fx-chart-analysis-20200527usdcad-2h

2020.05.27【USDCAD】FXチャート分析。1.38下抜け!反転まで値幅があると踏んでの短期トレンドフォロー。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はUSDCAD(米ドル/カナダドル)です。

昨夜は、世界的に経済活動が再開されることへの期待や新型コロナウイルスのワクチン臨床試験が進展しているという報道から、欧米株価が軒並み上昇。

リスクオンの地合いとなり、各通貨でドル売りが進みました。

「経済活動再開→原油需要の高まり」の連想から資源国通貨も買われていて、カナダドルも大きく買われています。

そんな相場環境での今日のUSDCADトレード戦略です。

USDCAD(米ドル/カナダドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.05.27【USDCAD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.05.27【USDCAD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200527usdcad-month
USDCAD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.4
  • 1.38
  • 1.3

があります。

トレンドは上昇トレンド。ただ、直近陰線が続いています。上ヒゲも頻発していますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は上向き。バンドも上を向いていて、上昇トレンドの形状を示しています。

現在値は、+1σの上のあたり。+1σと+2σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近では陰線が連続示現。上ヒゲも頻発している。

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200527usdcad-week
USDCAD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.365

があります。

トレンドは上昇トレンド。ただ、直近の流れを見ると、上下をしながら下落しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、上向き。バンドは広がりながらも内向きとなってきていて、直近の下落を反映した形状となっています。

直近の下落でミドルバンドに向かっています。現在は、ミドルバンドと+1σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近の流れは下方向
  • ミドルバンドに向かって下落している

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200527usdcad-day
USDCAD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.385

があります。

トレンドは下降トレンド。直近のローソクを見ると陰線が続き、特に昨日の下落が大きいですね。

1.385がサポートラインとして機能していましたが、これを抜け、さらに月足で引いた1.38のラインをも下に抜けてきました。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端は上下に広がり、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

昨日の下落で、一時ボリンジャーバンドの-2σにタッチしようかというところで下ヒゲを出しています。

  • 日足では下降トレンド
  • 直近も陰線が連続示現
  • 1.38を下に抜けてきた

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

月足、週足チャートでは上昇トレンド。ただ、日足ベースでは下落トレンドに転じています。

もし、ここから日足でも上昇に転じるなら、週足20MA付近(1.37付近)が一つのポイントになりそうです。ただ、そこまではまだ下落余地がありそうです。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200527usdcad-2h
USDCAD 2時間足

ロング

【戦略】:1.4を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・月足、週足上昇トレンド
・1.4上抜け

・日足20MA上抜け

【エントリー】:1.4上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:1.4の少し下

【ターゲット】:1.41

まずは、ロング戦略です。

仮に上昇し、どこで買いに行けるかを考えた場合、1.4上抜けでしょうか。日足20MAも重なっていることから、1.4上抜けを見てから押し目買いを狙っていきたいと思います。

損切りは、1.4の少し下。ターゲットは、日足チャートで見た時の直近高値1.41まで狙っていきます。

ショート

【戦略】:1.38を下抜けたことを確認後、戻り売り

【戦略の優位性】:
・日足下降トレンド
・1.38下抜け

【エントリー】:1.38下抜けを確認後、戻り売り

【損切り】:1.38の少し上

【ターゲット】:1.37手前(週足20MA)

次にショート戦略です。

昨日、月足で引いた1.38を下抜けて、サポレジ転換により、1.38がレジスタンスラインとして機能、さらに下落する可能性があります。

そこで、1.38を下抜けを確認後、戻り売りを狙っていきます。(現在、ショートポジション保有中)

損切りは、1.38の少し上。ターゲットは、週足20MA(1.37手前)まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDCADのチャート分析をしてきました。

1.38という節目のラインを下に抜けたので、上昇トレンドへの転換ポイントまでまだ値幅があると踏んでの短期ショートです。

もちろん、1.38下抜けがダマシに終わるかもしれませんが、それはそれでしょうがない。

仮に、ここまま下落し、週足20MAに到達するようなら、今度はそこからの反転を取りに行くシナリオになるかと思います。

  • 1.38を下抜けたのを確認後、戻り売りを仕掛けていく。仮にこのまま上昇したなら、1.4上抜けを注視。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200527usdcad-2h
最新情報をチェックしよう!