注目の記事 PICK UP!

FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

あなたはFX口座を開設する際、どんな基準を持って選んでいるだろう?

各FX会社では、口座を開設してらもらうためにさまざまなキャンペーンを実施し、顧客の囲い込みを行っている。そのため、口座を開設する人に対し、高額なキャッシュバックを提示することも少なくない。

だが、トレーダーにとっては、キャッシュバックなどではなく、パフォーマンスに大きく影響してくるトレードコストやトレード環境などのトレードに関するスペック部分を注目すべきだろう。この記事では、FX口座を開設する際に見るべきポイントについて、10のポイントに分けて解説している。

あなたの口座開設の際に必ず役に立つはずだ。

1.スプレッド

FXのトレードコストは、大きく分けると、

  • 売買手数料
  • スプレッド

この2つになるが、ほとんどの国内のFX会社は売買手数料が無料となっている。そのため、スプレッドが実質的に私たちがFX会社に支払う手数料であり、このスプレッドが狭ければ狭いほどトレードコストを抑えることができるということになる。

このスプレッドを見るときに注意してもらいたいのが、”原則固定”のスプレッドだ。

スプレッドには、”固定”と”変動”の2種類ある。

”固定”とは、スプレッドが固定されるという意味だが、例外規定ある。つまり、100%スプレッドが固定されるというわけではなく、スプレッドが一時的に拡大することもあるため、この表示を過信すると危険だ。この例外規定は、FX会社のホームページに小さく書かれているため、口座を開設する前にちゃんと認識しておこう。

 国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合がございます。外為どっとこむから抜粋

相場が急変したときや流動性が低下している場合には、スプレッドは拡大することがあるため、注意が必要だ。スプレッドについては、以前の記事で説明しているのでぜひ参考にしてもらいたい。

2.スワップポイント

2つの通貨間の金利差をスワップポイント(スワップ金利)という。例えば、金利が低い通貨を売って、金利が高い通貨を買うとスワップポイントを受け取ることができ、逆に、金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買うとスワップポイントを支払うことになる。

スワップポイントは日によって変化し、政策金利の変更によって大きく変わる。そして、このスワップポイントは、FX会社によって、大きく違うのがポイントだ。

そのため、スワップポイントを目的としたトレードをする人にとっては、売買回数自体が少ないことから、スプレッドよりも重視すべきポイントになる。逆にデイトレードなど、為替差益を目的としたトレードであるなら、このスワップポイントはまったく気にしなくてもいい要素だ。

スワップポイントを目的としたトレードのリスクについては、次の記事で説明しているので時間があれば一読してもらいたい。

3.取引通貨ペア数

トレードできる通貨ペアはFX会社によって異なり、取引できる通貨ペアの数にはバラツキがある。トレードできる通貨ペアは、多ければ多いほどいい。

毎日ドル円だけをトレードするという方であれば、それほど重要でないかもしれないが、私は”その日の一番トレードしやすい通貨”に絞ってトレードを行うのがベストだと思っている。

私のトレードすべき通貨の選定基準として、

  • ボラティリティはあるか
  • テクニカルは機能しているか
  • ヒゲが少ないきれいなチャートか

といったものがあるが、これらの基準を満たす一番トレードしやすい通貨に絞ってトレードをしている。

焦点を合わすべきは、通貨ではなく、相場環境だ。無理に通貨を絞ってトレードするのではなく、いい相場環境のものだけをトレードするという一番合理的な方法だと思っている。これが、トレードできる通貨ペアは多ければ多いほどいいと考える理由だ。

トレードする通貨ペアの選定基準については、次の記事で詳しく説明しているので後で一読してもらえればと思う。

4.取引単位

取引単位が1万通貨であれば、1トレードにつき最低でも1万通貨のトレードをするということだ。簡単にで言うと、1トレードあたりの最低の通貨量、これが取引単位だ。

以前は、この取引通貨が1万通貨というFX会社が主流であったが、最近では1000通貨でもOKという会社が増えてきた。取引単位が小さいと、トレードの幅を広げることができるし、細かいロット調整もできる。例えば、以前では広いストップ幅だとトレードできないようなケースも1000通貨単位であれば、広いストップ幅でも対応できる。

