fx-chart-analysis-20200621gbpusd-2h

2020.06.21【GBPUSD】FXチャート分析。下落続けるポンド。直近下落の流れに乗っていく今週のトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はGBPUSD(ポンド/米ドル)です。

新型コロナウイルスの感染拡大が中国、米国で確認され、リスク回避からドル買い、円買いが進みました。

GBPUSD(ポンド/米ドル)については、先週1.27付近まで上昇したものの、ニューヨーク終わりにかけて、1.235付近まで大きく下げました。

そんなGBPUSDの今週のトレード戦略です。

GBPUSD(ポンド/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.21【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.21【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200621gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.35
  • 1.275
  • 1.2

があります。

トレンドは下降トレンド。直近のローソク足を見ると、上ヒゲが長く、実体がほとんどありません。

1.275がミドルバンド(20MA)と重なり、レジスタンスラインとして機能しているようです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)はやや下向きで、バンドも下向き。弱さのある相場であることがわかります。

現在値は、-1σの下付近にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近のローソク足は上ヒゲが長く、実体がほとんどない。

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200621gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.26
  • 1.25
  • 1.35
  • 1.22

があります。

トレンドはレンジ。陰線が続き、直近の流れは下方向です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは内向きとなっていて、揉み合いを反映したバンドの形状となっています。

現在値は、ミドルバンドを下抜け、-1σに向かっているところです。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向。陰線が続いている。
  • 週足20MAを下抜けた

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200621gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.24
  • 1.23

があります。

トレンドは定義上は上昇トレンド。ただ、1.28の高値を付けた後、大きく下落。長い陰線が続いていて、直近の流れとしては完全に下方向となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは上向きとなっていますが、これを明確に下に抜けてきて、現在-1σに到達しています。

  • 日足では上昇トレンド
  • 直近の流れは完全に下。大きな下落調整となっている。
  • 日足20MAを下抜けた

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

直近の下落の勢いが強いので、1.235を下に抜けると、もう一段下げそうです。

もちろん、1.235で反発上昇していく可能性もあります。その時は、1.25を上抜けたタイミングで、押し目買いを狙っていきたいと思います。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200621gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足
  • 【ロング】1.25を上抜けたら押し目買い
  • 【ショート】1.235を下抜けたら戻り売り

ロング

【戦略】:1.25を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・2時間足下降トレンド否定

・1.25上抜け
日足20MA上抜け

【エントリー】:1.25上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:1.25の少し下

【ターゲット】:1.26

まずは、ロング戦略です。

2時間足は現在、下降トレンドですが、直近の基準高値が1.245となっていますので、これを上抜けると2時間足の下降トレンドは否定されることになります。

また、1.25付近には週足20MA、日足20MAがありますので、1.25を上抜けるともう一段上昇する可能性があります。

そこで、1.25を上抜けたら、トレンドフォローの押し目買いを狙っていきます。

損切りは、1.25の少し下。ターゲットは、1.26まで狙っていきます。1.26付近には日足200EMAもありますので、この辺で一旦利食いを入れるべきと考えます。

ショート

【戦略】:1.235を下抜けたら戻り売り

【戦略の優位性】:
・月足・2時間足下降トレンド
・1.235下抜け

【エントリー】:1.235下抜けを確認して戻り売り

【損切り】:1.235の少し上

【ターゲット】:1.23

次にショート戦略です。

直近の流れは下方向ですから、1.235のラインを下に抜けることで、もう一段下落する可能性があります。

そこで、1.235下抜けを確認後、戻り売り。損切りは、1.235の少し上。ターゲットは、1.23まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

直近の流れは完全に下方向。ですから、週明け1.235下抜けトライしてきたら、素直に戻り売りをしていきます。

逆に、1.25を上抜けてくる上昇を見せるようなら、目線は上となりますので、押し目買いを狙う。

現在、リスク回避要因としては、次のようなものがあり、 これらが意識されるとドル買い・円買い要因となります。

  • 米中対立が激化
  • 中国・米国での新型コロナウイルス感染拡大
  • 朝鮮半島情勢の緊迫化

ポンドの場合、これらに加え、EU協議の先行きが不透明であるというリスクがあります。

ジョンソン首相はEUと意見はかけ離れていないと述べている一方、市場参加者の間では、7月の集中協議で合意に達するのは難しいとの見方が多いようです。

年内は、ポンドについて、この問題がポンド相場を動かしそうです。これら要因から、ポンドについては、長期的にネガティブと見ています。

  • 週明け1.235下抜けするか注視。下に抜けるようなら戻り売り。仮に、1.25を上抜けるようなら押し目買い。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200621gbpusd-2h
最新情報をチェックしよう!