41409739 - handsome businessman presenting new project to partners.

チャートパターンをトレードにどう生かせばいいのかわからない・・・

あなたはこんな疑問を抱いていませんか?

知識としてチャートパターンを覚えていても、トレードで生かすことができなければ意味がありません。

実はチャートパターンをトレードで生かすためには、ある2つの視点が必要になります。

それを加えるだけで、チャートパターンはトレードにおいて強力な武器となります。

この記事では、

  • 継続と反転の重要な9つのチャートパターン
  • チャートパターンを最大限活用する2つの視点

をご紹介していきます。

チャートパターンを知ることは、相場の定番の動きを知ることです。

そして、これが「どこでどう攻めるか」というトレードプラン作成の基礎となります。

逆に、チャートパターンを十分に知らなければ、相場背景を推測することもできず、トレードプランを作ることができません。

トレードの幅も広がらず、その結果、トレードチャンスも必然的に少なくなってしまいます。

トレード戦略を立てるために大切な知識となりますから、ぜひしっかりとこの記事で確認していきましょう。

では、さっそく進めていきます。

1.チャートパターンを学ぶ3つの目的

「チャートパターン」とは、チャート上に現れる特定の図形パターンです。

値動きに一定の傾向があることから、トレードプランを作成するためには必須の知識になります。

なぜ、チャートパターンを学ぶ必要があるのか?その理由をまとめると次の3つです。

目的1 トレードプランを立てるため

繰り返しになってしまいますが、チャートパターンを知ることによって、「相場の定番の動き」を理解することができ、トレードプランを自分で作ることができるようになります。

チャートパターンには、その後の値動きに一定の傾向が見られます。つまり、その後の値動きをある程度想定することができるわけです。

トレードプランは、その想定をもとに計画を立てますから、チャートパターンはそのための前提知識となります。

目的2 トレード機会を増やすため

チャートパターンを学ぶことによって、自分の頭で考え、新たなトレード手法を生み出すことができるようになります。

1つのトレード手法だけではなく、複数のトレード手法を使えるようになれば、トレードチャンスは必然的に増えます。

チャートパターンを学ぶことは、自分のトレードの幅を広げることになり、トレードの機会損失をなくすことに繋がります。

目的3 相場にフレキシブルに対応するため

チャートパターンを知ることは、相場背景をより深く知ることに繋がります。

チャートの裏側にある心理の変化を感じることができるようになれば、相場に対し、よりフレキシブルに対応することができるようになります。

刻一刻と変化する相場環境に合わせ、柔軟なトレードができるようになるのです。

2.チャートを見る際に大切な2つのこと

チャートパターンを学ぶ目的について、3つの目的を挙げました。この目的をしっかりと踏まえてチャートパターンを学んでいきましょう。

ただの図形認識では意味がありません。重要なのは、

  • 相場参加者が、明確にチャートパターンを意識するか
  • チャートパターンを形成するに至った相場心理はどんなものか

これらをしっかりと意識してチャートを見ることです。

決して、

  • このチャートパターンだからその後こうなるはずだ(思い込み)
  • これはチャートパターンに見えなくもない(こじつけ)

