fx-chart-analysis-20200421usdjpy-2h

2020.04.21【USDJPY】FXチャート分析。揉み合いが続くドル円。短期足レンジブレイクを狙う。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、USDJPY(ドル円)です。

昨日のドル円は、注目される経済指標の発表もなく、手掛かり不足で大きな方向感が出ませんでした。

ボラティリティが低くなっている分、今後、どう動くのか注目されます。

今日は、ドル円のトレード戦略&今後の見通しについて、チャートを見ながら一緒に考えていきましょう。

USDJPY(ドル円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.21【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ トレード戦略
・ロング戦略
・ショート戦略


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.21【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200421usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 110
  • 105

があります。

トレンドはレンジ。ローソク足を見ても実体が小さいローソク足が並んでいます。

とはいえ、少しずつ下落していて、直近の流れは下方向のようです。

上下にトレンドラインを引くことができ、この中でレンジを形成しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは寸胴型でやや下向きとなっています。

現在値は、-1σの上のあたりに位置しています。

  • トレンドはレンジ
  • 実体が小さいながらも流れは下方向

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200421usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 109
  • 108
  • 107

があります。

トレンドはレンジ。方向感が見えません。ただ、直近のローソク足では陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)はやや下向きで、バンドはほぼ横向き。レンジの傾向を見せています。

現在値は、-1σのあたりにあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近のローソク足は陽線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200421usdjpy-day
USDJPY 日足

日足で意識されている価格として、現在値に近いところでは、

  • 107.5

があります。

日足でもレンジ。方向感が見えませんね。直近で107円~108円のレンジを形成し、どちらに抜けるのかというところ。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向き。バンドの先端は内向きとなっていて、ボラティリティが低下しているのがわかります。

現在値は、ミドルバンドと-1σの間にあります。

  • 日足もレンジ
  • 107~108円でのもみ合いとなっている

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

上位足を見てきましたが、なかなか方向感が見えません。こういった時は、短期のレンジを抜けたら、短く抜いていくのがセオリーです。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200421usdjpy-2h
USDJPY 2時間足

ロング

【戦略】:108円上抜けからロング

【戦略の優位性】:
・レンジ上限(108円)突破


【エントリー】:108円上抜け後、押し目買い

【損切り】:108円の少し下

【ターゲット】:108.5円(日足20MA)

まず、ロング戦略です。

レンジ上限の108円を上抜けたら、短期で上方向に行く可能性がありますので、押し目買いを狙っていきます。

損切りは、108円の少し下。ターゲットは、日足20MAが迫っていますので、108.5円手前までを狙います。

ショート

【戦略】:107.5を下抜けからショート

【戦略の優位性】:
・107.5円下抜け
・2時間足トレンドライン下抜け

【エントリー】:107.5円を下抜けてから戻り売り

【損切り】:107.5円の少し上

【ターゲット】:107円

次にショート戦略です。

2時間足を見ると、安値を切り上げた揉み合いとなっていて、安値を結ぶトレンドラインを引くことができます。

このトレンドラインと107.5円を下に抜けると、短期で下に行く可能性がありますので、戻り売りを狙います。

損切りは、107.5円の少し上。ターゲットは、107円までを狙っていきます。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

現在、ボラティリティが低くなっていますので、新たなきっかけが出てくるまで107.5~108円で推移する可能性があります。

こうした時は、抜けたと思っても戻すダマシの動きが頻発しますので、飛びつきには要注意です。

いずれ、今回立てた戦略どおり、上下に抜けた方についていきます。

  • 108円を上抜けたら押し目買い、107.5円を下抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200421usdjpy-2h
最新情報をチェックしよう!