fx-chart-analysis-20200504usdjpy-2h

2020.05.04【USDJPY】FXチャート分析。下降トレンド継続なるか!?今週の売買ポイント。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日はUSDJPY(ドル円)です。

下落基調のUSDJPYは、先週1日に107円を上抜け、一時的に戻しを見せる動きを見せたものの翌2日には一転して下落。

再度107円の下に潜ってきました。そんなドル円の今週のトレード戦略&今後の見通しです。

USDJPY(ドル円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.05.04【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.05.04【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200504usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 110
  • 105

があります。

トレンドはレンジ。ローソク足の実体が小さく上ヒゲが長いのが印象的です。陰線が6本連続で並んでいます。

上下にトレンドラインを引くことができ、このラインの中で揉み合っているのがわかります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。バンドは緩やかに閉じてきていて、ボラティリティが低下気味なのがわかります。

現在値は、ちょうど-1σ付近にありますね。

  • トレンドはレンジ
  • 上ヒゲのある実体の小さな陰線が続く(直近で下落傾向)

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200504usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 108
  • 107

があります。

トレンドはレンジ。ただ、直近の流れは下落傾向にあります。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドは、上下に広がっていて、ボラティリティが高まったことがわかります。

-1σを突っ切り、現在-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下落傾向

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200504usdjpy-day
USDJPY 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 106.5

があります。

トレンドは下降トレンド。直近の流れとしても下落傾向にあります。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向き。バンドの先端は下に向いていて、下降トレンドが巡航している様子がバンドにも表れています。

現在値は、ボリンジャーバンドの-1σ付近にあります。

  • 日足では下降トレンド
  • 直近の流れは下落傾向

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

日足ベースでは、明確な下降トレンドを形成。この流れのなかで、どこなら売れるか、どこなら買えるかを考えていきます。

下降トレンドでの考え方のセオリーとしては、

  • 再下落するポイントはどこか?
  • 直近安値更新のポイントはどこか?
  • 下降トレンドが否定されるポイントはどこか?

ですね。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200504usdjpy-2h
USDJPY 2時間足

ロング

【戦略】:108円を上抜けたら押し目買い

【戦略の優位性】:
・日足下降トレンド否定(
108円上抜け
・日足20MA上抜け

【エントリー】:108円上抜け確認後、押し目買い

【損切り】:108円の少し下

【ターゲット】:108.5円

まずは、ロング戦略です。

現在値からちょっと離れていますが、買えるポイントとしては、まずここでしょうね。

なぜなら、108円は日足の下降トレンドの基準高値ですから、ここを上抜けると、一時的に上昇する可能性が高いからです。

108円上抜けを確認後、押し目買い。損切りは、108円の少し下。ターゲットは、108.5円まで狙っていきます。

ショート

【戦略】:106.5円を下抜け後、戻り売り

【戦略の優位性】:
・日足下降トレンド
・直近安値更新(106.5円下抜け)

【エントリー】:106.5円を下抜け確認後、戻り売り

【損切り】:106.5円の少し上

【ターゲット】:105.8円

次にショート戦略です。

直近安値を更新すると、一段安となる可能性が高いので、106.5円の安値更新のタイミングで戻り売りを狙っていきます。

106.5円を下抜けの後、戻り売り。損切りは、106.5円の少し上。ターゲットは、月足で引いた下側のトレンドラインの少し上、105.8円までを狙っていきます。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

トランプ大統領が、中国の新型コロナウイルスの初期対応について、批判しています。

仮に中国への報復関税の動きが本格化するなど、 米中関係が悪化することになれば、 新型コロナウイルスのダメージに加え、 世界経済への不安から更なる下押し要因となります。

長期的に見た時、ドル円の重しとなるでしょうね。この辺は、今後の新たな焦点になりそうです。

今週の経済指標という側面から見ると、勝負はやはり5月8日金曜日の米雇用統計。相場も金曜日に焦点を合わせてくる展開を予想します。

  • 108円を上抜けたら押し目買い。106.5円を下抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

GWも今日を含めてあと3日。良い休日をお過ごしください。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200504usdjpy-2h
最新情報をチェックしよう!