とは入金作業をインターネット上で行うことができ、即座に口座へ反映され、入金後にすぐトレードできるという非常に便利なサービスです。

クイック入金の特徴としては、次のようなものがあります。

  • 口座に入金が即座に反映される
  • 土日祝日に関わらず、24時間利用可能
  • 振込手数料はFX会社で負担してくれるので無料
  • スマホからも入金ができる

クイック入金に対応している銀行もFX会社によって異なるので、しっかりとチェックしておきましょう。

7.注文機能やシステム

58604243 - server roomここでは、注文機能やFX会社の持っているシステムについて、次の4つの観点から比較をしていきます。

  • トレール注文が可能か
  • 自動売買できるのか
  • デモトレードができるのか
  • Macに対応しているか

では、一つ一つ見ていきましょう。

7-1 トレール注文が可能か

トレール注文とは、相場の動きに追尾するように逆指値を移動する注文方法です。

例えば、ロングしていたとすれば、レートが上昇するにつれ、逆指値も上昇していくことになります。ここでポイントなのは、もし相場が戻ってきても、この逆指値は元に戻らず決済されるということです。

つまり、損失を限定しながら利益の最大化を目指すことができるのです。

これは、なかなかイメージしづらいと思うので、詳しくはこちらのページを参考にしてください。FX会社のトレール注文を使うとすれば、何円幅に設定するなど機械的に逆指値を注文することになります。

この逆指値を相場に合わせて引き上げる(下げる)というトレール注文の考え方は手動で行うこともできます。私はこの逆指値の移動を”相場の節目”を挟んで置きたいので、手動で行っています。

もし、機械的な決済をしたいのであれば、トレール注文に対応しているFX会社を使うべきでしょう。

7-2 自動売買できるのか

24466358 - forex market charts on computer display現在では、自動売買の機能を備えたシステムを用意しているFX会社も多いです

  • 自動でエントリーからエグジットを行うシステム
  • イフダンOCO注文を自動でリピートするシステム

など、さまざまな売買システムがあり、他の業者との差別化を図るため、日々開発・研究をしています。自動売買をしたいなら、どんなシステムなのか事前にしっかりとチェックしておくべきです。

7-3 デモトレードができるのか

  • FXを始めたばかりのとき
  • 自分の手法をテストするとき
  • エントリー・決済タイミングを取る練習をするとき

など、このような時は、リアル口座ではなくデモトレードで行うべきです。ですが、デモトレードに対応していないFX会社もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

7-4 Macに対応しているか

以前は、多くがwindows環境でしかトレードできなかったのですが、最近ではMacに対応しているFX会社も多くなってきてきます。Macしか持っていないなら、ここもしっかりとチェックしておくべきでしょう。

8.モバイルの対応

38803799 - hands of young man holding smartphone and typing on laptopほとんどのFX会社でiphoneやAndroid携帯に対応したシステムを使っています。兼業トレーダーなら、外出先でレートチェックやエントリー・決済を行うことがあるでしょうから、モバイルでレートチェックや発注・決済ができるかどうかはとても重要なことです。

しっかりチェックしておきましょう。

9.初回入金額

FX口座を開設すると、初回の最低入金額を指定するところもあります。

準備した自己資金がその金額に満たないと、せっかく口座を開設しても取引できませんから、口座を開設する前にしっかりと確認しておきましょう。

とはいえ、10万円以上の資金があるのであれば、ほとんどのFX会社は問題ありません。

10.会社の信頼性

44928234_m現在では、日本のFX会社は証拠金の信託保全が義務されるなど、安全性はかなり高まっています。

信頼性というのは、経済環境など外部環境に依存するものですから、このくらいの数字であれば安心というものはありません。相対的な評価になりますし、客観的評価が難しいのですが、チェックする項目としては次のようなものがあるでしょう。

  • 保有口座数
  • 証拠金高
  • 自己資本比率
  • 資本金
  • 証拠金の信託先
  • 上場しているか

まとめ

FX会社の選定基準は、何を優先すべきか、どこまで求めるか、あなたのトレードスタイルや理念によって変わってくるでしょう。

たまたま口座開設したところだったからとか、キャッシュバックがあったからとか、CMでやっていたからとか、そんなのであなたの大切な口座選びを放棄しないでください。

ぜひ、自分の優先すべきは何か、他とどれくらい違うのかの検討を行った上で口座開設してください。使うFX会社によってトレードのパフォーマンスは意外と変わるものです。

FXで長期的に
収益を上げ続けるために
最も大切な視点とは?
トレードの収益が安定しない・・・
トレードに迷いを感じている・・・
学ぶべき事が多すぎる・・・
知識だけが増えて、
何をやればいいかわからない・・・
続きはこちら

関連記事

  1. 14337190_m

    FX初心者がトレードを始める前に知っておくべき5つのコト

  2. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

  3. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman

    誰も教えてくれなかった!移動平均線の使い方のすべて

  4. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  5. 68940294 - young trader

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  6. 4120466_m

    FXで破産しないための潜在的リスクの把握と具体的対策

  7. 71721453 - fundamentals concept

    ファンダメンタルをFXトレードで活かすための2つの視点

  8. 43281016 - child expressing surprise with hands on his face

    要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

  9. 45551938_m

    FXの取引時間の特性をトレード戦略に組み込む思考法

PAGE TOP