fx-chart-analysis-20200427audusd-2h

2020.04.27【AUDUSD】FXチャート分析。直近の上昇の流れに乗る順張りロング&レンジ下限までの短期ショート戦略

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、AUDUSD(豪ドル/米ドル)です。

AUDUSDは、今月中旬から揉み合いの展開。おおよそ0.625~0.64の間で推移しています。他の通貨と同様、ボラティリティが低下しレンジとなっています。

今週、この揉み合いを抜けてくるのか注目です。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.27【AUDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.27【AUDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200427audusd-month
AUDUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.668
  • 0.64
  • 0.6

があります。

トレンドは下降トレンドとなっています。0.55の安値を付けた後、相場は反発。今月のローソク足は陽線となっていますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドの先端は上下に開いていて、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

-3σを突っ切る下落から反転上昇を経て、現在値は、-2σ付近まで戻ってきました。

  • トレンドは下降トレンド
  • 大きな下落後の反転上昇。直近の足は陽線。

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200427audusd-week
AUDUSD 週足

トレンドは下降トレンド。0.668を上抜けるまでは下降トレンドと定義します。

直近では反発上昇し、上昇の流れとなっています。下ヒゲも目立って、上昇圧力が強いですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは大きく広がり、ボラティリティが高まっている様子が示されています。

現在値は、-1σを上抜け、-1σとミドルバンドの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近は反発上昇の流れ。陽線が連続示現。

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200427audusd-day
AUDUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.6445
  • 0.62

があります。

日足では、いまだ下降トレンドであるものの、高値と安値を切り上げながら上昇を続けています。直近では3本連続の陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、上向き。バンドの先端も上方向を向いていて、上昇傾向が続いていることを示しています。

現在値は、+1σ付近。ミドルバンドで反発し、支えられているように見えます。

  • 日足では下降トレンド
  • 直近の流れは上方向

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

大きな下落の後、反発上昇。この上昇がいつまで続くのか。今後、上位足の下落トレンドに回帰していく動きとなるのか注目です。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200427audusd-2h
AUDUSD 2時間足

ロング

【戦略】:直近高値更新からの押し目買い

【戦略の優位性】:
・直近高値(0.645)更新
・直近上昇の流れ


【エントリー】:0.645上抜けを確認後、押し目買い

【損切り】:0.645の少し下

【ターゲット】:週足20MA(0.657付近)

まずは、ロング戦略です。

現在値は、月足で引いた水平線0.64付近。そして、直近高値には0.645があります。

直近高値0.645を上抜けると、さらに上値を目指す動きとなりそうです。

そこで、0.645の上抜けを待って押し目買いを狙っていきます。損切りは、0.645の少し下。

ターゲットは、週足20MA(0.657)付近がいいと思います。

ショート

【戦略】:0.64レジスタンスライン反落からの戻り売り

【戦略の優位性】:
・上位足下落トレンド
・0.64レジスタンスライン反発
・2時間足上昇トレンド否定

【エントリー】:0.6345を下抜けてから戻り売り

【損切り】:0.6345の少し上

【ターゲット】:日足20MA(0.625付近)

次にショート戦略です。

レンジを形成し、現在そのレンジ上限に達しています。レンジ継続であれば、ここからレンジ下限を目指す動きとなるはずです。

ショートを狙うタイミングとしては、2時間足で上昇トレンドとなっていることから、このトレンドの否定を一つのタイミングとしたいところ。

というわけで、0.6345下抜けを確認後、戻り売りを狙っていきます。損切りは、0.6345の少し上。

ターゲットは、レンジ下限及び日足20MA付近の0.625まで目指します。

上位足の下落トレンド回帰の動きに乗るとすれば、これ以上を狙うのもアリかと思いますが、レンジ下限&日足20MAで反発する可能性も十分ありますし、直下に0.62もありますので、0.62を下抜けた後でいいと思います。

今後の見通し

さて、ここまでAUDUSDのチャート分析をしてきました。

今日は、直近の流れに乗るトレンドフォロー、そして、レンジ下限までの短期ショート戦略についてお伝えしました。

AUDUSDについては、新型コロナウイルスによる世界的な景気後退を背景に、長期的にはドル買いが進み、下落していくと見ていますがどうでしょうか。

仮に上位足の下落トレンド回帰の動きを狙うにしても、0.62を下に抜けてからの話。それまでは、直近の流れに乗ってロング、ショートを細かく抜いていくことを想定しています。

  • 0.645を上抜けたら押し目買い、0.6345を下抜けたら戻り売り。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日から4月の最終週がスタート。ゴールデンウィーク前の一週間、頑張っていきましょう!

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200427audusd-2h
最新情報をチェックしよう!