また、取引単位が小さければ、FXを始めたばかりのときや手法をテストしたいときなど、デモトレードではなく少額の資金でリアルトレードできるメリットがある。

5.為替情報提供サービス

Selfie in a crowded placeトレーダーにとって、相場を動かす原因にもなるマーケット情報や経済ニュースのチェックは欠かせないタスクの一つだ。これは、口座を開設しているFX会社が提供するニュースやレポートが一番便利だ。為替情報を最も効率的に手に入れることができる。

口座を開設してれば、誰でもFX会社の提供する為替ニュースやレポートを無料で見ることができる。スマートフォンから、空いた時間にどこででも簡単に情報を手に入れることができるので非常に便利だ。

経済指標の速報や要人発言、ディーラーコメントやテクニカルなポイントの解説などその情報は多岐にわたり、FX会社によってその配信される情報は異なる。

この配信される情報は、独自に提供しているものもあるが、ほとんどは専門の情報提供サービス会社を利用した配信を行っている。情報提供サービスもさまざまありそれぞれ特徴がある。

為替に特化した主要な情報配信会社が次の3つだ。

5-1 グローバル・インフォ24

”グローバル・インフォ24(GI24)”は、今井雅人率いる株式会社グローバルインフォが提供する24時間配信のリアルタイム金融情報サービスだ。

アジア・オセアニアからニューヨーク市場まで全世界の取引時間帯に対応しており、経済指標や要人発言などのニュースやそれを受けた外国為替、株式・商品相場の反応をタイムリーに配信している。

ドル、円、ユーロの主要3通貨に加えてオーストラリアやカナダドルなど他の先進国通貨、アジアやヨーロッパの新興諸国通貨、為替以外の金融商品についてのリポートもきめ細かく配信しており、ディーラーやストラテジストなどプロの市場参加者からのコメントも豊富だ。

5-2 MarketWin24

”MarketWin24”は、プロ向けの情報提供で知られるジャパンエコノミックパルス社が24時間配信する情報サービスだ。

有力金融機関、機関投資家のほか、商社や輸出入関連企業など幅広いユーザーに資金運用や投資戦略ツールとして利用されている。

取り扱う通貨は、米ドル、円、ユーロ、英ポンド、豪ドル、 NZドル、スイスフラン、カナダドルなど主要取引通貨で、国内外の株式や債券、商品相場も広くカバーされている。

その他、現役為替ディーラーからのリアルタイムな情報や海外ヘッジファンドの投資戦略情報、著名な市場関係者の連載コラムなどを提供している。また、要人インタビューなど、長いキャリアを持つ坂本軍治氏の国内外の人脈を生かした情報が特長だ。

5-3 FX WAVE

”FX WAVE”は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが提供する24時間リアルタイム配信サービスだ。1日に約150本以上の記事を配信している。

世界中の金融機関で活躍するディーラーや市場参加者を独自取材し、公的機関、ヘッジファンド、機関投資家の動向をフォローすることで、臨場感溢れる市況配信となっている。

円、米ドル、ユーロといった主要3通貨以外に、豪ドル、ニュージーランドドルなどのオセアニア通貨や、英ポンド、カナダドルといった欧米の人気高金利通貨についても対象としている。

6.入出金サービス

FX口座への入金・出金については、口座を選ぶ決定打とはならないかもしれないが、意外に入金・出金作業は面倒なので、口座を開設する前にチェックしておきたい。

現在では、ほぼすべてのFX会社でクイック入金ができる。クイック入金とは入金作業をインターネット上で行い、即座に口座へ反映されることで入金後すぐトレードできるという非常に便利なものだ。

特徴としては、次のようなものがある。

  • 口座に入金が即座に反映される
  • 土日祝日に関わらず、24時間利用可能
  • 振込手数料はFX会社で負担してくれるので無料
  • スマホからも入金ができる

クイック入金に対応している銀行もFX会社によって異なるためしっかりとチェックしておきたい。

7.注文機能やシステム

surpriseここでは、注文機能やFX会社の持っているシステムについて、次の4つの観点から比較をしていきたい。

  • トレール注文が可能か
  • 自動売買できるのか
  • デモトレードができるのか
  • Macに対応しているか

では、一つ一つ見ていこう。

7-1 トレール注文が可能か

トレール注文とは、相場の動きに追尾するように逆指値を移動する注文方法だ。例えば、ロングしていたとすれば、レートが上昇するにつれ、逆指値も上昇していくことになる。ここでポイントなのは、もし相場が戻ってきても、この逆指値は元に戻らず決済されるということだ。

