fx-chart-analysis-20200423eurusd-2h

2020.04.23【EURUSD】FXチャート分析。ブレイクアウトからの2つのトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、EURUSD(ユーロドル)です。

今週に入って各通貨とも小幅な値動き。明確な方向感が出ずにいます。EURUSDについても、昨日は下落したもののレンジを抜け出すほどではありませんでした。

今日は、レンジを把握した上で、どこなら買えるか?どこなら売れるか?という視点からEURUSDのトレード戦略を考えていきましょう。

EURUSD(ユーロドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.23【EURUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.23【EURUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200423eurusd-month
EURUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.15
  • 1.09
  • 1.05

があります。

トレンドは下降トレンド。直近のローソク足も陰線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きでバンドも下向き。下降トレンドが巡航している様子を示しています。

現在値は、-2σ付近にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の足も陰線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200423eurusd-week
EURUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.08
  • 1.07

があります。

トレンドはレンジ。ボラティリティが急拡大。その後、徐々に値幅が小さくなり、現在は明確なトレンドができていない状況にあります。

なお、直近のローソク足を見ると陰線が連続しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、やや下向き。バンドは上下に広がりを見せていて、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

現在値は、-1σを下抜け、-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近では下落の流れ

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200423eurusd-day
EURUSD 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 1.0776

があります。

日足でもトレンドレス。ただ、直近の流れは下落傾向にあります。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、横向き。バンドの幅が徐々に狭まり、ボラティリティが低下してきているのがバンドの形状からもわかります。

ボリンジャーバンドの-1σを下抜け、現在-1σと-2σの間にあります。

  • 日足でもレンジ
  • 直近の流れは下方向

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

上位足の流れは下方向であることから、下方向へのトレンドフォローを狙うのがセオリーです。

ただ、1.09を上抜けると、逆に上方向への流れができますので、ロングを狙っていくことになりますね。

これらを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200423eurusd-2h
EURUSD 2時間足

ロング

【戦略】:日足20MA上抜けからのロング

【戦略の優位性】:
・1.09ブレイクアウト
・日足20MA上抜け


【エントリー】:日足20MAの上抜けを確認後、押し目買い

【損切り】:1.09の少し下

【ターゲット】:1.1

まずは、ロング戦略です。

1.09の上抜けを待ってから押し目買いを狙っていきたいところ。ただ、1.09のすぐ上に日足20MAがありますので、この上抜けを待ちます。

日足20MA上抜けを確認後、押し目買い。損切りは、1.09の少し下。ターゲットは、1.1まで狙っていきます。

ショート

【戦略】: 1.0776下抜けからのショート

【戦略の優位性】:
・上位足の直近の流れは下方向
・1.0776下抜け

【エントリー】:1.0776を下抜けを確認後、戻り売り

【損切り】:1.0776の少し上

【ターゲット】:1.07

次にショート戦略です。

週足で引いた水平線の1.08を下抜けた場合、下方向へ流れができる可能性があります。

そこで、1.08のブレイクアウト待ちとなるわけですが、すぐ下に1.0776の水平線があることから、このブレイクアウトをきっかけにします。

つまり、1.0776下抜けからの戻り売り。損切りは、1.0776の少し上。ターゲットは、1.07までを狙います。

今後の見通し

さて、ここまでEURUSDのチャート分析をしてきました。

本命は、下方向へのトレンドフォロー。逆に上に行ったら短期でロングを狙っていく戦略になります。

まだ1.08~1.09で揉み合うかもしれませんが、いずれにしても抜けたらその流れについていくというスタンスです。

  • 抜けたら流れについていくスタンス。1.091を上抜けたら押し目買い、1.0776を下抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日は木曜日。今週ももうひと踏ん張り。今日もがんばっていきましょう!

fx-chart-analysis-20200423eurusd-2h
最新情報をチェックしよう!