fx-chart-analysis-20200708gbpusd-2h

2020.07.08【GBPUSD】FXチャート分析。ポンド上昇!1.26&日足200EMA上抜けを狙う今日のトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はGBPUSD(ポンド/米ドル)です。

昨日は、ポンドが全面高。GBPUSDについては、1.25&日足20MAがレジスタンスとなっていましたが、上方向へブレイクアウト。

1.26手前にある日足200EMAまで上昇し、その後、利益確定売りが出始め、現在は1.254付近で推移しています。

この日足200EMAを上に抜けてくるようなら、もう一段上げる可能性があると見ています。

GBPUSD(ポンド/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.07.08【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.07.08【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200708gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.275
  • 1.2

があります。

月足を見ると、下降トレンド中の揉み合い。小さいローソク足が横に並んで揉み合いとなっています。今月のローソク足は陽線ですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は緩やかな下向き。バンドは緩やかに広がりながら、下向きとなっています。

現在値は、ミドルバンドと-1σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 小さなローソク足で横並び
  • 今月の足は陽線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200708gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.25
  • 1.22

があります。

トレンドはレンジ。直近のローソク足は今週の足を含めて陽線が連続示現。1.25を上に抜けてきました。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドの先端は内向きとなっていて、ボラティリティは低下傾向にあることがわかります。

現在値は、ミドルバンドの上。+1σとミドルバンドの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 陽線が連続示現
  • 今週のローソク足は陽線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200708gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.265
  • 1.235

があります。

トレンドはレンジ。下降トレンドとなっていましたが、直近高値を上抜けたことで、下降トレンドが否定、レンジに移行しています。

直近の流れは上方向。陽線が連続して出ていて、昨日のローソク足も陽線となっています。

昨日は、1.25&日足20MAを上抜けて上昇。その後、日足200EMAに阻まれて下落しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向き。バンドは内向きとなっていて、ボラティリティは低下傾向にあります。

現在値は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足トレンドはレンジ
  • 直近の流れは上方向
  • 昨日1.25&日足20MAを上抜け
  • 日足200EMAで上値を阻まれた

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

俯瞰して見ると、揉み合い傾向が強い中、直近の流れとしては上方向となっています。

昨日は1.26手前まで上昇。直近高値1.26をブレイクアウトした後、押し目買いをしていく戦略が一つ考えられます。

また、レンジ傾向が強いことから、反転を狙うことも考えられます。後述しますが、1.245を下抜けると、2時間足では上昇トレンドが否定されますから、このタイミングで戻り売りを仕掛けていきます。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200708gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足
  • 【ロング】1.26を上抜けたら押し目買い
  • 【ショート】1.245を下抜けたら戻り売り

ロング

【戦略】:1.26を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・2時間足上昇トレンド
・直近高値1.26上抜け
・日足200EMA上抜け

【エントリー】:1.26上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:1.26の少し下

【ターゲット】:1.265

まずは、ロング戦略です。

直近高値1.26を上抜けると、日足200EMAも上抜けますから、もう一段上を試してくる可能性があります。

そこで、1.26を上抜け確認後、押し目買いを狙います。損切りは、1.26の少し下。ターゲットは、1.265まで狙います。

ショート

【戦略】: 1.245を下抜けたら戻り売り

【戦略の優位性】:
・2時間足上昇トレンド否定
・週足20MA&日足20MA下抜け

【エントリー】:1.245下抜けを確認して戻り売り

【損切り】:1.245の少し上

【ターゲット】:1.235

次にショート戦略です。

一度上抜けた1.25&日足20MAを再度下抜け、2時間足の上昇トレンドが否定されるタイミングである1.245下抜けから戻り売りを狙っていくショート戦略です。

損切りは、1.245の少し上。ターゲットは、1.235まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

月足、週足を見ると、まだレジスタンスラインまでは距離があって上を目指してもおかしくないチャートとなっていますがどうなるでしょうか。

今日は、特に注目度の高い指標発表もないので、このまま揉み合いとなる可能性が高いかもしれません。いずれにしても抜けた方へ素直についていきます。

  • 1.26を上抜けたら押し目買い。1.245を下に割るようなら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200708gbpusd-2h
最新情報をチェックしよう!