のように、その後の値動きを思い込んだり、無理やりこじつけて解釈したりしないようにしましょう。

3.継続と反転のチャートパターン

さて、ここからは、具体的なチャートパターンをご紹介していきます。

チャートパターンには、「継続のパターン」と「反転のパターン」の2種類があります。

「継続のパターン」とは、トレンド中の一旦の調整の際に出るもの、「反転のパターン」とは、文字どおりトレンド転換が起きる時に出るものになります。

まずは、継続のチャートパターンから見ていきましょう。

3-1 継続のチャートパターン5選

継続のパターンは、トレンド中の調整の際によく出るパターンで、その後、トレンドが再度継続する可能性が高いものです。

ここでは、トレンドの合間に出る次の5種類のチャートパターンを説明していきます。

  1. レクタングル
  2. トライアングル
  3. フラッグ
  4. ペナント
  5. ウェッジ

では、一つずつ説明していきましょう。

①レクタングル

レクタングルは、基本的には継続のパターンとして考えられていますが、反転の可能性もあるパターンです。

2本の水平ラインの間で値動きが留まる形状でよく出現します。

形状も明確でしっかりと機能するため、トレードプランを作成しやすいパターンと言えるでしょう。

下の図では、上昇トレンド中であるため、いずれは上抜けていく可能性が高いものになります。下へ抜けると、トレンド転換となります。uptrend-rectangle

②トライアングル

トライアングルには、次の3種類があります。トレンド中の一時的な調整の際に出現するものです。

シンメトリカルトライアングル

シンメトリカルトライアングルは、先がとがった三角形の形状です。

時間経過とともにボラティリティが縮小し、最終的に上下どちらかにブレイクします。

いずれ、どちらかにブレイクアウトするので、その後、押し目買い(戻り売り)の戦略が考えられるでしょう。

下の図では、上昇トレンド中であるため、上に抜けていきやすい傾向があります。uptrend-symtriangle

アセンディングトライアングル

高値が水平に抑えられていて、安値が切りあがっている状況です。

アセンディングトライアングルは、最終的に上方向へブレイクアウトする可能性が高いパターンになります。上方向へのブレイクアウト後、押し目買いの戦略が考えられるでしょう。

高値は一定のラインで止められていながらも、どんどん買い圧力が高まっているのがパターンとして表れています。

その形状が作られる背景を想像してもらえば、上へ抜けやすいということは何となく理解してもらえるでしょう。uptrend-acetriangle

ディセンディングトライアングル

これは、アセンディングトライアングルの逆のパターンになります。

高値が切り下がっていて、安値が水平に支持されている状況で最終的に下方向へブレイクアウトする可能性が高いパターンです。

下方向へのブレイクアウト後、戻り売りの戦略が考えられるでしょう。

安値は一定のラインで止められていながらも、どんどん売り圧力が高まっているのがパターンとして表れています。

当然、下へ抜けやすい傾向を持っています。downtrend-destriangle

③フラッグ

フラッグは、トレンドの一時的な小休止となっている状況です。トレンドが発生し大きく動いた後、かなりの高確率で出現します。

2本の平行なライン、小さい平行四辺形の形状をしていて、向きはトレンドの方向と逆になります。

例えば、上昇トレンドであれば、右下がりの平行四辺形となります。

この場合、上へブレイクアウトしたら、買いでついていきたい場面です。uptrend-flag

④ペナント

先がとがった三角形の形状です。ペナントは、小さなシンメトリカルトライアングルと思ってください。

下の図は、上昇トレンド中ですから、上に抜けていきやすい傾向を持っています。uptrend-pennant

⑤ウェッジ

ウェッジは、上辺下辺が傾斜したもので、ウェッジの傾斜はフラッグと同じようにトレンドに対して逆向きとなります。

上昇トレンドでは、先端が下向きのウェッジとなり、下降トレンドでは、上向きのウェッジとなります。uptrend-wedge

何回も言うようですが、チャートパターンをチャート上で見つけること自体に意味はありません。

それより、

  • その形状に至った経緯
  • 相場の裏側の心理的背景
  • 出現する場面

これらが大切です。

継続のパターンは、ボラティリティが低下し、再度トレンド方向へ向かっていくためのエネルギー充電期間です。

ですから、「規則的な値動きの秩序が崩れたら、崩れたほうへついていく意識」が大切です。

細かいチャートパターンの名称は覚えなくても、その意識さえ持っておけば問題ありません。

3-2 反転のチャートパターン4選

次に反転パターンについて説明していきましょう。

反転パターンの主要なパターンとして、次の4つがあります。

  1. Wトップ
  2. Wボトム
  3. ヘッドアンドショルダー
  4. 逆ヘッドアンドショルダー

では、詳しく説明していきます。

Wトップ・Wボトム

Wトップは、天井圏でよく見られるチャートパターンで反転を示唆するものです。

wtop-wbottom

高値更新を阻まれ、ネックラインと呼ばれるラインを下抜けて下落サインとなります。

Wボトムはこの逆のパターンで、底値圏でよく見られ反発を示唆するものです。

安値更新を阻まれ、ネックラインと呼ばれるラインを上抜けて上昇サインとなります。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーは、天井圏でよく見られ、反転を示唆するものです。

一度高値を更新した後で、その高値まで到達せず、ネックラインを下抜けて下落サインになります。

逆ヘッドアンドショルダーはこの逆のパターンで、底値圏でよく見られ反発を示唆するものです。

一度安値を更新した後で、その安値まで到達せず、ネックラインを上抜けて上昇サインとなります。h&s

4.チャートパターンの強さ

チャートパターンには、サポートラインやレジスタンスライン、トレンドラインなどと同様に「強さ」があります。

ここで言う「強さ」というのは、パターンが機能するかどうか。

では、機能しやすい、強いチャートパターンとは、どんなチャートパターンなのでしょうか・・・?

