fx-chart-analysis-20200531gbpusd-2h

2020.05.31【GBPUSD】FXチャート分析。先週高値ブレイクアウトからのトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はGBPUSD(ポンド/米ドル)です。

先週のGBPUSDは、世界的な経済活動再開を受け、欧米株価が上昇したことにつられて上昇。

1.24手前まで上昇するものの、英とEUの貿易交渉の不透明感が伝わると、リスク回避のドル買いが進み、下落しました。

米中対立の激化というリスクも市場にくすぶる中、今週はどう動くのか?今週のGBPUSDのトレード戦略です。

GBPUSD(ポンド/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.05.31【GBPUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.05.31【GBPUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200531gbpusd-month
GBPUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.35
  • 1.2

があります。

トレンドは下降トレンド。直近のローソク足も陰線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、緩やかな下向き。バンドも下向きとなっています。

ボリンジャーバンド-2σタッチで反発を受け、下ヒゲを出しています。現在値は、-1σの下のあたりに位置していますね。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近のローソク足は陰線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200531gbpusd-week
GBPUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.26
  • 1.25
  • 1.22
  • 1.21

があります。

トレンドはレンジ。直近のローソク足は陽線が連続で出ています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドは平行に下を向いています。俯瞰して見た場合の傾向としては、下落基調となっています。

現在、ミドルバンドに向かっていてミドルバンドと-1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近のローソク足は陽線が連続示現

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200531gbpusd-day
GBPUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.24
  • 1.23
  • 1.225
  • 1.2165

があります。

トレンドは上昇トレンド。ローソク足を見ても陽線が続いていて、上昇傾向です。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端は内向きとなっていて、ボラティリティが低下しているのがわかります。

現在は、ボリンジャーバンドのミドルバンドを上抜け、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • 日足では上昇トレンド
  • 直近の流れも上方向

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

月足を見ると、下落トレンド。ボリンジャーバンド-2σタッチで反発しています。

週足、日足を見ると、上昇傾向となっていて、この上昇に乗るロング戦略が一つ考えられます。

では、ショートはどうでしょう?

上位足を見ても、現在値に近い所ではちょっと売り場がわからない。1.2165を下抜けたあたりでは、ショートを狙っていきたいですが、現在値からちょっと距離がありますね。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200531gbpusd-2h
GBPUSD 2時間足

ロング

【戦略】:1.24を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・週足・日足上昇基調
・1.24ブレイクアウト

【エントリー】:1.24上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:1.24の少し下

【ターゲット】:1.25

まずは、ロング戦略です。

週足と日足を見ると、上昇傾向。先週は、高値を目指すものの1.24突破は届かず下落。現在1.235付近まで下落しています。

そこで、先週高値更新をきっかけにトレンドフォロー・ロングを狙う戦略が考えられます。

具体的なエントリーとしては、1.24上抜けを確認後、押し目買い。損切りは、1.24の少し下。ターゲットは、1.25まで狙っていきます。

今後の見通し

さて、ここまでGBPUSDのチャート分析をしてきました。

仮にこのまま上昇し、1.25付近まで上昇した場合、上値が重くなる展開を予想します。

というのも、週足20MAと日足200EMAがちょうどその辺に降りてきているからです。このあたりで反転の逆張りを狙っていきたいと考えています。

まあ、とりあえず今週は、先週高値を上抜けるかどうかに注目ですね。

  • 先週高値付近1.24を上抜けたら押し目買い。仮に下を狙うなら、1.25付近で逆張り。もしくは、1.2165下抜けのタイミングで戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日で5月も最後ですね。良い休日をお過ごしください。

fx-chart-analysis-20200531gbpusd-2h
最新情報をチェックしよう!