fx-chart-analysis-20200622audusd-2h

2020.06.22【AUDUSD】FXチャート分析。揉み合い続く豪ドル/米ドル。日足20MAに注目!

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はAUDUSD(豪ドル/米ドル)です。

先週のAUDUSDは方向感なく揉み合いの展開。最近では米株式市場に合わせるような動きをしています。

米株式市場では、新型コロナウイルス第2波に警戒して上値が重い展開となっていることから、今週も目線は下方向です。

チャートを見ると、現在日足20MAに接近していることから、これを明確に下に抜けることで、更なる下落も予想されます。

AUDUSDの今日のトレード戦略です。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.22【AUDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.22【AUDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200622audusd-month
AUDUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.704
  • 0.667

があります。

トレンドは下降トレンドとなっています。ただ、0.55を付けてから大きく反発。直近の足を見ると、陽線が3本続き、流れは上方向となっています。

0.704に到達後、相場は反落。直近のローソク足では長い上ヒゲを付けています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きで、バンドも下向き。ただ、徐々に横向きに近くなっていますね。

現在値は、ミドルバンドのやや下のあたり。-1σとミドルバンドの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近、陽線が並んでいる

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200622audusd-week
AUDUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.72

があります。

週足では上昇トレンドとなっています。ただ、0.704に到達後、下落。陰線が並んで調整局面となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は上向き。バンドは上下に広がっていてボラティリティが高まっているのがわかります。

現在値は、+1σの上のあたりにあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近で調整下落

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200622audusd-day
AUDUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.692
  • 0.685
  • 0.675

があります。

トレンドは上昇トレンド。ただ、週足で見たように直近では調整していて陰線が続いています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは上向き。現在、ちょうどミドルバンドに到達(AM6:15時点で下抜け)しています。

バンドの先端は内向きで直近の調整でボラティリティが低下しています。

  • 日足は上昇トレンド
  • 直近では調整下落
  • 現在、日足20MA付近

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

月足では下降トレンド。ただ、0.704に到達後、反落。週足、日足ではいまだ上昇トレンドであるものの、直近で調整下落しているのがわかります。

そして、日足20MAに到達し、ここを下に抜けると、さらに下げてくる可能性があります。

もちろん、週足、日足とも上昇トレンドであることから、再度上を目指してくる可能性もあります。

先週0.692付近で上値を抑えられていましたから、ロングを狙う場合、この上抜けを見ていきます。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200622audusd-2h
AUDUSD 2時間足
  • 【ロング】0.692を上抜けたら押し目買い
  • 【ショート】日足20MAを下抜けたら戻り売り

ロング

【戦略】:日足20MA反発上昇を狙うトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・週足~2時間足上昇トレンド
・月足20MA上抜け
・日足20MA反発

【エントリー】:0.692上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:0.692の少し下

【ターゲット】:0.704

まずは、ロング戦略です。

週足、日足ともに上昇トレンドで、現在の下落を調整と見た場合、再度上値を試してくる可能性があります。

ロングのきっかけとして、先週上値を抑えてきた0.692上抜けを見ます。ここを上抜けることで、2時間足も上昇トレンドとなりますし、月足の20MAも上抜けることになります。

0.692上抜け後、押し目買い。損切りは、0.692の少し下。ターゲットは、0.704まで狙っていきます。

ショート

【戦略】:日足20MA下抜けからの戻り売り

【戦略の優位性】:
・月足・2時間足下降トレンド
・日足20MA下抜け

【エントリー】:日足20MA(0.683)下抜けを確認して戻り売り

【損切り】:0.685の少し上

【ターゲット】:0.675

次にショート戦略です。

月足で下降トレンド、0.704からの反転の流れに乗るトレンドフォローです。

日足20MAかつ、先週下値を支えてきた0.683付近のサポートを下抜けたら戻り売りを狙っていきます。

損切りは、0.685の少し上。ターゲットは、0.675まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでAUDUSDのチャート分析をしてきました。

先週は、0.683~0.692の狭い揉み合いに終始。今週は、このどちらに抜けてくるか注目です。

個人的には、下の方が狙っていきやすいと感じています。

というのも、ダウ平均株価チャートを見ても、日足20MAを割り込み、なかなか戻すのが大変そうなチャートになっているからです。

  • 先週、レジスタンスラインとして機能した0.692を上抜けたら押し目買い。日足20MAを下抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、今週もがんばっていきましょう!それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200622audusd-2h
最新情報をチェックしよう!