fx-chart-analysis-20200424usdjpy-2h

2020.04.24【USDJPY】FXチャート分析。108円レジスタンスラインを狙う逆張り戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、USDJPY(ドル円)です。

さて、現在ドル円は、ボラティリティが低下して、レンジを形成。ここ一週間ほどは107.3円~108円で揉み合っています。

ここまでの値動きを見てみると、「108円」が意識されており、レジスタンスラインとして機能してそうです。

そんなドル円の今日のトレード戦略です。

USDJPY(ドル円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.24【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.24【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200424usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 110
  • 105

があります。

トレンドはレンジ。

直近でヒゲが長く、実体が小さなローソク足が並んでいるのが特徴的です。直近では下げ基調。

上下でトレンドラインを引くことができ、このトライアングルの中で推移している状況です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。バンドも緩やかな下向きとなっていています。

現在値は、-1σ付近にありますね。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200424usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 108
  • 107

があります。

トレンドはレンジ。

先週の足で108円の下に落ちてきて、今週の足は実体が小さく、レンジを形成しているのがわかります。

直近の流れは、強いて言うなら下方向でしょうか。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。バンドは上下に開いていて、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

現在値は、ちょうど-1σ付近にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れはやや下方向か

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200424usdjpy-day
USDJPY 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 108.5
  • 107.5

があります。

日足ではレンジ。直近では特に、狭い値幅の中で揉み合っていますね。日足で見ると、107.5~108円のレンジで推移している模様。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)を見ると、ちょうど108円に到達しています。

ミドルバンドの向きは下向き。バンドの先端は内向きとなっていて、ボラティリティが低下しているのがわかります。

現在値は、ボリンジャーバンドのミドルバンドと-1σの間にあります。

  • 日足でもレンジ
  • 直近で107.5~108円の揉み合い

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

  • 日足で見た場合の107.5~108円でのもみ合い
  • 108円のレンジ上限&日足20MA

これらが戦略のヒントとなりそうです。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200424usdjpy-2h
USDJPY 2時間足

ロング

【戦略】:108円上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
・108円レジスタンスライン上抜け
・日足20MA上抜け


【エントリー】:108円上抜けから押し目買い

【損切り】:108円の少し下

【ターゲット】:日足200EMA(108.7円付近)

まずは、ロング戦略です。

仮に、レジスタンスラインである108円を上抜けると、一気に上げていく可能性があります。

108円を上抜けたら押し目買い。損切りは、108円の少し下。ターゲットは、日足200EMAまで狙っていきます。

ショート

【戦略】: 108円から逆張りショート

【戦略の優位性】:
・上位足直近下落の流れ
・108円レジスタンスライン
・日足20MA

【エントリー】:108レジスタンスラインで指値ショート

【損切り】:108円の少し上

【ターゲット】:107.3円

次にショート戦略です。

  • 108円がレジスタンスラインとして機能していること
  • 日足20MAがちょうど108円まで降りてきていること

これらから、108円で指値ショートを狙います。

損切りは、108円の少し上。ターゲットは、レンジ下限の107.3円までを狙います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

今日は、2つのトレード戦略を立ててきましたが、順番としては、まずは108円指値ショートを狙い、仮に損切りとなったら、108円押し目買いに転換する流れです。

もちろん、108円まで上げず、107円まで下げていく可能性もあります。

そうなった場合は、107円でロングは狙わずに、むしろ107円下抜けを狙っていくイメージで相場を見ています。

  • 108円のレジスタンスラインで指値ショート。仮に損切りとなったら、今度はレジサポ転換を狙って、押し目買いを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今週も今日で終わり。最後一日頑張っていきましょう!

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200424usdjpy-2h
最新情報をチェックしよう!