結論から言うと、それは「長期時間足のチャートパターン」です。

もっと詳しく言うと、市場参加者が注目している時間足のチャートパターンがより機能します。

数あるチャートの中でも日足チャートは、最も多くの人が見ていると言われています。

この日足チャートで誰もが認識できるような明確なチャートパターンが出現すれば、多くの市場参加者に心理的バイアスがかかります。

そして、相場は自然とパターンどおりの動きとなるのです。

「長期足は短期足を支配する」

これは、相場における原理原則ですが、チャートパターンにおいてもこの原則が当てはまります。

これについては、次の記事で詳しく解説していますので、一度確認してみてください。

水平ラインを使って正しくチャートを読む方法

5.チャートパターンを見る際の2つの視点

 

チャートパターンは、次の2つの視点を加えて見ることで、実践で使える武器となります。

  • チャートパターンはどのような場面で出現したか
  • チャートパターンが出る相場心理と背景

この2つの視点です。それでは、詳しく見ていきましょう。

チャートパターンはどのような場面で出現したか

チャートパターンは、どこで発生したのかはとても重要です。

下の図を見てください。

chartpattern

日足ベースでレンジを形成しているという状況です。

このような状況では、レンジの上限では売りに優位性があり、下限では買いに優位性があります。

このような状況を踏まえて、レンジ上限では、Wトップやヘッドアンドショルダーの上昇から下落への反転パターンを探し、レンジ下限では、Wボトムや逆ヘッドアンドショルダーの下落から上昇への反転パターンを探すのです。

チャートパターンという1つの要素ではなく、「エリア」+「チャートパターン」でトレードプランに組み込んでいきます。

優位性のある場所においてチャートパターンを見つけることで、それはより強力なトレード根拠になります。

5-2 チャートパターンが出る相場心理と背景

次に、下の図を見てください。

downtrend-wbottom-shinritekihenka

下降トレンドで、サポートラインに到達した場面です。

一度サポートラインで反発し、そして2度目のチャレンジでも止められています。

このサポートラインは強いと認識され、ネックラインを上抜いてきました。

  • サポートラインで2度反発した
  • ネックラインを上回り買いサイン(Wボトム完成)

この2つの事実が市場参加者を買い目線へと変化させます。

その後、市場参加者が買い目線となったことで、どんどん上昇していきます。

次に下の図を見てください。

downtrend-ghs-shinritekihenka

同じく下降トレンドでサポートラインに到達したという場面です。

一度サポートラインで反発し、そして次はその安値に到達しないうちに上昇し、ネックラインを上抜いた状況です。

このケースでは、

  • 下落トレンドの否定+上昇トレンドの完成(安値と高値がともに切り上げている)
  • サポートラインで反発している
  • ネックラインを上回り買いサイン(逆ヘッドアンドショルダー完成)

この3つの事実が相場参加者を買い目線へと変化させます。

その後、市場参加者が買い目線となったことで、どんどん上昇していきます。

このように、なぜそのパターンが出るのかを一つ一つ丁寧に見ていき、市場参加者の心理変化という観点から観察的に見ていくことで、より相場は理解しやすくなります。

6.チャートパターンの注意点

チャートパターンで注意してもらいたいことがあります。

それは、チャートパターンを学ぶと自分も心理的バイアスがかかりやすくなることです。

チャートパターンを見つけると、その後想定した値動きになると勝手に思い込んでしまうのです。

例えば、ヘッドアンドショルダーはトレンド転換のサインですが、パターンを見つけると、その後、上昇トレンドから転換して、下降トレンドになるようなイメージを勝手にしてしまうものです。

繰り返しになりますが、チャートパターンの形状そのものが重要なわけではなく、本当に重要なのは、そのパターンがどこに現れるのかです。

つまり、ヘッドアンドショルダーが出現したことが重要なのではなく、反転の可能性がある場所で反転を示唆するヘッドアンドショルダーが出現したことが重要なのです。

7.まとめ

さて、ここまでチャートパターンを学ぶ目的から、チャートパターンを見る際の視点、具体的なチャートパターン、そして注意点までを見てきました。

チャートパターン単独ではなく、相場背景や出現する場面を組み合わせて見ることで、より精確で、より多彩なトレードプランを立てることができるようになります。

チャートパターンをより深く理解することで、より自由にトレードプランを作成でき、フレキシブルに相場に対応することができるようになります。

参考にしていただければ幸いです。

41409739 - handsome businessman presenting new project to partners.
最新情報をチェックしよう!