fx-chart-analysis-20200702eurusd-2h

2020.07.02【EURUSD】FXチャート分析。レンジブレイクアウト&レンジ下限からのロング戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はEURUSD(ユーロ/米ドル)です。

ここ最近のEURUSDは、1.12~1.127のレンジを形成。1.12がサポートラインとして機能しつつも、日足20MAで上値を抑えられる展開です。

そんなEURUSDの今日のトレード戦略です。

EURUSD(ユーロ/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.07.02【EURUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング①
・ロング②


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.07.02【EURUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200702eurusd-month
EURUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.15
  • 1.08

があります。

トレンドはレンジ。直近の流れとしては上。1.08で反発上昇し、陽線が続いています。今月のローソク足は陽線ですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は横向きで、バンドも横向きでレンジを示すバンドの形状です。

現在値は、ミドルバンドの上。ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは上方向
  • 今月のローソク足は陽線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200702eurusd-week
EURUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.14
  • 1.12
  • 1.11

があります。

トレンドはボラティリティのあるレンジ。直近の流れは上方向。陽線が並んでいて、今週のローソク足も陽線となっています。

1.14付近では、週足の200EMAも降りてきていて、抵抗となっています。上ヒゲが印象的です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は上向き。バンドの上下は広がっていて、ボラティリティが高まっているのがわかります。

現在値は、+1σと+2σの間。+1σで下値を支えられているようにも見えます。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは上方向
  • 今週のローソク足は陽線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200702eurusd-day
EURUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.135
  • 1.115

があります。

トレンドはレンジ。ローソク足を見ると、横並びとなっています。昨日のローソク足は陽線です。

1.12付近では下ヒゲを出していることから、反発している様子がわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは横からやや下向き。バンドの先端はほぼ横向きとなっていて、揉み合い傾向にあるバンドの形状です。

現在値は、ミドルバンドの下。日足からも1.12~日足20MAのレンジ傾向であることがわかります。

  • 日足ではレンジ
  • 直近の流れは揉み合い(1.12~日足20MA)
  • 昨日のローソク足は陽線

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

上位足ではレンジ傾向を示していて、現在考えられる戦略としては、レンジ上限のブレイクアウトからの押し目買いを狙うか、レンジ下限からロングを狙うかですね。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200702eurusd-2h
EURUSD 2時間足
  • 【ロング①】レンジ上限ブレイクアウトからの押し目買い
  • 【ロング②】1.12サポートラインに引き付けてロング

ロング①

【戦略】: レンジ上限ブレイクアウトからの押し目買い

【戦略の優位性】:
・2時間足上昇トレンド
・レンジ上限(1.127)上抜け
・日足20MA上抜け

【エントリー】:1.128上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:日足20MAの少し下

【ターゲット】:1.135

まずは、一つ目のロング戦略です。

レンジ上限(1.127)をブレイクアウトすると、抵抗となっていた日足20MAも上抜けますので、さらに上値を試す可能性があります。

そこで、1.128を上抜け確認後、押し目買いを狙っていきます。損切りは、日足20MAの少し下。ターゲットは、1.135まで狙っていきます。

ロング②

【戦略】: 1.12サポートラインに引き付けてロング

【戦略の優位性】:
・月足、週足直近上昇の流れ
・1.12サポートライン

【エントリー】:1.12まで引き付けて指値ロング

【損切り】:1.12の少し下

【ターゲット】:日足20MA(1.127)

次にもう一つのロング戦略です。

現在、1.12のサポートラインを下限として、1.127までのレンジを形成しています。そこで、レンジ下限まで引き付けてのロングが考えられます。

1.12に引き付けて、指値ロング。損切りは、1.12の少し下。ターゲットは、日足20MA付近の1.127まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでEURUSDのチャート分析をしてきました。

上位足の流れから上方向の目線を持っていますが、日足20MAの壁に阻まれ、1.12のサポートラインを下に切ってくることも想定されます。

1.12を切って、更に1.115を下に切ってくるようなら、目線は下。戻り売りを狙っていきます。

とりあえずは、今週1.12がサポートラインとして機能しているうちは、上目線で相場を見ていきたいと考えています。

  • レンジ上限を上抜けたら押し目買い。レンジ下限(1.12)まで下げたらラインに引き付けてロングを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200702eurusd-2h
最新情報をチェックしよう!