つまり、損失を限定しながら利益の最大化を目指すことができる。

言葉だけでは、イメージしづらいと思うので、詳しくはこちらのページを参考にしてもらいたい。FX会社のトレール注文を使うとすれば、何円幅に設定するなど機械的に逆指値を注文することになる。

この逆指値を相場に合わせて引き上げる(下げる)というトレール注文の考え方は手動で行ってもいい。私はこの逆指値の移動を”相場の節目”を目途にして置きたいため手動で行っている。もし、機械的な決済をしたいのであれば、トレール注文に対応しているFX会社を使うべきだろう。

7-2 自動売買できるのか

現在では、自動売買の機能を備えたシステムを用意しているFX会社も多い。

  • 自動でエントリーからエグジットを行うシステム
  • イフダンOCO注文を自動でリピートするシステム

など、さまざまな種類があり、差別化を図るためさまざまな売買システムを開発している。自動売買したい人であれば、どんな自動売買システムなのかしっかりとチェックしておくべきだろう。

7-3 デモトレードができるのか

  • FXを始めたばかりのとき
  • 自分の手法をテストするとき
  • エントリー・決済タイミングを取る練習をするとき

など、リアル口座ではなくデモトレードで行う。デモトレードに対応していないFX会社もあるため、しっかりと確認しておこう。

7-4 Macに対応しているか

以前は、windows環境でしかトレードできなかったが、最近ではMacに対応しているFX会社も多い。Macしか持っていない人はここもしっかりとチェックしておくべきだろう。

8.モバイルの対応

為替は24時間変動するため、特兼業トレーダーは、外出先でのレートチェックやエントリー・決済を行うことができるかは非常に重要だ。ほとんどのFX会社でiphoneやAndroid携帯に対応したシステムを使っている。

9.初回入金額

FX口座を開設すると、初回の最低入金額を指定するFX会社がある。もし、自己資金がその金額に満たない場合、せっかく口座を開設しても取引できないため口座を開設する前にしっかりと確認しておくべきだろう。ただ、10万円以上資金があるのであればほとんどのFX会社は問題ない。

10.会社の信頼性

現在では、日本のFX会社は証拠金の信託保全が義務されたり安全性はかなり高まっている。

信頼性というのは、経済環境など外部環境に依存するもので、このくらいの数字であれば安心というものはない。相対的な評価になるし客観的評価が難しいが、チェックする項目としては次のようなものがあるだろう。

  • 保有口座数
  • 証拠金高
  • 自己資本比率
  • 資本金
  • 証拠金の信託先
  • 上場しているか

まとめ

  • 取引したい通貨ペアのスプレッドは十分に狭いか
  • 取引できる通貨ペアは多いか

この2つの要素を重要視している。ただ、あなたも同じ必要はない。何を優先すべきか、これはあなたのトレードスタイルによって変わってくるだろう。自分は何をを一番に優先すべきなのか、これを考えた上で、口座を開設してもらえたらと思う。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. 【保存版】ローソク足の種類を完全網羅!ローソク足だけでチャートを読む方法

  2. Analysis with laptop

    FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

  3. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman

    誰も教えてくれなかった!移動平均線の使い方のすべて

  4. Smiling businessman projecting the skyline

    成り行き注文・指値注文・逆指値注文の特徴とトレード戦略

  5. Man stand near beach looking at sunset, peaceful water level

    相場を10倍深く理解するファンダメンタル分析入門

  6. Doubts

    FXとは?FX初心者が知っておくべき5つ基礎知識!

  7. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

  8. Little boy watching the end of the world

    要注意!!スワップポイント狙いの恐ろしい3つのリスク

  9. Jubilant businessman

    デイトレード・スイングトレード・スキャルピングとは?

最近の記事

  1. 56395030_m
  2. 46992579 - jobs employment career occupation application concept
  3. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  4. 30176713 - man run inside of 3d tunnell
  5. 31776890_m

BUSINESS 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 44737805 - girl browsing searching computer concept
  2. 52462337 - idea ideas imagination innovation strategy vision concept
  3. 56395030_m
  4. 51496675_m
  5. 43847409 - hands writing on old typewriter over wooden table background

GROWTH 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 65499350_m
  2. 38531910 - two agressive businessmen fighting in the office
  3. Businesswoman in a break from work
  4. 51918802_m
  5. 28349268 - businessman working with a laptop with a creative idea

FX 人気ランキング(4/16-4/22)

  1. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman
  2. 21803165 - businessman relaxing
  3. A young discoverer
PAGE TOP