注目の記事 PICK UP!

FXで勝てない?圧倒的スピードで成長する3ステップ

Analysis with laptop

あなたは、fxで勝つために日夜、勝つための情報をインターネットで漁っていることだろう。

しかし、どうだろう?自分の思い通りにトレードのスキルは上達しているだろうか?

もし、そうでないとすれば、この記事で説明するたった3つのステップを踏むことで、あなたのトレードスキルは飛躍的に向上していくだろう。

そして、マジメな人が陥りやすい”ある固定観念”についても併せて説明していきたい。この固定観念があなたの成長スピードを阻害している元凶かもしれないからだ。

では、さっそく始めていこう。

1.IT化が生んだ情報洪水

jyouhouryuutuuryou総務省によれば1996年から2006年の10年間で選択情報可能量つまり、人々が接することができる情報量は530倍に増加しているという。

つまり、人が処理する情報量はたった10年間で爆発的に増えた。

これは、言うまでもなくインターネットの普及の影響だ。現在では、パソコンだけではなく、スマートフォンの普及によって、幅広い世代が日々のわずかなスキマ時間にインターネットに接続し、膨大な情報に触れている。

これらから言えることは、単純な知識ベースでは、飛躍的に情報が得られやすくなったということだろう。会話の中で知らないキーワードがでてきても、すぐ検索して話についていける。

もはや、学ぶ意思があれば、その場ですぐに学べてしまう時代だ。

ただ、どうだろう?人の成長スピードは本当に早くなっているのだろうか?

というのも、

「この情報過多の状態で出口の見えない迷路に迷い込んでしまっている人が多くなっているのではないか」

と考えるからだ。

2.成長を阻害するマインド

Stressed実際に情報洪水に溺れ、勉強しているのになかなか成長できていないという人は多い。

これは、僕はマジメな人がよく陥ってしまうあるマインドに起因するのではないかと思っている。それが、「知れば勝てるはずだ」というマインドだ。

これは本当に多くの人が陥ってしまうが、なぜ多くの人が嵌ってしまうのだろう。理由と挙げられるとすれば、FXをしようとする人は”まともな学校教育”を受けてきた人が多いからではないだろうか?

2-1 学校教育の弊害

”まともな学校教育”では、この範囲を勉強すれば点数がとれるという明確なルールがある。

つまり、覚えれば確実に点数がとれ、結果が出る。言い換えると、”知る”だけで結果が出る世界だ。この学校教育の延長線で、トレードを見てしまうと、どこかに正解があるんじゃないかという思考になる。

どこかで、うまいことやっている人がいて、そのやり方さえ知ることができれば、自分もできるはずだ。そう思ってしまうのではないだろうか。

こうした人が、FX商材を買い漁ったり、勝てる情報を探し、日々インターネットを漂流することになる。

2-2 知るだけでは勝てない

結論から言うと、FXは知るだけでは勝てない。

例えば、自転車の乗り方について、人からいくら教えてもらっても、一向に乗れるようにならないのと同じだ。原理を知り、乗り方を知り、実際に自分で練習し、最終的には自分で乗れるようになる。

多くの人は圧倒的に実践(ワーク)が足りていない。何年もFXやっていれば、技術的なことで知らないなんてことはほとんどないはずだ。

  • 相場の環境分析
  • 最適な手法の選択
  • トレードルールに則ったエントリー&エグジット
  • ポジションサイジング

これら知識をスキル化し、実践できてないだけではないだろうか。

3.成長を加速させる3つのステップ

Step1 step2 setp3

では、いよいよあなたの成長を加速させる3つのステップについて説明していこう。

  • STEP1 知る
  • STEP2 やる
  • STEP3 モノにする

の3つのステップだ。拍子抜けしたかもしれないが、大事なのはそれをやるための自分の心構えだ。
一つ一つ説明していこう。

3-1 STEP1 知る

ここで大切なのは、

完全に鵜呑みにするわけではなく、この知識を自分のスタイルにどう活かせるのか

という意識で知識を得ることだ。

トレードのスタイルは、自分のライフスタイルや性格によって、変わってくる。例えば、チャートをずっと監視するこができるのか、それともなかなか時間が取れず、監視することはできないのか、それだけでもトレードのスタイルが全く変わってくるものだ。

