fx-chart-analysis-20200412usdcad-2h

2020.04.12【USDCAD】FXチャート分析。上昇トレンド回帰か?それとも下落基調継続か?2つのトレンドフォロー戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、USDCAD(米ドル/カナダドル)です。

先週のUSDCADは軟調に推移。ドル売りカナダドル買いが進みました。

最近のUSDCADは、カナダが産油国ということで、原油協調減産のニュースで売買されている模様です。

そんなUSDCADの来週のトレード戦略と今後の見通しです。

USDCAD(米ドル/カナダドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.12【USDCAD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ エントリー&エグジット
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.12【USDCAD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200412usdcad-month
USDCAD 月足

月足で意識されている価格では、現在値に近いところで、

  • 1.47
  • 1.4
  • 1.38

があります。

トレンドは上昇トレンド。1.47までの上昇後、失速。長い上ヒゲを付けて下に戻しているところです。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は上向きで、バンドは上下に開いていて、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

+3σを突っ切る大きな上昇後、戻していて、現在値は、+2σと+3σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近の足は陰線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200412usdcad-week
USDCAD 週足

トレンドは上昇トレンド。直近では戻していて長い陰線が目立ちます。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は上向き。バンドは上下に広がっていて、ボラティリティが高まっているのがわかります。

現在値は、+1σと+2σの間にあります。

  • トレンドは上昇トレンド
  • 直近は戻していて、先週の足は陰線

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200412usdcad-day
USDCAD 日足

日足のトレンドは、いまだ上昇トレンドであるものの、高値と安値をともに切り下げていて、弱い印象。特に直近では陰線が続いています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドはやや上向き。バンドの先端は内向きとなっていて、揉み合いを示唆しています。

直近の下落により、ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)を下抜け、現在値は、-1σと-2σの間にあります。

  • 日足では上昇トレンド
  • 直近では下落。陰線が続いている。

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

大きな上昇後、失速。現在下落を続けています。今後、このまま下落を続けるのか、それともどこかで下げ止まり、上昇に転じるのかという状況です。

これを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200412usdcad-2h
USDCAD 2時間足

ロング

【戦略】:1.4付近から反発。上昇トレンド回帰のトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・月足~2時間足上昇トレンド
・1.4サポートライン反発


【エントリー】:1.427を上抜けたのを確認後ロング

【損切り】:1.427の少し下

【ターゲット】:1.47手前

まず、ロング戦略です。

1.4付近から反発。上昇トレンド回帰のトレンドフォローを狙います。

上を狙うのなら、2時間足下降トレンドの基準高値である「1.415」を上抜けたタイミングがいいのですが、できれば日足20MAの上抜けも見たいことから、「1.427」上抜けまで待ちます。

そして、上抜け確認後、押し目買い。損切りは、1.427の少し下。状況によっては、日足20MAの下になるかもしれません。

ターゲットは、直近高値の1.47手前まで狙っていきます。

ショート

【戦略】: 直近の下落の流れに乗るトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・2時間足下降トレンド
・1.4サポートライン下抜け

【エントリー】:1.395を下抜けてから戻り売り

【損切り】:1.4の少し上

【ターゲット】:1.38

それでは、次にショート戦略です。

1.38を下にブレイクアウトした後、戻り売りを狙います。損切りは、1.4の少し上。ターゲットは、1.38まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDCADのチャート分析をしてきました。

今回の注目のラインは、

  • 1.427
  • 1.395

この2本のライン。このラインを上下に抜けない限りは、待ちの姿勢。抜けてからの勝負となります。

チャートを見る限り、高値を切り下げていることから、下落の圧力が高まっているように見えます。下に抜けると、一気に下に行く可能性があります。

チャートの見た目とは逆に、上に行った場合、ストップロスを巻き込んで上に跳ね上げそうなチャートでもあります。どっちにしても面白そうですね。

  • 1.427を上に抜けたら押し目買い、1.395を下に抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日は日曜日。良い休日をお過ごしください。それでは、また。

fx-chart-analysis-20200412usdcad-2h
最新情報をチェックしよう!