fx-chart-analysis-20200620usdjpy-2h

2020.06.20【USDJPY】FXチャート分析。直近安値更新なるか!?ブレイクアウトを狙う来週のトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はUSDJPY(米ドル/円)です。

ドル円はもみ合い。18日以降は特に狭いレンジで推移しています。

揉み合った後は、当然どちらかには抜けてきますから、来週どう抜けてくるかに注目です。

USDJPY(米ドル/円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.20【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.20【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200620usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 110
  • 105

があります。

トレンドはレンジ。直近のローソク足は陰線となっています。

上下にトレンドラインを引くことができ、上値と下値の幅が狭くなってきています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は緩やかな下向き。バンドも下向き、バンドの先端は内向きとなっていて、月足ではボラティリティは低下気味です。

現在値は、ボリンジャーバンド-1σを下に抜けてきたかというあたり。

  • トレンドはレンジ。
  • 直近のローソク足は陰線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200620usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 108
  • 106.6
  • 106

があります。

トレンドは月足同様にレンジ。一方向へトレンドが発生しているわけではありません。

ただ、直近では陰線が連続していて、下落基調にあることがわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは平行に下を向いています。

ミドルバンドを下抜け、現在-1σに到達。ミドルバンドと-1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200620usdjpy-day
USDJPY 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 107.5
  • 107

があります。

日足では、下降トレンド。直近でも下落の流れができています。107円を下に抜けてきて、106.6円を目指しているところです。

上を見ると、108円付近には、

  • 週足20MA
  • 日足20MA&200EMA

など、複数のチャートポイントがあり、上値が重くなりそうです。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向き。バンドの先端は上下に広がっていて、ボラティリティが高まっていることがわかります。

現在値は、-1σを下に抜け、-1σと-2σの間にあります。

  • 日足では下降トレンド
  • 直近の流れは下方向

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

日足では、下降トレンド。流れは下方向にあります。ショートを狙うとすればどこか?

やはり、直近安値の106.6円を下抜けてからでしょう。106.6円下抜けを確認後、戻り売りを狙っていきます。

では、ロングを狙うとすればどこか?

本来、日足の下降トレンドの基準高値107.5円を上抜けたあたりでロングしていきたいところですが、前述したように108円付近では複数のチャートポイントがあることから、上値が重くなる可能性があります。

ですので、現段階では買いは考えず、売り一本で考えていきます。

次に、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200620usdjpy-2h
USDJPY 2時間足
  • 【ショート】106.6円を下抜けたら、戻り売り

ショート

【戦略】:106.6円を下抜けたら戻り売り

【戦略の優位性】:
・日足・2時間足下降トレンド
・106.6円下抜け

【エントリー】:106.6円下抜け後、戻り売り

【損切り】:106.6円の少し上

【ターゲット】:106円

直近安値の106.6円を下抜けると、サポートラインがレジスタンスラインに転換して、もう一段下げる可能性があります。

そこで、106.6円下抜け後、戻り売りを狙っていきます。損切りは、106.6円の少し上。ターゲットは、106円まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

とりあえず、来週のドル円戦略は売り一本。直近安値106.6円を下に抜けてくるのか注目していきます。

個人的には、直近の流れのとおり下抜けの可能性が高いと考えます。

テクニカルの観点からは、108円付近に複数のチャートポイントがあることで上値が重くなる可能性があることが一つ。

ファンダメンタルの観点からは、

  • 米中対立激化への懸念
  • 新型コロナウイルス感染の第2波の進行
  • 朝鮮半島情勢が緊迫化による地政学リスク

などがあり、ドル売り円買いが進行する可能性があるからです。

  • 直近安値106.6を下に抜けるかに注目。下に抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200620usdjpy-2h
最新情報をチェックしよう!