fx-chart-analysis-20200604audusd-2h

2020.06.04【AUDUSD】FXチャート分析。節目の0.7を基点とした今日のトレード戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はAUDUSD(豪ドル/米ドル)です。

新型コロナウイルスで止まっていた経済活動が世界的に再開される中、景気回復期待による株価上昇が続いています。

ダウ平均株価も、大きく反発。外国為替では、リスクオンのドル売りが続いていて、各通貨ともドルに対して買われています。

AUDUSDも例外なく買われ、現在、節目の「0.7」に迫ろうかというところ。今日は、この節目「0.7」を挟んだトレード戦略です。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.06.04【AUDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.06.04【AUDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200604audusd-month
AUDUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.7
  • 0.668

があります。

トレンドは下降トレンド。0.55の安値を付け、急反発しています。

下降トレンドの基準となる高値は、0.7。ここを上抜けると、下降トレンドが否定されることになります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向き。今月の足でミドルバンドを上抜けてきました。現在は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近は急上昇
  • ミドルバンド(20MA)上抜け
  • 節目となる0.7に接近

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200604audusd-week
AUDUSD 週足

トレンドは上昇トレンド。週足では、0.668を上抜けたことで、トレンド転換していますね。

直近の流れとしては、完全に上昇傾向で、陽線が続いています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、ほぼ横向き。+1σを上抜け、+2σに接近しています。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近では、強い陽線が並んでいる

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200604audusd-day
AUDUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.708
  • 0.693
  • 0.675

があります。

トレンドは、完全に上昇トレンド。今週に入ってから、陽線続きとなっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、上向き。バンドの先端は上下に広がり、ボラティリティが高まっていますね。

強い上昇で、+3σにタッチしながらのバンドウォークを続けています。

  • 日足では上昇トレンド
  • 直近で陽線が連続している

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

月足では下降トレンド。ただ、節目の0.7に迫る上昇の勢い。短期足では完全に上昇トレンドに転換しています。

今日は、この節目の0.7を挟んだトレード戦略が考えられそうです。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200604audusd-2h
AUDUSD 2時間足

ロング

【戦略】:0.7ブレイクアウトからのロング

【戦略の優位性】:
・月足~日足上昇トレンド
・0.7ブレイクアウト

【エントリー】:0.7上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:0.7の少し下

【ターゲット】:0.708

まずは、ロング戦略です。

節目0.7を上抜けることで、月足も上昇トレンドに転換。さらに上値を試す可能性があります。

そこで、0.7を上抜け確認後、押し目買いを狙っていきます。損切りは、0.7の少し下。ターゲットは、日足直近高値である0.708まで狙います。

ショート

【戦略】:0.7からの反落を狙うショート

【戦略の優位性】:
・月足下降トレンド
・0.7レジスタンスライン
・2時間足上昇トレンド否定

【エントリー】:0.68714下抜けを確認して戻り売り

【損切り】:0.68714の少し上

【ターゲット】:0.675

次にショート戦略です。

0.7がレジスタンスラインとして機能し、下に戻される展開も想定できます。では、ショートを狙うとすれば、どこか?

0.7から反落し、2時間足の上昇トレンドが否定されるポイントを狙いたいと思います。現在の状況では、0.68714。

ここを下抜けると、ダブルトップを形成後、ネックライン抜けというタイミングになるので、いいタイミングになると思います。

2時間足の基準安値 0.68714 の下抜けを確認後、戻り売り。損切りは、 0.68714 の少し上。ターゲットは、0.675まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでAUDUSDのチャート分析をしてきました。

節目「0.7」に接近していることから、今日は、このラインを挟んだトレード戦略をご紹介してきました。

今日は、2時間足の色のついたエリアの動きに注目です。

  • 0.7付近の攻防に注目。0.7を上抜けたら押し目買い。0.7から反落するようなら、2時間足の否定を確認して、戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、今日も頑張っていきましょう!

また明日。

fx-chart-analysis-20200604audusd-2h
最新情報をチェックしよう!