自分の中に使えるエッセンスだけを取り入れ、試す。そしてうまくいくようなら、自分のトレードスタイルに取り込めばいい。やるべきことはすごいシンプルだ。

3-2 STEP2 やる

次に”やる”だが、これは言い換えると、練習、訓練、実践だ。

前述した”知る”で得た知識を実際にやってみる。やってみて気づくと思うが、知ることと実際やってみることは全然違う。多くの人は、”知る”ことで、満足してしまい、この”やる”ことが圧倒的に少ないため、結果が出ない。

ここで、意識してもらいたいのは、

  • 1トレード1トレードを丁寧に実践する
  • あとで検証可能なようにする
  • うまくいかない理由をしっかり考える

実際、「バックテストでかなり練習しているけど、なかなか成果がでない」という人がいるが、やりっぱなしとなっていることが多い。ただ、バックテストを流して利確になった、損切りになったということを延々とやっていても全くスキルは向上しないだろう。

自分は今何を検証しようとしていて、結果はどうなったか、損切りとなったら、それはやむ負えない損切りなのか、それとも防ぐことができた損切りなのか。

一つ一つ丁寧に実践するということだ。できれば、トレード画像をとっておき、後で何回も見ることができるようにしておいたほうがいい。

3-3 STEP3 モノにする

それでは、最終ステップの”モノにする”だが、ここでは、実際検証を終えたスキルや手法を自分のトレードスタイルに取り込んでいく段階だ。身に着ける段階といってもいい。

ここでは、検証し、よりいいものに改善していくというPDCAサイクルを意識しよう。

  • P(PLAN)・・・トレードプランを立てる
  • D(Do)・・・トレードプランに従い、エントリー&エグジット
  • C(Check)・・・トレードプラン通りにトレードができたか評価
  • A(Action)・・・改善点を出し、次に活かす

ここで特に重要なのがCheckとActionだ。私は、トレード画面をスクリーンショットをとって、Evernoteで管理をするようにしている。Evernoteで管理することで、iphoneからいつでも確認することができるのでおすすめのやり方だ。

トレード画像とともに、

  • 何がまずかったか
  • 相場の環境分析が甘かったのか
  • やむおえない損切りだったのか
  • 事前に防ぐことができる損切りだったのか

といった、自分で考えうる理由をすべて書き出し、それを何度も確認することで、次に活かす。少なくとも、これまでやってきたミスを次にしないようにすることで、確実にトレードスキルは向上していくはずだ。

4.まとめ

さて、”知る”、”やる”、”モノにする”という3つのステップについて説明してきた。当たり前のように聞こえるが、なかなか実践するのは難しい。

”知る”ことで人は満足感を得てしまい、”やる”、”モノにする”はやはり面倒くさいことだからだろう。この記事を参考に、是非”知る”で終わらず、”モノにする”まで徹底的にやってもらいたい。

無料メールマガジンに登録していただくと
「5つの高勝率トレード手法」をプレゼント!
メールマガジンは、いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。
無料でプレゼントを手に入れる

関連記事

  1. Mann in Bcherei mit lebhafter Fantasie

    FX初心者がトレードを始めるまでの必要な知識の全て

  2. A way to escape

    要注意!?実は収益が上がらない理由はスプレッドだった

  3. Man stand near beach looking at sunset, peaceful water level

    相場を10倍深く理解するファンダメンタル分析入門

  4. FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

    FX口座開設の際に絶対に見るべき重要な10のポイント

  5. 12648731 - man telling a secret to an astonished woman

    誰も教えてくれなかった!移動平均線の使い方のすべて

  6. Man sitting in the park under a tree

    fx超勉強法!最も効果的に勉強や練習を行う具体的方法

  7. very smart dog

    5分でわかる!ロスカットとマージンコールの仕組み

  8. Little boy watching the end of the world

    要注意!!スワップポイント狙いの恐ろしい3つのリスク

  9. starting-point

    fxの始め方|最速5ステップのfxの始め方記事まとめ

PAGE TOP