fx-chart-analysis-20200618usdjpy-2h

2020.06.18【USDJPY】FXチャート分析。レンジ下限107円ブレイクを狙うショート戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はUSDJPY(米ドル/円)です。

最近、107円~107.5円で揉み合いが続いているドル円ですが、昨日は弱含みました。

米国で新型コロナウイルス第2波が懸念され、リスク回避の動き。引けにかけてダウ平均も下落し、円買いが進み、一時107円を割り込んでいます。

そんなドル円の今日のトレード戦略です。

USDJPY(米ドル/円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.18【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.18【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200618usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 110
  • 105

があります。

トレンドはレンジ。直近のローソク足は陰線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は緩やかな下向き。バンドも下向き、バンドの先端は内向きとなっていて、ややボラティリティが低下しています。

現在値は、ボリンジャーバンド-1σ付近にあります。

  • トレンドはレンジ。
  • 直近のローソク足は陰線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200618usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 108
  • 106.6
  • 106

があります。

トレンドはレンジ。直近では陰線が続いて出現。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドの先端はやや広がっているでしょうか。

ミドルバンドを下抜け、現在は-1σを目指す展開。ミドルバンドと-1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200618usdjpy-day
USDJPY 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 107

があります。

トレンドはレンジ。ただ、直近のローソク足は陰線となっています。

現在、107円を下に抜けるかどうかというところです。

ボリンジャーバンドのミドルバンドはやや下向き。バンドの先端は上下に広がり、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

現在値は、-1σと-2σの間にあります。

  • 日足ではレンジ
  • 直近のローソク足は陰線

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

直近では弱含み。下方向を目指しそうなチャートとなっています。

107円サポートラインを下抜けると、もう一段下げる可能性があります。ただ、すぐ下に106.6円の水平線もあることから、あくまでも狙うのは短期トレード。

では、仮に上を狙うとすればどこか?

正直、現在のところ、上方向へは狙いづらい相場環境にあります。というのも、108円付近には、週足20MA、日足20MA&200EMAなど抵抗となりそうな要素が複数存在しているからです。

108円付近はレジスタンスとして強く意識されそうです。ですので、今日は売り一本で考えます。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200618usdjpy-2h
USDJPY 2時間足
  • 【ショート】107円を下抜けたら、戻り売り

ショート

【戦略】:107円を下抜けたら戻り売り

【戦略の優位性】:
・2時間足下降トレンド
・107円下抜け

【エントリー】:107円下抜け後、戻り売り

【損切り】:107円の少し上

【ターゲット】:106.6円

レンジ下限の107円を下抜けると、サポートラインがレジスタンスラインに転換し、もう一段下げる可能性があります。

そこで、107円下抜け後、戻り売りを狙っていきます。損切りは、107円の少し上。ターゲットは、106.6まで狙います。

もちろん、106.6円も下抜けることを想定して、ポジションキープでもいいのですが、やはり反発の可能性もあるので、一旦利確しておいた方がいいと思います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

お伝えしてきたように、今日は売り一本。レンジ下限の107円を下に抜けるのか注目していきます。

夜の21時30分には米新規失業保険申請件数も発表されますから、これによって動く可能性もありますね。

  • レンジ下限107円を下に抜けるかに注目。下に抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200618usdjpy-2h
最新情報をチェックしよう!