fx-chart-analysis-20200612gbpusd-2h

2020.06.12【GBPUSD】FXチャート分析。1.26&日足200EMAを背にしたショート戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はGBPUSD(ポンド/米ドル)です。

昨日は、欧米株価が大幅に下落。債権が買われ金利が低下、原油も下落し、リスク回避姿勢が強まりました。

GBPUSDについては、ポンド売りドル買いが進み、今日もこの流れを引き継ぐのか注目されます。

GBPUSD(ポンド/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.12【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.12【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200612gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.275
  • 1.2

があります。

トレンドは下降トレンド。直近のローソク足を見ると、陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は緩やかな下向きで、バンドも下向きとなっています。

バンドの先端は並行に下を向いていて、やや弱い相場環境を示しています。

現在値は、ミドルバンドと-1σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近のローソク足は陽線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200612gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.26
  • 1.25

があります。

トレンドはレンジ。ミドルバンドを上抜けて1.275に到達しましたが、長い上ヒゲを付けて下落しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは内向きとなっていて、ボラティリティは低下気味です。

現在値は、ミドルバンドの少し上。+1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近のローソク足は陰線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200612gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.265

があります。

トレンドは上昇トレンド。ただ、昨日、長大陰線を付け、大きく下落しています。

日足200EMA、1.26水平線を下に抜けてきたかというところ。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは上向き。バンドの先端は上下に広がり、ボラティリティが高まっているのがわかります。

一時、ボリンジャーバンドの+2σのバンドウォークを続けていましたが、昨日の下落で+1σを下に抜けてきました。

現在値は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足は上昇トレンド
  • 昨日、長大陰線を付け下落
  • 日足200EMAを下に抜けてきた

トレード戦略

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

日足を見ると上昇トレンドであるものの、昨日大きな下落を見せました。

まずは、下落余地はまだあると見て、1.26を背にしたトレンドフォローのショートを仕掛けていきたいですね。

仮に、反発上昇するようなら、1.265上抜けを見てからのロングがいいでしょう。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200612gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足
  • 【ロング】1.265を上抜けたら押し目買い
  • 【ショート】1.26を下抜けたら戻り売り

ロング

【戦略】:1.265を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・日足上昇トレンド
・1.265上抜け


【エントリー】:1.265上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:1.265の少し下

【ターゲット】:1.275

まずは、ロング戦略です。

日足では上昇トレンドであることから、1.265に復帰するようならさらに上値を試していく可能性があります。

そこで、1.265を上抜け確認後、押し目買いを狙います。損切りは、1.265の少し下。ターゲットは、1.275まで狙っていきます。

ショート

【戦略】:1.26を下抜けたら戻り売り

【戦略の優位性】:
・2時間足下降トレンド
・日足200EMA
・1.26下抜け

【エントリー】:1.26を下抜けたら戻り売り

【損切り】:日足200EMAの少し上

【ターゲット】:1.25

次にショート戦略です。

昨日の下落の勢いで、日足200EMAを抜けてきました。1.26を下抜けることで、これらがレジスタンスとして機能し、もう一段下げる可能性があります。

1.26を下に抜けてきたら戻り売り。損切りは、日足200EMAの少し上。ターゲットは、1.25まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

ここまで実体経済とはかけ離れた株価の上昇が続いてきていましたので、現在は調整中というところ。

各通貨とも、リスク回避によるドル買いが進んでいて、今日も引き続きドル買いが続いていくのか注目です。

  • 1.26を下抜けたら、戻り売り。逆に反発上昇するようなら、1.265上抜けを見てから押し目買いを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200612gbpusd-2h
最新情報をチェックしよう!