fx-chart-analysis-20200426eurusd-2h

2020.04.26【EURUSD】FXチャート分析。今週のトレード戦略と今後の見通し。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、EURUSD(ユーロドル)です。

今年に入ってから、新型コロナウイルスの影響で為替市場のボラティリティが高まっていましたが、最近は各通貨ともボラティリティが低下気味で、トレードしづらい環境が続いています。

先週のEURUSDも、弱くはあるものの、大きく下へ下げていくわけではなく、レンジ環境が続いています。

来週どう動くのか。今日はEURUSDチャートを見ながら、来週のトレード戦略と見通しについて一緒に考えていきましょう。

EURUSD(ユーロドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.26【EURUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.26【EURUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200426eurusd-month
EURUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.15
  • 1.09
  • 1.05

があります。

トレンドは下降トレンド。直近のローソク足も陰線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きでバンドも下向き。下降トレンドが巡航している様子がわかります。

現在値は、ちょうど-2σに達し、若干下ヒゲを付けています。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近のローソク足は陰線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200426eurusd-week
EURUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.1
  • 1.08
  • 1.07

があります。

トレンドはレンジ。ただ、最近では陰線が連続して出ています。また、直近のローソク足を見ると、長めの下ヒゲを付けていますね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。バンドは急激に広がりを見せていて、ボラティリティが高まっている様子が示されています。

-2σ付近まで下落後、反発。現在値は、-1σ付近と-2σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 陰線が連続示現。
  • 直近下ヒゲが長いローソク足

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200426eurusd-day
EURUSD 日足

日足で意識されている価格で、現在値に近いところでは、

  • 1.0776

があります。

日足ではレンジ。ただ、直近では下落の流れとなっています。

1.0776を明確に下抜け、さらに下落していくかというところ、先週末に反発上昇しました。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、下向き。バンドの先端は内向きとなっていて、ボラティリティが低下し、レンジの様相を呈しています。

-2σまで下落後、反発。現在値は、ボリンジャーバンドの-1σ付近にあります。

  • 日足ではレンジ
  • 直近で下落基調
  • 先週金曜日に反発上昇

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

上位足の流れとしては、下方向であるものの、先週金曜日に反発上昇。

今後、直近の上昇の流れを維持して上に行くのか、それとも新たな下落ニュースを受け、下に行くのかというところです。

2時間足チャートから、テクニカル的なエントリー&エグジットのタイミングを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200426eurusd-2h
EURUSD 2時間足

ロング

【戦略】:1.09を上に抜けたらロング

【戦略の優位性】:
・1.09上抜け
・日足20MA上抜け


【エントリー】:1.09を上抜けた後、押し目買い

【損切り】:1.09の少し下

【ターゲット】:1.1

まずは、ロング戦略です。

日足ベースでも流れは下方向ですから、なかなかロングはしづらいところ。ですが、仮に1.09を上抜けるようならロングが狙えそうです。

ちょうど1.09付近に日足20MAもあることから、ここを上抜けのタイミングとして、ロングを狙っていきます。

具体的には、1.09上抜けから押し目買いを狙っていきます。損切りは、1.09の少し下。

ターゲットは、1.1まで狙っていきます。週足20MAも近づいていることから、1.1が一旦の上限でしょうね。

ショート

【戦略】: 1.0776を下に抜けたらショート

【戦略の優位性】:
・上位足直近下落の流れ
・1.0776下抜け

【エントリー】:1.0776下抜けからの戻り売り

【損切り】:1.08の少し上

【ターゲット】:1.07

次にショート戦略です。

先週金曜日に日足の水平線1.0776下抜けをチャレンジしましたが、反発。

再度ここを下抜けてくるようなら、下落の流れができる可能性がありますので、戻り売りを狙っていきます。

損切りは、1.08の少し上。ターゲットは、1.07まで狙っていきます。

今後の見通し

さて、ここまでEURUSDのチャート分析をしてきました。

先週末の上昇の流れを引き継ぐなら、1.09付近まで上昇。ここらで上に抜けていくのか、レジスタンスラインとして機能して反落するのかです。

日足20MAもあることから、1.09あたりで反落する可能性が高いのですが、上に抜けてくるようなら、狙いやすいななんて考えています。

  • 1.09を上抜けたら押し目買い。1.0776を下抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日は日曜日。良い休日をお過ごしください。それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200426eurusd-2h
最新情報をチェックしよう!