fx-chart-analysis-20200422nzdusd-2h

2020.04.22【NZDUSD】FXチャート分析。下落トレンド回帰か!?直近安値更新からのトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、NZDUSD(ニュージーランドドル/米ドル)です。

昨日のNZDUSDは、ニュージーランドのロックダウン部分緩和が決定しているものの、オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁が今後も量的緩和などを継続する方針を示したことで、弱含み。

現在、節目となる0.6を下回っています。月足で見ると、下降トレンドとなっていて、この下降トレンドに回帰するかという場面。

今日のNZDUSDのトレード戦略&今後の見通しです。

NZDUSD(ニュージーランドドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.22【NZDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.22【NZDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200422nzdusd-month
NZDUSD 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.62
  • 0.6
  • 0.55

があります。

トレンドは下降トレンドとなっています。

ただ、今月のローソク足を見ると、上下のヒゲが長く、実体部分がほとんどないのがわかります。つまり、レンジとなっているということですね。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向きでバンドは上下に開いています。

ボリンジャーバンドを見ると、現在値はちょうど-2σ付近に達しています。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の足は実体が限りなく小さい

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200422nzdusd-week
NZDUSD 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 0.61
  • 0.585

があります。

トレンドは下降トレンド。ただ、直近で戻しながら揉み合っているのがわかります。

直近のローソク足は陰線となっていて、0.6のラインを下に抜けてきました。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は、下向き。バンドの先端も下向きとなっています。

現在値は、-1σとミドルバンドの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近戻しつつも揉み合い。今週のローソク足は陰線。

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200422nzdusd-day
NZDUSD 日足

日足でもいまだ下降トレンド。直近では揉み合いとなっていて、昨日のローソク足は陰線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは、上向き。このミドルバンドを昨日下抜けてきました。

バンドの先端は内向き。レンジの様相を呈しています。

  • 日足も下降トレンド
  • 直近で揉み合い。昨日、0.6&日足20MA下抜け。

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

大きな流れとしては下方向。現在戻していて、下落回帰となるか、それとも直近の流れに沿って上昇していくのかという場面です。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200422nzdusd-2h
NZDUSD 2時間足

ロング

【戦略】:0.6上抜けからの押し目買い

【戦略の優位性】:
・0.6上抜け
・日足20MA上抜け


【エントリー】:0.6上抜け後、押し目買い

【損切り】:日足20MAの少し下

【ターゲット】:0.608

まずは、ロング戦略です。

0.6を上抜ると、一時的に上昇の流れとなりますので、0.6の上抜けを待ってから押し目買いを狙っていきます。

損切りは、直下の日足20MAの少し下。ターゲットは、直近高値の0.608付近がいいでしょう。

ショート

【戦略】: 直近安値更新後の戻り売り

【戦略の優位性】:
・直近安値(0.594)下抜け
・日足20MA下抜け

【エントリー】:0.594を下抜けてから戻り売り

【損切り】:0.594の少し上

【ターゲット】:0.585

次に、ショート戦略です。

昨日付けた安値0.594付近を下抜けると、下げが加速し、下降トレンドに回帰する可能性があります。

そこで、0.594下抜けを待ってから戻り売りを狙っていきます。損切りは、0.594の少し上。ターゲットは、0.585まで狙っていきます。

今後の見通し

さて、ここまでNZDUSDのチャート分析をしてきました。

ボラティリティが低下し、日足ベースでも揉み合いを示すチャートとなっています。

どちらに行くのかは正直読めませんし、ここは焦らず、自分で決めたラインを抜けた方についていきます。

  • 0.6を上抜けたら押し目買い。0.594を下抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

今日もがんばっていきましょう!それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200422nzdusd-2h
最新情報をチェックしよう!