fx-chart-analysis-20200408audusd-2h

2020.04.08【AUDUSD】FXチャート分析。豪ドルは底打ちか?短期足の流れに乗るロング戦略。

profile
おはようございます。五十嵐です。

さて、今日は、AUDUSD(豪ドル/米ドル)です。

今週に入ってからAUDUSDは上昇。若干、金融市場のリスクオフ姿勢が緩んだことから、豪ドルが買われています。

先日投稿した一時的な戻りを狙うロングがうまくハマる相場環境。

今日はこの続き。今後、上昇を続けることができるのか注目です。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.08【AUDUSD】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ エントリー&エグジット
・ロング
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.08【AUDUSD】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200408audusd-month
AUDUSD 月足

月足で意識されている価格では、現在値に近いところで、

  • 0.635
  • 0.6

があります。

トレンドは完全に下降トレンド。陰線が続いていましたが、直近のローソク足は陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きで、バンドは上下に広がっています。

ボラティリティが高まっているのがバンドに反映されています。

現在値は、-3σを突っ切ってから反発。現在-2σと-3σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の足は陽線

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200408audusd-week
AUDUSD 週足

トレンドは下降トレンド。直近のローソク足を見ると、横に並んでいて揉み合っている様子がわかります。また、今週は陽線となっています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向き。バンドは上下に広がっているのがわかります。

-3σを突っ切るほどの大きな下落後、相場は反発。現在-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近では揉み合い。今週は陽線。

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200408audusd-day
AUDUSD 日足

日足チャートで意識されている価格で現在値に近いところでは、

  • 0.62

があります。

日足では下降トレンド。ただ直近では上げていて、陽線が並んでいます。

直近高値の0.62付近まで上昇しましたが、現在は上ヒゲを付けて0.62の下へと戻しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは下向き。バンドの先端は内向きとなっていて、ボラティリティの低下を示唆しています。

ミドルバンド(20MA)を上抜け、+1σにタッチしようかというところです。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の流れは上方向
  • 日足20MAを上抜けてきた

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

大きな流れとしては、下方向ながら、直近では戻りを試している状況です。

これを踏まえて、2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200408audusd-2h
AUDUSD 2時間足

ロング

【戦略】:中長期下降トレンドの戻りを試すロング

【戦略の優位性】:
・0.62ブレイクアウト
・2時間足上昇トレンド


【エントリー】:0.62ブレイクアウト後、押し目買い

【損切り】:0.62の少し下

【ターゲット】:0.635

まずは、ロング戦略です。

中長期では下降トレンドであるものの、直近の流れは戻りを試していることから、押し目買いを狙っていきます。

きっかけは、0.62を上にブレイクアウト。ストップは、0.62の少し下。ターゲットは、0.635まで狙います。

ショート

【戦略】: 中長期下降トレンドの流れに沿うトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・月足~日足下降トレンド
・0.6ブレイクアウト

【エントリー】:0.598を下にブレイクアウトしてから戻り売り

【損切り】:0.6の少し上

【ターゲット】:0.57

それでは、次にショート戦略です。

中長期足では下降トレンドであることから、0.6を下に抜けたら戻り売りを狙っていきます。

具体的なエントリーのきっかけとしては、0.598ですね。ここを下に抜けたら戻り売りを狙っていきます。

ストップは、0.6の少し上。ターゲットは、0.57まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでAUDUSDのチャート分析をしてきました。

現在、米10年債利回りも上昇傾向にあり、金融市場もやや落ち着きを取り戻している印象です。

正直、豪ドルが底打ちなのかは、まだわかりませんが、短期足で上昇しているのは事実です。このまま上昇を続けるようなら、ロングを狙っていきます。

逆に、再度リスクオフとなって、ドル買いの動きが強まったら、戻り売りを狙っていきます。

  • 0.62を上抜けたら押し目買い、0.598を下に抜けたら戻り売りを狙っていく。

以上、今日のチャート分析&今後の見通しでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、今日もがんばっていきましょう!

また明日。

fx-chart-analysis-20200408audusd-2h
最新情報をチェックしよう!