fx-chart-analysis-20200520eurusd-2h

2020.05.20【EURUSD】FXチャート分析。レンジ上限付近&週足20MA反発からのショート戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はEURUSD(ユーロ/米ドル)です。

EURUSDは、今週に入ってから上昇を続け、昨日は 5月4日以来の 1.09761の高値を付けました。

週足20MAに到達後、失速。午前2時過ぎ現在で1.093付近で推移しています。この上昇の勢いを保つのか、それとも下落に転じるのか注目ですね。

そんなEURUSDの今日のトレード戦略です。

EURUSD(ユーロ/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.05.20【EURUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.05.20【EURUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200520eurusd-month
EURUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.12
  • 1.09
  • 1.05

があります。

トレンドは下降トレンド。陰線が続き、下げ基調となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きで、バンドはやや内向き。ボラティリティは低下気味です。

現在値は、-1σの下のあたり。-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の流れは下方向
  • ボリンジャーバンドは揉み合いを示唆

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200520eurusd-week
EURUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.1
  • 1.08

があります。

トレンドはレンジ。およそ1.08~1.1の間で推移しています。

直近では、レンジ下限から上限に向かって陽線となっていますが、ミドルバンド(20MA)にタッチし、上ヒゲを付けています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドはやや内向きとなっています。

ミドルバンドで抵抗され、現在は、ミドルバンドのすぐ下。ミドルバンドと-1σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近のローソク足は陽線
  • 週足20MAにタッチして上ヒゲ

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200520eurusd-day
EURUSD 日足

トレンドはレンジ。ただ、直近では3日連続の陽線が示現。流れは上方向となっています。

週足でも見たように、週足20MAにタッチした後、下落。上ヒゲを付けています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、やや上向き。バンドの先端は上下に広がり、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

ボリンジャーバンドの+1σを突っ切る上昇。現在は、+2σと+1σの間にあります。

  • 日足ではレンジ
  • 直近では3連続陽線となっている

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

月足では下降トレンド。週足、日足で見るとレンジとなっていて、レンジ下限から上限へ上昇後、週足20MAに到達してやや反発を受けているという状況です。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200520eurusd-2h
EURUSD 2時間足

ショート

【戦略】:レンジ上限付近から下限へ向かうところをショート

【戦略の優位性】:
・月足下降トレンド
・1.09下抜け
・2時間足上昇トレンド否定

【エントリー】:1.09を下に抜けたのを確認後、戻り売り。

【損切り】:1.09の少し上

【ターゲット】:1.08

レンジ上限付近&週足20MAで反発を受けて、下落するところを狙うショート戦略です。

1.09を下抜けすることで、節目を下に割ったという心理的変化が起き、かつ2時間足の上昇トレンドも否定されますので、このタイミングでショートを狙っていきます。

1.09下方ブレイクアウトを確認後、戻り売り。損切りは、1.09の少し上。ターゲットは、1.08まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでEURUSDのチャート分析をしてきました。

今回、ショート戦略のみご紹介した理由は、若干上方向は狙いづらいと感じるからです。

上には、

  • 週足20MA
  • 1.1レジスタンスライン
  • 日足200EMA

これらチャートポイントが点在しており、十分なリスクリワード比が確保できず、狙いづらいわけです。

上方向へ狙うのは、この辺がもう少しすっきりしてから、考えていきたいですね。

上昇の勢いが強いので、しばらく1.09~週足20MA間の揉み合いとなるかもしれません。

  • 上方向は狙いづらいので、ショートのみ狙っていく。1.09を下抜けたら戻り売りを仕掛けていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200520eurusd-2h
最新情報をチェックしよう!