fx-chart-analysis-20200402usdjpy-2h

2020.04.02【USDJPY】FXチャート分析。「107円」突破なるか!?今日のショート戦略と今後の見通し

profile
おはようございます。五十嵐です。

今日は、USDJPY(ドル円)です。

今週のドル円は軟調推移。米国で新型コロナウイルスの感染者数、死亡者数ともに急増していることから、リスク回避の円買いドル買いが進んでいます。

昨日のダウ平均も急落。米10年債利回りも下落しています。 そんな中での今日のドル円のトレード戦略&今後の見通しです。

USDJPY(ドル円)

本日のチャート分析の流れ

■ 2020.04.02【USDJPY】のFXチャート分析
・月足→週足→日足

■ エントリー&エグジット
・ショート


■ 今後の見通し

※当ブログのチャート分析を初めてご覧になる方は、目的や注意事項について、下記にまとめていますので、まずはこちらをご覧ください。

【注意事項とよくある質問まとめ】

では、早速チャートを見ていきましょう。

2020.04.02【USDJPY】FXチャート分析

月足

まずは月足から見ていきましょう。

fx-chart-analysis-20200402usdjpy-month
USDJPY 月足

月足で意識されている価格では、現在値に近いところで、

  • 110
  • 105

があります。

トレンドは下降トレンドとなっています。直近の流れは下方向です。

上下にトレンドラインを引くことができ、現在トライアングルを形成しています。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)は下向きで、バンドも下向きとなっています。現在値は、-1σ付近にあります。

  • トレンドは下降トレンド
  • 直近の流れは下方向

週足

次は週足です。

fx-chart-analysis-20200402usdjpy-week
USDJPY 週足

週足で意識されている価格では、現在値に近いところで、

  • 108
  • 107

があります。

ボラティリティの高いレンジとなっていて、直近の流れは下方向です。

ボリンジャーバンドのミドルバンド(20MA)はやや下向き。バンドは急激に広がりを見せていて、ボラティリティが高まっている様子がわかります。

現在値は、-1σを突っ切り、-1σと-2σの間にあります。

  • トレンドはレンジ
  • 直近の流れは下方向

日足

次に日足です。

fx-chart-analysis-20200402usdjpy-day
USDJPY 日足

日足でも週足と同様、ボラティリティの高いレンジとなっています。直近の流れとしては完全に下方向ですね。

現在、107円にタッチし、下ヒゲを付けています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドは横向き。バンドの先端も横向きの寸胴型。ボラティリティの高いレンジを示すバンドの形状です。

ミドルバンドを下抜けて、現在-1σとミドルバンドの間にあります。

  • 日足ではボラティリティの高いレンジ
  • 直近の流れは下方向
  • 107円に到達

エントリー&エグジット

さて、ここまで月足~日足で全体的な相場環境を把握してきました。

上位足の流れとしては、完全に下方向となっていることから、トレンドフォローのショートを狙っていきたいと思います。

2時間足で具体的なエントリー&エグジットを考えていきましょう。

fx-chart-analysis-20200402usdjpy-2h
USDJPY 2時間足

ショート

【戦略】:中長期足の流れに沿ったトレンドフォロー

【戦略の優位性】:
・月足~日足で直近の流れは下方向
・107円下抜け

【エントリー】:107円を下抜けてから戻ったところをショート

【損切り】:107円の少し上

【ターゲット】:105.6付近(月足トレンドライン)

中長期足の流れは下方向ですので、この流れに乗るために107円を下にブレイクアウトした後、戻り売りを狙っていきます。

ストップは、107円の少し上。ターゲットは、月足で引いたトレンドライン付近(105.6円付近)まで狙います。

今後の見通し

さて、ここまでUSDJPYのチャート分析をしてきました。

中長期足の流れが下方向ですので、素直にトレンドフォローのショートを狙っていきます。

仮に逆行したらどうするか?

もし、上昇に転じた場合は、108円を上抜ける動きを見せたら、ロング目線に切り替えるかなと思います。

まあ、その時はその時ということで、現段階では完全にショート目線ですね。

  • 107円を下にブレイクアウトするかに注目。ブレイクアウトしたら、戻り売りを狙っていく。

以上、USDJPYのチャート分析&今後の見通しでした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

さて、今日は木曜日。今週もあと二日です。頑張っていきましょう!

それでは、また明日。

fx-chart-analysis-20200402usdjpy-2h
最新情報をチェックしよう!