fx-chart-analysis-20200630gbpusd-2h

2020.06.30【GBPUSD】FXチャート分析。またもやポンド下落!下降トレンドに乗るトレンドフォロー・ショート。

さて、今日はGBPUSD(ポンド/米ドル)です。

昨日のGBPUSDはまたもや下落。完全な下降トレンド入りをしていて、今日もトレンドフォローで狙っていきたいと考えています。

GBPUSD(ポンド/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.30【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.30【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200630gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.275
  • 1.2

があります。

トレンドは下降トレンド。陰線が続き、直近の流れは下方向。今月の足を見ると、長い上ヒゲを伴った陰線となっています。

1.275とミドルバンド(20MA)が上値の大きな重しとなっているようです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は緩やかな下向き。バンドも緩やかに上下に広がり、今後さらに下げてきそうなバンドの形状となっています。

現在値は、ちょうど-1σの少し下あたり。-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の流れは下方向
  • 今月の足は長い上ヒゲ&実体の小さな陰線
  • 1.275&月足20MAが上値の重しに

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200630gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.25
  • 1.235
  • 1.22

があります。

パット見た感じで相場はレンジ。直近のローソク足を見ると陰線が並んでいて下方向への流れ。今週のローソク足も陰線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きで、今後このミドルバンドがレジスタンスとして機能しそうです。

バンドの先端は内向きでレンジ傾向を示しています。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向
  • 今週のローソク足は陰線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200630gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.24
  • 1.225

があります。

トレンドは完全に下降トレンド。直近のローソク足は陰線が続いていて下方向。昨日も陰線を付けています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向きに変化。直近の下落でバンドの先端は上下に開いています。

昨日の下落で、-2σタッチ。タッチした後下ヒゲを付けて少し戻されていますね。

  • 日足では下降トレンド
  • 直近の流れは下方向
  • 昨日のローソク足は陰線

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

上位足の流れを見ると、完全なる下降トレンド。戻り売りを狙っていきたいところです。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200630gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足
  • 【ショート】下降トレンドに乗るトレンドフォロー・ショート

ショート

【戦略】:下降トレンドに乗るトレンドフォロー・ショート

【戦略の優位性】:
・月足・日足下降トレンド
・1.2315~1.235レジスタンス

2時間足20MA

【エントリー】:2時間足20MAまで引き付けて戻り売り

【損切り】:1.235の少し上

【ターゲット】:1.225

下降トレンドに乗るトレンドフォロー・ショート戦略です。

2時間足で見た時、ブレイクラインの1.2315から週足で引いた水平線1.235までの範囲がレジスタンスとなる可能性があります。

そこで、そのエリア内で、2時間足の20MAタッチを待ってショートを仕掛けます。

日足20MAタッチでショート。損切りは、1.235の少し上。ターゲットは、日足で1.225がいいでしょう。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

狙っていきたい方向としては、完全に下方向。2時間足の20MAがレジスタンスとして機能していますから、このラインを使って戻り売りを仕掛けていきたいと思います。

当分、ロングは狙える状況にありません。とりあえずショート一本です。

昨日から、英・EUは、自由貿易協定(FTA)などの集中協議を開始。市場では、先行きを不安視する見方が強く、ネガティブなニュースが流れると、さらにポンド売りが加速する可能性もあります。

  • 下降トレンドに乗るトレンドフォロー・ショート。2時間足20MAがレジスタンスとして機能しているので、このラインを使ってショートを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、今日も頑張っていきましょう!また明日。

fx-chart-analysis-20200630gbpusd-2h
最新情報をチェックしよう!